原風景



1月2日(月)
お正月は 心の原風景が
ぐっと 豊かになる時だと思います。

いつもと違う時間が ゆったり 流れているので
心に 深く刻まれる事象たち…
おばあちゃんと作る おせち料理
いとこと揃ってお参りする 初詣など

目を閉じれば、ホッと出来る
素敵な思い出が たっぷりとあります。

テレビだけにお任せしておくのは もったいないと
今日の午後 娘と二人
幼い時に駆け回った竹やぶに入りました。
e0365999_17441994.jpeg
トトロが出てきそうな森。。。
そこで始まったのは 小さな森の音楽会。

竹の幹をドラムのように、タンタカターンと叩きます
竹の太さ、中身の具合で
音の高さが 微妙に違って 楽しいのなんのって。
「乾いてる方が、高い音になんねんな〜」
と娘。二人のドラマーが奏でる二重奏!

森にはいろんな楽器が 溢れています。
e0365999_17461807.jpeg
観客は、小さなきのこたち
e0365999_17553720.jpeg
心の原風景が たくさんあると
ホッと一息出来るシーンが増えるような。。。

原風景を刻むのに
一番ぴったりなのは、子供時代だと思います。

大人は、子供の心の原風景作りに
そっと 仲間入りさせてもらってる。。。
そんな 午後のひとときでした。

年明けには、お正月に刻んだ思い出を
文字に残しておきましょうね〜。

e0365999_18122108.jpeg







[PR]
by kokugomirai | 2017-01-02 18:12 | 国語未来塾 | Comments(0)