日本で迎える 留学生の旧正月

1月29日(日)
日本では、ふつ~の日曜日ですが
地球上の中国文化圏では
お正月 真っ只中。まだまだ
「おめでと~!」が 響き渡っている頃です。

日本の私立大学の私費留学生の多くは
中国、ベトナムから 来ています。
なので、この旧正月シーズンは
「日本にいる意味・意志」を
強く感じるころなのでしょう。

大切な家族、大好きな友人たちと
わいわい 一番楽しめるときに
なぜ、日本・・・・(涙)

夢のため 日本で一人 旧正月(中国人男子留学生)

金曜日の最終試験の
「俳句を作りましょう」という問題の解答です。
夢と、勇気と、希望をもって 
母国を離れたからこそ 感じる寂しさ・辛さ は
きっと、これからの生きる 優しさ・強さ につながるはず。

かく言う私も、20代は、ほとんど外国でした。
スイスに1年、ドイツに3年、台湾に2年。。。
だ・か・ら
母国を離れて お正月を迎える彼らの気持ちが
痛いほど よくわかります。
でも、若い間のこの経験は
人生の宝物になること 間違いなし!です。

金曜日の最終授業の後、
交換留学3クラスの学生と 先生たちと
毎回お世話になっている 近くのカフェに繰り出しました。
交換留学生1人という時代もあったのに、
今や、この大家族。

e0365999_07030770.jpeg


カフェのオーナーご夫婦も
「賑やかになりましたね~」とにっこり。
メニューにはない、ケーキを3種類も焼いて
(しかも、このサイズ!)
特別ケーキセットを作ってくださいました。

e0365999_07024948.jpeg


4時間目の試験を終えて、次々駆けつけてくる学生もいて
どんどん人数は増え、写真に入りきらないほどです。

e0365999_07035273.jpeg


折しも、この日は旧暦の大晦日。
みんな~!
日本の大家族のことも
忘れないでね。

新年快楽 2017年!






[PR]
by kokugomirai | 2017-01-29 10:31 | 国語未来塾 | Comments(0)