1月10日(火)
今日から、国語未来塾も、レギュラーコース始動。
元気に、ワクワク、来てくれました。

小5女子二人チームは、久々に会ったので、
おしゃべりが止まりません。それはそれは、楽しそうにひとしきり。。
想定内の時間ですから、初授業は、のんびりプログラムにしています。

古来から、この国の人々は、「言葉に魂が宿る」ことを知っていました。
結婚式は、受験シーズンには、今でも言葉を選びますね。万葉時代の人々は
忌み言葉を避けるだけでなく、言葉に宿る「言霊(ことだま)」こそ、
夢を叶えるために不可欠であると信じていました。
つまり、「理想の状態」を「言葉」にすると、「言霊」の力で実現が早まる!
というわけです。毎年の元旦、姫路にある書写山、円教寺では「新春夢の書」として
今年の一字が選ばれ、願いとともに揮毫されます。
2017年は「誠」、、邪心のない、穏やかな心で一年を。。ということだそうです。

国語未来塾の子供達も、毎年「一字」を決めて、作文にします。

「努」…去年は、あまり長く続けることができなかったから、今挑戦していることを
今年は成就させるぞ(小5女子)
「運」…「人事を尽くして、天命を待つ」というように、運に味方してもらえるくらい
毎日、コツコツがんばるぞ(小5女子)
「夢」…今年こそ、自分の「夢・目標」が見つかるよう、まずは自分の内面と
向き合って、ワクワクすること、ときめくことをみつけるぞ (中2女子)
などなど。。。。

まず、目標を見つけたら、次はそのために必要なのはプランを立てます。
少なくとも、3つ。。。

子供達のプラン、次回ご紹介しますね。


e0365999_06124111.jpeg

e0365999_06120345.jpeg




[PR]
# by kokugomirai | 2017-01-10 23:42 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月8日(日)
お正月あけ、一週目の国語未来塾は
学校行事、体調不良などで、
おやすみになった生徒さんの
振替授業がメインでした。

年末年始は、いつもと違うハレの日。
心が、ピクピク動いた数々を
しっかり言葉で書き留めておかないと もったいない。。。
思春期突入の高学年も、
「書くことなーい」とは、絶対言わない貴重な期間なのです。

まず、真っ白い紙を一枚準備。
真ん中に、くるんと丸を書き
その周りを五等分。
一マスずつに、五感(目。耳。鼻。口。肌)で
感じたこと埋めていき、ぴったりのオノマトペも
合わせて、書き入れます。

あとは、書きたい順番を決めて
(ポイントは、ちょっぴり嫌だったことも思い出すこと。
「起承転結」の「転」に入れると、文章がしまります!)
書き始めると、あらあら、、、、スイスイ。
楽しい思い出は どんな「テクニック」より有効です。
心の原風景、たっぷり書いておきましょうね。
e0365999_23563517.jpeg






[PR]
# by kokugomirai | 2017-01-08 22:10 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月7日(土)・七草

今日は七草。
e0365999_23184140.jpeg
ベランダの青菜さんだけでは 七種類に チト足りないので
冷蔵庫の白菜と、ネギも入れて、美味しくできました。
今年は、お米から炊いたので
お塩だけでも十分美味しく、びっくりするくらいあま〜くできました。
たっぷりいただいて、お腹も心も満福・・・・マンプク!
明日の万葉ライブの準備を 万端整えています。

実は、国語未来塾主宰の私は、自称「万葉母さん」のとおり、
月に2回、神戸と、故郷の岡山で
万葉花咲く*日々真福」という万葉ライブ&トークを
お届けしています。
万葉母さんの大学・大学院の専攻は「万葉集」なんです。

「言葉」への思い入れ、
日本語教育、国語教育と関わることになった
いちばん深い根っこは、
きっと、『この「万葉集」から学んだことを、伝えたい!!』
だったと 思います。
e0365999_23354322.jpeg
明日は、真福庵(まさきく庵)にて、新年会を兼ねた
歌い初めです。

e0365999_23315715.jpeg
毎月、第1日曜10:00-12:00
近くの弓弦羽神社(ゆづるは神社:阪急御影駅徒歩3分)で
歌っています。
お気軽に、いらしてくださいね。

ライブにお集まりいただいた皆さんへのお年賀も
間に合いました!
e0365999_23363644.jpeg
万葉ファミリー総出で 作った
2017年版、万葉カレンダーです。
こちらも、お楽しみに〜。





[PR]
# by kokugomirai | 2017-01-07 23:39 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)

今年の「初○○」

1月6日(金)
「初日の出」「初荷」「初売り」など、
いつもと変わらない物々に
「初○○」と、ちょっと冠をつけてあげるだけで
うーんと、立派なもの、ありがたいものに 早変わりします。

このルールを知っていると、
お正月は、「初○○」のオンパレードで 楽しく過ごせます。
小さい万葉人「あっ、しゃっくりが出た!」
万葉父さん「おっ、そりゃ、びっくりやな」
早速「怒り」していた万葉母さんも思わず「ぷっ!」

言葉って、ホントに不思議ですね。
同じ二十四時間のはずなのに、
「大晦日」と「元旦」とでは
太陽の色まで違って見えませんか。

言葉1つで、人の心や気持ちを
こんなにも変えることができるんです。

だからこそ、「言葉」を、大切に、的確に
相手と自分に届けられるようになったら
どんなに生きやすくなることでしょう。


今日から、いよいよ日常モードに突入しました。
まだ、学校の始まらない小さい万葉人の分も合わせて
3つの「 弁当」。

おせち料理の名残のお弁当です。
e0365999_23500336.jpeg
さあ、もう少し、「初○○」を楽しんでみましょうか。




[PR]
# by kokugomirai | 2017-01-06 23:52 | 徒然なるままに | Comments(0)

歳神さまの 贈り物

1月5日(木)
張り切って、ブログを書き始めたものの
3日目にして、発熱。
4日目、まだ下がらず。
5日目の本日、
やっとやっと 起きあがって
身体を垂直にしてみました。
うん、うん。なんとか なっています。

年明け早々、大切なことを学びました。
「健康・第一!」
年末年始の 大掃除・おせち作り・正月接待、
どれもこれも、毎年こなしてきたのですが
そろそろ、無理の効かない お年頃・・・
健康でなければ、何にもできないのですよ。

でも、もう一つの学びも・・・
「病は 気から」
明日から、大学での授業が始まる!と思えば
身体の芯が 整うようで
あれほど下がらなかった熱も 
午後には 36度台に戻ってきました。

ちょっと いつもと違って
弱弱しい 万葉母さんに
万葉父さんは「それくらい、ソフトな感じがいいなあ」
ですと。
はいはい。家事全般、ありがとうございました。

古来から
お正月早々の出来事は、
その年の『歳神さま』からの贈り物だ と
言われています。

身体と、仕事と、家族と
3つのバランスを上手にトリながら
酉年を過ごしていきたいと思っています。


e0365999_00194637.jpg
今年も、無事に お節料理できました。
母・私・娘 ~ 時々、夫と父
三世代そろって、賑やかにお正月さんを お迎えしました。







[PR]
# by kokugomirai | 2017-01-05 23:45 | 徒然なるままに | Comments(0)