霜月の作文テーマは
「ヘンテコ動物~ありがとう。
きみがいてくれたから~」

番外編で、日本で日本語を学んでいる
留学生たちの ゆるキャラも
ご紹介します。

自分たちの国を紹介する
 『ゆるキャラ』をつくろう!
というテーマが 日本語の教科書にあります。

今年の4月、初めて日本に来て
文字通り、「あいうえお」から学び始めた
フィリピンからの学生君。
いつもニコニコ笑っている
自分の分身のような ゆるキャラです。

ゆるキャラの名前は
「バピーくん」

フィリピンのゆるキャラは、バピーです。
バピーの名前は、フィリピンバナナからです。
バピーは いつもわらっています。手をふっています。
手は「いらっしゃい」といういみです。
バナナはフィリピンの いちばんのくだものです。
とてもおいしいです。

e0365999_08284749.jpg



こちらは
中国からの留学生。
中国の大学で2年間、日本語を勉強してから
来ています。

中国のゆるキャラは
「両儀(りょうぎ)ちゃん」
陰と陽、黒と白
世界は 二つのバランスで 成り立っているから
パンダの色(白と黒)は
世界で一番美しい 模様だそうです。

e0365999_08282755.jpg


このゆるキャラの特技はなんと
「人を助けること」

聞けば、日本に来てから
数えきれないくらいの人に
「助けてもらった」とのこと。
この ゆるキャラといっしょに
日本に恩返しがしたい!
と熱く語ってくれました。

相手を思うやさしい気持ちは
言葉の違いも 国境も
軽々越えていきます。

子供たちの 生きる「未来」は
きっと明るいはず!


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-19 21:31 | 日本語の教室から | Comments(0)

今年も トライやるウィークの中学生が
元気いっぱい
留学生の日本語クラスに 
お手伝いに来てくれました。

e0365999_23121805.jpg


まってました~。
1週間前から準備万端。
テーマは、「私たちの国の四季」
ネパール・ベトナム・台湾・中国・モンゴルと 日本。

「こたつに ネコ」の絵をみせると
留学生には「ふとんに イヌ」
入学式は?
日本はもちろん4月、
他の国は、9月か10月。
え~!と中学生はびっくりです。

旬の食べ物も紹介しあいました。
「馬の乳は春と夏」(モンゴル留学生)
え~どうして?
「馬は、年に1回、春しか子供を産まないから、
秋や冬にはお乳はでないです。」
へえ~!

e0365999_23134897.jpg


授業の後のアンケートによると
「留学生さんって、ちょっと怖いイメージがあったけど
みんな、日本にすごく興味があるのがわかって、うれしかったです」
「また、来たい。留学生は、みんなとっても元気で
フレンドリーで、ほんとに楽しかった!」
などなど…

今の小中学生が 大人になる頃は
確実に少子化がすすみ
お隣さんは、外国の方・・・なんて
ふつう~になるのでしょうね。

留学生は、
うちと バイト先と 学校の往復の毎日。
ぴちぴち 音がしそうな
若い中学生との交流は、
得難い、貴重な体験になりました。

「先生~、日本語が話せてよかったです!」
嬉しい時間をありがとう。


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-10 23:10 | 日本語の教室から | Comments(0)


二十四節気で
最も知名度が高いのが
秋分
やはり、「国民の祝日」
ですからね。
春の春分
人気を二分しています。
思えば、二十四節気で
お休みになっているのはこの二つだけです。

留学生には
しゅぶんと
しゅぶんは

意地悪かというくらい
言いにくい言葉です。

各国の「国民の祝日」には
いろんな成り立ちがありますが、

「昼と、夜の長さが同じ」というだけで
お休みになるなんて、いいですね~と

ベトナム男子。

いえいえ、この両日には
お墓参りをする、
つまり、先祖を思う日なのですよ。

もっと詳しく言うと
(『祝日法』という、法律によると)
春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」
秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」
とのこと。

昼と夜の長さが同じという理由で
お休みになっているわけではないのです。

中国の学生が
「晴明節」は、中国でもお休みで
この日にお墓参りします。


と教えてくれました。
そうそう、日本にも4月の二十四節気に
「晴明」がありますが
この日はお墓にはお参りしませんね。

似ているようで
やっぱり、少しずつ違う・・・

留学生の日本語教室は
どんどん話が膨らんで
なかなか教科書にもどれません。
ま、いっか。

e0365999_06142024.jpg


実家の裏山で見つけた木の子。
食べられるかどうか
国同士の意見が割れて
なかなか決着がつきませんでした(笑)




[PR]
by kokugomirai | 2017-09-23 21:54 | 日本語の教室から | Comments(0)

1年、或は半年の 短期留学プログラム
最終日の課題は
30歳の自分へ 手紙を書こう!

