月に一度の出張教室は、第二土曜日。
倉敷は、ちょっと高学年さん
岡山は、一年生さんと、園児さん中心です。

岡山教室は、記念すべき、10回目でした!
どちらの教室も、いつからでも、いつでも来ていただけるよように
毎回完結型です。

岡山教室のちびっこさん。今日は人数も少なかったので
妹ちゃん(2歳)弟君(1歳)も、言葉遊びに参加です!
まずはいつもの、お名前玉、コロコロ~から。
e0365999_22592142.jpg
前回までは、ちょっと恥ずかしかったA君も、今日は元気にお名前玉転がせました!
今日は、絵本から始めました。『ゆうびんでーす』(間瀬なおかた 作・絵)
まずは、表紙の絵を見て、お話を創造するところから。。。
e0365999_22594498.jpg
うす緑色の封筒に入ったお手紙を、どんぐり山まで、届けます。
しかし、住所がちょっと変わっています。

さらさらがわ のぼる
いっぽんばし わたる
しらかばばやし ぬける
ぶなのもりの おく
おおぶなのき した
ごろうさま

ってだれだろう?
そう、アナグマのごろうさんに

は~るですよ~
のおたよりだったのです。
e0365999_23000428.jpg
その後は、みんなで絵本の内容を体でひょうげんします。


★いっぽんばし わたる
e0365999_23002695.jpg
★ぶなのもりの おく
e0365999_23004416.jpg
★「は~るですよ~」
e0365999_23010623.jpg
大好きなママへ、お届けに来ましたよ~。

後半の書くコーナーでは、五感をたっぷり使って 
この一年をまとめます。

*この一年でいちばん おいしかったのは
 
きゅうしょくのとき食べた カレーです。
ママが作ってくれた ホットケーキです。

*あんまり(     )なかったのは・・・
*いちばん いい音だなあと思ったのは

トライアングルです。

*いちばん きれいだなあとおもったのは・・・
*いちばん たのしかったのは・・・

どんどん でるでる・・・

一年生さんは、・・・のところだけ書きこめるプリントを使いました。
園児さんは、もちろん、お絵かきでOK!

今日の宿題はこの「私の一年」をきれいに 書きなおして
おじいちゃん、おばあちゃんに
ゆ~びんですよ~・は~るですよ~
と、お届けしましょうね!


次回、
出張国語未来塾*岡山教室(こころのたね)
056.gif3月31日(金) 13:30~14:30(岡山市内公民館)
*平日希望!の、熱い声にお答えして!春休み特別教室です。

056.gif4月 8日(土) 13:30~14:30(岡山市内公民館)

出張国語未来塾*倉敷教室

056.gif3月31日(金) 10:30~12:00
詳細はお問い合わせ下さいね。
masakique★i.softbank.jp








[PR]
by kokugomirai | 2017-03-12 23:07 | 国語未来塾 | Comments(0)

倉敷出張教室にて

3月11日、ふるさとに帰っています。と、
書けるありがたさ。。。岡山駅に降り立って
暖かい日差しを浴びながら、山陽本線に揺られています。

さあ、今日もこどもたちと 未来を描いて来ますね〜!

e0365999_07590174.jpg
先生〜、久しぶり〜と、ニッコニコ。
2ヶ月ぶりだね。毎回完結型なので、いつでも、いつからでも
通っていただけます。
e0365999_07523050.jpg

今日のテーマは
「◯年生の思い出」
毎年、3月の季節作文です。もう、このテーマ4回目の常連さんもいるので
今回は、「語り手の視点を変えて書く」上級編です。
「吾輩は、猫である。。」のように、自分以外のモノが
自分の一年を観察していて、語る。。。という設定です。

低学年さんもいるので、今まで通り、「3年生も終わります 。私は。。。」
で書いても良いよ〜と、提案しました。

最初は、えー!とか言っていた子供たちも
「おいらは、消しゴム。ご主人さまに いつも鉛筆でグリグリされたり
投げられたりしても、じっと我慢して筆箱の家に住んでいる。ある日。。。」
など、例を挙げると、ノリノリになって。。。
結局みんな、上級編に挑戦しました。

