小さい万葉人さんたちの「雨包み(あまつつみ~)~♪」


小学校へ 月1回の万葉出張教室に
行ってきました。

雨が好きな人?
「は~い!」
一年生の教室では、ほとんど手が上がります。

*かさに ぽつぽつ 音がするのがたのしい
*水たまりに、長靴で入って びっちゃ~ん!
*どろだんごが 作りやすくなるよ。

大人の万葉教室では 好きと嫌いの数が
子供たちと逆転!
雨は、「うっとおしい」ですものね。

では、1300年前の万葉人は?
もちろん
雨包み(あまつつみ)
冷たい雨は命取り…
雨の日は、大ぴらに休める
「公休日」だったのです。

久方(ひさかた)の 雨もふらぬか
雨包み 君に副(たぐ)いて
この日 暮さむ

(万葉集520番歌)

あめあめ~ ふれふれ~♪
雨の日は、どこにも行かないで
こっぽり 雨に包まれて
 大好きな人と一緒に
の~んびりするのよ~

平成の 小さい万葉人さんたちの
あまつつみ~


e0365999_23395719.jpg



いつもは 忙しいママも一緒に
お布団の中で
一緒に「まちがいさがし」しよ~。

そんな 宝物のような時間は
きっと
今だけ。

e0365999_23384235.jpg
雨が上がったら、
公園に行ってみる?
何しているの?
e0365999_06193757.jpg
ママと あじさいがさいているところで
かたつむりさがし。
e0365999_23382707.jpg
雨の日は、湿度が高いからか
心の感度も
潤う気がします。

素敵な 雨の物語が
万葉からも生まれます。





[PR]
Commented by nayacafe-2950 at 2017-06-23 00:33
♪雨雨  降れ降れ  もっと降れ  ワタシのイイ人  連れて来い~~♫って歌もあったね・・・(笑)

雨包・・・いいですね。
Commented by kokugomirai at 2017-06-23 23:50
> nayacafe-2950さん
福ちゃん、そうそう。アメ あめ フレフレ~の後を どう続けるかで
イメージずいぶん変わってくるね。子供たちバージョン、のあめあめ可愛いよ~。
あまつつみ・・・大好きな言葉です。
by kokugomirai | 2017-06-20 23:24 | 国語未来塾 | Comments(2)