アンジェラ アキさんの「手紙」に
ヒントをもらい、
最終日の「お餞別」代わりの
課題です。

アンジェラさん 30歳の誕生日、
突然、母がずっと預かっていたという
15歳のアンジェラさんが、30歳のじぶんにあてて書いた手紙を
送ってきたそうです。

「未来~の自分に あてて書く手紙なら~♪
きっと 素直に打ち明けられるだろう~♪」


e0365999_06061616.jpg


台湾・中国からの留学生が中心の女子クラス。
いつも、わいわい 賑やかに 華やかに
勉強してきました。

「30歳?あと8年後」
「結婚してるかな?どんな仕事してるかな?」
「どこに住んでるんだろう?だれと?」
「きゃあ~」
・・・・
今、22・23歳の彼女たち。
30歳までのこの7・8年が
一つの 大きな変化の時期に
なるのでしょうね。

e0365999_06055970.jpg


30歳の時、この手紙をまた読むと
きっと、今日のこの風景
この留学時代のすべてを
懐かしく思いだすでしょう。

「日本語を学ぶ」ということは
単に「語彙・文法を覚える」だけではなく、
その学生の「人生の一コマ」としての
かけがえのない時間であってほしいと
いつも思っています。


e0365999_06054488.jpg

G1/G2のみんな~ありがとう!

「未来の自分に手紙を書こう!」


国語未来塾でも、
やってみようかな。

[PR]
by kokugomirai | 2017-07-28 22:18 | 日本語の教室から | Comments(0)


子供たちの夏休みは
蝉の大合唱と共に
賑やかに始まっていますが
大学では、前期の締めくくり授業週。
テスト&プレゼンテーション三昧で
教師も、学生も寝不足気味です。

水曜日のクラスは、
中国・韓国・ベトナム・マレーシア・スペイン
ドイツ・台湾・イギリス・・・
元気な若者が集いました。

このクラスは、上級クラスですので
最後は日本語で、ポスター発表します。

自分の興味のある「日本」に関するトピックを選び、
アンケートしたり、ネットで調べたり、
実際にその場所に行ったり!・・・
学生たちの頭の柔らかさに
毎回、素敵な刺激をもらいます。

e0365999_06074098.jpg


こちらは、よくいくコンビニ比較。
阪大生20人にアンケートをしたそうです。
弁当のセブン・スイーツはローソン・ファミマは揚げ物!
へ~。そんな使い分けがあるんですね。

e0365999_06073027.jpg


「日本のお茶」「日本のラーメン?」「日本の古墳」・・・など
毎回、「日本の●●」は
日本人さえ知らないことを
たくさん教えてもらえます。
抹茶が大好きという、Rさん。
抹茶と普通のお茶は、実は同じ木で
摘む前に布をかぶせるか、どうか。。。が違うだけ!
だそうです。

e0365999_06071840.jpg


インパクトのあるポスター!
日本人の行きたい観光地(緑のシール)と
外国人の行きたい観光地(赤のシール)の
違いの考察でした。

e0365999_06070615.jpg


クラス一のお調子者、K君。
ポスターcheckが間に合わなかったから
タイトルも間違ってます。
「百貨店の盛衰」と書きたいところ
「百貨店の成敗」となってます(笑)

韓国では、K君の子供の頃は
「デパート=夢の国」だったそうです。
昭和の日本と全く同じ。
でも、いまでは、どんどんさびれていて
とっても寂しいとのこと。

「日本のデパート」が頑張って
復活しているという記事をみて、
「ギンザ・シックス」まで
紹介してくれました。

e0365999_06065426.jpg


はじけるときには、こ~んな感じ!

でも、いつもは にこやか

e0365999_06064497.jpg


とっても刺激的なクラスでした。
日本語教師は、
学生から学ぶことも
ほ~んとに たくさんあります。

JA500 T1のみんな~
ありがとう!