五年生の思い出のトップは1泊2日の「海の学習」です。
・一緒について行ったオオサンショウウオの、ポケットポーチが
語り始めます「吾輩の名前は、親方である…、ご主人さまの」
・お次は女の子。「私はなおさんのバックです。お兄ちゃんのお下がりだから、
実はあんまり気に入られていません。でも、頑張ってなおさんの物しっかり運びます。…
e0365999_10582054.jpg

四年女子は、書きたい思い出がいっぱい。
「先生、語り手が、交代してもいい?」と、
さらに上級を目指します。
・私は花さんの筆箱です。
・わたくしは、コート様ですわよ
・僕は、弟のたけし1歳だよ。お姉ちゃんはね。。。

なかなか決まらなかったサッカー男子(小5)は、
「ぼくんちの、電話にする!」とのこと。
e0365999_07595002.jpg
語り手が決まったら、早いはやい。。。しーんと静まりかえって書いています。
e0365999_07592575.jpg
しっかり過ごした、この一年の成長を、文字に書き留めておく。
しかも、自分を一番見守ってくれているモノの目を通して語る。。。
語り手の視点を変えて書くと、自分自身を客観的に把握できます。
これはなかなか、脳にとって刺激的!スラスラ書ける魔法の1つです。

「先生、これ、けっこう、おもしろいなあ😉」
思春期突入中の小4女子にも、なかなか好評でした。

午後からの、岡山教室「心のたね」については、また次回。。。。






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-11 22:36 | 国語未来塾 | Comments(0)

みんな~地球家族~

今日は、講師をしている大学の
留学生別科の修了式でした。
1年半、じっくり、たっぷり つきあった
43人の留学生。

e0365999_23042237.jpg


ネパール・ベトナム・タイ・モルドバ・ノルウェー・中国
アルバイト明けの 眠い目をこすりながら
単語テストをうけ、教科書を読み
作文を書き、仲間と笑っていた姿が
目に焼き付いています。

祖国を離れ、遠い国で
何かのご縁で集まった 地球家族。

e0365999_23035000.jpg


そのまま 同じ大学に進む人
東京・大阪・博多の大学・専門学校に行く人

e0365999_23023360.jpg


たくさんの思い出をありがとう。
みんなから、どれだけ多くのことを学んだことでしょう。

さよならは 別れの言葉じゃなくて
ふたたび 会うまでの 遠い約束~♪」


修了おめでとう!

e0365999_23015818.jpg



[PR]
by kokugomirai | 2017-03-09 23:28 | 日本語の教室から | Comments(2)

幼稚園年中さんのKくん。
「ひらがなも、まだなんだけど、いいのかなあ」と
ママは心配しています。

だ~いじょうぶ!
国語の先生を長らくやっていますが
「ひらがな」が書けない小学生は 
見たことがありません(笑)
お兄ちゃん、お姉ちゃん、お友達をみて
「かきた~い!」と自分から言いだす時が必ず来ます。
その時が、始めドキ。

子供は ひとりひとり
ぴったりの時計を一つ 神様からもらって
この世に生まれてきます。
大きな振り子、小さな振り子
それでも、変わらず 同じ時を刻むでしょう?

周りのお子さんと ついつい比べて
不安になってしまう ママたちの声をよく聞きます。
でも
何でも はやく・じょうずに…が
一番いい!とは かぎらないのでは?
そのお子さんの「今」を大切に たっぷり味わうことこそ
かけがえのない 宝物の時間だと思います。

前述のK君。
「国語未来塾にいくとね、まず、グルグル~のお絵かきから始めるんだよ」
と、一人でブツブツ言いながら、おうちで描いてくれたのが こちら。

e0365999_17023213.jpg


K君のお話によると・・・
いろいろな色で描かれている丸は、
土の上にたくさんの木や、お花が生えているの
下の部分の黒い長方形のボタンは
ここを押すと、木やお花がくるくるまわって どこでも たびするんだよ
ついでに 茶色いボタンを押すと、なんと
小さくなって、ポケットに入れて持ち運びできる。
好きな場所が決まったら、ボタンをもう一回押して大きくなる。
だいすきな おばあちゃんの家で押して、おばあちゃんをびっくりさせる。。。」

