<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1月18日(水)
今日の午後、嬉しい知らせが二つ
飛び込んできました。

第一 希望の中学校に合格しました!」
わお!
2次試験で131人中、10人に入りました!」
おめでと~~~~!!!

二人とも、この夏休み、ず~っと夏期講習に頑張って
朝から、晩まで
お弁当二つもって 通っていました。
「今年は、読書感想文、無理かもしれません…」という
お母さんの心配をよそに、
たっぷりと、しっかりと
書ききった二人。
一人は、課題図書の『大村智ものがたり』。あの
副題~苦しい道こそ、楽しい人生~を見て、これだ!と決めました。

六年生の熱い、暑い夏休みが始まった。中学受験のために、毎日1150分から夜9時まで、塾にせっせと通っているのだ。正直、読書感想文は、できればさけたかった。しかし、本屋でふとこの本の表紙の写真が目に入った。黒人の子に囲まれて笑顔でVサイン。よく見るとノーベル賞の大村先生についての本だった。・・・・(中略)僕の母も、身体の調子が悪いが、毎日塾のお弁当を作ってくれ、父が届けてくれる。応援は何よりものパワーとなる。…僕の将来の夢は今は、まだよくわからない。今はまず中学受験に合格することに全力を注いでいる。がんばって合格して、でっかいVサインの写真をとろう。(W君)

もう一人は、『シャトルバスに乗って』という女の子3人のピクニック話。
その中でも食いついたのは、兄の稔の中学受験話の部分です。

…稔は猛勉強して有名中学に合格したが、その反動で登校拒否になったらしい。僕も夏休みは朝から 晩まで受験勉強しているから、稔の気持ちがよくわかる。でも、僕は合格したら、ワクワク学校に通う。稔がゲームばかりして学校に行かないのは、お母さんへの反抗心からだと思う。…僕は稔に助言がある。単身赴任のお父さんのいる台湾に行けばいい。男同士の方が気持ちがきっと通じると思うからだ。


…僕はとても恵まれていると思う。受験は自分から言いだしたことだから最後までやり通して見せる。だから今日も「白地にみどりの市バスに乗って」夏期講習へ向かっていく。(R君)


二人とも、この夏は、本当に受験一色でした。
だからこそ、その一生懸命を文字にして客観視することは、
何よりもの心のセラピーになります。
合わせて、家族への想いを、きちんと記憶しておく。
小6の「今」しか書けないこの読書感想文は
一生の宝物になることでしょう。

そして、つかんだ 笑顔の咲く

3年前に R君のお母さんからいただいた ポインセチアが
今年、初めて再びピンクに色づきました。

まるで、今日の日を予言していたかのようです。
本当に
おめでとう!

e0365999_17022425.jpeg





[PR]
by kokugomirai | 2017-01-18 21:53 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月17日 神戸発の思い

1月17日(火)
今年も、この日がやってきました。
神戸に住むまでは、新聞やテレビの中で
流れるニュースの一つでした。

e0365999_22343685.jpg


でも、神戸に住み始めて9年目。
特に、小さい万葉人が小学校に入ってからは
毎年、先生方や、地域の方々から
いろんなお話を聞いてくるようになり
「今」どう生きているか。を
問われる日と なりました。

4年前、初めて神戸市内の東遊園地の
5:46に、小さい万葉人と立った日。
揺れる竹灯籠の中に
思いを込めた「1字」が うかびあがっていました。

e0365999_22355204.jpg


これを見たとき、

国語未来塾の 子供たちにも
「1字」に託す思いの強さを感じてもらいたい と
「今年の1字」を決めて、作文にする
国語未来塾の新しいプログラムが 生まれました。  

1月17日の、阪神淡路大震災は
22年前の過去のことではありません。
今と、未来を生き続ける私たちに
ずしりと 問いかける1日です。

「今を 未来を どう生きていくのか」と。


[PR]
by kokugomirai | 2017-01-17 23:01 | 徒然なるままに | Comments(0)

1月16日(月)
2012年4月、神戸市内に新しくできた小学校に
開校当時から、毎月1回万葉を歌いに行っています。
1年生と、2年生だけで始まった学校も
この春、初めての卒業生を送り出します。

毎年、この小学校でも、今年の「言霊パワー」の一字を決めています。

」:お花のようにみんなをしあわせにしてあげたい       (1年女子)
」:きょねんよりも もっと本を読むぞ            (1年男子)
」:元気に過ごしたいから                  (2年男子)
」:漢字検定に ごうかくしたいぞ              (3年女子)
」:旅行にいくぞ。一人でもいいぞ              (4年男子)
」:受験勉強、がんばって走るぞ               (5年男子)
  「」:心を「無」にして新しいことに取り組む・急ぎすぎず、欲張らない(5年女子)

みんな、毎月1回の万葉授業を 
とっても楽しみにしてくれています。
「小さい万葉人」の心の みずみずしさ・・・
ちょっと、ご紹介いたしましょう。

前回の宿題は、
この歌のように、「好き」という言葉を使わないで
「だ~い好きの想いを伝えてみよう!」というものでした。


「秋の田の 穂向(ほむ)きの 寄れる 
片寄(かたよ)りに 君に寄りなな!言痛(こちた)かりとも」


(秋の田んぼの稲の穂が、風が吹いたらぜ~んぶ一方向に寄れるように
私の心も、一本残らず、全てがあなたのほうに寄っています。人にどんなに言われようとも!)

