カテゴリ:国語未来塾( 121 )


月曜・火曜は 近くの私立小学校へ
月に1度の出張万葉教室です。

今月は、大好きな柿本人麻呂さんの登場。

留学生にも、一番人気の歌を紹介しました。

天(あま)の海に 
雲の波たち 
月の舟
星の林に 漕ぎ隠る 見ゆ

(1068番歌 柿本人麻呂歌集)
ごら~ん。夜空を見上げて…
天空の海に、雲の波が立って 
月の舟が 星の林の中へ漕ぎ入り
隠れようとしているのが、見えるよ~

万葉集は、1300年前の この国に住む人々の心を
今の私たちに 伝えてくれます。

天海・雲波・月舟・星林

漢字ばかりで書かれたこの歌の
字面を見るだけで、銀河への旅が始まります。

21世紀が終わる頃には、きっと
自由に行き来しているのかな?宇宙旅行。

一足お先に、子供たちと 月舟の旅楽しみました。
お題は、

1、だれと誰?(一人で?)が この舟に乗っている?
・私と家族(3年女子)
・七福神(3年女子)
・おりひめと ひこぼし(1年男子)
・わたしとぬいぐるみ(2年女子)


2、なんのために どこへ 行ってる?
・おばあちゃんのため、おばあちゃんのうち(4年男子)
・みんなの幸せを守るため 世界中へ(5年男子)
・タンザニア 恐竜をみるため(1年男子)

3、船の中では みんな何してる?
・おどっている(2年男子)
・しりとり(1年女子)
・おにごっこ(2年女子)
・会食(4年男子)
・魚釣り(1年男子)

4、船からは どんな景色がみえるかな?
・東京のイルミネーション(6年女子)
・甲子園球場(2年男子)
・太陽がのぼってくるところ(1年男子)
・ほしがきらきら ひかるよそら(2年女子)

e0365999_05492593.jpg


家族みんなで 月の舟で 魚釣り~(1年男子)

e0365999_05552334.jpg


やっぱり、おりひめと ひこぼしでしょう~(3年女子)

e0365999_05495029.jpg

恐竜だって、乗れちゃいます。目的地は タンザニア!(1年男子)


子供たちの この自由な発想に
きっと、人麻呂さんも
空から にっこり・・・

夏休みに、きれいな夜空を見上げたら
この歌、ぜひ
口ずさんでくださいね。





[PR]
by kokugomirai | 2017-07-12 22:51 | 国語未来塾 | Comments(2)



前回、「小学2年生症候群」ってありますよ~
と、お知らせしたら、一杯 お返事いただきました。
「うちも、そうです!」から
「はいはい!思い出しました。そうでしたね~」まで。

e0365999_23015454.jpg
特に、長女さん。
そして、がんばりやさん。
何事も、目新しくて 精一杯だった1年生が終わって
ホッとする、この時期。むくむく 湧いてくるのでしょうね。

お母さんたちは「大ショック!」
「あ~んなに いい子だったのに…」と。
いえいえ、「いい子だから、疲れちゃうんですよ」 ニッコリ。

今、しっかり者の6年女子のママからも
「あの、2年の時の 扱いにくさは なんやったんやろ?」
「2年生の時、荒れてたな~」
と、ひとしきり盛り上がりましたよ。

特効薬は?

「思いっきり、だっこ~かな?」

まだまだ、ママ・パパが 一番だ~い好きなとき。
いっぱい いっぱい だっこ してあげてくださいね。

e0365999_23014483.jpg



177.png先日の 岡山国語未来塾のママのFBに
こんなうれしい投稿いただきました177.png

月に一度の、国語未来塾。
不安定なお天気の中、今月は七夕🎋がテーマ!

日本にはいろんな行事があります😅

...