「ひらがなが~」と心配していたママからも
いろんなこと考えているんだなあと、たのしくなりました003.gif
と、嬉しいメールをいただきました。

ひらがなは、大人になってもずっと書くんだから 
焦らなくても大丈夫です。でも!
こんな素敵な物語は、今しか紡げません。

国語未来塾の、園児コースではまず、クレヨンで
グルグル~をどんどん描いてもらうところから 始めます。
手首をまわして、柔らかくしてもらうためです。
そして、自由に 物語を作ってもらいます。
心の広さは 無限大。

ママもパパも 今しかない 子供の心の旅 たっぷりお楽しみくださいね。

056.gif国語未来塾は、年長さんからの
ふたばコース」もあります。
月1回、月2回とフレキシブル。
1回30分の、心の旅楽しみませんか。

~お問い合わせ~
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて送信してください)










[PR]
by kokugomirai | 2017-03-08 18:02 | 国語未来塾 | Comments(0)

~万葉の白 その2~


ミモザが揺れて 話しかけてくれる朝。

日曜日も、ごきげんに 弓弦神社(ゆづるはじんじゃ)で
万葉を歌ってきました。


e0365999_06192179.jpg

羽生結弦(ゆづる)くんがお参りに来たことで、一躍有名になりました!

e0365999_06194118.jpg


今回のテーマは 万葉の「
「白色」は 万葉集では決して地味な色ではなく
気高く、けがれなく、そして 生命力あふれる色。
募る思いを 伝えるのにぴったの色なのです。

細領布(たくひれ)の鷺坂山の 白つつじ 我に染(にほ)はね
妹に示さむ

万葉集1694番 柿本人麻呂歌集
楮で作った、白いひれのように、白い鷺の名を持つ「鷺坂山」の白つつじよ!
なんて、美しいんだ。私に薫染しておくれよ、それを旅のしるし(おみやげ)にして
可愛い、かわいい妻に見せてやりたいので。。。

旅先で見つけた真っ白な、つつじ!
その美しさに、身も心も染めてほしいと願うのです。
なぜなら、家で待つ、かわいい妻にみせてやりたいから、、、、
こんなに愛し、愛される 万葉夫婦素敵ですね。

でも、お別れは、必ずきます。

福(さきわい)の いかなる人か 黒髪の白くなるまで
妹(いも)が声きく

(万葉集 1411番 詠み人知らず)
どれほど幸せな人なのでしょう、、、黒髪が白くなるまで
ずっと一緒にいられて、大事な妻の声が聞けるなんて・・・

これは、実は挽歌(亡くなった人をしのぶ歌)なのです

「白」は、まさに人生そのもの・・・・
色とりどりの「
七ツ谷ゆみさんの素敵なピアノに合わせて
お届けします。

3月12日(日) 14:00開演
2500縁(お飲み物付)
倉敷・夢空間「はしまや」
http://www.hashimaya.com/salon_hashimaya/
お申込み:はしまや(086-422-2564)







[PR]
by kokugomirai | 2017-03-06 09:13 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)

夢を形に~啓蟄によせて

今日は啓蟄
節分から始まった 二十四節気も
3つ目になりました。
すべての、虫たちが春を感じて 土から出てくる季節
なんだか、いいことが むくむくおこりそうだなあ~と
窓の外の揺れるミモザを見ていて…

e0365999_06570651.jpg


そう、何年前かなあ。一軒家をもったら
「必ず、お庭に ミモザを植えよう!」
と思っていました。あれから、10余年。
ご機嫌に借家暮らしを続けていまして、
小さなベランダには『花より野菜・・・笑い』・・・が、

今見れば、窓いっぱいに広がる 裏の家の お庭のミモザ!
私の 勉強机の真ん前に、今年はどうしたの~というくらい
大きくなって、笑っています。

「夢。かなってる・・・」

幸せは、こんな風に かたちを変えて 
でも、必ず やってきてくれるんですね。
予祝め、言葉にだしておいする)パワ~」を
実感している、日曜の昼下がり・・・
幸せって、こうやって「みつける」ものなのかも。

e0365999_06564452.jpg


万葉集 紐ときながら 至福の時間をいただいています。







[PR]
by kokugomirai | 2017-03-05 16:46 | 徒然なるままに | Comments(0)

