ささやかな ベランダ菜園も
植え変えて 一週間
毎朝の水やりが たのしみになってきました。

e0365999_09022295.jpg


「ゴーヤさん ぐんぐん音たて せいくらべ」

月曜日は、万葉母さんにもどり
ベランダ手入れの後、月に一度の
淑女の 言の葉結び
してきました。


国語未来塾のお母さんたちから
「私も 季節の言葉や 万葉集を あじわいたいなあ~」
と ささやかに初めて 2回目です。

皐月(さ・つき」の語源は 「早(さ)苗を植える
」は、「沢・沼地・水際」を表します。

旧暦の皐月(さつき=五月)は、ちょうど今の暦の6月。
梅雨の時期なのです。
だ・か・ら、
五月雨(さみだれとは『梅雨』のこと。
「さ」(神聖な空)から、ぽろぽろ みだれ落ちる粒々の雨に
「さ・みだれ」となんとも素敵な 言の葉を 結びました。
「梅雨なんて、うっとおしいなあ」ではなく
今朝は 五月雨(さ・みだれ)ねえ」で
始めてみてはいかがでしょうか。

そ・し・て
五月晴れ(さつきばれ)」とは 新緑五月の晴れ渡る空ではなく
『梅雨の晴れ間』なのです。
万葉集ではその晴れ間のことを

雨晴れ(あまばれ)」「雨間(あまま)」と呼びます。

「雨晴(あまば)れの 雲に副(たぐ)ひて ほととぎす
春日をさして 来(こ)ゆ 鳴き 渡る」
(1959番歌 詠み人知らず)

やっと晴れあがった青空に ぽっかり浮かぶ白い雲。
そうかあ、雲さんは 今日は ほととぎすさんと ランデヴ~
春日山目指して、嬉しそうに鳴き渡っていくよ~


空に浮かぶ 真っ白な雲さんのお友達・・・
誰かなあと 想像するだけでも楽しいですね。

恒例の 五感で季節をとらえよう~。
子供たちと おんなじ テーマですよ。

・・・「でてこない~!」
「枯れてるわ~」と 淑女たち。

目に青葉 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)

有名なこの句ように、単語をポンポンと並べるだけで
立派な季節の 俳句になります。

e0365999_15204452.jpg
思い思いに 俳句を結び
季節のメール文を考えたり

話題は、こいのぼりの吹き流しから
陰陽五行説にも広がって
あっという間の 2時間でした。

「淑女の 言の葉 結び」
皆様も、よろしければ、ぜひ ♬

どこでも「言の葉」結びに 参りますよ~♬


[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-29 22:01 | 国語未来塾 | Comments(0)

日曜日の おひるすぎ

メールの着信です。
4枚のお写真が ツギツギと・・・

e0365999_09005480.jpg


おっ、気持ちよさそうね~。



e0365999_09012010.jpg


何か書いてる?
お顔は、小学2年生ちゃん!

e0365999_09010958.jpg


何やら投書している?


e0365999_09013134.jpg



「ことりがね 山はたのしい ホーホケキョ ・とり」


わあ~。トリさんの代わりに 投句して あげたのね♪


お母さんと二人で 近くの丘にある
神社にお参り&お散歩にいらっしゃったとのこと。
神戸でも、緑豊かな西区にお住まいなので
きっと うぐいすの 大合唱だったのでしょうね

思ったこと 感じたことを
そのまま 言葉にできるって
なんて、すてき!

投句箱の掲示板の 管理人さんより
「…この自然豊かな場所で、色々な方たちの言葉や思いを
こんな形ではありますが、共有できたことを
とても素敵な宝物のように思います。・・・」

こんな管理人さんのいる 丘が近くにあるなんて
恵まれてますね~。

子供たちは 未来の宝物。
みんなで、ゆっくり見守って 育てていきたいな~。

「あまりに 可愛い句だったので
つい 先生にも 見ていただきたくて…」と お母さん。

ほんと ほんと162.png
小鳥日和の 日曜日でしたね~。




[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-28 22:11 | 国語未来塾 | Comments(2)

ひさびさの な~んにも予定のない
お休み。

そう、今日こそやってみたい!
それは、こちら

e0365999_07280761.jpg


片づけとは「カタをつける」こと。
自分の「想い」に”決着”を付けてこそ
本当の意味での片づけを実現できるのです。


この本を手にしたのは、確か春休み…(汗)
見ないふりして
どんどん ドンドンたまっている
机周りの 書類や、教材、プリント類
いつか、使うカモ・・・の広告・パンフレット。

