作文が 大嫌いなんです


お問い合わせで多いのは
「どうしたら 作文が好きになりますか」
「うちの子、作文が 大嫌いなんです」

そういう お問い合わせをいただくと
わくわく!します。
「は~い、おまかせください。
どんなお子さんにも
作文スイッチ、必ずあります!」

作文が書けない~というお子さんに多いのは
何をかけばいいのかわからない~
というもの。

そう、書く前の準備・素材の提示
大切です。

作文も、料理と同じで
下ごしらえが万全であれば
ふしぎなくらい
スラスラ書けます。

国語未来塾には
いろんな 材料がそろっています。
マッピング
起承転結シート
オノマトペ カード
接続詞 カード
・・・
低学年さんでも
それは それは 楽しそうに
書いています。

こちらは、1年生君の
「秋をみつけたよ!」
いろんな インプット材料を使って
たっぷり 作文のための下ごしらえを します。

e0365999_06004649.jpg



「作文 嫌いなんです!」
なんて、もったいない。

作文の秋 始めませんか。

168.pngお問い合わせ177.png
国語未来塾
masakique★i.softbank.jp

(★を@に変えてご連絡くださいね)

体験教室もあります
 国語で未来を拓きましょう!

e0365999_05504766.jpg



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-12 22:47 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

1週間の締めくくりは
高校受験の中三君。
電車を乗り継ぎ、
1時間かけて来てくれています。
教室に、着くや否や
「疲れた~」
うんうん、わかります。
しかし、
高校受験まで、既に秒読み。
来週は実力テストもあります。
国語未来塾 お得意の
「無気力 むつ子」撃退法で
(やる気のないのは、『むつ子』せい(笑)
スタート!

中三君のように
国語がチョー苦手な場合、
まずは「文法 100%」を目指します。
部活最優先男子で
避けに避けてきた 国語。

兵庫県の公立高校の場合
勿論、人にもよりますが、一般的に
理系科目より
文系科目のほうが
点が取りやすいと言われています。

その国語の中でも
勉強さえすれば、
安定して点が取れるのが
文法 分野」
・自立語か どうか、
・活用するか しないか…など
きれいに分類して考えることが できるからです。

実力テストに向けた文法の仕上げ
今日は
「助詞・助動詞」でした。
頭の中に叩き込んだ文法表の
一番左の二つ。

助詞はね、磁石みたいなもの。
カチっと自立語にひっつくの。
でも形は 変わらない(=活用しない)」
助動詞はね 同じようにひっつくんだけど
ひっつくときに 形が変わる(=活用する)の。
まあ、スライムみたいな感じ?」

国語がチョー苦手君の場合
一般的な説明では 頭に残りません。
「せんせー、オッケー。
助詞は磁石で カチッと。
助動詞はスライムで ぐにゃぐにゃすんねんな。」

勘のいい中三君、
イメージさえ手に入れば
ばっちり、すいすい
高校入試用の問題集を
解いていきます。


それまでは、とにかく
「文法は 無理。捨ててた~」
なんて、もったいない!!
今では、「文法 よっしゃ、来い!」
だそうです(笑)

だれでも、苦手意識がまず
邪魔をするのです。
「解ける!できる!」から
「おもしろい!」に直結するんですね。

実は、中三君
「せんせ~、今日俺な 誕生日やねん」
え~、そうなん?これしかないわ~
渡したのは、小学生用のハロウィンのお菓子。

e0365999_11242906.jpg



「先生に いろいろおかしと
 助詞と助動詞 誕生日プレゼントに
もらったで!」
と、帰ってきました。
受験生らしい誕生日です。
ありがとうございました。

なんと、なんと、嬉しいメールをもらいました!
15歳のお誕生日

おめでとう!!



[PR]
by kokugomirai | 2017-10-27 22:56 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)



毎月、第二土曜日の午後は
岡山出張教室に伺います。

こちらは、園児さんから2年生さん中心。


まずは、身体を動かして
で~た、で~た♪
月が~
まあるい まあるい
まんまるい~

e0365999_05535731.jpg



これ以上 のびまっせ~ん
というくらい
おっきなお月様を
 体で みんなで うたいます。

e0365999_05542825.jpg




でも、この歌、知らない~という小学2年生さん。
あらら… 

じゃあ、お月様のように
まあるい まあるい
まんまるい~物は何?

ドーナツ!
タイヤ!
おだんご!
アンパンマン!