3月3日のお雛様
毎月1回の 小学校への出張万葉教室へ
今月も楽しく行ってきました。
45分の授業を4コマ続けてするので、
かなりハードなのですが、何しろ、子供たちが可愛い。
いつも、パワーをもらっています。
新たしき 年の始めの 初春の 
今日降る雪の いや 重(し)け 吉事(よごと
)」
4516番 大伴家持

「家持さんは、雪が降ったらいいことがあると思っていました。
ラッキーアイテムを自分で決めよう!」
という、1月のテーマには…
e0365999_06522318.jpg

ラッキーアイテムたくさん!
見ているこちらにも、 ラッキーが届いてくるようです。
e0365999_06520942.jpg

開校5年目の私立の小学校で、
今年初めての卒業生を 送り出します。
万葉は、彼らが2年生の時からのおつきあい。

信濃なる 千曲の川のさざれ石も
君し踏みてば 玉と拾はむ

(3400番 東歌)
信濃にある千曲川のちっぽけな石でも、大好きなあなたが踏んだものなら
それは、真珠・ダイヤモンド!拾いましょう∼

万葉集の中で、私の一番好きな歌です。
どんな時でも「万葉スイッチ」を入れたなら
ちっぽけな小石も、ダイヤモンドに変身!
この万葉スイッチを、卒業生に一つずつプレゼントしました。
その万葉スイッチを付けてみると・・・なにがおこるかな?

*万葉スイッチをいれて、月を見たら、亡くなったおじいちゃんの顔が見える
*ふだん見ている 花や川が自然からの贈り物だなあと うれしくなる。
うぐいすが 僕に何かを伝えようとしている、とわかる
*万葉スイッチを入れると、大きな立派な木が 将来の僕に見える

そう。現実は、思いが作るのです。
小学校で、この力をしっかり身に付けておくと
どんな時でも「孤独」を感じることはありません。

太陽・雲・風・道端の小さな花も
みんな みんな
応援してくれています。
e0365999_06184318.jpg

ポーズを決めながら 毎月毎月 歌った万葉集
楽しかったね。

ご卒業、おめでとう!









[PR]
by kokugomirai | 2017-03-03 21:14 | 国語未来塾 | Comments(0)

弥生の空は~

いよいよ 弥生のはじまりです。

弥生の語源は「いよいよ()、草木がい茂る」ことです。
「木草弥生月(きくさいやおいづき)」とも、呼ばれていました。
その言葉にぴったり。新学年にむけて、子供たちもどんどん 成長しています。

先週、体験教室に来てくれて、今週から早速レギュラーコースに参加の新小5の男子。
女子力優性の火曜日でしたので 最初はびくびく…という感じでしたが
入れ替わりの時に、同じ幼稚園だった女子と、ばったり!
「や~、○○くん、めっちゃかっこよくなってるから 分からなかったわ」
との一言に、表情が一変。言葉の力って、友達って偉大ですね。

国語未来塾では、1コマ、多くても3人まで。
教師一人の寺子屋方式で、一人一人にあった 課題をこなしていきます。
課題の種類、ペースは 各個人によって異なります。
だから、「伸び」が はっきりわかります。
教師が一人一人に寄り添って、きちんと指導していくので
つまづきも発見しやすいですし、また、いいところもぐいぐい引っ張れるのです。

この1対1の対応だけでなく、ペアで学ぶ生徒同士も 
刺激しあいます。これが、家庭教師とは違うところ…
火曜日の2コマ目は、みんなの憧れの中2のお姉ちゃんが登場します。
『200字意見トレーニング』『フィンランドメソッド』
『君たちはどう生きるべきか』など、難しそうな文を読解したり、作文したり・・・

そうかあ、中学生になったら、こんなことするのね~と
みんな、横目で見ながら、自分の課題をこなしていきます。

お雛様も一人だったら、寂しすぎます。
お互い刺激しあって、ますます()、い茂っていきましょう~!

e0365999_06514948.jpg
e0365999_06513461.jpg






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-01 16:05 | 国語未来塾 | Comments(0)