半年間の嫌な自分にバイバイしてから(夏越のはらえ)、短冊に願いを込める(七夕)流れも初めて知りました💦

そんな中で、今の子供たち、小さな頭でいろんなこと考えて生きているんだなぁと垣間見ました。

とくに、二年生の長女とは、母娘のキャッチボールに違和感を感じていた時期だったので、会話を深めるいいチャンスでした。



[PR]
by kokugomirai | 2017-07-10 23:31 | 国語未来塾 | Comments(0)


2016年如月に始めた
出張・岡山国語未来塾は
園児さんと低学年さん 中心です。

さ~さの葉 さ~らさら~♪

お~ほしさま き~らきら♪

空から見てる~(^^♪

e0365999_05361247.jpg


1年前の文月は
「おのまとぺを あつめよう~!」でしたが、
今年は 他のクラスとおんなじように
夏越しの祓え」+「七夕作文」に挑戦!

e0365999_05383314.jpg


園児さんにも 園児さんなりの
「さよならしたい自分」あるんです。
それを、ママと一緒に
書きます。

e0365999_05365431.jpg


「こんなふうに、ゆっくり子供と向き合える時間
なかなかとれません」

ひらがなまだなんです~の園児さんは
ママに字を書いてもらって
(それも、嬉しいね!)
絵の部分担当。

e0365999_05371604.jpg


2年生ちゃんたちは、
とっても頑張り屋さん。
ぴっかぴっかの1年生を乗り越えて、
ちょっぴりお疲れモードかな?
人型に書くと、よ~くわかります。

さよならしたい自分」は
『のうみそが いうことをきかないじぶん』
『ムカツクじぶんに バイバイ!』
『がっこうがきらいな 自分』


「なんか、最近、言うことが おとなびてて
どきっと、することもあるんです」
と、困り顔のママ。
それは、それで
成長のあかし。

まじめで 頑張り屋さんの
小学校2年生には
ほんとに、よくあるんですよ。

e0365999_05343908.jpg


お~ほしさま き~らきら♪
こんなに たのしそうに、きらきらしてくれてます。

e0365999_05340866.jpg


ふと見ると、ママにだっこしてもらってる
2年生ちゃん。
そうそう、
天使と 悪魔が 
行ったり きたり・・・

e0365999_05375748.jpg


「おかあさんも 人型 書こうよ~(^^♪」

は~い。
ご家族みんなで
「さよならしたい自分」を書いて
文字通り
「水に流し」てみませんか。

168.png岡山・倉敷出張国語未来塾177.png
毎月第2土曜日です

8月は夏休み特別コースなので
詳細は、お問い合わせ下さい。

masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて ご連絡ください)


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-09 21:40 | 国語未来塾 | Comments(0)

魔法の読書感想文シート


「今年は、倉敷でも読書感想文コース、できませんかっ」との
熱いご要望におこたえして、なんとか頑張りましょう~と
「魔法の読書感想文シート」を手直し。
一か月前倒しして、7月から始めました。

月1回の出張教室をはじめてから、5年目。
常連さんを中心に、8人が 本との出会いを楽しみました(よね!)

e0365999_22080378.jpg


冷房も、網戸もない部屋で、時折 トンボや虫さんたちも
仲間に入れて~とやってくる、なんとも自然の教室。
展開に煮詰まってしまった、5年生君、
「5分だけ散歩に行ってきたら~?」「うん!」
そんなことができるのも、倉敷教室ならではです。

e0365999_22085207.jpg


2時間たっぷり がっつり 「読書感想文」に向き合って
心地よい疲労感にひたる 子供たち…

「魔法の読書感想文シート」に、しっかり書くことで
本との新しい出会いがあります。

どうなることやら…との教師の心配を
子供たちは 軽々と飛び越えましたよ。

8月の教室までの宿題も、納得。
さあ、夏休みも すぐそこ!!ですね。

e0365999_10420595.jpeg



168.png 国語未来塾 177.png
お問い合わせ
masakique★i.spftbank.jp

(★を@に変えて ご連絡ください)
体験教室も行っています。


174.png 夏休み スポットコース 173.png
毎週・毎月は、遠くて無理・・・という方
夏休みだけでも いらっしゃいませんか
(60分コース・90分コース)

170.png 読書感想文 コース 170.png
(90分×3回 *各コース2名まで)
お申込み 受付中です


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-08 22:51 | 国語未来塾 | Comments(0)