えっ!ほら、おうちで
こうやって、お茶椀運んだりする
まあるいのは?

e0365999_05533938.jpg



すると、見学のお母さんから

「先生、うちのは、四角です」
「そういえば、うちでは使いませんねえ」

あららら~。
アイランドキッチンだと
お盆はなくても 運べますものね。

身体を動かしたら
ちょっと落ち着いて、
絵本の時間。

『じっちょりんの お月見』です。

e0365999_05530848.jpg



だんだん
近づいてきます。
かわいい~!

e0365999_05524846.jpg


じっちょりん家族は
たくさんのお友達家族と
お月見します。

お次は、万葉集。
1300年前からず~と
私たちを照らしているお月様は
真鏡(まそかがみ)
という、な~んでも
見たいものを映し出してくれる
すてきな魔法の鏡なのです。

e0365999_05545166.jpg



何を映し出してもらいたい?

e0365999_23313477.jpg


園児くんは、だ~い好きなくるま!

e0365999_23324313.jpg



動物だい好き園児ちゃんは
ゾウと ウサギと ライオンさん

e0365999_05551798.jpg

2年生のお姉ちゃんたちは
写真写りにも
こだわります。

こっちがいいかな~

e0365999_05560382.jpg


完成!

e0365999_23322751.jpg


一生懸命
お餅をついているウサギさんが
みえたそうですよ。

小学二年生症候群真っ只中の
お嬢さんたちも
「こ~んな 真鏡(まそかがみ)
欲し~いよ~♪」

じっくり
実は、楽しそうに
取り組んでくれましたよ。

e0365999_23374080.jpg


ホワイトボードにおおっきく
描いた(まそかがみ)」

1300年前とおなじように
にっこり、私たちを見守ってくれています。

11月・12月の
岡山・倉敷出張教室は
都合により、第三土曜日に変更です。
11月18日(土)
12月16日(土)

いずれの日も、
10:30~12:00 (倉敷教室:高学年)
13:30~14:30(岡山教室:園児・低学年)


素敵な秋の出会い、おまちしていま~す。
168.pngお問い合わせ169.png
masakique★i.softbank.jp

(★を@にかえて、ご連絡ください)





[PR]
by kokugomirai | 2017-10-15 20:42 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

国語未来塾は
しっかり、たっぷり
子供たちに関わっていきたいので
1~3人の小人数が基本です。

学年が違っても 寺子屋式に対応します。
が、学年がそろっていて
しかも、元同じ幼稚園ということであれば
一人でする時とは また別の
素敵なプログラムが組めます。
いつもの一年生君のクラスに
お一人1年生さんが入ってくれました。

今回は、
まず 小さな紙に「秋」と感じることを
お互い相手に見えないように
書きだしてもらいます。
制限時間は3分間。
(ここがポイント!ゲーム感覚が大好きですね)

3枚くらいで詰まったところで
「秋を感じるセンサー、みんなは5つもっています」
「?(なんやて~)」 
(という感じの表情)

「みんなの顔には何がついてる?」
「目・耳・鼻・口~」
「もうないで、4つやん」

5つ目は・・・「ほっぺた!肌ですよ~」
ということで
『目・耳・鼻・口・肌』
五感を意識してもらったところで
紙にどしどし書いてみましょう~

e0365999_06415214.jpg



『鼻(嗅覚)』と『肌(触覚)』が
一番出にくいのですが、
お二人さんの通った幼稚園には
ちゃあ~んとあったそうです。

キンモクセイ
秋のにおいの代表ですね~。
それを聞いただけでも、旬を大切にする
素敵な幼稚園だとわかります。

見つけた秋に 「おのまとぺ」を合わせて
短文をどんどん作っていきます。

日本人なら
「どんぐりは?」 「ころころ~」
「ゴロゴロだったら、たくさん転がる感じ」

なるほどね!
オノマトペ、ちゃんと育っていますね。
・まつたけが にょきにょき のびます
・トンボが すいすい とびます
・こおろぎが こおろこおろ なきます
・・・・

一年生君の
いつもの口癖「つかれた~」も
この日は激減!
同級生パワーを感じましたよ。

お友達と お誘い合わせて
楽しく通ってきていただけます。

168.pngお問い合わせ168.png
国語未来塾
masakique★i.softbank.jp
(★印を@にかえて、メールをお送りくださいね)
体験教室もあります。


素敵な秋を 見つけて
文章にしてみましょうね!




