大汗かきながら
やってきてくれる 子供たち。
毎日、毎日 読書感想文と
向き合っています。

最初は 誰でも
「あ~あ。書かなあかんねんな~」
でも
1回目、2回目とすすみ
「本」の中の出来事、
主人公の言葉が
自分の経験・自分の想いと
重なり始めると
ぐっと、
鉛筆が進んでいきます。

その瞬間が
子供たちも、私も
一番うれしい時です。



お母さんたちからも
こんなうれしい感想が届いています。

『読書感想文、読みました。中学生になって、内容・考えが
ぐっと しっかりしてきたと思い、ビックリしました。
3回目の感想文を仕上げる日に 
「教育」ってなんで必要?と聞かれて
はっきり答えられなかったけれど
娘のほうが しっかり考えているわ~と
思いました。

e0365999_06361447.jpg


子供たちが グッと成長する夏!
先週の土曜日は、
丹後半島の 伊根湾に行ってきました。
舟屋巡りの遊覧船にて。
飛び立つカモメは 子供たちそのもの
さあ、大空に向かって!



[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-10 06:30 | 国語未来塾 | Comments(0)

読書感想文コースの合間には
小学1年生君も
暑さにもマケズ
通ってきてくれています。

絵日記 2枚が 小学校の宿題です。
今日は、まず、マッピング。
先週行ってきた
沖縄が やっぱり一番 書きたいそうです。

e0365999_06214948.jpg


沖縄で一番思い出に残っているのは
やっぱり「うみ
その○から、「にも」・「ふぐ」と
つづきます。

「ふぐ」はな、白と黒やってん。
へ~じゃあ。水玉なん?
ちゃう。白のほうが 大きいねん。そこに黒があんねん
そっか、それは「しろに、くろい点」やな。

こうして、言葉を獲得していきます。

ちょこちょこ およいどってな
めっちゃ かわいいねんで~


この一文も、すかさず 文字化。
「今」ならではの感想を
写真よりも鮮明に 
写し取ってくれるのが
ことば」です。

夏休みならではの
いろ~んな体験は 宝物。
言葉の宝箱を
ぐんぐん 増やしていきましょう。

そ・し・て
大切に 文字で残しておきましょう。

国語未来塾では
こんな素敵な「今」を
この夏も
たくさん紡いでいます。

e0365999_06063835.jpg


このマッピングから、
来週は 絵日記の文を 紡ぎましょう!


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-09 22:01 | 国語未来塾 | Comments(0)


蝉時雨 降り注ぐ夏。
毎日、朝9時から
読書感想文と
がっぷり 四つに組んで
頑張っています。

国語未来塾の 読書感想文コースは
90分を3回。
昨日は、3人が 仕上げの日でした。

朝イチは
『秘密の花園』バーネット作)
不朽の名作です。

e0365999_06204309.jpg


小6女子さん、読書感想文は
小4の時から始め、3回目の挑戦です。
前2回は『窓際のトットちゃん』
 『大草原の小さな家』

と、主人公に共感できるものでしたが、
今回の「マリー」には、どうも愛着が持てないようで
ちょっと 苦労しましたね。
でも、救いになったのは
「沖縄旅行」と「広島のおじいちゃん・おばあちゃん」
この二つの体験が 
読書感想文に きらりと個性を光らせました。

お次は小4女子さん。
『霧の中の白い犬』
高学年の課題図書です。
去年は『ルドルフと イッパイアッテナ』で
見事 佳作に選ばれたそうです!
今回は、課題図書に挑戦しました。

こちらも、ちょっと 内容が複雑で 
難しかったですね。

全部の内容を書こうとせず、
「ぐっ」と、絞り込むのが ポイントです。
小4女子さんは
「アンネフランク」の話と
自分のおばあちゃんの認知症の話、
そして、
最後の一行にこだわって
書き上げました。

