芸術の秋

神戸市内の 各小学校では
音楽会が行われます。
国語未来塾の周りの小学校は
先週末がピーク。

今週の作文テーマは、
音楽会をレポートしよう

「運動会・音楽会、二学期は〇●会が
多いよな~。」
「ほんま。授業ないのは嬉しいけど、
あとで絶対作文 書かされるやろ~。
あれ、いややねんな」
こんなつぶやき、あちこちで聞きます。

国語未来塾では
あの手、この手で
子供たちの「書かされる」を
「書きた~い」に変えていきます。
今回の中高学年さんには
「レポート」形式。
話者の視点を変えて、書いていくのです。

*僕は、○○小学校のピアノです。
*吾輩は、○○くんの 新しいベルトです。
(音楽会直前のお誕生日のプレゼントだそうです)
*うちは ○○ちゃんの けんばんハーモニカです。
*おれは、○×先生の 指揮棒だ。


野球少年の作文スイッチは

*俺様は、ご主人◯◎様のメガネだぞ!


この調子で じゃんじゃん書き進めます。


面白いところでは
*私たちは、○△小学校の隣のお墓の ゆうれいです。

それぞれが、主人公である「自分」をレポートする形にします。
「私・僕・吾輩・俺・・・・」
日本語の一人称の豊かさも 
見事に子供たちをサポート。

作文は、1行目で決まります。
あとは、いつも通りの
起承転結シートにおまかせ。

原稿用紙2枚なんて、あっという間ですよ。

実体験は、何よりもの作文の材料なのです。
それを、逃すなんてもったいない!
一年生君も 楽しく書いていますよ~

お問い合わせは

国語未来塾

(masakique★i.softnank.jp)

★を@にかえてご連絡くださいね


✳︎体験教室も行なっています。

e0365999_08221673.jpg
大学構内もすっかり秋の装いです


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-16 15:02 | 国語未来塾 | Comments(0)