[PR]
by kokugomirai | 2017-10-06 22:50 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)


何をするにも
ぴったりの季節
待ちに待った到来です

国語未来塾は
六甲山のふもと 住吉川のほとり
ささやかな教室ですが
子供たちの 
でっかい未来を
育むところです。

ホームグランドの
御影教室は3人までの小人数

e0365999_05355589.jpg



1年生君も、マッピングから作文します

e0365999_06214948.jpg


【御影教室】
★レギュラーコース(月4回)
★ハーフコース(月2回)
★スポットコース(月1回)
の他にも

ちょっと遠いので、毎週は無理、
他の習い事?部活も忙しくて…
という生徒さんのために
★フレキシブルコース(随時空いている時間に)
もあります。


夏休みには
神戸市内のアトリエペタタの
石橋先生と
「ひらめきアート作文教室」も
開催しています。

e0365999_06385068.jpg


月1回の出張教室
毎月第2土曜日 

【倉敷教室】
10:30~12:00

こちらは、出張を始めて5年目。
月1回ですが、みんなどんどん
「作文大好き!」になってますよ♪
お好きなときに
来ていただけます。
(毎回完結型です)
e0365999_07003167.jpg
窓を開けはなって書いていると
トンボやちょうちょも
仲間入り。
外に出て、「春をみつけよう!」
見つけた春を文にする~なんて
倉敷ならではのカリキュラムもあります。
e0365999_16224642.jpg


緑に囲まれた
素敵な教室です

e0365999_16501693.jpg


【岡山教室】
13:30~14:30
午後からは、ちびっこ(小学校低学年)さんが
待ってくれています

e0365999_15123644.jpg


こちらは、ママも一緒に

e0365999_21565853.jpg


歌ったり、踊ったり
身体で言葉を感じて
紡いでいきます。

e0365999_23385644.jpeg


岡山教室は、公民館をお借りしているので
場所が決まっていませんが
岡山駅の周辺で、車が停められる会場です。

e0365999_23371387.jpeg


いずれの教室も
詳しいお問い合わせは
お気軽にどうぞ。


168.png国語未来塾177.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えてご連絡くださいね)
*体験教室も行っています。

e0365999_23382064.jpeg


瑞々しい心に
たおやかな 言の葉
育てていきましょう。


[PR]
by kokugomirai | 2017-09-17 09:26 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

御影教室でも
「行きあいの頃」作文を
続けています。

ゲーム大好きの中2男子君。
月1回コースですが
ぐんぐん上達しています。

夏と秋とどっちがいい?
夏と秋、それぞれの長所・短所
4枚の紙に書きだし
起承転結を意識して
書く順番に並べます。

:夏と秋とどちらがいいと思いますか。
(問題提起)
たしかに・・・(自分とは反対意見の長所・自分の意見の短所
しかし・・・(自分の意見の長所・反対意見の短所
こう考えるとやはり・・・(ダメ押しの自分の意見の長所

中2男子君が
紙を並べながら ぼそっと
「せんせ~これってな、ゲームに似てんな~」
なになに??

「承」ってさ、相手の手持ちのカードチェックしてんねん。
(相手の強み?を判断するということらしい)
相手がどんな武器・技を何もってるか、
その武器には、これ!というふうに 
自分の持ってる武器・技を準備すんねん。

「転」で反撃!「承」で「たしかに~」と相手を油断させとくとな
「ば~ん」ていけんねん。「しか~し!」やろ?
(自分の強みの武器は、最初からは見せないのがポイントらしい)

なるほどね~。と引き込まれる教師。

ほんでな、最後の1分間には、同じ武器でもパワーが倍増すんねん。
それまでとっておく「武器」が「結」のダメ押しの意見やな。
一番の秘密兵器は 最後まで見せへんねんで。


なんと、なんと
みごとに 解説してくれました。
まさに、その通りです。
「承」で、「たしかに~」と相手の意見を引き受ける
「冷静さと包容力」があると
「転」での、自分の意見に「説得力」が増すのです。

「作文って、おもろいな~ 攻略ゲームと一緒やん」

その言葉、そのままいただきます!
稔の秋が 子供たちにも 訪れているようです。

国語未来塾へのお問い合わせ
下記のアドレスの★を@に変えて
お気軽にどうぞ~。
masakique★i.softbank.jp

e0365999_06530501.jpg
 


[PR]
by kokugomirai | 2017-09-12 06:38 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)


国語未来塾


受験につながる、すべての学習の基礎は
国語力(読む力・書く力・話す力)です。

算数だって、問題文の意味がわからなければ、解けません。
そして何より人として“よく生きる”ためには

言語力(他を理解する力、自分を表現する力)が欠かせません。

この教室は、
日本の言葉をこよなく愛する 日本語教師&万葉母さんが
子供達の「国語だいすきスイッチ」を入れるべく、
国語の学習に特化し“生きる力”としての 
国語力養成を目指します。


🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
嬉しいことに、このブログを始めてから、
国語未来塾へのお問い合わせを たくさんいただくようになりました。
少し長いのですが、2015年12月の教室便りから、
「新しいプログラムのお知らせ」部分を抜粋いたしました。
長文になりますが、ぜひ、お読みください。
🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

21世紀を生きる 君たちへ 
~宇宙船地球号プログラム~ 
(2015/12月号)

戦後七十年。この言葉を、今年は何度も耳にしました。戦後五十年のとき、私は大学院を修了し、赴任先のドイツの高校で、ドイツの生徒たちと「第二次大戦から学ぶこと」というテーマで様々な資料を読み、展示の企画をしました。最も印象に残ったのは、 「戦争のことを学ぼう!」という生徒たちの力強さと、「アメリカと、日独の軍隊の最も大きな違いは、人命の軽重だ」という結論の一つです。「アメリカのグラマン機は背後に分厚い鉄壁があり、いかに人命を尊重したかがわかる。日本のゼロ戦は、飛行距離は飛躍的に延びたが、それに乗る人間の体力の限界は考えられておらず、機体を軽くするため、 薄い鉄板が使われている。これでは、命は守れない。」 もちろん、ナチスドイツの犯した過ちにも、目を背けず、きちんと検証し、素晴らしい展示がなされました。主な展示はドイツ語でしたが、私は、日本語教師として日本語での資料を検討し、彼らとのディスカッションに加わり、いかに日本の歴史教育が浅いものか思い知らされました。暗記中心のテスト用知識では、全く通用しないからです。


 あれから二十年。どんどん、先の戦争の記憶は薄れていき、きな臭い昨今。二十年前のドイツでの 展示に、今なら付け加えたい文言があります。それは、「子供たちこそ、この平和を守れる地球の宝だ」ということです。20世紀生まれの親たちには、予想もつかない21世紀が始まっています。

 
 しかしそれは、決して悲観すべき世界ではないはずです。そう、今こそ子供の持つ無限の力を信じ、子供たちの清らかな目で「真実を見抜く力」を付ける手助けをするべきなのでしょう。小さく日本の中だけで成り立つ時代は音を立てて終わろうとしているからです。日本国内の日本語教育の現場は、中国人留学生がどんどん減り、代わりにベトナム、ネパールの留学生が大半になっています。モノ作りの 現場も、市場も、日本だけでは成り立たず、どんどん外へと飛び出しています。

そういう時代を生き抜く子供たちにとって、何が 必要なのか。

国語未来塾では、新たな視点でプログラムを再編していこうと思っています。


 宇宙船地球号*プログラム


  • 日本の詩歌・季語に親しむ…万葉集、百人一首など、古今の名歌にふれる

  • 五感を研ぎ澄ます…五感を意識した作文は 臨場感にあふれ、わかりやすく、伝わりやすい。

  • Showand Tell …ドイツの小学校では日常的に行われていること。

    何かを手に持って見せながらそれについて自分の考えを語ること。

    〇×もない、点数もない、あくまで個人的な体験を堂々と表現する。

  • 起承転結を意識する…意見述べには、まず準備、そして「」を意識すると「結」を導きやすくなる

  • 反対意見を想像する…自説を主張するだけではなく、常に反対意見の存在を考える習慣を付ける

  • 批判的に考える…教師、教科書、メディアの言うことをうのみにしない。まず「本当か?」と問う。

  • 独創的に考える…迎合することなく、自分だけのアイディアを論理的に展開する。

今の中学一年生が迎える2020年からの大学受験改革も
「暗記中心」から、「自ら考える力」へと
大きく舵がきられます。
地球と言わず、宇宙が舞台になる日も遠くないかもしれません。

私の故郷は地球です。青くて 美しい星です』と、
子供たちが胸を張って言えるよう、
いつまでも、平和な美しい星であってほしいと
願っています。 
(2015.12.9 国語未来塾)

✤御影教室(3人までの小人数教室)

e0365999_00140920.jpg


✤倉敷 出張教室(小学校3年くらいから)
(毎月第2土曜日 10;00~)


e0365999_22595836.jpeg
e0365999_22573557.jpeg


✤岡山 出張教室(園児~小学低学年)
(毎月第2土曜日 13;30~)


e0365999_23044212.jpeg
e0365999_23064731.jpeg
e0365999_23025320.jpeg


すべての くわしい お問い合わせは
国語未来塾
masakique☆i.softbank.jp
(☆を@に変えてお送りください)

体験教室も、随時行っています。












[PR]
by kokugomirai | 2017-01-30 23:56 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

1月23日(月)

