今日は、二十四節気の
処暑
日中はまだまだ 残暑が厳しいですが
宵の口の夜風は ほんのり涼しさを
運んできてくれるようです。

朝イチの読書感想文1回目の
小5女子さんを 終えて
今日は、一日
日本語教師に戻り、
大学で 夏期特別講習の準備を してきました。

約1か月ぶりの構内を歩いていると,
「せんせ~!就職決まったよ!」
と、特大の笑顔が 走り寄ってきました。
別科(大学の授業についていけるよう、
まず日本語だけ学ぶコース)の時から
5年半のおつきあい。

ベトナムの留学生、Tさんです。
テストでは、いつも赤点。
レポート課題と、全出席点で
なんとか、パスしてきたTさん。

でも、とにかく、明るい!
へこたれない。
常に返事は「ダイジョウーブ」

就職に強いのは、
日本語力の前に、「人間性!」なのだと
再確認しました。

姫路にある「飲食関係の会社」だそうです。
なんでも、ベトナム進出を目指しているとか。

社長さん、お目が高い!
彼なら、誰の懐にも 難なく飛び込み
素敵な関係を作ること
間違いなしです。

e0365999_06154272.jpg

夏休み前半に行った 京丹後・伊根湾のカモメたち
その眼(まなこ)はTさんに重なります。
輝く未来を 見据えるTさん。


いっぱい 元気をありがとう!


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-23 22:11 | 国語未来塾 | Comments(0)

夏休みも終盤。
受験生のみなさんも、夏の疲れの出るころです。

高校受験、大学受験は 進学に不可欠ですが
「中学受験」は 「~なければならない」ではないし
そうはいっても、11・12才での挑戦ですから
精神的疲労が 溜まってくるのでしょうね。
もちろん、個性にもよりますが、受験生で言えば
部活のしごきをくぐりぬけてきた中3君より、
小6君のほうが キツそうですね。

そんな、小6君。読書感想文は必須ではない、でも
志望校の過去問もやりたい気分ではない・・・
じゃあ、
読売新聞主催の『未来のしごと』(3枚以内)を書くことにしました。

これが、大ヒット。マッピングの手が止まりません・・・ 

e0365999_06172892.jpg
自分の「過去」「現在」「未来」と
島を3つつくり、そこからどんどん、どんどん 広がります。
止まりません。
小6君の「未来の仕事」は「阪急電車の運転士」。
20年後になくなる仕事の筆頭に挙げられているのですが、

・過去:自分がどんなに阪急電車にあこがれていたか。
    幼稚園時代、飽きることなく「電車」に会いに行った。
・現在:受験勉強の息抜きは ダイヤグラムを書くこと。
・未来:運転士さんがいなかったら、困る場面。
    荷物を運ぶだけでなく、人の想い、出会いを運ぶ電車には
    やはり、運転士さんが必要だ。


などなど。。。。それは、それは、楽しそうにマッピング。
次回は、作文にしていきましょうね!

あとで、お母さんにお話をききました。
「最近、受験勉強で、ちょっとダウンしていたんです。
毎日、毎日、難しい問題がどんどん出てくるし、
自分の成績・偏差値などもみせつけられるし、
息抜きの旅行も なかなか行けないし。。。」

なるほど。
「でも、今日は とってもいい顔で、
楽しかった~。みてみて~と 帰ってきました。」


そう、受験生君にとって、自分の想いを形にする
「作文」は、何よりもの 脳の清涼剤。
苦しく、暑く、なが~い受験勉強の 夏休み。
プールよりも、ひんやりと、心と脳を冷やしてくれます。

残暑厳しい毎日ですが、どうぞ、夏バテなど
なさいませんように…


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-22 22:19 | 国語未来塾 | Comments(0)


夏休み、読書感想文はちょっと・・・
という低学年さんや
「必須じゃないから、やらない!」
という高学年くんも

何か、「記念」になるもの一つ
書いてみませんか。

こんなサイトがあります。
http://happylilac.net/mu170620174520.html

便利ですねえ。
★「木の家・こんな家に住みたい」作文コンクール
図書カード3万円!わお。

★「私の アイアイメッセージコンテスト」
140字以内。頑張る仲間へ応援メッセージ。

★「私たちのまちのおまわりさん」
こちらは図書カード 5万円!

