いよいよ 下半期スタートです。
子供たちの「やる気スイッチ」は、個性的。
子供によって、日によって、
そして、課題によって違います。

比較的見つけやすい子と
一体、どこを押せば「やる気スイッチ!」入るのか~と
あの手この手で 押してみる子。
ぴたっ!と はまって、し~んと書きだしてくれた時は
ほんとに 抱きしめたいほど うれしいです。

色々、試してみて 
当たる確率が高いのは 先人の知恵に学ぶ
季節作文 です。

e0365999_05532276.jpg

7月は、「夏越しの祓え」の人型を書いて
「さよならしたい自分」をみつめ
身心を清めた後で
「短冊」に言霊を記します。
そして、 作文へ~。

e0365999_05533432.jpg


野球少年も やる気スイッチ、ばっちり入りました。

e0365999_06001781.jpg


「先生~。かざるね~」
嬉しそうに、大切そうに  持って帰ってくれました。
そう、自分の心と向き合うのは
ほんとに 楽しいものなのですよ。

e0365999_05530963.jpg


168.png国語未来塾177.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて ご連絡くださいね)
体験教室も 行っています。







[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-03 21:52 | 国語未来塾 | Comments(0)

7月2日からの5日間は 「半夏生
なんて読むの?と子供たち。
「はんげ・しょう」です
「半夏(はんげ)」という植物が
「生」れるころ。

1年を24の歳時に分ける二十四節気を 
さらに3つの期間にわけたのが
七十二侯(しちじゅうにこう)
夏至の末項(夏至から数えて11日目~15日目)です。

関西では「たこ」を食べる習慣があり
近くのスーパーには、
もちろん「タコ焼きしよう!」のコーナーがありました。

田植えもおわるころ
「稲の根が タコの足のように
しっかりと大地に伸びゆくように…」
とのこと。

また、「半夏半作(はんげはんさく)」といって
半夏生を過ぎて、田植えをすると
収穫が半分になるぞ!
ということで、農家の方々にとって
 半夏生のころは
やっと、ほっと一息つける
「おやすみ」だったようです。

トラクターも 田植え機もない時代
どんなに 稲作は 重労働だったことでしょう。

農作業はしていないけれど
2017年 上半期の疲れを
「半夏生」で癒しておくのも
 大切ですね。

e0365999_09025459.jpg

蛸(たこ)はありませんが
梅雨の晴れ間の ベランダモーニング

万葉父さん
パンの腕をあげています。

e0365999_09014619.jpg

右側は お店のチーズパン
それ目指して 焼いてみたのが左側。

ゆっくり のんびりいただいて
「万葉ライブ♬」
いってきま~す。

「蛸」でも「チーズパン」でもいいんです。
ちょっと 心の深呼吸するのが
古来からつながる
「半夏生(はんげしょう)」の知恵 ですね。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-02 09:06 | 国語未来塾 | Comments(0)


いよいよ 下半期もスタートです。
「はやいね~」が
大人同士の挨拶ですが
子供たちに その感慨はないようです。

歳を重ねるにつれて
時計の針が 早く進むような気がしますね。

そんなときは
「今」に集中する 子供たちの出番です。
今日は、のんびり
子ども時間に戻ってみようかなあ。

そんな気分の 週末のはじまり。

倉敷国語未来塾の近く
見守ってきた田んぼは
すっかり田植えを終えて
 鴨の親子も
遊びに来ているよ~と
嬉しいメールが届きました。

良い週末を。


e0365999_05385184.jpg


5月13日(パレットに籾が植えられていました)

e0365999_15070949.jpg


6月10日 (すくすく育って 田植えを待つばかり。)
e0365999_22390310.jpg
おいしいお米に なあ~れ!



[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-01 05:26 | 徒然なるままに | Comments(0)

夏越しの祓え

2017年も 折り返し。
水無月最後の一日は
前半の 小さな疲れや
たまった 心の汚れと
きれいさっぱり お別れできる日です。

「水無月の夏越(なごし)の祓え する人は
千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり」

(拾遺集:詠み人知らず)
6月に夏越しの祓えをする人は
1000年までも 命が伸びるというよなあ

こう唱えながら輪をくぐったら、
左方向に回って
次に右回り、又左回りと
3回 8の字を描くように
くぐり抜けると いいそうです。

さらに もう一回くぐって
神社にすすみます。

e0365999_22181410.jpg


ご近所の 弓弦羽(ゆづるは)神社の 茅の輪です
旧暦にあわせて、7月中は
くぐれる 神社も多いようです。

生きていると いろんなモヤモヤ 
「あ~あ(ため息)」も
いっぱいたまりますよね。

茅の輪をくぐりながら
そっかあ、むかしっから、
み~んな そうなんだろうなあ。
と 肩の荷がおりる気分になります。


国語未来塾のこどもたちも
7月の季節作文は

「夏越しの祓え~七夕の予祝」

楽しみましょうね。

e0365999_22190129.jpg




7月2日(日)
この 弓弦羽(結弦は)神社にて
毎月恒例の「万葉ライブ」行います。
169.png 10:00~12:00ごろ
169.png 2000円
テーマは「防人の歌」です
お気軽にお越しくださいね。











[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-30 22:47 | 国語未来塾 | Comments(0)

毎週水曜日の朝イチの日本語授業。
教えに行くのは 石橋にある
国立大学です。

朝イチの授業が 終わると
その日だけは
学生に戻ります。

緑豊かなキャンパスに
ど~んとそびえる
図書館。

e0365999_05394137.jpg


期末試験 間近の図書館は
いつもに増して、知の殿堂という感じ。
みんな カリカリ・・・・
今ドキの大学生でも
ペンを走らせ、お勉強中。
(写真は憚られる 静けさです)

明るく 大きな窓の向こうは
雨上がりに輝く 緑がいっぱい
広く のびやかな机には
学びに集中している 学生さんたち。

偏差値至上主義ではありませんが、
やはり、この国立大学図書館は
設備も蔵書も 一流。
そして
学ぶ姿勢も 一流の学生がいます。

環境が人を育てる…
とは、こういうことなのかあ。

どんな環境でも、それぞれの学びがあると思いますが
できれば、
国語未来塾の子供たちの 学びゆく環境も
「知を楽しむ」環境であってほしいなあと
願いつつ・・・

2017年度版「魔法の読書感想文シート」
作っています。

e0365999_05395623.jpg


夏休み・特別コース
「読書感想文コース」
(90分×3回)
お申込み・受付中です。

168.png国語未来塾178.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて メールをお送りください





[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-29 05:32 | 国語未来塾 | Comments(0)