国語未来塾は 1か月4回が基本ですが
「受験用の学習塾が 大変になってきて…」
「部活も忙しいし…」
とのご要望にも 柔軟にお応えすべく
◇月に2回 コース
◇月に1回 コース
◇スポット コース
など、いろいろなコースを準備しています。

月曜日の4:30~5:30帯は、
月2回の小5のお嬢様二人です。
きゃあ、きゃあと、それは楽しく 通ってきてくれます。


「新聞作文コンクールで入選しました!」
「月1回の塾のカリテ(定期試験)で、
国語が150点満点中、126点でした!」など
年末には嬉しい報告をしてくれました。
季節感を題材に取り入れるのも
国語未来塾の特徴の一つです。

この国の四季折々の美しさ、季節を大切にする心を
しっかりと身に付けてもらいたいからです。

1年の締めくくりの師走には、
3段論法で書く「サンタさんへの手紙」があります。
まず、去年のプレゼントのお礼。
次に、しっかり、頑張ったことをアピール!!
最後に、お願い です。
お願いばっかりだとなかなか聞いてもらえないのは、
大人になってからも同じですね。

塾長(万葉母さん)だけが 教える、
各クラス定員3人までの 
それは それは ささやかな教室です。
でも、子供たちの でっか~い未来を
共に 拓きましょう!

国語(作文)力は、生きる力 そのものです。

どんな仕事につこうとも、
国語力は、必ず必要です。
受験の先の未来を見つめるのが、国語未来塾…

ご縁のある方に、無理せず、
そっと来ていただけたら 
うれしいです。


e0365999_21315098.jpeg










e0365999_21321801.jpeg




















お問い合わせは 
下記のアドレスの★を@に変えて、
お気軽にどうぞ。

masakique★i.softbank.jp





[PR]
by kokugomirai | 2017-01-23 21:48 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

1月21日(土)

毎月第三土曜日は、月一回の出張神戸教室の日です。
会場は、神戸駅のすぐ近く、「あすてっぷ・こうべ」か、
そのお隣の「婦人会館」をお借りしています。

目の前が、湊川神社という、都会のオアシスのような場所。
境内の周りを一周すれば、いろんな季節が こぼれています。
e0365999_22590420.jpeg
「先生〜、これなに?」
e0365999_23004088.jpeg
「秋を見つけたよ」作文など 五感をたっぷり使った作文を書くには
ぴったりの場所です。

が、去年の秋以降、「婦人会館」が改修中のため使えなくなり、
必然的に、あすてっぷの使用希望者急増で、
会場を抑えるのは、アイドルのコンサート並みに難しくなりました。

なので、春までは、神戸教室は御影教室で、特別開講しています。
今日も、大阪から、元気な二人の兄弟が来てくれました。

もちろん、「今年の言霊パワーをもらおう」作文です。
小5のお兄ちゃんは、去年は「運」。
運をいいように!と、運動するぞ!とのこと。
少年野球に打ち込んでいる今年は「勝」。
昨年の大会では、一回戦敗退だったので、今年こそは、強豪の名前を復活させます!
とのこと。

小3の弟君、「漢字が見つからな〜い」とゴソゴソ…
そこで、お兄ちゃんと、付き添いのお母さんのお二人が
「ぴったりの漢字を見つけた!」と同時に頭に浮かんだ一文字は
なんと、同じ「集」。「お前な〜、もうちょっと集中してなんでもやれや」と
お兄ちゃんからのアドバイス。母兄が、同じ考えとはいやはや、お見事です!
e0365999_23241813.jpeg
e0365999_23234124.jpeg
月一回の教室でも、きちんと効果がでていることは、
一年前の「言霊作文」と比べてみれば、一目瞭然。

今年も、丁寧に書いていきましょうね。

168.png国語未来塾170.png
お問い合わせは 
下記のアドレスの★を@に変えて、
お気軽にどうぞ。

masakique★i.softbank.jp












[PR]
by kokugomirai | 2017-01-21 22:51 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

はじめまして

1月1日(水)

まっさらの原稿用紙のような
新しい一年が はじまりました。
さあ、何を綴っていきましょうか。

e0365999_23291404.jpg


国語力・作文力という翼を心につけて
大空へ、飛翔!

今年も どしどし書き進め、
国語で 未来を拓きましょう。

今年もよろしくお願い致します。

国語未来塾*ご案内
万葉大好き母さんが
ささやかな教室で
子供たちの
でっかい未来を 育てています。
詳しいお問い合わせは
masakique★i.softbank.jp)まで
★を@に変えてご連絡くださいね。



でっかい未来を


[PR]
by kokugomirai | 2017-01-01 23:30 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)