今日は 二十四節気の 小満(しょうまん)
五月の初めの「夏がきたよ~」という 立夏ほど
インパクトは ないのですが
陽気がよくなって、草木が ぐんぐん伸びはじめ、
天地に「生の気」が満ち始めること。

そういえば、窓の外の 緑がこんもりと
ひとまわり 大きくなっています。

「小満」の伸びやかな「」をもうらうべく
GWに我が家にきていた ゴーヤ・トマト・バジル・を
やっと 植えました。
手前の 青いプラスチックの植木鉢は
小1の時からの定番。今年も、朝顔を植えましたよ。


e0365999_05521329.jpg
風薫る五月 という言葉が ぴったりの週末。

e0365999_05525399.jpg
ベランダ仕事に 精をだしました。

ご褒美は、日曜の朝の ベランダモーニング!
e0365999_05523446.jpg
冬の間、縮こまっていた 草花も 
ようやく の~びのびと 深呼吸。

e0365999_06165741.jpg
そんな 大地に満ちる「気」をもらいつつ
今週も始まりますね。





[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-21 22:49 | 徒然なるままに | Comments(0)

今週は、御影教室が 「母の日 作文週間」でした。
ばたばたしていて、一週遅れになってしまったけれど
「おかあさん・ありがとう!」の気持ちは365日持っていてほしいもの。

週末の岡山で、お手紙をもらったお母さんから
「何より 嬉しいプレゼントです!」
「手紙をくれるときの 娘の『どや顔』に成長を感じました」
などなど、反響をたくさんいただいたので、

これは、御影のママたちにも、味わってもらわなくては!
そして、何より、子供たちにとって 「母の日」は
いちばん書きやすいテーマなのです。
いつも思っていても、なかなか 言葉に出せないこと
「自分の想いを 言葉にする」絶好の機会でした!

今年初めて「母の日作文」を書く、小5の作文大好き少女。
定規を使って 丁寧に書いていきます。

e0365999_07311307.jpg
同じ日の幼馴染の 野球大好き小5男子。
下書きのときから、さんざんいろいろおしゃべりしつつ一緒に書いたのに、
清書になると、「ちょっと、はずかしい。あっちでかく」

e0365999_07313342.jpg
封筒まで丁寧に書き上げます。


e0365999_07320876.jpg


保育園の時から来てくれている小6男子は「あ~ あれね。よ~し、今年は 何書こうかな?」
推理小説大好きの彼の お母さんの例えは
「お母さんを 探偵にたとえると、ミス・マープルだと思います。なぜなら、いざというとき
少しの情報から鋭く 物事を解決してくれるからです」
とのこと。結局 1枚では書ききれず、2枚目に突入!

e0365999_07341260.jpg


同じく常連の 中二女子。
こちらは、手堅く 今勉強している「good Wrriting」の手法を用いて
様々なモード(対比・因果関係・歴史的現在・・・)を確認しながら書きました。

e0365999_07322748.jpg

そ・し・て
ひらがなを ならいはじめの 一年生君。
一字一字、それはそれは こころをこめて 一生懸命かきましたよ。

おかあさんへ
たこやき やきそば とりのからあげが おいしいです。
おもちゃを かってください。
いつもありがとう


e0365999_07325683.jpg
お迎えに来てくれたお母さんに
手紙を手渡す一年生君の、嬉しそうな 誇らしそうな笑顔
受け取るお母さんに ぎゅーって抱きしめてもらいましたね!

お母さんも、こどもたちも、そして私も た~~~~くさん 幸せもらいました。
「作文」って、奥が深い。

子供たちの 新しい一面に出会えた 一週間でした。



[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-19 22:37 | 国語未来塾 | Comments(0)

幸せのかたち


幸せに 形が あるとしたら
どんな形だと思う?

ハンバーグの形(小1男子)
虹色のハート(小4女子)
阪急電車(小5男子)
四葉のクローバー(小6女子)

e0365999_22501661.jpg


何を聞いても、「わかんな~い」
「かんがえたことな~い」 
思春期まっさかりの 小6女子に
鋭い、切り返しをもらいました。

「先生は?幸せって どんな形だと思う?」


e0365999_07024019.jpg

「幸せって 何だろう?どんな形だろう?」って
いろいろ考えたり、探したりできること。
かな?

