弥生最後の一日は、第5金曜日。通常の教室はお休みなので
雨ニモマケズ、「こころのたね」撒いてきました。
中高時代の同級生ペアが 岡山の子供たちと ママたちへ
春休みのプレゼント178.png
ひらめきアート作文教室「こころのたね」IN岡山
アトリエペタタのさっちゃん先生が、去年の夏以来の登場です。

e0365999_21552746.jpg
小学生11人、園児さん5人。ひしめき合いながらも 楽しく始まります。
e0365999_22095878.jpg
まずは、さっちゃん先生の絵本から。
ぽとん ぽとんは なんのおと
冬眠をしている間に生まれた 赤ちゃんクマは
お外の音が気になります。そう、小さな春が生まれたときは
どんな音がするのかな?

2冊目は、子供たちに「おのまとぺ」を感じてもらえるように
ほわほわ さくら
小さな「春のたまご」の中には、どんな音が入っているかな?
e0365999_21555255.jpg
こどもたちに、「おのまとぺ」が入った「はるのたまご」を
一つずつ渡します。
e0365999_21563304.jpg
パカっと、開けてみると…
ひらひら」…何の音?「ちょうちょ」「さくら~」
にょろにょろ」は? 「へびさ~ん」
…じゃあ、みんなへびになるよ~にょ~ろ、にょ~ろ…
ふわふわ」は?「雲」「タンポポの綿毛」「綿あめ・・・」なるほどね~
点々つけたら全然違うよね。
「ひらひら」と「びらびら」
「さらさら」と「ざらざら」
この微妙なニュアンスの違い、日本語を学んでいる外国人には
もはや、マジック!
日本語の特徴の一つがこの オノマトペなのです。
「すいすい」は アメンボ、カエル
「ぐんぐん」は たけのこ、つくし!!
e0365999_21565853.jpg
たっぷり、春のオノマトペをあつめたら、
園児さんと、小学生さんに分かれて、きっかけアートと作文の時間です。
e0365999_21584016.jpg
園児さんは、さっちゃん先生と 「見つけた春」を描いて
白い卵の中に そっと入れます。
e0365999_22000168.jpg
小学生さんは、字で「目・耳・鼻・口・肌」の5感で捉えた「」を
オノマトペと一緒に、短文にしていきます。
・たけのこが にょきにょき はえてきました。
・タンポポさんが ピカピカのランドセルの1年生を迎えています。
・かえるが ピョンピョン 飛んでいます。

何気ない文賞にも、ちょっと「おのまとぺ」をいれると
瑞々しい表現に早変わりします。

大事にみんなの 「はるのたまご」の中に入れておいてくださいね。
e0365999_22001829.jpg
さいごは、やっぱり 万葉集。
春を迎える 喜びにあふれる歌を ♪

岩ばしる 垂水(たるみ)のうえの 早蕨(さわらび)の
萌え出(いづ)る 春に なりに けるかも~

(万葉集1418番 志貴皇子(しきのみこ)

e0365999_22003394.jpg
お母さんも一緒に さわらび ダ~ンス♪
この後、お子供たちは図書室へ。
ママたちは、さっちゃん先生に「絵本講座」を
たっぷり1時間していただきました。
詳細は、さっちゃんのご報告おまちくださいね。

[PR]
by kokugomirai | 2017-03-31 21:46 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)


国語未来塾を始めたときから 
春休みには 万葉母さんの敬愛してやまない
元小学校、ベテラン国語教師のN先生に 
の特別授業を お願いしています。
今年で なんと7回目。
3月29日(木)は、私もすっかり 生徒になって
素敵な詩を 教えていただきました。

みんなはどんな時に「かなしい!」と思う?
・お母さんに 怒られたとき
・ドッチボールで あてられたとき
・友達と けんかしたとき

そんなときは どんな漢字で書くかなあ?
・悲しみ・哀しみ・・・
ほかには?
・・・・
・愛しみ=これも 「かなしい」って読むんだよ。
そして 
・美しみ もあるよ。 
e0365999_23004460.jpg
e0365999_23010135.jpg
この詩のなかの悲しみは どの「かなしみ」がぴったりくるかな?

