2017年 06月 18日 ( 1 )


空梅雨気味の 毎日ですが
ひらめきアート作文教室では
たっくさんの 雨粒のお話がうまれました。

まずは、園児コース「こころのたね」
急なお休みがかさなって、 
一粒ちゃんだけの参加。
のんびり、ゆったり 始まります。

きっかけ絵本は、こちらです。

e0365999_05025924.jpg

1冊目は、『すたすたかたつむり』
なんと、かたつむりに足がはえて
「すたたたたたたた~」と
走り回る、なんともゆかいな お話。

e0365999_05182380.jpg

かたつむりさんのお友達は
なんといっても、雨つぶさん。
おやおや、なんだか聞こえてきたよ
ざ~。ざあ~。ざざざ~

e0365999_05375515.jpg

これは、レインスティックといって
アフリカや、東南アジアなど各国で
雨を呼ぶ お祭りで使われているものです。
上下をさかさまにすると 中に入っている粒々が
まるで本物の「雨音」のようにひびきます。

さっそく あまつぶさんが ふってきました。

名前は「あまたん」だそうです。

e0365999_05180290.jpg
あまつぶ ぴちょ~ん
ドロッピングです。
ほんとに 雨が 降ってきたみたい

e0365999_05173415.jpg


ぴちょ~ん、ぴちょ~ん どんどんふえます
あめ、あめ フレフレ~♪

e0365999_05213481.jpg
ざざあ~ざあ~ざあ~

e0365999_05170584.jpg
雨の上がった 4枚目は
かわいい 虹が ダブルで出ています。

e0365999_05163940.jpg

さあ~さあ~ さあ~ 
風で 雨雲も どこかにいっちゃったかな

e0365999_05223451.jpg
乾かしている間
今日の万葉は もちろん 
雨呼ぶ 歌です。

久方(ひさかた)の 雨もふらぬか
雨包み(あまつつみ)
君にたぐいて この日暮さむ

(万葉集520番歌)

雨はどこで 生まれるかな
と~おい と~おい お空の上
ひさかたの~
雨さん 呼んでみよう
あめも 降らぬか~
e0365999_05573648.jpg
「ふ・ら・ぬ・か~
じゃあ、レインスティックもつかおうっか
ざあ~って音が鳴ったら 雨さんよんでね
e0365999_05154121.jpg
子供は、ちょっと難しい言葉が大好き
雨も ふらぬか~
そうして、雨が降ってきたら
今日は お外遊びは お休みです。
大好きな お母さんといっしょに
あまつつみ~
「雨包み」は雨に こっぽりと 包まれて、
のんびり、ゆったり過ごす一日。

そろそろ 絵本に 言葉を 紡ぎましょう

どんな言葉が うまれるかな
e0365999_05144765.jpg
そして
うまれたのが こちら

『あめたん・ぴちょん』

あるひ あめたん ぴちょんとうまれました
e0365999_05140236.jpg

あめたんは かえるに あいました

e0365999_05134794.jpg

しおりちゃんとも あって
あまつつみ しました。
e0365999_05132137.jpg

そうしたら、いろんないろのある
にじが きらきら しました 
e0365999_05130722.jpg
せかいに たった一つの絵本が生まれました。


今年度から 神戸での「ひらめきアート作文教室」は
年3回となりました。

「この時期の、この子の絵と言葉を
残してあげたかったんです」 
と、ママからの嬉しい言葉。

今年度の「ひらめきアート作文教室」では
このように、毎回1冊の絵本を
仕上げようと思います。

テーマに合わせた複数冊の絵本の読み聞かせ』を通し
絵本からひらめくアート制作』を生み出し
世界に一つだけのクリエイト作文』につなげます。

まさに、世界に1冊だけの宝物。

子供たちの数だけ、物語が始まります。

e0365999_05141811.jpg



子供にとって
一回きりの『今』を
絵本の形で残せるなんて 素敵です!


「ひらめきアート作文教室」小学生編の
続きは、また次回…

177.pngひらめきアート作文教室179.png
詳しいお問い合わせ
078-351-1415





[PR]
by kokugomirai | 2017-06-18 22:23 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)