<   2017年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

た~くさんの 思い出を紡いで
今年の夏休みも
見送る日になりました。

今年の国語未来塾は
前代未聞の活況をみせ
連日 朝9時~夕方6時まで
入れ替わり
立ち替わり
た~くさんの 子供たちを
迎えました。

今年は
読書感想文 ベテランチームが
少しだけ
背伸びした本を 選んできたので
子供たちも
私も
ぐ~んと成長の手ごたえを
例年以上に感じました。

最終週は
俳句コンテスト
(旅行券5万円・図書券5万円)につられ
みんな、指折り俳句つくり・・・
こちらの締め切りは10月なので
もう少し、句をひねります。

ともあれ
一生で 一度きりの 
○年生の夏休み!
文で綴るのも 
素敵な思い出になるはず!

思い出の お福分けだけでも
こ~んなに。

北海道から
沖縄まで
みんなの夏を
ゆっくりいただきま~す!

e0365999_06083103.jpg

[PR]
by kokugomirai | 2017-08-31 22:28 | 国語未来塾 | Comments(0)

子供たちが 
読書感想文用に選んでくる本
そのおかげで、懐かしい本にも
たくさん出会う夏でした。

こちらは
重松清さんの
『くちぶえ 番長』
『流星ワゴン』の作者が
小学4年生のために書き下ろしたものです。

e0365999_06255623.jpg



重松さんの本が大好きという
小6女子さん。
重松さんの書く、主人公の中でも
この「くち笛番長・まこと」が
一番好きだそうです。

たしかに、転校早々
「私は、この学校の番長になりたいと思います」なんて
宣言しませんよね。
口笛と、一輪車が誰よりも上手。
クラスメートのピンチには、さっそうと現れ
だれもが 言いたくても 
言えない「ひとこと」を
バシッときめて 問題解決。

今ドキなら すこし
うっとおしがられるかも…
というくらい
「アツい・清い」主人公ですが
ちょっとおとなしめの
小6女子さんは
「くちぶえ番長、カッコいい!会ってみたい!」
とのこと。

すっかり忘れている部分もあり、
今回、一緒に読み返して
私も小学4年生の
甘酸っぱ~い気持ちを 思いだしました。

名著は ほんとに
色褪せません。

たまには、お子さんの本棚をのぞいて
もう一度、
「あのころ」に戻るのもおすすめです。


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-30 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)

久々に寝苦しさから
解放された朝。
久々に 二ケタ咲いた
朝顔さんが
夏の終わりを 告げています。

e0365999_06075495.jpg


読書感想文も終わった子供たち
レギュラーコースに戻る前に

400字~800字で
応募できる 作文コンクールに
挑戦しています。

★「ありがとう」の気持ちを伝えよう
~ファミリーマート~

★「私の将来の夢」
~ベネッセ~

★献血・俳句
~日本赤十字社~


いろいろありますね~。
原稿用紙3枚分(1200字)の
読書感想文を乗り越えた 
子供たちの成長は
目を見張るほど。

朝9時から夜の9時まで
お弁当二つもって
夏期講習に通った小6君も
将来の夢作文を
嬉々として 書いていました。

「気分転換に 作文書こうか~」
夏の終わり
こんな言葉が聞こえる
国語未来塾です。

e0365999_06081712.jpg



[PR]
by kokugomirai | 2017-08-29 22:08 | 国語未来塾 | Comments(0)

いよいよ 夏休みも
最終週に突入しました。

お盆明けからは
読書感想文コース第2の波。
大手進学塾の
夏期講習も終わりに近づき
ようやく 読書感想文にたどり着いた
子供たちが
がんばっています。

先週
野球大好き少年が仕上げたのは
『タイガーボーイ』
もちろん
「タイガースがらみ」という理由(?)で
この本を選んだそうです。

「女の子が学校に行けないなって。そんな不平等はない!」と
怒る主人公に
「学
校に行かなくてもいいなんて、うらやましすぎる…」
という、本音トークは さすがにNGなので(笑)
「『美しいふるさとを守る』という目標があれば
辛い算数も頑張れる!」という主人公の言葉から

「ぼくも、甲子園出場という、目標があるから
つらい 真夏の練習も、乗り越えられた

と、話を膨らませていきました。

e0365999_06183036.jpg


続く5年生チーム男子。
『戦火の馬』という
超大作に、がっぷり取り組みました。
線の細い小5君に、大丈夫かなと思ったのですが
細部まできっちり読んでいて
なかなかの仕上がりになりました。

e0365999_07362416.jpg


また
『先生の つうしんぼ』を選んだのは
小5女子。久しぶりに私も
読み返しました。
古谷先生って、こんなに魅力的だったんだ~と
この年になって 初めて気づく場面もアリ。
給食のニンジンが食べられないのは
覚えていたけれど、
8回目のお見合いのために、子供たちが
みんなで「ちょっと カッコよく」
古谷先生の顔を描いてあげたり…
みんなでお蚕さんを育てたり…

古谷先生は、お見合いには向いていないと思います。
私も、お見合いの相手だったら、悪いけど
きっと断ると思います」

と、小5女子。
え~、そうなの?先生だったらオッケーだわ~

と、私。
だって、めっちゃ、昭和やん
と、平成生まれには ウケないようです(笑)

片手で数えられるほどになった夏休み。
読書感想文コースも
第4コーナーに入りました!