九州地方の豪雨には
胸が痛みます。

一年生君の今年の七夕の短冊には、
「たいふうが ありませんように」

e0365999_07440821.jpg

自分のことのお願いはいいの?
と聞くと

「がっこうのに もう書いた。」^_^

「ちょっと、時間かかるけど
目立つほうが、神様見つけやすいし」と、
天の川の星を、ひとつ、ひとつ。。。

e0365999_07445536.jpg
七夕のお願いの仕方にも
そのときの 子供の心が現れます。

今年の一番でっかいお願いは、
年中くんの
いっぱい、いっぱい考えた後の

かみさまになりたい
でした。

ちなみに
一年生君に
「さよならしたい自分は?」
と聞くと
最初はいない〜と言っていたのですが

お母さんから ネタを仕入れていた私は
「このあいださー、鍵盤ハーモニーカどうしたっけ?」
「あっ、バスに忘れた」

そこで
「わすれものを するじぶん」
と書きました。

うふふ。
文字にすると、再認識できます。
今回はその「さよならしたい自分」を
文字通り
「水に流し」ましたよ。

e0365999_07452834.jpg
水無月の、夏越の祓え〜する人は〜
千歳の命 延ぶというなり〜

唱えながら流しました。




[PR]
by kokugomirai | 2017-07-06 22:56 | 国語未来塾 | Comments(0)

「夏越しの祓え?なにそれ?」
今年の春から 通い始めた5年生君に
幼稚園の時から通っている6年生君が
「あんな、あかんな~ やばかったなあ~と
思うことあるやんか。
そんな 自分をここに書いてな、流すねん」
なんとも、頼もしい。
「ここ」とは、人型です。

e0365999_17565940.jpg
「そんなんやったら、いっぱいあるで。」
わがままな自分
がんこな自分
人の言うこと聞かない自分
すぐつかれる自分
めんどくさがりな自分
勉強しない自分


人型に書ききれないほど…
そう
お母さんに 言われるまでもなく
ちゃ~んと
自分では わかっているんです。
いろんなこと。

思春期突入の この時期こそ
親にも言わない自分の内面と
そっと
しっかり
向き合えるのが 作文です。

身心にたまった 疲れと悩みを
書きだして
すっきりしたところで
いよいよ、七夕の予祝(よしゅく)です。
ポイントは
「~ますように…」ではなく
「~~するぞ!」と完了形で。

e0365999_18195263.jpg

どんどん 人型がうまれて
どんどん みんな清められています(笑)

e0365999_05533432.jpg

e0365999_17555676.jpg

そして、 起承転結 の作文へ

e0365999_18245977.jpg

e0365999_17574360.jpg
書くことは
自分を   見つめ
自分を 育てること

小さな教室は 大きな未来に つながっています。

e0365999_18300579.jpg
168.png 国語未来塾 177.png
お問い合わせ
masakique★i.spftbank.jp

(★を@に変えて ご連絡ください)
体験教室も行っています。


174.png 夏休み スポットコース 173.png
毎週・毎月は、遠くて無理・・・という方
夏休みだけでも いらっしゃいませんか
(60分コース・90分コース)

170.png 読書感想文 コース 170.png
(90分×3回 *各コース2名まで)
お申込み 受付中です


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-04 21:00 | 国語未来塾 | Comments(0)


いよいよ 下半期スタートです。
子供たちの「やる気スイッチ」は、個性的。
子供によって、日によって、
そして、課題によって違います。

比較的見つけやすい子と
一体、どこを押せば「やる気スイッチ!」入るのか~と
あの手この手で 押してみる子。
ぴたっ!と はまって、し~んと書きだしてくれた時は
ほんとに 抱きしめたいほど うれしいです。

色々、試してみて 
当たる確率が高いのは 先人の知恵に学ぶ
季節作文 です。

e0365999_05532276.jpg

7月は、「夏越しの祓え」の人型を書いて
「さよならしたい自分」をみつめ
身心を清めた後で
「短冊」に言霊を記します。
そして、 作文へ~。

e0365999_05533432.jpg


野球少年も やる気スイッチ、ばっちり入りました。

e0365999_06001781.jpg


「先生~。かざるね~」
嬉しそうに、大切そうに  持って帰ってくれました。
そう、自分の心と向き合うのは
ほんとに 楽しいものなのですよ。

e0365999_05530963.jpg


168.png国語未来塾177.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて ご連絡くださいね)
体験教室も 行っています。







[PR]
by kokugomirai | 2017-07-03 21:52 | 国語未来塾 | Comments(0)

