春の足音を探そう

耳を澄ませば・・・
春の足音が 聞こえてきます。

日曜日は、近くの住吉川まで散歩しました。
春のにおいがそこかしこに…
外国語を使って 日本語を教えていると
日本語にしかない表現に
たくさん出会います。

 *うら   * 
 麗らか
天気がよく 穏やかに日が照っている様子。

英語の辞書をひくと
brighat (and  clear)
beautiful
a clear and spring day
「プログレッシブ英和辞典」
結構、たくさん言葉を使わないと表せません。

日本語なら、「麗らか」一言で
ほっこりとした暖かさと 春めくうれしさも加わります。

行き交う人々と
「いいお天気ですね~」これだけでもいいですが、
「ほんと麗らかで 嬉しいですね」と
お返事できたら どうでしょう。

e0365999_23153798.jpeg


春待ち顔の カワセミさんに 
ご挨拶した後は

e0365999_23150033.jpeg


紅梅・白梅さんから
馥郁とした香りのプレゼント

歩き来て 珈琲のかおり 麗らかに

e0365999_23143197.jpeg







[PR]
by kokugomirai | 2017-02-13 11:05 | 外国語としての日本語 | Comments(0)

2月2日(木)

昨日は、今年度最後の日本語の授業でした🎉
締めくくりは、日本語上級クラスの終了プロジェクトワーク。
半年のコースの終わりに、各学生が自分の興味のあるテーマついて
調べて、ポスターを作って日本語で発表します。
毎学期同じ課題をするのですが、学生たちの優秀さに拍手喝采!
2週間くらいでここまで仕上げるとは、さすが、国費留学生。

しかも、テーマは多種多様〜。

伊勢神宮と出雲大社のちがい  「参拝のしかた 違います:
画古墳〜高松塚とキトラ〜  「どちらも、星宿図が、描かれています」
津安二郎の世界~ 永遠に通じるものこそ、常に新しい(小津の名言)」
どうして日本を選んだか  
40人の留学生にアンケートしました!」
e0365999_10305932.jpeg
などの正統派から、
・相撲・ラーメン・お弁当文化・駄菓子屋さん・おせち料理の意味」など

e0365999_10301563.jpeg
e0365999_10282617.jpeg
日本に来た留学生たちが何に興味を持ったのか、
垣間見ることができます。
単なる紹介に終わらないよう、
「どうして、駄菓子は、今人気がなくなったのか」
「一番古いお弁当は、弥生時代の糒(ほしいい:漢字も読めません)です」
自分なりの考察も加えます。

日本人さえ知らないこともたーくさんあり(口裂け女の撃退法!)、ホントに興味津々。
珍しいところでは
・日本の都市伝説(トイレの花子さん、メリーさん、口裂け女…)
・関西の動物おみくじ
・日本女性の好きな調味料顔(しょうゆ顔とソース顔だけではないわけね)
e0365999_10311793.jpeg
e0365999_10232771.jpeg
など。。。。10分間の発表時間では、足りないくらいでした。

しかも、このクラスは、日本人学生のビジターさんが毎回来てくれる
というなんとも恵まれた環境でした。国籍を超えてみんな和気藹々と
ホントに楽しく半年過ごしました。ビジターさんは4年生で、
「この授業が大学時代の最後の授業でした、
ほんとにみんな、優しくて、いい思い出になりました」とのこと。
名残惜しそうに、みんな、連絡先を交換しあっていましたね。
e0365999_10291213.jpeg
学生時代は、いつ思いだしてもキラキラ輝く時間です。
みんなのそのキラキラのひと粒に、このJA500の授業を加輪っていたらうれしいです。。
「朝イチの授業は 辛かったけど、日本語クラスのみんなに会えるから
頑張ってきました」
「3回もスピーチがあるなんて、嫌だったけど、どんどん自分でも上手になるのが
わかりました。そして、クラスメートも、ほんとに上手になったと思います。」
など、嬉しいコメントももらいました。
e0365999_10225582.jpeg

最後に昔話のトピックに出てきた「きびだんご」を
岡山に帰った時お腰に付けてきましたので
みんなで、わいわい食べました。
だから、みんなに 家来になってもらいました(笑)

鬼退治にかこつけて、みんなまた、集まろうね。

e0365999_10285234.jpeg

みんな、元気でね!
また。逢う日まで~。



第一回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by kokugomirai | 2017-02-02 23:45 | 外国語としての日本語 | Comments(0)