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-28 16:03 | 国語未来塾 | Comments(0)

夏送りの日曜日

夏休み最後の 日曜日。
朝は、小さい万葉人が
紅茶入りパンケーキを作ってくれました。

e0365999_07343632.jpg


「任せきるのがポイント!」と
ママ友に教わったので
私は別室にて 
できあがりを待っていました。

そばにいると
ついつい 
口も、手も出てしまいます。

e0365999_14442290.jpg


じゃ~ん。
紅茶の葉をすりつぶす
「すりこぎ」の位置を
教えただけ。

メレンゲまで作った
極上のパンケーキのできあがり。

友達ママからいただいた
手作りジャムを
たっぷり挟んで

いただきま~す。

e0365999_14443950.jpg


私がつくるより
数段 丁寧で
ふわふわ~
しっとり…

親を軽々超える 夏物語。
夏は ぐんぐん
どんどん
子供たちを
成長させてくれますね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-27 14:40 | 徒然なるままに | Comments(0)

お母さんも夏休み~


夏休み最後の週末
仕事のあるときは
なかなか行けない お花の教室に
3か月ぶりに行ってきました。

今日のテーマは
「足元をそろえる」
花材は2種類。
花器にテープを貼って、
切り口を 一直線に仕上げます。

e0365999_07432733.jpg

これが、なかなか 難しい…
上のお花のバランスと
足元のお花の切り口が
一直線になるように。
かつ
水中のお花の茎も
美しい スパイラルになるように。

無心に
お花だけにむきあうこと
2時間半。

e0365999_07303958.jpg

ようやく オッケーが出ました。
足元がきまると、
自然に お花もそろっている。

「水中での切り口をそろえる」なんて
今まで考えたこともありませんでした!

新しい学びって
いくつになっても 
わくわく するものですね。

右下は、小さい万葉人の作品。
夏休みなので 一緒に
優雅な空間を
楽しませていただきました。

そのあとは 保育園の
夏祭りへ 直行!
娘たちを残して
ママたちは
こってり・のんびり
おしゃべり*お茶会
のち
パスタで 〆。

過ぎゆく夏の宵…
今夜は、ほんのり秋を感じる
宵の風ですね。
e0365999_07302654.jpg




[PR]
by kokugomirai | 2017-08-26 22:37 | 徒然なるままに | Comments(0)

絵日記で残す 夏休み

小学1年生にとって
初めての夏休みが
そろそろ 終わりを告げるころ。

「まだまだ あそびた~い!」君に対し、
「もう、そろそろ 学校に行きたくなった」ちゃん。

みんなの夏休みを 
絵日記に描く宿題がありますね。

先週、マッピングした1年生男子君。
やっぱり、書きたいのは
一緒に泳いだ 「にも」「ふぐ」

「おきなわのうみに、にも と いそぎんちゃくがいました。
にもは きもちよさそうでした。」

ここまで書いて、「そして・・・」と書こうとして、
鉛筆が止まります。

「ちがうなあ。おんなじとこには いてないねん。
ちょっと、はなれたところやってん。」

じゃあ、「そのあと」にしたら?と、私。

「いいなあ!」

一年生男子君の 小さなこだわりも
丁寧に「ことば」にしていきます。

絵を描くときも、最初に描いたのが
真ん中の四角い水色の海。
違うところで見た!ことが
伝えたいのでしょうね。

e0365999_06181714.jpg



初めての夏休み、
きちんと 「ことば」にする
アナログの思い出が あってもいいですね。




[PR]
by kokugomirai | 2017-08-25 22:32 | 国語未来塾 | Comments(0)

過ぎゆく夏の 終わりに
地蔵盆があります。
「楽しかった?」と
子供たちに お地蔵さんが問いかけるような
そんな 素敵な行事。
関西に来るまで、知りませんでした。

8月23・24日になると
あちこちの お地蔵さんに
提灯がかけられ
地元の方々が集まって談笑。

e0365999_06175170.jpg

一番のご近所は
「柿ノ木地蔵さま」
ここでは、朝から 子供たちに
なんと、お菓子をくださいます。
各地区の大きめのお地蔵さんの前で
地元の方々が
子供たちに お菓子を用意して
待っていてくださるのです。

