先日、小学1年生には、読書感想文は、
ちと 早いかも…とお話したところ、大反響~。

概ね「安心しました~」のお声が多く
「はやく・はやく!」の声に、子供も 大人も
ちょっと、お疲れかな~。と感じました。

「ひらがなは、いつから?」の時にも言いましたが、
子供たちは、この世に生まれてくる時、一人に一つずつ
ぴったりの時計を、神様からもらってくるそうです。
その時がきたら、「ちん!」と時計が鳴り響きます。

そう、中学受験生のみなさんにこそ、
「読書感想文」に「ちん!」軽やかにベルが鳴り響く。
「さあ~、読書感想文に ぴったりの夏ですよ~」との合図です。

国語未来塾でもこの夏、3人の小6の中学受験生が
読書感想文に取り組みます。
「朝8:30から 塾の自習室行ってな、お昼ご飯食べて
1:30から、6:30まで授業。それから、9:00まで自習して帰んねん」
お弁当二つもって、せっせと通う子供たち。。。

どうして、そこまでがんばるのかな?
自分の目標は何かな?
だれが、どんなふうに応援してくれてるかな?
何をまなんでいるんだろう?

などなど、、、、自問自答していく中で
自分なりの答えが必ず生まれます。

そう、「受験勉強を頑張っている」ときしか
感じられないことが、実はい~っぱいあるんです。
それを文字化しておくことは、
一生の宝物になるでしょう。。。。

このことは、去年の二人の中学受験生で 実証済。
二人とも、見事!
第一志望校に合格しましたよ。

e0365999_22045636.jpg

双子の 朝顔が可愛く咲きました。
さあ!夏休み。
たっぷり書きましょうね~それぞれの夏!


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-01 22:08 | 国語未来塾 | Comments(0)