「かなしみ」 大木 実

e0365999_23141594.jpg
この 詩の中には、10個「かなしみ」がでてきます。
「かなしみ」に番号をつけて、グループ分けしてみましょう。

第2連に 「そういう かなしみ」が3回出てくるけれど
どう違うかな?

e0365999_23054562.jpg
それぞれの 漢字で表す 「かなしみ」。
万葉集では、大好きな人のことを思うのも
愛しみ(かなしみ)」なのです。

心に深く刻まれた 風景も
「故郷の川の 美しみ(かなしみ)」

そして、「悲しみ」より「哀しみ」より 
もっと深くて 苦しい「悢しみ

生きている限り 必ず出会う 「かなしみ」を
恐れることなく、 生きていってほしいと思います。







[PR]
by kokugomirai | 2017-03-29 23:10 | 国語未来塾 | Comments(2)

自分の声を意識する

が に見えるんです」
お友達の琵琶奏者、黒田月水さんのお言葉。

弓弦羽神社で、~琵琶と万葉の調べ~ステージで
ご一緒していただいたときのことです。
それでは、早速!と大人「声塾(こえじゅく)」をしていただいて以来、
4年ぶり、念願の「子どもの声塾」を
国語未来塾の春の特別講座にお願いしました。

「○くんは、何が好きなの?」
「○ちゃんが、今一番楽しいのは何をしている時?」
何気ない会話をしながら 子供たちの声を聞いてくださいます。

e0365999_06265131.jpg


声ってね、自分が一番そばで いつも聞いているものでしょ?
実は、いちばん影響を受けているのは、自分なのよ。
「あ~自分の声って、こういう感じなんだ。」と
意識してあげて、ちょっと 変えてみることで 
まわりも、自分もかわってくるよ~

e0365999_06301605.jpg


ひとり、ひとり、みんな、きらきらしている素敵な声をもっているね。
これから、どんな声に変化していくのかな。とっても楽しみだね。
基本は、お腹の底(丹田)=自分の中心と
しっかりつながって、声を出すこと。

e0365999_06280615.jpg


最後には、「平家物語」の
祇園精舎の鍾の音~
諸行無常の響きあり~

と、初めて聴く琵琶の音色に酔いしれる 春。

月水さんも、子供の声塾をしたのは初めてだそうです。
「どうなるかなあと思ったけれど、しっかり子供たちも
一人 ひとり 個性的な声を持っていて びっくり。
どんどん変わっていくんだろうな~という 伸びやかさがすてきね」
どの声も、みんな花丸!
比べる必要は 全くない唯一無二の存在が 自分の声なんですね。
それは、自分の発想力、創造力から生まれる 作文と同じです。

午後からは、噂を聞いた国語未来塾のママたちにも
「おとなの声塾」を 開催していただきました。
これまた、興味津々・・・
4年前と、声の形がすっかり変わっているママもいらっしゃいました。

自分の声に出会う
まだまだ、人生発展中です。

e0365999_06274177.jpg


ご興味のおありの方は、ぜひ、月水さんのHPへ。
http://gessui.com/


[PR]
by kokugomirai | 2017-03-27 22:04 | 国語未来塾 | Comments(0)

23日の木曜日は、国語未来塾は お休みでした。
国語未来塾の塾長は、岡山へ出張。
この日は「万葉人」として、神主のみなさんの研修会にて
万葉集を歌ってきました。
万葉母さんこと、塾長の 古くからの友人が
今、岡山の神主さんたちの会の事務局をしていて
お声をかけてくれたのです。

毎日「祝詞」をあげていらっしゃる、神主さんたちに
何をお伝えすればいいのか、お話をいただいた夏ごろから
ずっと考えていました。

神代より 言い伝(つ)て 来(く)らく
そらみつ 大和の国は 皇神(すめかみ)の厳(いつく)しき国
言霊(ことだま)の 幸(さき)はふ 国と 語り継ぎ 言ひ継がいけり・・・

(万葉集894番歌 山上憶良)

ずう~と、ず~っつと前の 神様の時代から
この偉大な大和のくには、 神様が恐れ多くも鎮座していらっしゃり
また、言葉の持つパワ~がますます人々を幸せにしてくれる国と、
語り継がれてきているのだよ~。