えいや~と、”決着”を つけてみました。

出かけるたびに どこかで集めてきたパンフレット類。
2002年のモノもあり、それはそれで「変化」が教えられるかも・・・

イエイエ・・・
あることすら 忘れていたモノたち
「ありがとう~」と
手放してみました。

やり始めると、たのしくて
こんな教材も 作ったなあ~
あの時、あの子が あんな風に答えてたなあ~

結局 まる一日かかっても まだ終わりません。

それは それで まあいっか~と
思えるのが 休日。

心の栄養補給 完了です。








[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-27 22:11 | 徒然なるままに | Comments(0)

毎週通うのはちょっと無理・・・という
遠方にお住いの生徒さんのために
金曜日・月1回のコースも あります。

思春期真っ只中の小6女子さん。
登場と同時に、一か月分の アレコレを 弾丸トーク!
うっぷん晴らしのスタートです。
この時の ポイントは 「うんうん」と 聞きいれること。
意見を求められているのではなく、
「頭の中 モヤモヤを 言葉にして 外にだす!」のが 大切だからです。
(我が子には、ナカナカ できないんですけどね…)

ひとしきり、排出作業が終わった後で

「母の日、なにか あげた?」
なんも。」
「じゃあさ、母の日作文 書いてプレゼントするのはどう?」
嫌がるかな~と思いきや、
うん!

e0365999_07043351.jpg



思春期お嬢さんにとっても、お母さんパワーは 偉大です。
いえいえ、思春期だからこそ?

日頃は、口が裂けても 言えないような「思い」が 
なぜか 「文字にする」 という一動作が加わることで
素直に出せるのが ふしぎです。

しかも、「お手紙にする」ことで 「手渡せる」。
確実に、相手に「思い」が届いていきます。

メールやLINEで、ぱっ、ぱっと、何でも 済ませる時代だからこそ
「お手紙を書いて 渡す」ことが あったかい。

古いからこそ、今 新しい 「手紙を書くこと」の可能性
何年たっても、その時の「今」が、確実に そこにあります。
「思い」を言葉にして「書くこと」
子供たちの未来のために どんどん 広げていきたいなあと思います。

e0365999_06465237.jpg

5月は、た~くさん、お母さん作文書きましたね。
また、大人になった時 親子で読み返してみるのも楽しみ・・・
手書きだから、思いがなおさら 色褪せずに残るのでしょうね。


168.png国語未来塾178.png
masakique☆i.softbank.jp

(★を@に変えてお送りください)

体験教室も、随時行っています。
お気軽に お問い合わせ下さいね。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-26 22:54 | 国語未来塾 | Comments(0)

もとは 何?


今日の教材は、まずこちら。

e0365999_05260861.jpg


お料理教室では ありません(笑)
低学年の教室で 何よりの教材は 実物 なんです。

どれか、ひとつだけ 仲間はずれがいるけど ?

すぐ、わかります!
新玉ねぎと、普通の玉ねぎ。

どこが違う?においは?色は?
「新玉ねぎのほうが、黄緑 白 黄色 皮も薄い。
あっ、根っこが 白い。
ちょっと つーんとする」


「普通の玉ねぎは 茶色。黒いブツブツもある。皮がぱらぱら。
ねっこ、かわいてる。
何にも におわない」


全部 言葉にした後で、じゃあ、絵に描いてみようか。

e0365999_05282579.jpg


描きながら、「新」のつくことばを探します。
じゃがいも」
入生」
学期」

あっ、「幹線は?」

なんと、いい答え。そうねえ。昔の電車の写真を見せながら
(ipadは ほんとに便利です)
丁寧に 説明していきます。

「幹線」の「」は、大きな木の「みき」っていう意味でね…

子供たちへの話は、脱線・枝葉に どんどん 分かれていきます

そ・し・て
 描きあがりました。

e0365999_05285594.jpg



お迎えにきてくれる お姉ちゃんにあててもらえるよう
クイズ形式にして、 答えを下に書きます。

e0365999_05292305.jpg


「ね」がむずかしい・・・のね。

五月の新玉ねぎを ずーっと干しておくと
普通のたまねぎ になるんだよ。

季節は、どんどん変わっていくよね。
覚えてる?


入学式のころは、こんなにきれいだった ベランダの菜の花。

e0365999_05325918.jpg


今は、こんなになりました。

e0365999_05594200.jpg


ちいさな、種がい~~~っぱい。
「菜の花」の種だから、「菜種(なたね)」だよ。

あっ、お母さんが からあげのとき 使ってるの「なたねゆ」だよ。

そうそう、だから、「菜の花」のもう一つの名前はね
「あぶらな」って言うんだよ。

e0365999_05283758.jpg



子供たちの記憶は、季節感とむすびつけると
揺るぎません。

e0365999_05303648.jpg


スーパーの「なたね油」をみて
菜の花が浮かぶ 小学1年生君。素敵です。


今日のお土産は、「新玉ねぎ」と「普通のたまねぎ」
おうちでサラダにして 食べ比べてみて
また どうだったか おしえてね。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-25 22:31 | 国語未来塾 | Comments(5)