出張倉敷教室*~秋の実りの アイン・トプフ~


毎月第二土曜日は
倉敷と岡山へ
出張教室。

なんと言っても
自然に囲まれている教室が 
素敵です。

教室までの道で
素敵な教材を集めて

e0365999_05504766.jpg


今日のお題は
秋の実りの アイン・トプフ
アイン・トプフとは
ドイツ料理で、
一つのお鍋に、何でも入れちゃおう~
というもの。
ロシアのポトフにも似ています。

「秋の実りはどんなものがある?」
・さつまいも
・梨
・栗
・新米
・かぼちゃ
・どんぐり
・・・・

などなど。

1年生さんから、6年生までの5人チーム。

e0365999_05521527.jpg

1年生さんは
まずお鍋に、自分の悩みをたくさん 入れます。
あさ さむいから がっこうに いきたくない
あら~たいへん。
そこで、6年生さんが 秋の実りをお鍋に投入
「さつまいもの ほかほか~」
「落ち葉の ふかふかあったか べっと」


ここまでヒントをもらった1年生さんは
自分でもどんどん書いていきます。
「くりごはんを ほくほく たべます」
「すすきが ゆらゆら ゆれる」

どんどん、アイン・トプフがいっぱいに~

6年生君の悩みは
「秋の 受験の アイントプフ」
塾の先生の悩みに置き換えて
「どれだけ、熱心に教えても、
生徒の集中力や習熟度が上がらない」こと。
ある日、
難関校のオープンスクールに行くと
自分の心そっくりの
「くりのいがいが」に出会いますが
自分の悩みを思いっきり叫び
「新米のように 光り輝く
あったか~い ホカホカの
アイントプフをいただくと
なんだか、がんばろ~という気が
してきました」
とのこと。

常連さんの6年生は
起承転結のヒントを与えるだけで
30分間
黙々と書き続けていました。
私が見に行くと
「あとで!」と
さっと、手で隠すほど。

月に1度の出張教室ですが
成長の手ごたえを 確かに感じる
実りの秋 です。

e0365999_05564717.jpg

[PR]
by kokugomirai | 2017-10-14 22:58 | 国語未来塾 | Comments(0)