アメリカの文学者のリービ英雄さんは、
「この歌こそ、私を日本へと導いてくれた。自分の国をほめるとき
○○が豊富だ、○○の景色が美しい…とは言うが
言葉の持つ力が、人々を幸せにしてくれるんだ。などと自慢する国はない!」
と、熱く語っています。

神主さんは、日々、祝詞をあげていらっしゃいます。
「祝詞」とは、まさしく「予祝(よしゅく)」。
望ましい状況を予め歌ってお祝いし、
望ましい理想の状態をぐいっと引き寄せるのです。

e0365999_18521657.jpg
1300年前から、変わらず「神言(かむごと)」を 人々に伝えるのを
仕事としている神主部(かむぬし)さん。万葉の「言の葉」たちとも
愛称は抜群で ストンと 腑に落ちる様子が、手に取るようにわかりこちらまで
お福分けをいただきました。

経営者のみなさんにも
幼稚園のPTAの総会でも
新学期を前に 期待に胸を膨らませる子供たちにも
ぜひとも この国が 大切に、大切に 紡いできた歌うたを
味わってもらいたいです。

全国、どこでも出張講演いたしますので、お気軽に問い合わせ下さいね。



[PR]
by kokugomirai | 2017-03-24 00:01 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)

・風に揺れる雪柳が 春を手招きしているようです。
・春分の日を超えると 春の気配がまあるく膨らみ始めます。


仕事がら、国語未来塾の保護者の皆様への連絡メールには
なにかしら、一文、季節のご挨拶を入れています。
すると、「先生、私たちにも 季節の一文、教えてください!」との
お声をいただき お役に立てるならば…と 
今週の火曜日に、そっと はじめてみました。

「淑女の 言の葉 結び」

e0365999_18470979.jpg

日頃忙しいママたちへ。
「弥生」の語源は?
草木が「(いや=ますます) (お)いる=月」ですよ。
そして、今月の二十四節気は?
「先生、二十四節気って、何ですか。聞いたことはあるけど…」
子供さんたちにも、教えているんですよ~029.gif
弥生の24節気は「啓蟄(けいちつ)」と「春分(しゅんぶん)
冬の間、眠っている虫たちが目を覚ますころ(啓蟄:3月6日ごろ)
昼と夜の長さがちょうど同じになるのがこの日。(春分:3月20日)

太陽が真西に沈むので、あの世「彼岸(ひがん)」と、この世「此岸(しがん)」の
堺の扉が開く日。だから、お墓にお参りして、ご先祖様に
みんな元気で暮していることを、感謝しつつご報告する日なのですよ~。

そんな、暦のお話から始まり
旬のお花(今後は、お野菜・魚・行事などとりあげます)
ミツマタ(三枝:サキクサ)」
を、読み上げだ万葉の歌のご紹介に入ります。
e0365999_18475865.jpg

春去れば まず、咲きくさの 幸(さき)くありて
後(のち)にも 逢はむ な恋(こい)そ 吾妹(わぎも)」

(万葉集1895番歌;柿本人麻呂歌集)
春になると、まず、真っ先に咲く、さきくさ(三枝)のように
幸(さき)く(=無事で)いて、きっと、また逢えるのですから、
そんなに、思い悩まないでいてくださいね、可愛い妻よ…

先が3つに分かれて咲く ミツマタは
万葉集では「幸くさ(さきくさ)」と呼ばれていて
春に「幸せいっぱいありますように…」と祈りを込めて咲く花なんですよ~。

しだれ柳が、風にふうわり 揺れる様子は。。。 
「しだれ 柳の とをを にも・・・」
漁にでる 海人(あま)さんの漕ぐ船の梶の音は。。。
「海人の梶の音 ゆくらかに」
こんなふうに、たっぷり(=とををにも
ゆったり、くりかえし(=ゆくらかに)、大好きな人、物をおもうのが
万葉人なのです。みなさんは、何を思いますか~?

