蝉時雨 降り注ぐ夏。
毎日、朝9時から
読書感想文と
がっぷり 四つに組んで
頑張っています。

国語未来塾の 読書感想文コースは
90分を3回。
昨日は、3人が 仕上げの日でした。

朝イチは
『秘密の花園』バーネット作)
不朽の名作です。

e0365999_06204309.jpg


小6女子さん、読書感想文は
小4の時から始め、3回目の挑戦です。
前2回は『窓際のトットちゃん』
 『大草原の小さな家』

と、主人公に共感できるものでしたが、
今回の「マリー」には、どうも愛着が持てないようで
ちょっと 苦労しましたね。
でも、救いになったのは
「沖縄旅行」と「広島のおじいちゃん・おばあちゃん」
この二つの体験が 
読書感想文に きらりと個性を光らせました。

お次は小4女子さん。
『霧の中の白い犬』
高学年の課題図書です。
去年は『ルドルフと イッパイアッテナ』で
見事 佳作に選ばれたそうです!
今回は、課題図書に挑戦しました。

こちらも、ちょっと 内容が複雑で 
難しかったですね。

全部の内容を書こうとせず、
「ぐっ」と、絞り込むのが ポイントです。
小4女子さんは
「アンネフランク」の話と
自分のおばあちゃんの認知症の話、
そして、
最後の一行にこだわって
書き上げました。

ちょっと 難しかった分だけ
やり切った~と
満点の笑顔で 帰っていきましたよ。

最後は、私立の中学校に通う
中一女子さん。
こちらは、5枚書かなければなりません。
選んだ本は
『わたしは マララ』

今日の3人の中では、一番主人公に
寄り添いやすかったようです。
日本の「教育」と
マララさんのいう「教育」は
なんか違う気がする・・・という点から書き始め
小学校の時の体験も織り込み
真の男女平等のためには、
女性教育だけでなく、男性も教育しなおし
理解してもらう必要があるのでは!
と問題提起しました。

e0365999_06481631.jpg


3人とも それはそれは
「やりとげた!」達成感に
あふれていました。

子供たちの中に必ずある
思いのつぼみを 見つけだし、
花開く お手伝いをするのが
国語未来塾です。

まだ、若干名 読書感想文コース
受け付けています。
「今年の夏」の自分と
向き合いませんか。

168.png国語未来塾177.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@にかえて ご連絡くださいね)


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-08 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)