鏡開き

1月11日(水)
今日は、鏡開き。
国語未来塾でも、「ぜんざい」ならぬ
最中で、歳神様をお送りしました。

「いつ、しめ縄をしまいますか。」
国語未来塾にいらっしゃるお母さんからの質問です。

関東と、関西では、若干違いがあるようです。
そもそも、「歳神様」がいらっしゃるのが「松の内」。
一般的には、7日までで
「あけまして、おめでとうございます」も
この日まで。7日以降は
「今年もよろしくお願いします」
と、留学生には教えています。

ただし、関西では「松の内」を15日の小正月まで
とも言われているようです。

まだ、鏡餅があるのに、お飾りを外すのもなあと思うので
国語未来塾では、11日の鏡開きの日に
お飾りも外し、歳神様もお送りすることにしています。

e0365999_10405150.jpeg
しめ飾りの代わりに、春呼ぶリースを作ってみました。
さあ、今年もいっぱい、書いていきましょうね。

[PR]
by kokugomirai | 2017-01-11 21:28 | 徒然なるままに | Comments(0)

今年の「初○○」

1月6日(金)
「初日の出」「初荷」「初売り」など、
いつもと変わらない物々に
「初○○」と、ちょっと冠をつけてあげるだけで
うーんと、立派なもの、ありがたいものに 早変わりします。

このルールを知っていると、
お正月は、「初○○」のオンパレードで 楽しく過ごせます。
小さい万葉人「あっ、しゃっくりが出た!」
万葉父さん「おっ、そりゃ、びっくりやな」
早速「怒り」していた万葉母さんも思わず「ぷっ!」

言葉って、ホントに不思議ですね。
同じ二十四時間のはずなのに、
「大晦日」と「元旦」とでは
太陽の色まで違って見えませんか。

言葉1つで、人の心や気持ちを
こんなにも変えることができるんです。

だからこそ、「言葉」を、大切に、的確に
相手と自分に届けられるようになったら
どんなに生きやすくなることでしょう。


今日から、いよいよ日常モードに突入しました。
まだ、学校の始まらない小さい万葉人の分も合わせて
3つの「 弁当」。

おせち料理の名残のお弁当です。
e0365999_23500336.jpeg
さあ、もう少し、「初○○」を楽しんでみましょうか。




[PR]
by kokugomirai | 2017-01-06 23:52 | 徒然なるままに | Comments(0)

歳神さまの 贈り物

1月5日(木)
張り切って、ブログを書き始めたものの
3日目にして、発熱。
4日目、まだ下がらず。
5日目の本日、
やっとやっと 起きあがって
身体を垂直にしてみました。
うん、うん。なんとか なっています。

年明け早々、大切なことを学びました。
「健康・第一!」
年末年始の 大掃除・おせち作り・正月接待、
どれもこれも、毎年こなしてきたのですが
そろそろ、無理の効かない お年頃・・・
健康でなければ、何にもできないのですよ。

でも、もう一つの学びも・・・
「病は 気から」
明日から、大学での授業が始まる!と思えば
身体の芯が 整うようで
あれほど下がらなかった熱も 
午後には 36度台に戻ってきました。

ちょっと いつもと違って
弱弱しい 万葉母さんに
万葉父さんは「それくらい、ソフトな感じがいいなあ」
ですと。
はいはい。家事全般、ありがとうございました。

古来から
お正月早々の出来事は、
その年の『歳神さま』からの贈り物だ と
言われています。

身体と、仕事と、家族と
3つのバランスを上手にトリながら
酉年を過ごしていきたいと思っています。


e0365999_00194637.jpg
今年も、無事に お節料理できました。
母・私・娘 ~ 時々、夫と父
三世代そろって、賑やかにお正月さんを お迎えしました。







[PR]
by kokugomirai | 2017-01-05 23:45 | 徒然なるままに | Comments(0)