(万葉集114番:但馬皇女)


妹へ:コスモスや松ぼっくりをいっしょにかざって わたしたいよ。(2年女子)

e0365999_15173887.jpeg

シンゴジラへ:映画の中でがんばっていたから、どんぐり900000個あげる(1年男子)

e0365999_15175864.jpeg


友達のAくん:虫も がんばって鳴いているよ。A君に聞いてもらいたいから(2年男子)

e0365999_15225948.jpeg

カブトムシ:じしゃくのNきょくと、Sきょくのように ぼくはきみに ひきよせられる(1年男子)
おはな:ふくも、パンツも おはながらを ついつい かっちゃいます       (1年女子)
好きな人へ:一緒にさんまを釣って、食べよう!                   (5年男子)

好きな人へ:仲秋の名月を一緒に見よう                       (5年男子)
ねこ:マグロのトロのさしみを100万切れあげるよ                 (2年男子)



子供たちは 「だ~い好き」を 言葉と、絵で表現します。
最近の子は感情表現が苦手・・・なんて、
誰が言ったのでしょう?


子供たちこそ、まさに「小さい万葉人」
毎月一回、きらきらの
万葉パワーもらっています。


[PR]
by kokugomirai | 2017-01-16 16:15 | Comments(0)

1月15日(日)
今日は、小正月。
思いっきり冷え込んだ朝 目覚めると…
なんと、なんと。
粉雪、ひらひら~

e0365999_00101206.jpeg

写真にはうまく映らないのですが
輝きながら 舞い踊る粉雪は
昨日、岡山のちびっこ国語未来塾で読んだ
工藤直子さんの「おどろうよ~こなゆきみゆき
という詩の世界そのものです。

おどろうよ   ~こなゆきみゆき~

ふわふわ わらって ワルツ
ひらひら まわって タンゴ
     あとから あとから こなゆきのおどり


 はらはら にぎやか クイック
 ほろほろ ゆるやか  スロー 
     あっちも こっちも こなゆきのおどり


せかいじゅうを つつもう
  まっしろに つつもう
そして おどろう おおぞらを

  ゆきは のはらをつつむ ハンカチ
つつまれて
のはら はるの ゆめをみる


e0365999_00110155.jpeg


今日は、
センター試験の二日目
阪神間の私立中学校の統一入学試験日

国語未来塾でも、受験生が5人います。
そう。
万葉集では、雪は瑞兆

絶対、いいことあります。

笑顔の花咲く春は すぐそこ。
嬉しい便りを待っています。



[PR]
by kokugomirai | 2017-01-15 22:13 | 国語未来塾 | Comments(2)

1月14日(土)

◆倉敷国語未来塾は、
・第2土曜日 10:00-12:00
・中庄駅近くの辻公会堂にて
毎月、楽しく書いています。
ここの魅力は、なんといっても 周りの手付かずの自然。
春夏秋冬、四季折々の作文題材に溢れています。
e0365999_22524931.jpeg
e0365999_22595836.jpeg
五感作文でもおなじみの、実体験に裏打ちされた言葉は
受験対策で暗記した言葉とは別の重みがあります。
e0365999_22493923.jpeg

一番の違いは、自分の書いた文が、好きになること。
「桜の花びらは、桜さんからのお手紙〜」という
万葉集の歌を読んだ後、「春を見つけたよ」作文を書いたら
その花びらまで綺麗に綴じてくれていましたよ。
e0365999_22550918.jpeg
e0365999_22573557.jpeg

◆岡山国語未来塾は、幼稚園児さんと1年生中心。
13:30-14:30まで、
岡山市内の公民館で、ワクワク楽しんでいます。
e0365999_23044212.jpeg
e0365999_23025320.jpeg


今日は、まずは、身体を使って、「雪さん」になってみました。
工藤直子さんの、「のはらうた」より、
「こなゆき みゆき」さんの詩を紹介。
ワルツや、タンゴを一緒に踊り