[PR]
by kokugomirai | 2017-07-26 22:09 | 日本語の教室から | Comments(0)

どこの大学も、通常、前期・後期で
1コースは90分×15回。
4月に始まったコースは、どこも
終盤を迎えています。

ネパール・台湾・中国・ベトナム・モンゴルからの
20名が集まったクラスもあれば、

中国からの留学生2名のみ!のクラスもあります。

今週は、どちらのクラスにも
日本大学生に SAStudent Assistant)を
お願いしました。

20人の中級クラスには、3名の日本人。
3つのグループに分かれて
「国際結婚の是非」について
いっぱ~い、話してもらいました。

2名のクラスは、今回は
なんと 女子の優しく 可憐なSAさん。
日頃は、言語の授業なのに 無口なK君が、
目を輝かせて
一生懸命話している姿が、印象的でした。

e0365999_19491704.jpg



同じテストを 3回しても
どうしても 60点しかとれないK君。

でも、このように 「話したい!」相手が目の前にいたら
身振り手振り、少々 文法は違っても
「通じる!」ことが第一目標!

そういう時間があっても いいと
私は 思います。

「テストの点数」のまえに「人間力
ついつい、「点数」のみで
教師は、学生を評価しがちですが
「伝わればいい!」という時間があって
そこで、充実感を覚えた彼らの勉強は
「点数 アップ!」にもつながるからです。

「若さ」と「笑顔」は、世界の共通語。
~未来を創ってくれる、コスモポリタン養成講座~

日本語教師は、そっとお手伝いを続けています。


[PR]
by kokugomirai | 2017-07-14 19:27 | 日本語の教室から | Comments(0)

五色のた〜んざく♪

「せんせー。五色の短冊の色は
何色ですか〜」

毎度、留学生の質問には
ハタっ、と立ち止まることが多いです。

緑(青)・赤・黄・白・黒(紫)で
それぞれ
木・火・土・金・水
を表すそうです。

中国・台湾からの留学生の多いクラスなので
「わあ、中国の陰陽五行思想ですね!」
はいはい。みんなの方がよく知っています。


七夕の今日は、留学生も
授業の終わりに
短冊を書きました。

e0365999_07370916.jpg


e0365999_07355045.jpg
先週、日本語能力試験が終わったばかり
女子9人のクラスの願いは
日本語(勉強)のこと
将来の仕事のこと
恋人のこと

日本の大学生と 何ら変わりありません。
雨も上がって、今宵は久々にお月様。
みんなの願いごとも
叶いますように。。。

[PR]
by kokugomirai | 2017-07-07 22:41 | 日本語の教室から | Comments(0)


二十四節気の代表格の「夏至
子供たちは、「冬至(とうじ)」の言葉につられて
かじ?」
いえいえ、「夏」は「げ」って、読みます。
「じゃあ、げじ
なんとも、賑やかに 笑い転げます。
たくさん、まちがってもらうと
印象にのこりやすいもの。
(限度はありますが…)

正解は「げし
「今日は、一年で 昼の時間が一番 長い日です」と言っても

この梅雨空では、なかなか実感がわきません。

フィンランドからの留学生によると
「夏至は、フィンランドでは、重要な祝日です。
北部では真夜中でも 太陽がしずみません。
夜に生まれる悪魔が 昼間にも侵入しないように
昔は、一晩中かがり火をたいていました。
今は、みんなバーベキューをしたり、一晩中ダンスしたりします!
夏がきたぞ~!って感じ。夏至に一番近い週末から夏休みです。」

エッ、もう夏休み?

ドイツで日本語教師をしていた時、
夜の9時過ぎまで明るくて
同僚の先生たちと ライン川のほとりで
のんびり、ワインやビールを飲んでいたのを
思いだしました。

「先生、もう一つ あります。
夏至の夜、枕の下に7種類の花を置いて寝ると
夢で将来の フィアンセに会うことできるんです!」

なんと、なんと…

「日本でも 効きますか?そのおまじない・・・」と
ベトナム人の学生の、真剣な瞳に たじろぎつつ、

「た、たぶん、大丈夫。伊勢の 夫婦岩もね、
ちょうど 夏至の日の太陽が
二つの巖の真ん中から昇るそうですよ。
太陽パワーは、世界中で信じられているでしょうし…」

(関係、あまりないかな???)と思いつつ…笑

e0365999_09022295.jpg
5月に植えた ベランダのゴーヤも
らくらく、私の身長を超えました。

e0365999_06374721.jpg
草木も 人も 太陽の力いっぱい貰える 夏至なのですね。。。。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-21 22:45 | 日本語の教室から | Comments(0)

やっぱり 同世代!

