小1から中2まで 同じテーマで書いてみると…

今週は、御影教室が 「母の日 作文週間」でした。
ばたばたしていて、一週遅れになってしまったけれど
「おかあさん・ありがとう!」の気持ちは365日持っていてほしいもの。

週末の岡山で、お手紙をもらったお母さんから
「何より 嬉しいプレゼントです!」
「手紙をくれるときの 娘の『どや顔』に成長を感じました」
などなど、反響をたくさんいただいたので、

これは、御影のママたちにも、味わってもらわなくては!
そして、何より、子供たちにとって 「母の日」は
いちばん書きやすいテーマなのです。
いつも思っていても、なかなか 言葉に出せないこと
「自分の想いを 言葉にする」絶好の機会でした!

今年初めて「母の日作文」を書く、小5の作文大好き少女。
定規を使って 丁寧に書いていきます。

e0365999_07311307.jpg
同じ日の幼馴染の 野球大好き小5男子。
下書きのときから、さんざんいろいろおしゃべりしつつ一緒に書いたのに、
清書になると、「ちょっと、はずかしい。あっちでかく」

e0365999_07313342.jpg
封筒まで丁寧に書き上げます。


e0365999_07320876.jpg


保育園の時から来てくれている小6男子は「あ~ あれね。よ~し、今年は 何書こうかな?」
推理小説大好きの彼の お母さんの例えは
「お母さんを 探偵にたとえると、ミス・マープルだと思います。なぜなら、いざというとき
少しの情報から鋭く 物事を解決してくれるからです」
とのこと。結局 1枚では書ききれず、2枚目に突入!

e0365999_07341260.jpg


同じく常連の 中二女子。
こちらは、手堅く 今勉強している「good Wrriting」の手法を用いて
様々なモード(対比・因果関係・歴史的現在・・・)を確認しながら書きました。

e0365999_07322748.jpg

そ・し・て
ひらがなを ならいはじめの 一年生君。
一字一字、それはそれは こころをこめて 一生懸命かきましたよ。

おかあさんへ
たこやき やきそば とりのからあげが おいしいです。
おもちゃを かってください。
いつもありがとう


e0365999_07325683.jpg
お迎えに来てくれたお母さんに
手紙を手渡す一年生君の、嬉しそうな 誇らしそうな笑顔
受け取るお母さんに ぎゅーって抱きしめてもらいましたね!

お母さんも、こどもたちも、そして私も た~~~~くさん 幸せもらいました。
「作文」って、奥が深い。

子供たちの 新しい一面に出会えた 一週間でした。



[PR]
by kokugomirai | 2017-05-19 22:37 | 国語未来塾 | Comments(0)