笑顔の花咲く 春が来た!

1月18日(水)
今日の午後、嬉しい知らせが二つ
飛び込んできました。

第一 希望の中学校に合格しました!」
わお!
2次試験で131人中、10人に入りました!」
おめでと~~~~!!!

二人とも、この夏休み、ず~っと夏期講習に頑張って
朝から、晩まで
お弁当二つもって 通っていました。
「今年は、読書感想文、無理かもしれません…」という
お母さんの心配をよそに、
たっぷりと、しっかりと
書ききった二人。
一人は、課題図書の『大村智ものがたり』。あの
副題~苦しい道こそ、楽しい人生~を見て、これだ!と決めました。

六年生の熱い、暑い夏休みが始まった。中学受験のために、毎日1150分から夜9時まで、塾にせっせと通っているのだ。正直、読書感想文は、できればさけたかった。しかし、本屋でふとこの本の表紙の写真が目に入った。黒人の子に囲まれて笑顔でVサイン。よく見るとノーベル賞の大村先生についての本だった。・・・・(中略)僕の母も、身体の調子が悪いが、毎日塾のお弁当を作ってくれ、父が届けてくれる。応援は何よりものパワーとなる。…僕の将来の夢は今は、まだよくわからない。今はまず中学受験に合格することに全力を注いでいる。がんばって合格して、でっかいVサインの写真をとろう。(W君)

もう一人は、『シャトルバスに乗って』という女の子3人のピクニック話。
その中でも食いついたのは、兄の稔の中学受験話の部分です。

…稔は猛勉強して有名中学に合格したが、その反動で登校拒否になったらしい。僕も夏休みは朝から 晩まで受験勉強しているから、稔の気持ちがよくわかる。でも、僕は合格したら、ワクワク学校に通う。稔がゲームばかりして学校に行かないのは、お母さんへの反抗心からだと思う。…僕は稔に助言がある。単身赴任のお父さんのいる台湾に行けばいい。男同士の方が気持ちがきっと通じると思うからだ。


…僕はとても恵まれていると思う。受験は自分から言いだしたことだから最後までやり通して見せる。だから今日も「白地にみどりの市バスに乗って」夏期講習へ向かっていく。(R君)


二人とも、この夏は、本当に受験一色でした。
だからこそ、その一生懸命を文字にして客観視することは、
何よりもの心のセラピーになります。
合わせて、家族への想いを、きちんと記憶しておく。
小6の「今」しか書けないこの読書感想文は
一生の宝物になることでしょう。

そして、つかんだ 笑顔の咲く

3年前に R君のお母さんからいただいた ポインセチアが
今年、初めて再びピンクに色づきました。

まるで、今日の日を予言していたかのようです。
本当に
おめでとう!

e0365999_17022425.jpeg





[PR]
by kokugomirai | 2017-01-18 21:53 | 国語未来塾 | Comments(0)