天が海なら、雲は?月は?星は? 1300年前の夜空へGo!


月曜・火曜は 近くの私立小学校へ
月に1度の出張万葉教室です。

今月は、大好きな柿本人麻呂さんの登場。

留学生にも、一番人気の歌を紹介しました。

天(あま)の海に 
雲の波たち 
月の舟
星の林に 漕ぎ隠る 見ゆ

(1068番歌 柿本人麻呂歌集)
ごら~ん。夜空を見上げて…
天空の海に、雲の波が立って 
月の舟が 星の林の中へ漕ぎ入り
隠れようとしているのが、見えるよ~

万葉集は、1300年前の この国に住む人々の心を
今の私たちに 伝えてくれます。

天海・雲波・月舟・星林

漢字ばかりで書かれたこの歌の
字面を見るだけで、銀河への旅が始まります。

21世紀が終わる頃には、きっと
自由に行き来しているのかな?宇宙旅行。

一足お先に、子供たちと 月舟の旅楽しみました。
お題は、

1、だれと誰?(一人で?)が この舟に乗っている?
・私と家族(3年女子)
・七福神(3年女子)
・おりひめと ひこぼし(1年男子)
・わたしとぬいぐるみ(2年女子)


2、なんのために どこへ 行ってる?
・おばあちゃんのため、おばあちゃんのうち(4年男子)
・みんなの幸せを守るため 世界中へ(5年男子)
・タンザニア 恐竜をみるため(1年男子)

3、船の中では みんな何してる?
・おどっている(2年男子)
・しりとり(1年女子)
・おにごっこ(2年女子)
・会食(4年男子)
・魚釣り(1年男子)

4、船からは どんな景色がみえるかな?
・東京のイルミネーション(6年女子)
・甲子園球場(2年男子)
・太陽がのぼってくるところ(1年男子)
・ほしがきらきら ひかるよそら(2年女子)

e0365999_05492593.jpg


家族みんなで 月の舟で 魚釣り~(1年男子)

e0365999_05552334.jpg


やっぱり、おりひめと ひこぼしでしょう~(3年女子)

e0365999_05495029.jpg

恐竜だって、乗れちゃいます。目的地は タンザニア!(1年男子)


子供たちの この自由な発想に
きっと、人麻呂さんも
空から にっこり・・・

夏休みに、きれいな夜空を見上げたら
この歌、ぜひ
口ずさんでくださいね。





[PR]
Commented by yasaino123 at 2017-07-13 22:44
とっても
素敵ですね。
Commented by kokugomirai at 2017-07-19 07:48
そうなんです!子供達の瑞々しい心は、万葉人そのものだなと思います。
宇宙は、壮大ですね。何もかも、呑み込んでくれます

by kokugomirai | 2017-07-12 22:51 | 国語未来塾 | Comments(2)