まさに、日本版 ハローウィン。
子供たちは(小六女子も!)
地域のお地蔵さんをめぐると
持ちきれないほどのお菓子を
いただけます。

今日の午前中に 読書感想文頑張った子供たちも
しっかり、お菓子をもらいましたよ!

e0365999_06173844.jpg


「チョー ラッキー!」
小5男子君、「帰りに いろいろ回ってみよう」と
早く書き終える、原動力にもなりました(笑)



e0365999_06180379.jpg


おうちの前の
小さなお地蔵さんも
ひっそり 華やいでいます。

「夏休み、楽しかった?」
お地蔵さんと 子供たちの素敵な一日。

残り1週間の夏休み・・・
蝉さんたちも
耳をつんざく 大音量から
つくつく法師に 選手交代していますね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-24 22:19 | 国語未来塾 | Comments(0)

今日は、二十四節気の
処暑
日中はまだまだ 残暑が厳しいですが
宵の口の夜風は ほんのり涼しさを
運んできてくれるようです。

朝イチの読書感想文1回目の
小5女子さんを 終えて
今日は、一日
日本語教師に戻り、
大学で 夏期特別講習の準備を してきました。

約1か月ぶりの構内を歩いていると,
「せんせ~!就職決まったよ!」
と、特大の笑顔が 走り寄ってきました。
別科(大学の授業についていけるよう、
まず日本語だけ学ぶコース)の時から
5年半のおつきあい。

ベトナムの留学生、Tさんです。
テストでは、いつも赤点。
レポート課題と、全出席点で
なんとか、パスしてきたTさん。

でも、とにかく、明るい!
へこたれない。
常に返事は「ダイジョウーブ」

就職に強いのは、
日本語力の前に、「人間性!」なのだと
再確認しました。

姫路にある「飲食関係の会社」だそうです。
なんでも、ベトナム進出を目指しているとか。

社長さん、お目が高い!
彼なら、誰の懐にも 難なく飛び込み
素敵な関係を作ること
間違いなしです。

e0365999_06154272.jpg

夏休み前半に行った 京丹後・伊根湾のカモメたち
その眼(まなこ)はTさんに重なります。
輝く未来を 見据えるTさん。


いっぱい 元気をありがとう!


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-23 22:11 | 国語未来塾 | Comments(0)

夏休みも終盤。
受験生のみなさんも、夏の疲れの出るころです。

高校受験、大学受験は 進学に不可欠ですが
「中学受験」は 「~なければならない」ではないし
そうはいっても、11・12才での挑戦ですから
精神的疲労が 溜まってくるのでしょうね。
もちろん、個性にもよりますが、受験生で言えば
部活のしごきをくぐりぬけてきた中3君より、
小6君のほうが キツそうですね。

そんな、小6君。読書感想文は必須ではない、でも
志望校の過去問もやりたい気分ではない・・・
じゃあ、
読売新聞主催の『未来のしごと』(3枚以内)を書くことにしました。

これが、大ヒット。マッピングの手が止まりません・・・ 

e0365999_06172892.jpg
自分の「過去」「現在」「未来」と
島を3つつくり、そこからどんどん、どんどん 広がります。
止まりません。
小6君の「未来の仕事」は「阪急電車の運転士」。
20年後になくなる仕事の筆頭に挙げられているのですが、

・過去:自分がどんなに阪急電車にあこがれていたか。
    幼稚園時代、飽きることなく「電車」に会いに行った。
・現在:受験勉強の息抜きは ダイヤグラムを書くこと。
・未来:運転士さんがいなかったら、困る場面。
    荷物を運ぶだけでなく、人の想い、出会いを運ぶ電車には
    やはり、運転士さんが必要だ。


などなど。。。。それは、それは、楽しそうにマッピング。
次回は、作文にしていきましょうね!

あとで、お母さんにお話をききました。
「最近、受験勉強で、ちょっとダウンしていたんです。
毎日、毎日、難しい問題がどんどん出てくるし、
自分の成績・偏差値などもみせつけられるし、
息抜きの旅行も なかなか行けないし。。。」

なるほど。
「でも、今日は とってもいい顔で、
楽しかった~。みてみて~と 帰ってきました。」


そう、受験生君にとって、自分の想いを形にする
「作文」は、何よりもの 脳の清涼剤。
苦しく、暑く、なが~い受験勉強の 夏休み。
プールよりも、ひんやりと、心と脳を冷やしてくれます。

残暑厳しい毎日ですが、どうぞ、夏バテなど
なさいませんように…


[PR]
by kokugomirai | 2017-08-22 22:19 | 国語未来塾 | Comments(0)