2017年 10月 05日 ( 1 )


「せんせ~本読んで!」
教室に来るなり
嬉しいおねだりの小1君。

教室準備で忙しい私にかわり
保育士になりたいという
小6女子さんに読んでもらうことに・・・

e0365999_06411643.jpg




二人の緊張感が ほほえましいです。
絵本は、読み手が変わるとまた
違って聞こえるのでしょうね。
その本、何回読んだかな?(笑)

今日の1年生プログラムは
昨夜の仲秋の名月を
もちろんテーマに取り上げます。

万葉集の
人麻呂さんの歌から始めます。

吾妹子(わぎもこ)し~ 我を思わば
真鏡(まそかがみ)
照り出(い)づる月の 影(かげ)に
見え来(こ)ね~

(2562番歌 柿本人麻呂歌集)
お~い、かわいい〇●ちゃん!
私のことを思ってくれてるのなら
まあるい まあるい まんまるの
この鏡のようなお月さまの
光のなかに、浮かんできてちょうだ~い!

みんなは、昨日のお月さま見た?
みたみた~!!
何が見えた?
ウサギ?(小一女子)
な~んも見えんよ(小一男子)

そんなことないよ。見ようと思えば
なんでも映し出してくれるのよ~。
ただし、見えるためのポイントは
「みたいよ~」と強く願うことね。

この万葉の歌を歌えば、完璧!
なんたって、1300年前から
ず~っと同じ月を見て
み~んながお願いしていたんだからね。

元、同じ幼稚園さんで
今は違う小学校に通う
小学一年生のお二人。
照れながらも 大きな声で歌ってくれました。

e0365999_07064702.jpg



お月様、聞こえたかな?

*倉敷国語未来塾の生徒さんの
お父さん撮影のお月さま
何でも映し出してくれそうですね~。

さてさて
一年生君のお月様に見えたものは~

e0365999_07063558.jpg


「えっ、わからへんの?ピのつくものやんか」

e0365999_21105064.jpg


一年生のお嬢様が
月の中に見たものは・・・
なんと「魔女」だそうです!
どんな素敵な魔法をかけてくれるのかな?

1年生さん達の授業
まだまだ続きます。
(つづく)


[PR]
by kokugomirai | 2017-10-05 23:54 | 国語未来塾 | Comments(0)