後半は、メールに添える一文作りです。
子供たちと同じように、五感をたっぷり使います。
白い紙を お渡しして、五感で捉えた単語を書いてもらいます。
「どうしよう~。たのし~」
ママも真剣です。

e0365999_18532277.jpg

上質な一文をそっと添えると、単なる連絡メールでさえも
心安らぐひと時を 届けることができるはず。

・窓いっぱいに ミモザが風に揺れて 笑いかける朝です。
・あちこちから 花便りが届くころになりましたね。
・沈丁花の 甘やかな香りに ふと足を止めました。
・春野菜が 食卓に上る頃、子供たちの春休みが始まりましたね。
・春風にのって、ついついスキップしてみたく成る頃ですね。
・・・

あっという間の 二時間でした。
これから、毎月 ぜひ行いたいと思っています。
詳しくは、 お問い合わせ下さいね。

*どこでも 出張「淑女の 言の葉 結び」に 伺います060.gif
大人も、子供も 草木のように ますます 生い茂る 弥生です。


[PR]
by kokugomirai | 2017-03-22 18:42 | 国語未来塾 | Comments(0)

春分の日によせて

弥生・春分の日。
立春から始まる24節気の4つ目、
太陽が真西に沈み、昼と夜の時間が 同じになる日です。
古代より 春分の日は 農耕の開始、土に祈る日、
そして、秋分の日に 豊穣を土に感謝する、それが1年と考えられていました。

この「祈りに始まり、感謝で終わる」ことは 
とても清々しい 営みです。土に遠く離れて暮す毎日では
せめて、お墓にお参りして、ご先祖様にご挨拶する日…となったのかもしれません。

国語未来塾では、必ず24節気を伝えます。
一年を通して、繰り返し繰り返し・・・
忘れても大丈夫です。また、1年たてば めぐってきますから。
そして、3回もまわってくれば、
「あ~、また啓蟄(けいちつ)か~、冬眠からみんな起きるんやな」
「6月22日ごろは?」
冬至(とうじ)やから 夏至(かじやんなあ~」と笑いを取っていた子も
夏至(げし)やん!」と、堂々と言えるようになります。

旬を 季節感を 大事に、大事に味わうこと。
じつは、それが国語の基本の一つでもあります。

e0365999_00143038.jpg
今、どんなお花が咲いているのか。

e0365999_16080318.jpg
今、なにが おいしいのか。
e0365999_16083099.jpg
e0365999_16084365.jpg
その国の文学は、その国の風土に根ざしたものです。
小さい、瑞々しい心にこそ、宿る感性。
旬を味わい、愛でる喜び。
それは、決して コンピューターに
プログラミングできるものではありません。

大切に 次の世代に 引き継いでいきたいものですね。

大地の神に感謝しつつ。。。





[PR]
by kokugomirai | 2017-03-20 17:16 | 徒然なるままに | Comments(0)

いつもの教える側から、教わる側になるのは
ほんとに 心が喜ぶひとときです。
月に1度のお花の教室も、2回目。
弥生のお花の教室は、なんと、私の大すきな ミツマタ
ミツマタは、枝先がどんどん三つに分かれて咲くので
万葉集では「三枝」とかいて「さきくさ」と呼びます。
さきく=幸く」につながり、
「春一番に 咲く 三枝(サキクサ)のように 
く(さきく)、幸せでありますように」と 幸せ呼ぶお花です。

2回目にして、今回のテーマは「スパイラル
お花の基本ですから、
これをしっかり身に付けると 飛躍できるんですよ~
」と、
にっこり優雅なお話にしては…

紫陽花などゴージャスなお花もたっぷり、
そのまわりに ミツマタ10本、レモンリーフ20本…
それらを全部 片手の中にいれて スパイラルに…
なんて、2回目さんには、ややハードルが高かったです。

いえいえ、センセ、無理ですよ~」と
弱音をはきそうになるところを ぐっとこらえて・・・
納得いくまで、もう一回始めから~021.gif
歯を食いしばって 鉛筆握っている子供たちの心が
よ~くわかりました。
先生に「大変だったら、二つに分けてもいいですよ~」と
言われれば、かえって「いえ、大丈夫です!
頑張ってしまうところも、子供たちと一緒です(笑)