大学で 教えている日本語のコースに
今年は、中国人留学生 2名だけというクラスもあります。

4月に「あいうえお」から 教え始めた、ほぼゼロ初級のクラス。
二人だけでは 寂しいので、今日は 日本人の大学生に
SA(student assistant)として きてもらいました。

今までならった文型を使って 一生懸命質問します。
・しつれいですが、お名前は?
・ご家族は何人ですか。
・今、どこに 住んでいますか。
・中華料理で なにが 一番すきですか。
・スポーツで なにが いちばん したいですか。

e0365999_05504328.jpg
警察の尋問のようですが(笑)、SAさんの答えを 一生懸命 書きます。

e0365999_05502702.jpg
今度は、SAさんが 彼らに質問してくれます。
・中国の どこに住んでいますか。 教えてください。

なんと、今回のSAさん。懐かしの「地球の歩き方」の中国版を 
わざわざ 図書館から借りて、持ってきてくれていました。

これには、学生たちも、大喜び!一生懸命説明しています。

e0365999_05505576.jpg

話は、休みの日の過ごし方になり、共通の話題が みつかりました!
「遊戯王」という カードゲーム。
e0365999_05510922.jpg
SAさんは ちょうど午後の日本語のクラスで、
日本の遊びを紹介してほしいと頼まれたので 「持っています!」
と、自分のコレクションをご披露~。
(カードゲームが、日本のあそび 何ですね…)
留学生たちは、「知ってます!」「中国で たくさん 持ってます!」と大興奮!!
一気に距離が縮まって

見ても いいですか
見せて ください

14・15課で「て形」を勉強した時、
「見てください」と「見せてください」が 
いつも混乱していたふたりとは 別人です(笑)

話題は、アニメ、ネットゲームにも広がり、スマホを見せあいながら
どんどん 話が広がっています。

どちらかといえば、おとなしめの 留学生くんたち。
90分も、話がもつかな~という 教師の心配など どこ吹く風~。

時間が、足りないくらいでした。

聞けば、SAさんも、今年の4月から、大学の授業で中国語を勉強し始めたとか。
また、一緒に勉強しましょう~と、和やかに終わりました。

日本に来ても、寮と、学校の往復だけで 
心も ちょっとお疲れ気味の6月。
日本語を勉強していて、よかった~と 思ってもらえるひと時。
「センセイ、とっても 楽しかったです!」と
今まで みたこともないような 笑顔です。

同世代って、いいなあ~と、まぶしく見つめる 私でした。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-13 22:54 | 日本語の教室から | Comments(0)

今年の桜は がんばり屋さん。

まだまだ、綺麗に咲いています。
今週から、いつもの大学の日本語授業も始まりました。

新しい留学生を、迎えてくれるのが 日本の桜。
秋入学も、どんどん増えている昨今ですが
入学式には、 やはり桜がお似合いです。

図書館前の 中庭も、桜満開。
e0365999_14243218.jpg

そこに行くまでの 小径は 桜の絨毯です。

e0365999_14241876.jpg

留学生に、「なぜ、さくら と言いますか?」
おっと、来ました。この素朴な疑問。

いろいろ説はあるのですが
・咲く +ら で、「ら」は、「ちゃん」のような愛称。
「咲いている ちゃん」みたいな感じかな。

・咲く+ら で、「ら」は、「辺り」の意味。
遠くから見てもすぐ分かる「咲いている辺り」という説もあるよ。

・「さ」は、稲の神様で、「くら」=「座」で、居るという意味
つまり、「神様が 居る」花が、桜花だというもの。
これは 今年、調べて、初めて知りました😅

お花見も、元々は 田んぼに サクラの神様をお呼びし
お供えものして 豊作を祈り、
その後、一緒にワイワイ 召し上がっていただく
という、予祝の行事だったとか。。。

ともあれ、今宵も このキャンパスでは 桜浮かれが 続くはず。
日本の春、たっぷり 楽しんでね〜。

e0365999_14252285.jpg

水面にも 花筏が 浮かんでいます

e0365999_14245089.jpg

素敵な 留学生活になりますように。。。


[PR]
by kokugomirai | 2017-04-12 15:14 | 日本語の教室から | Comments(0)