★おなかいっぱい しあわせごはん
応募1作品につき、給食4日分が寄付協力企業より
国連WPFに寄付されるそうです。

おすすめは
★「いつもありがとう」作文コンクール
ご存じ朝日小学生新聞主宰です。

国語未来塾でも、
『朝顔のようなお母さん』
という題で、小3女子さんが
かきあげましたよ。

題名からでも、早起きで優しいお母さんが
浮かんできます。

e0365999_22045636.jpg


昨日の 小6女子さん。
「読書感想文は いいわ~」というので
★「未来」をつくるコンクール
に挑戦。原稿用紙1枚を
60分でかきあげました。

この夏の思い出に
自分の頭の中・心の中を 
記録しておく。

国語未来塾は
そんなお手伝いもしています。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-21 22:41 | 国語未来塾 | Comments(0)

自由研究の攻略法

夏休みの宿題
ツートップは なんと言っても
読書感想文と
自由研究。

万葉ファミリーの日曜日は
自由研究 DAYでした。
今年のテーマは
ズ・バ・リ
「勾玉」
です。

5月の連休、ぶらりと尋ねた
勾玉作りのワークショップで
小さい万葉人は
すっかり、勾玉ファンになりました。

夏休みは さらに進んで
「子持ち勾玉」にも挑戦!
4時間半かけて 磨き上げました。

e0365999_22393700.jpg


この箱、100均の材料を駆使して
父娘で  半日かけて
作っていました。
二つの、自作勾玉専用ケースです。


丹後半島への海水浴の帰り道
丹後古代の里資料館にも寄り
レプリカの 勾玉アクセサリーと
パチリ。

e0365999_06375842.jpg
そう。
小学生の間の自由研究は
まず、家族で楽しむこと!
それが、攻略の最大のポイントです。

国語未来塾の生徒たちにも
聞いてみました。

小6女子さん。
『平家物語』がテーマで
須磨・明石を訪ね
今週末には、父娘でご実家の山口へ。
足をのばして、壇ノ浦に行ってくるそうです。

小5女子さん。
『花火』がテーマ。
開港150周年で、例年の1.5倍の規模だった
神戸の港花火に 家族で行ったのが
きっかけだそうです。

小6男子くん。
『日本の発酵食品』がテーマ。
朝ごはんが、パンと牛乳の日と
ご飯とみそ汁の日では
パワーの出方が違う・・・という
家族の声から、研究を始めたそうです。

小6女子さんは
『日本の世界遺産』
このご家族は、小1の時から
夏休みの家族旅行は「世界遺産」と
決めていらっしゃるそうです。
今年はいよいよ
集大成ですね!

自由研究、やりなさ~い!」
だけではなく
「さ~、いっしょにやってみよ~!」

今年の夏休みは、今年1回きり。
まだまだ、自由研究の 思い出作り
間に合いますよ。












[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-20 22:42 | 国語未来塾 | Comments(0)

「せんせ~、お土産です。」
小6男子君がくれたのが こちら。

e0365999_07135478.jpg

ネーミングが最高!
ちょっと お疲れ気味の
万葉母さんは
思わず 笑顔がこぼれました。

みんなの心と 本を 
がっちり
繋ぐお手伝いを 毎日
コツコツ
ワクワク
しています。

今日の小4男子君。
月1回コースに、小6のお兄ちゃんと
二人で わいわい通ってきています。
下手な 吉本新喜劇より
絶対面白い 兄弟漫才。
で・す・が
書くのは…
漫画は好きだけど…

「先生、弟も 読書感想文できますか?」
おずおず…切り出されたお母さんに
「もちろん! 楽しく書けますよ。
本は、とにかく、最後まで読みきれるものに
してくださいね!」
と アドバイス。

そして、選んだ本は・・・

e0365999_07134103.jpg

小4男子君、小2の時は
「はかせ~」と呼ばれるくらい
虫や、恐竜に詳しかったそうです。
「お玉じゃくしの 息のしかたや
アホウドリの捕まえ方とか
知ってんで!」

得意そうに話してくれるそのフレーズから
始めました。

あとは、この本で 一番好きな恐竜や
この本の中で 一番一緒にやってみたいことや
「なかなかやるな~」と思ったところを
どんどん書いていきます。
主人公トビーに
「恐竜と仲良くなるこつ」を
三段論法で 解説。
さすが「博士!」ですね(笑)

読書感想文は
「読後」の感想文ですから
今回も、あらすじは2行ほど。

作文も、読書も、ちょっと苦手さんには
このアプローチが最適です。

今までの知識や経験のすべてが
読書感想文を 生き生きさせます。

子供たちの 今年の夏が
飛び切り 輝いていますように…

e0365999_07140574.jpg

明日は、1日 万葉母さんにもどります。
「ごくろうさん」
中は黒ごまが たっぷり・もっちり・・・
ありがとうございました。





[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-19 22:15 | 国語未来塾 | Comments(0)