そんなこんなで なんとか 花材をぜ~んぶ活けたのがこちら

e0365999_00122599.jpg

くるりと、回すと
e0365999_00123596.jpg
いやはや・・・学びの道は 険しいけれど
やっぱり、たのし~です。

「今日の課題は難しいので、頑張ったら、ご褒美がありますよ~」と
先生のお気に入りの竹籠からくださったプレゼントが こちら。
 球根のヒヤシンスさんです。
e0365999_23591508.jpg
そして、お花の教室の後、いちばん喜ぶのは
我が家の空間。一気に「春ですよ~」
ミツマタの「幸(さき)くさ」で幸せいっぱいです。
e0365999_00133687.jpg

e0365999_00125448.jpg
食卓にも、お花がにっこり。
e0365999_00135510.jpg


あ~春休みはいいですねえ~!










[PR]
by kokugomirai | 2017-03-18 15:21 | 徒然なるままに | Comments(0)

国語未来塾のはじまりは、園児さん用の「どんぐりコース」。
今は小5の小さい万葉人と おとなりのどんぐりさん
2つぶから 始めました。
あれよ あれよというまに 大学受験までお付き合いするようになりました。
が、ひらがなも まだなんです・・・というどんぐりさんでも
楽しく すくすく 育っています。

今日のどんぐりコースは、
以前に お兄ちゃんにくっついて 来ていた年中さん。
この春、年長さんになりますから…とお母さんと一緒に来てくれました。
し・か・し…
来る途中の車の中で、寝てしまったこの日のどんぐり君。
着いたときは、超ふきげんで、「きょうは やらない!」
ママは「あんなに 楽しみにしてきたのに~」と困り顔です。

そこで、まず、どんぐり君の大好きな「カラー碁石」で心をほぐします。
先生が言う色を とってね、はい。黄色は?みどりは?・・・
そのうち、数を加えます
じゃあ、赤をみっつ。はい、正解!緑をいつつ・・・
どんぐり君「わからない!
じゃあ、一緒に数えようか・・・ひとつ。ふたつ。みっつ・・・・
お次は、形当てです。
これは何だと思う?」
黄色い碁石二つで、「ちょうちょだよ~
まあるく並べて「何に見える?」
お花!」
正解!」
じゃあ、白い碁石で何か作ってみてね
・・・わからない
お空にあるよね、白いものは・・・?」
わかった。雲!!」
「やった~!」と二人でハイタッチ。

そんなこんなで、作った碁石絵がこちらです。

e0365999_23582802.jpg
青い碁石を嬉しそうにおいて、今度は質問してくれます。
はい、何に見える?」とどんぐり君。
なんだろう?」と考えていると。
池のお水!」と、得意満面です!
池にお水がたっぷりあるから、周りのお花はきれいに咲くそうです。
上の4つの黄いろは、太陽。太陽と、お水がお花には必要だねと
お話していきます。

数の概念と、イメージと、言葉と、しっかりむすびついて
あっという間に30分。
先週の、出張岡山教室で大好評だった
「ゆうびんですよ~」の絵本も読んで、頭の中は「はるですよ~056.gif
そこで、得意の ぐるぐる~です。

e0365999_23561611.jpg
左側がどんぐり君。右側は、ママも一緒にグルグル書きました。
「はるですよ~」のイメージは、カメさんの甲羅。
うさぎさん、くまさん、かえるさん、
みんな のっそり 起き出してきているところだそうです。

これで、おしまいにしようね~というと、「えー!はやい!」とどんぐり君。
楽しんでくれて、ほんとによかったです。

どんぐりコースは、スポット(30分~)で対応いたします。
どんぐりさんの園児さん時代ならではの 宝物の時間を
ご一緒に紡ぎましょう。

きっと、このノート 見返すときは笑顔になれます。
春休み中は、午前中も来ていただけますので
お気軽にご連絡ください。

 国語未来塾056.gif
masakique★i.softbank.jp
(★印を@に変えて メールをお送りくださいね)






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-16 19:10 | 国語未来塾 | Comments(0)

何かとイベントの多い季節。親としてはどんなふうだったのか
知りたくなるのは当然ですよね。

「○○ どうだった?」
子「べ~つに」「ふつ~
親「・・・(がっくり)」

こんなパターンが多くありませんか。
国語未来塾では「ふつ~」はありません。
「○○さんのふつ~と、私の普通は、きっと違うから
そこをきちんと説明してね、ハイ!最初から!」