7月2日からの5日間は 「半夏生
なんて読むの?と子供たち。
「はんげ・しょう」です
「半夏(はんげ)」という植物が
「生」れるころ。

1年を24の歳時に分ける二十四節気を 
さらに3つの期間にわけたのが
七十二侯(しちじゅうにこう)
夏至の末項(夏至から数えて11日目~15日目)です。

関西では「たこ」を食べる習慣があり
近くのスーパーには、
もちろん「タコ焼きしよう!」のコーナーがありました。

田植えもおわるころ
「稲の根が タコの足のように
しっかりと大地に伸びゆくように…」
とのこと。

また、「半夏半作(はんげはんさく)」といって
半夏生を過ぎて、田植えをすると
収穫が半分になるぞ!
ということで、農家の方々にとって
 半夏生のころは
やっと、ほっと一息つける
「おやすみ」だったようです。

トラクターも 田植え機もない時代
どんなに 稲作は 重労働だったことでしょう。

農作業はしていないけれど
2017年 上半期の疲れを
「半夏生」で癒しておくのも
 大切ですね。

e0365999_09025459.jpg

蛸(たこ)はありませんが
梅雨の晴れ間の ベランダモーニング

万葉父さん
パンの腕をあげています。

e0365999_09014619.jpg

右側は お店のチーズパン
それ目指して 焼いてみたのが左側。

ゆっくり のんびりいただいて
「万葉ライブ♬」
いってきま~す。

「蛸」でも「チーズパン」でもいいんです。
ちょっと 心の深呼吸するのが
古来からつながる
「半夏生(はんげしょう)」の知恵 ですね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-02 09:06 | 国語未来塾 | Comments(0)

夏越しの祓え

2017年も 折り返し。
水無月最後の一日は
前半の 小さな疲れや
たまった 心の汚れと
きれいさっぱり お別れできる日です。

「水無月の夏越(なごし)の祓え する人は
千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり」

(拾遺集:詠み人知らず)
6月に夏越しの祓えをする人は
1000年までも 命が伸びるというよなあ

こう唱えながら輪をくぐったら、
左方向に回って
次に右回り、又左回りと
3回 8の字を描くように
くぐり抜けると いいそうです。

さらに もう一回くぐって
神社にすすみます。

e0365999_22181410.jpg


ご近所の 弓弦羽(ゆづるは)神社の 茅の輪です
旧暦にあわせて、7月中は
くぐれる 神社も多いようです。

生きていると いろんなモヤモヤ 
「あ~あ(ため息)」も
いっぱいたまりますよね。

茅の輪をくぐりながら
そっかあ、むかしっから、
み~んな そうなんだろうなあ。
と 肩の荷がおりる気分になります。


国語未来塾のこどもたちも
7月の季節作文は

「夏越しの祓え~七夕の予祝」

楽しみましょうね。

e0365999_22190129.jpg




7月2日(日)
この 弓弦羽(結弦は)神社にて
毎月恒例の「万葉ライブ」行います。
169.png 10:00~12:00ごろ
169.png 2000円
テーマは「防人の歌」です
お気軽にお越しくださいね。











[PR]
by kokugomirai | 2017-06-30 22:47 | 国語未来塾 | Comments(0)

毎週水曜日の朝イチの日本語授業。
教えに行くのは 石橋にある
国立大学です。

朝イチの授業が 終わると
その日だけは
学生に戻ります。

緑豊かなキャンパスに
ど~んとそびえる
図書館。

e0365999_05394137.jpg


期末試験 間近の図書館は
いつもに増して、知の殿堂という感じ。
みんな カリカリ・・・・
今ドキの大学生でも
ペンを走らせ、お勉強中。
(写真は憚られる 静けさです)

明るく 大きな窓の向こうは
雨上がりに輝く 緑がいっぱい
広く のびやかな机には
学びに集中している 学生さんたち。

偏差値至上主義ではありませんが、
やはり、この国立大学図書館は
設備も蔵書も 一流。
そして
学ぶ姿勢も 一流の学生がいます。

環境が人を育てる…
とは、こういうことなのかあ。

どんな環境でも、それぞれの学びがあると思いますが
できれば、
国語未来塾の子供たちの 学びゆく環境も
「知を楽しむ」環境であってほしいなあと
願いつつ・・・

2017年度版「魔法の読書感想文シート」
作っています。

e0365999_05395623.jpg


夏休み・特別コース
「読書感想文コース」
(90分×3回)
お申込み・受付中です。

168.png国語未来塾178.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて メールをお送りください





[PR]
by kokugomirai | 2017-06-29 05:32 | 国語未来塾 | Comments(0)