「ゆきは のはらを つつむ ハンカチ
つつまれて
のはら はるのゆめみる」

と、私たちも一休み。。。
e0365999_22504281.jpeg

その後は、「きせつの図鑑」の冬のページから
15個の「冬に見かけるもの」を、自分たちでグループ分けします。

○「つると、はくちょうは、おなじグループです。
なぜなら、どちらも鳥だからです」
○「鏡餅と、おせち料理は、同じグループです。なぜなら、2つとも
お正月の神様にあげる食べ物だからです」
食べ物だけだと、蟹や、みかんも入ってしまいますから
「神様のご飯」という部分が大事になります。

ママも、真剣。。。。子供たちもママから、質問を出してもらうと大喜び!
e0365999_23064731.jpeg

少し学年の上がったクラスなら、いくつかのグループ分けではなく、
「15個全部をグループに分けてあげてね、仲間はずれにならないように。。。」と
難易度をあげていきます。

例えば、大人でも難しいのは。。。
○「除夜の鐘と、豆まきは 同じグループです。なぜでしょう。。。。」

なぜでしょう?
大人より、子供の方が断然発想豊かです。
「どちらも、音や声が大事だからです」とは、幼稚園児さん。
わあ〜。なるほど!

○「こまと 椿の葉っぱの草履と カマキリの卵は同じグループです」
と、こちらも園児さんからのお題。
その心は。。。。

「握り寿司に似ています」・・・お見事!!

一年生チームは、これを紙に文字で書き、
園児さんチームは、まず絵を描いて、グループ分け。
e0365999_23085374.jpeg
終了時間になっても、
「まだやりたーい」と嬉しいリクエストが バンバンでました。

万葉集では 晩年の大伴旅人が
「ほどろほどろ」にがふりしきる雪を見ながら
ふるさと、奈良を思い出します。
e0365999_22512080.jpeg
今夜は積もりそうですね。















[PR]
by kokugomirai | 2017-01-14 23:09 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月13日(金)
新年最初の国語未来塾では、
「新春、言霊パワー作文」として、
毎年恒例、今年の目標を漢字1字で表わそう!を続けています。

「挑」 いろいろ新しいことに挑戦したい。特に、自然学校!(小4女子)
「着」今年は小学校のゴールに着く。つまり6年生だ。着実にゴールしたい(小5男子)
字」今年は、字を綺麗に書くぞ。(小5女子)
「書」平成の江戸川乱歩と言われるように、推理小説家になるぞ!(小5男子)

などなど…「えー、わかんない」と、まずお決まりのセリフを吐いても
そのうち、真剣にいろいろ考えが 湧いてくるものです。
そう、子供達は、可能性の宝庫。
自分の能力に向き合う時間と根気は、一人ではなかなか持てないものなので
そこを、ちょっとお手伝い。

目標を決めたら、「絵に描いた餅」に終わらないように
次は、3つのプランを立てます。

「3つ」考えるところがポイント!
大人の仕事と同じですよね。

「挑」の字を選んだ女子のプランは
1、3月の「6年生を送る会」の実行委員に立候補する
2、兄弟学年のペアの子に、今年は積極的に話しかける
3、自然学校で、いろんなことに挑戦する
e0365999_11220451.jpeg
「着」の男子のプランは
1、受験の模試でミスを無くす
2、机の周りをいつも片付ける
3、毎朝、6:30に起きるようにして、生活のリズムを作る

「書」の平成の江戸川乱歩は、
1、今年も推理小説をたくさん読む
2、その中に面白いネタがあれば、ネタ帖に書いて整理する
3、そのネタを使って、少しずつ推理小説を「書いて」みる

e0365999_11224306.jpeg


お正月の「書き初め」も、多分同じ効果があると
古えの人々も知っていたのでしょう。

「書く」ことは、思いを形にする第一歩です。

「先生!お父さんと、お母さんと、お兄ちゃんにも聞いてくる!」
嬉しそうに小4の女の子が、言っていました。

今年の一字、ご家族でもぜひ、決めてみてください。

ちなみに、私の一字は
「発」

今年は、しっかり、発信していこうと思っています。
出来るだけ、このブログを綴り
「言の葉 便り」もお届けしますね。






[PR]
by kokugomirai | 2017-01-13 11:25 | 国語未来塾 | Comments(0)

鏡開き

1月11日(水)
今日は、鏡開き。
国語未来塾でも、「ぜんざい」ならぬ
最中で、歳神様をお送りしました。

「いつ、しめ縄をしまいますか。」
国語未来塾にいらっしゃるお母さんからの質問です。

関東と、関西では、若干違いがあるようです。
そもそも、「歳神様」がいらっしゃるのが「松の内」。
一般的には、7日までで
「あけまして、おめでとうございます」も
この日まで。7日以降は
「今年もよろしくお願いします」
と、留学生には教えています。