かといって、親子では、なかなか冷静にいかないもの。
当然です。
そ・こ・で…国語未来塾では、
イベントがあったら、すかさず、「マッピング」。
口では もう、なかなか話してくれない思春期チームにおすすめです。

私立の小学校の中には、受験の終わった2月に修学旅行!というところもあるようで
書いてもらった 
マッピングがこちらです。
e0365999_09174596.jpg
私「修学旅行、どうだった?」
Mくん「おもしろかった」・・・だけの感想が、書き始めると止まらない。。。。
マッピングだけで、30分以上 かけていました。

マッピングのポイントは
五感を全て つかっているか?(嗅覚表現が難しいですが、臨場感がでます)
そこにオノマトペも加えます。そして、
起承転結 
「転」で、ちょっと残念な思い出を入れると文が引き締まります。

残り時間では当然書き終わらず、宿題になったのですが、次の週に書き上げてきてびっくり!
なんと、10ページにも及ぶ長編でした。
これには、お母さんが一番感動!
「家では 全然話してくれなかったことも、いっぱいありました。
こんなふうに感じていたなんて、おどろきです!お父さんにも見せます!」
普段、口数の少ないM君も、ちょっとはにかんで、嬉しそうでした。

そう、子供たちは、心の中に 実は、い~ぱい持っているんです。
ただ、それを引きだす場が 少ないだけ。
マッピング「書くこと」で、頭の中の思い出を「見える」ようにするだけで
新しい自分に出会えます。
それは、子供たちにとっても 新鮮な発見!
自分って、案外 できるやん!」
この 「自己肯定感をしっかり味わうこと」こそ、生きる力につながります。

同じ小学校のEちゃんも 修学旅行について たっぷり書きましたよ~。
「一番おもしろかったことは バスレクです」の結。
おっと、そこですか😅(バスレクとは、バスの中でのゲームだそうです)

Eちゃんのママからは、こんなメールが届きました。
昨日は帰宅してすぐ「読んで〜💕」と修学旅行の作文を見せてくれました。聞いてた話も聞いてなかった話もあり、楽しく読ませて頂きました😊 ありがとうございました

「書くこと」どんどん 楽しむ春ですね!

e0365999_08554450.jpg
机の向こうには 窓いっぱいのミモザです。
このミモザを目印に いつでもお越しくださいね。

春休み中の 体験教室も 受け付けています。
お気軽にご連絡くださいね

056.gif国語未来塾【御影教室】
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて、ご連絡ください)









[PR]
by kokugomirai | 2017-03-15 09:07 | 国語未来塾 | Comments(0)

e0365999_23551088.jpg


この週末は、濃ゆいスケジュールでした。
土曜日に出張国語未来塾&日曜日に コンサート。
倉敷のはしまやさんで
大好きな、ピアニスト「七ツ谷ゆも」さんと
ゆみさんの久しぶりのオリジナルCD「blanca(白)」と
白妙の万葉の歌々を おとどけしてきました。

e0365999_23541907.jpg


中高時代の先輩が ご家族3人できてくださったり
結婚前に、倉敷で歌っていたときの常連さんが、
お姑様の介護が一段落してやっと来られたと、喜んでくださったり
岡山の常連さんが、実家のお母様と、お姑さんの3人で
仲良くきてくださったり、
土曜日は 仕事でなかなか来られないという 男子チームも
海を越え 四国から、また 津山から・・・
ほんとに、万葉人冥利につきる ひとときでした。

繭・雲・白雲・滝壺に咲く「木白綿(もめん)」の真っ白の花。
万葉スイッチをいれてみると、
いろんな声が聞こえてきて、いろんなところに花が咲きます。

私の源点は、やはり万葉なんだなあとしみじみ。
お友達がYOUTUBEにアップしてくれているので
また、追い追い、こちらでも、ご紹介いたしますね。

e0365999_23552993.jpg


e0365999_23544789.jpg


西から、東へ向かっての帰り道は
弥生の満月とず~っと一緒。
なんとも素敵な週末でした。

e0365999_23554994.jpg






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-14 00:17 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)