「おかゆは、ごはんにならない」マレーシアのことわざです

咲き始めた ちっちゃな紫陽花が
びっくりするほど
あつい 暑い 一日ですね。

e0365999_23181447.jpg


4月に来たばかりの 
フィンランドの学生が、
「日本がこんなに暑い!とは思いませんでした」
といえば、
物知り顔の 先輩 留学生たちが
「まだまだ これから これから~」と
にんまりして いましたよ。

今日は、ことわざの授業3回目。

蛙の子は蛙
これは、どの国も けっこうあります。

 ・犬は猫を育てない(フランス)
 ・りんごの木の幹から りんごは遠くに 落ちない(ドイツ)
 ・松ぼっくりは 木のそばにしか 落ちない(フィンランド)

情けは人の為ならず
(人に親切にすると、いつかは回りまわって 
自分に親切が 戻ってくるということ。

・人に魚をあげると、その人は 今日だけ食べられる。
魚釣りの方法を教えると その人は いつでも食べられる。

  (イギリス、アメリカ、カナダ:英語圏)

さて、お題の「おかゆは ご飯にもどらない」
こ・れ・は
覆水 盆に返らず
だから、
「起こってしまったことは 元には戻らないから
日頃から、注意しなさいね」ということ。

ただ、
むか~し、
英語で習った「It is no use crying over spilt milk」は
イギリス人に言わせると、
ちょっとニュアンスが 違うそうです。

こちらは、ミルクをこぼして泣いてる子供に
ママが「だいじょうぶ、気にしないでいいのよ。
こぼしたミルクを 泣いてもしかたないわ。
次を、そそげばいいのよ~」
という、何ともポジティブシンキング!


ことわざは その国の文化が「ぎゅっ」と
凝縮されているようです。

お・も・し・ろ・い。


e0365999_23175569.jpg

ミモザに たわわに「実」がつきました。




[PR]
by kokugomirai | 2017-05-31 23:47 | 国語未来塾 | Comments(0)