未来を創る∼コスモポリタン養成講座~

どこの大学も、通常、前期・後期で
1コースは90分×15回。
4月に始まったコースは、どこも
終盤を迎えています。

ネパール・台湾・中国・ベトナム・モンゴルからの
20名が集まったクラスもあれば、

中国からの留学生2名のみ!のクラスもあります。

今週は、どちらのクラスにも
日本大学生に SAStudent Assistant)を
お願いしました。

20人の中級クラスには、3名の日本人。
3つのグループに分かれて
「国際結婚の是非」について
いっぱ~い、話してもらいました。

2名のクラスは、今回は
なんと 女子の優しく 可憐なSAさん。
日頃は、言語の授業なのに 無口なK君が、
目を輝かせて
一生懸命話している姿が、印象的でした。

e0365999_19491704.jpg



同じテストを 3回しても
どうしても 60点しかとれないK君。

でも、このように 「話したい!」相手が目の前にいたら
身振り手振り、少々 文法は違っても
「通じる!」ことが第一目標!

そういう時間があっても いいと
私は 思います。

「テストの点数」のまえに「人間力
ついつい、「点数」のみで
教師は、学生を評価しがちですが
「伝わればいい!」という時間があって
そこで、充実感を覚えた彼らの勉強は
「点数 アップ!」にもつながるからです。

「若さ」と「笑顔」は、世界の共通語。
~未来を創ってくれる、コスモポリタン養成講座~

日本語教師は、そっとお手伝いを続けています。


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-14 19:27 | 日本語の教室から | Comments(0)