ただし、関西では「松の内」を15日の小正月まで
とも言われているようです。

まだ、鏡餅があるのに、お飾りを外すのもなあと思うので
国語未来塾では、11日の鏡開きの日に
お飾りも外し、歳神様もお送りすることにしています。

e0365999_10405150.jpeg
しめ飾りの代わりに、春呼ぶリースを作ってみました。
さあ、今年もいっぱい、書いていきましょうね。

[PR]
by kokugomirai | 2017-01-11 21:28 | 徒然なるままに | Comments(0)

1月10日(火)
今日から、国語未来塾も、レギュラーコース始動。
元気に、ワクワク、来てくれました。

小5女子二人チームは、久々に会ったので、
おしゃべりが止まりません。それはそれは、楽しそうにひとしきり。。
想定内の時間ですから、初授業は、のんびりプログラムにしています。

古来から、この国の人々は、「言葉に魂が宿る」ことを知っていました。
結婚式は、受験シーズンには、今でも言葉を選びますね。万葉時代の人々は
忌み言葉を避けるだけでなく、言葉に宿る「言霊(ことだま)」こそ、
夢を叶えるために不可欠であると信じていました。
つまり、「理想の状態」を「言葉」にすると、「言霊」の力で実現が早まる!
というわけです。毎年の元旦、姫路にある書写山、円教寺では「新春夢の書」として
今年の一字が選ばれ、願いとともに揮毫されます。
2017年は「誠」、、邪心のない、穏やかな心で一年を。。ということだそうです。

国語未来塾の子供達も、毎年「一字」を決めて、作文にします。

「努」…去年は、あまり長く続けることができなかったから、今挑戦していることを
今年は成就させるぞ(小5女子)
「運」…「人事を尽くして、天命を待つ」というように、運に味方してもらえるくらい
毎日、コツコツがんばるぞ(小5女子)
「夢」…今年こそ、自分の「夢・目標」が見つかるよう、まずは自分の内面と
向き合って、ワクワクすること、ときめくことをみつけるぞ (中2女子)
などなど。。。。

まず、目標を見つけたら、次はそのために必要なのはプランを立てます。
少なくとも、3つ。。。

子供達のプラン、次回ご紹介しますね。


e0365999_06124111.jpeg

e0365999_06120345.jpeg




[PR]
by kokugomirai | 2017-01-10 23:42 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月8日(日)
お正月あけ、一週目の国語未来塾は
学校行事、体調不良などで、
おやすみになった生徒さんの
振替授業がメインでした。

年末年始は、いつもと違うハレの日。
心が、ピクピク動いた数々を
しっかり言葉で書き留めておかないと もったいない。。。
思春期突入の高学年も、
「書くことなーい」とは、絶対言わない貴重な期間なのです。

まず、真っ白い紙を一枚準備。
真ん中に、くるんと丸を書き
その周りを五等分。
一マスずつに、五感(目。耳。鼻。口。肌)で
感じたこと埋めていき、ぴったりのオノマトペも
合わせて、書き入れます。

あとは、書きたい順番を決めて
(ポイントは、ちょっぴり嫌だったことも思い出すこと。
「起承転結」の「転」に入れると、文章がしまります!)
書き始めると、あらあら、、、、スイスイ。
楽しい思い出は どんな「テクニック」より有効です。
心の原風景、たっぷり書いておきましょうね。
e0365999_23563517.jpeg






[PR]
by kokugomirai | 2017-01-08 22:10 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月7日(土)・七草

今日は七草。
e0365999_23184140.jpeg
ベランダの青菜さんだけでは 七種類に チト足りないので
冷蔵庫の白菜と、ネギも入れて、美味しくできました。
今年は、お米から炊いたので
お塩だけでも十分美味しく、びっくりするくらいあま〜くできました。
たっぷりいただいて、お腹も心も満福・・・・マンプク!
明日の万葉ライブの準備を 万端整えています。

実は、国語未来塾主宰の私は、自称「万葉母さん」のとおり、
月に2回、神戸と、故郷の岡山で
万葉花咲く*日々真福」という万葉ライブ&トークを
お届けしています。
万葉母さんの大学・大学院の専攻は「万葉集」なんです。

「言葉」への思い入れ、
日本語教育、国語教育と関わることになった
いちばん深い根っこは、
きっと、『この「万葉集」から学んだことを、伝えたい!!』
だったと 思います。
e0365999_23354322.jpeg
明日は、真福庵(まさきく庵)にて、新年会を兼ねた
歌い初めです。

e0365999_23315715.jpeg
毎月、第1日曜10:00-12:00
近くの弓弦羽神社(ゆづるは神社:阪急御影駅徒歩3分)で
歌っています。
お気軽に、いらしてくださいね。

ライブにお集まりいただいた皆さんへのお年賀も
間に合いました!
e0365999_23363644.jpeg
万葉ファミリー総出で 作った
2017年版、万葉カレンダーです。
こちらも、お楽しみに〜。





[PR]
by kokugomirai | 2017-01-07 23:39 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)