ちょっと 難しかった分だけ
やり切った~と
満点の笑顔で 帰っていきましたよ。

最後は、私立の中学校に通う
中一女子さん。
こちらは、5枚書かなければなりません。
選んだ本は
『わたしは マララ』

今日の3人の中では、一番主人公に
寄り添いやすかったようです。
日本の「教育」と
マララさんのいう「教育」は
なんか違う気がする・・・という点から書き始め
小学校の時の体験も織り込み
真の男女平等のためには、
女性教育だけでなく、男性も教育しなおし
理解してもらう必要があるのでは!
と問題提起しました。

e0365999_06481631.jpg


3人とも それはそれは
「やりとげた!」達成感に
あふれていました。

子供たちの中に必ずある
思いのつぼみを 見つけだし、
花開く お手伝いをするのが
国語未来塾です。

まだ、若干名 読書感想文コース
受け付けています。
「今年の夏」の自分と
向き合いませんか。

168.png国語未来塾177.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@にかえて ご連絡くださいね)


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-08 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)


~ひらめきアート作文教室(つづき)~

毎回、アトリエペタタの石橋先生の
絶妙なセレクト絵本

今回の絵本は
『なつのいちにち』『まほうの夏』そ
小5小6男子たちも くぎづけです。

e0365999_23071860.jpg



夏のイメージがたっぷり膨らんだところで
まずは、自分たちの詩を書く色紙を
マーブリング

色の魔法のはじまりです。

e0365999_06271320.jpg


そのあとは、夏を彩る砂絵アート

e0365999_23121094.jpg


自分たちの 詩をイメージしながら
両面テープに下描きをして
カッターで切り

e0365999_23124966.jpg


そこに 色鮮やかな 
カラーサンドを たっぷりと。

そして、できあがった 
子どもたちの夏が こちら・・・

e0365999_23141726.jpg


予め書いていた詩のイメージの
砂絵+マーブリング+切り絵の色紙。
2時間 しっかり 根気よく
素敵な「夏」のできあがり!

e0365999_06200769.jpg


おばあちゃんちで スイカ割りするそうです。


e0365999_06205721.jpg


自由研究 がんばってるんだね~
右端の空気が入っちゃったところも
こんなにすてきに
アレンジしました。

e0365999_06193567.jpg


いか・かに・にしん・・・
「5・7・5」のリズムをかんがえ
しりとりにもなるように・・・
小6女子のこだわりです。

「カブトムシ」の詩を準備していた
野球少年
やっぱり、落ち着くところは
こちらでした。

「やきゅう」の詩も
新たにかんがえましたよ。


これぞ、「ひらめきアート作文教室!」
アートと、言葉がぴったりはまると
こんな素敵な作品になりました。

e0365999_23163329.jpg


お迎えのお母さんも
「わあ~癒される・・・」と
絶賛!

e0365999_06231245.jpg


みんなのに はい!笑顔の花 満開~
石橋先生、ありがとうございました~!

e0365999_06394845.jpg



夏休みも まだまだ 半分残ってるよ~
たっぷり楽しみましょうね。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-06 06:17 | 国語未来塾 | Comments(0)


毎年、国語未来塾の御影教室に
アトリエペタタの石橋先生が 
来てくださいます。

今年は、それに合わせて 準備万端。
素敵な「夏」を彩る詩
予め書いていたんです。

こうの 畑から 響いてくる
ょうれつ 一体 なんだろう?
たしは 思わず せのびする
らら ひまわり パレード中
くらも 仲間にいれてもらおう
たには 自信が あるからね
ろい入道雲うかぶ 昼下がり

各行の 頭の字をつなげ合わせると
自分が一番「」を感じる言葉が
浮かび上がります。

だをなでる 夜風がすずしい
つの終わりに 
んに 詰めた
くさんの 花火 
ま 上がった
みさま おねがい
ち夜の 輝き永遠に


辞書と首っ引きで
1時間かけて
じっくり ゆっくり 
言葉を紡ぎます。

っこいい 
しょうの モデル
べるぜ!
かしからの 子供の英雄
たたかに 生き抜いてゆく


e0365999_06565037.jpg

6年女子たちも 楽しんでいます。

e0365999_06570963.jpg


そして、できあがったのが こちら

かよし みんなで あつまって
いつい 買いすぎ 食べきれない
なつの 夜空の 星たちも
られて いっしょに わらってる
ズムにあわせて さあ 踊りましょ


e0365999_06573019.jpg


そ・し・て
いよいよ 
石橋先生の 登場です!
(続きは 次回・・・)


[PR]
# by kokugomirai | 2017-08-04 06:26 | 国語未来塾 | Comments(0)