二十四節気の代表格の「夏至
子供たちは、「冬至(とうじ)」の言葉につられて
かじ?」
いえいえ、「夏」は「げ」って、読みます。
「じゃあ、げじ
なんとも、賑やかに 笑い転げます。
たくさん、まちがってもらうと
印象にのこりやすいもの。
(限度はありますが…)

正解は「げし
「今日は、一年で 昼の時間が一番 長い日です」と言っても

この梅雨空では、なかなか実感がわきません。

フィンランドからの留学生によると
「夏至は、フィンランドでは、重要な祝日です。
北部では真夜中でも 太陽がしずみません。
夜に生まれる悪魔が 昼間にも侵入しないように
昔は、一晩中かがり火をたいていました。
今は、みんなバーベキューをしたり、一晩中ダンスしたりします!
夏がきたぞ~!って感じ。夏至に一番近い週末から夏休みです。」

エッ、もう夏休み?

ドイツで日本語教師をしていた時、
夜の9時過ぎまで明るくて
同僚の先生たちと ライン川のほとりで
のんびり、ワインやビールを飲んでいたのを
思いだしました。

「先生、もう一つ あります。
夏至の夜、枕の下に7種類の花を置いて寝ると
夢で将来の フィアンセに会うことできるんです!」

なんと、なんと…

「日本でも 効きますか?そのおまじない・・・」と
ベトナム人の学生の、真剣な瞳に たじろぎつつ、

「た、たぶん、大丈夫。伊勢の 夫婦岩もね、
ちょうど 夏至の日の太陽が
二つの巖の真ん中から昇るそうですよ。
太陽パワーは、世界中で信じられているでしょうし…」

(関係、あまりないかな???)と思いつつ…笑

e0365999_09022295.jpg
5月に植えた ベランダのゴーヤも
らくらく、私の身長を超えました。

e0365999_06374721.jpg
草木も 人も 太陽の力いっぱい貰える 夏至なのですね。。。。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-21 22:45 | 日本語の教室から | Comments(0)