禅問答のような 
かけがえのない時間が 続いています。

[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-18 23:26 | 国語未来塾 | Comments(0)

毎月 神戸市内の私立の小学校に
季節の万葉歌を お届けに行っています。
今年、開校6年目。いよいよ この4月から
6学年ぜ~んぶそろうので、
午前中の4コマだけでは たりなくて
5月から、二日間にわたって いくことになりました。

旬の万葉集(五月)


春の野に スミレ 摘みにと 来(こ)し 我ぞ
野を 馴(な)つかしみ 一夜(ひとよ)寝にける
(万葉集 一四二四番歌 山部赤人)
あったかくなったね。 あ~ いい気持ち。春の野に「スミレ」を
摘みに来たらね、あんまりにも きもちがいいので
ついつい 一晩そこで 寝っちゃたよ~


低学年さんは、この歌を何度も歌って覚えたら
そのまま 「春の野に~」と運動場に集合!
「一夜 寝にける~」で、ほんとにしばし休息。
ごろ~んと、運動場の芝生の上に ねっころがりました。

空に浮かぶ 白い雲 ほほを渡る風
あま~い 緑と土のにおい

い~いお天気、あっぱれ万葉日和。

教室に戻って、みんなに想像してもらいました。

赤人さんたちが お泊りしたのは どんな野原だったかな?

e0365999_23034138.jpg


虫やちょうちょも 一緒に遊ぶのね。

e0365999_23032977.jpg


すみれちゃんにも、ひとめぼれ・・・

e0365999_23031631.jpg


太陽さんも にっこにこ。

e0365999_23025259.jpg


緑の芝生が 気持ちよさそう~
ここまでは、入学したての1年生さん。

お次は、ちょっぴり おしゃまな 2年生さん。

e0365999_23023988.jpg


文字情報から、絵を導きだす この能力。
実は、国語の読解問題でも 最近よく問われるようになりました。

2016年の灘中の入試問題にも、問題文の中で
少年たちが作った船を 再現して、絵で描きなさいと。

「万葉人の心」には 子供たちが いっちばん近~いのです。

その感性、大切に育てていこうね~。

空に向かって深呼吸~

e0365999_22450273.jpg





[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-16 22:48 | 国語未来塾 | Comments(2)


毎月第2土曜日は、出張国語未来塾。
午後は、園児さんと、2年生さんの待つ、岡山教室です。

e0365999_15112609.jpg
いつも通り、お名前玉の交換 から始めます。
初めて参加の お友達も、「○○です」と、名前を言いながら
まあるい玉(に見たてた布袋)をぽ~ん。
この動作が加わることで、自分の「名前」を きちんと相手に届ける!
という基本が身につきます。 

「はい!大きな声で!しっかり前を向いて!」と 目くじらたてて 注意しなくても
「お名前玉、ぽ~んと、相手にとどけようね~」といえば
自然に、相手の目を見て、大きな声で言えるようになるので 素敵です。

明日は 母の日。
選んだ絵本は 大好きな「ちょっとだけ」

赤ちゃんが生まれてからというもの、嬉しいけれど
おかあさんは 赤ちゃんのお世話で忙しいので
「ちょっとだけ」がんばったり、がまんしている なっちゃん。

さいごに、おかあさんに 「ちょっとだけ」だっこしてもらおうとおもったら、
なんと「い~っぱい」だっこしたいんですけど! とママからのプレゼント。

みんなも、ママに「ちょっとだけ」おねがいしたいことがある?
「あるある!」
そのときにはね、まずは、ママのこと、い~っぱいほめてあげようね。さいしょにね。

ということで、始まりました。「こころのたね」の 母の日作文。
e0365999_15120333.jpg
みんなは、もう2年生!ママを どうぶつに例えてみようか?
・おかあさんは しろくまのようです。
・おかあさんは うさぎのようです。そして ひまわりのようにあかるいです。
・おかあさんは うさぎのようです。なぜなら、やさしいからです。

そして、お次は、お母さんの作ってくれる料理のなかで、ピカイチ!なもの。
・ちゃあはん です。
・オムライスです。なぜなら 形がきれいで とってもおいしいからです。
・オムライスです。ケチャップで 私の名まえを書いてくれるのが うれしいです。


e0365999_15123644.jpg
「ちょっとだけ」のおねがいは・・・
・でも、いもうと とけんかしたとき、ちょっとだけ こわいです。
・ときどき、ライオンだと おもいます。


 さいごは、「世界でいちばん○○な おかあさん」
異口同音に「だ~いすき」が 飛び出しました。

e0365999_15121990.jpg
園児さんも、一生懸命かきましたよ。

e0365999_15125699.jpg
去年の出張教室では、母の日作文はできなくて、「父の日作文」だけでした。が
1年間の物と比べて、格段に上達しているのがわかります。
季節作文のいいところは、1年間の成長が、はっきりわかることです。

冷凍保存しておきたいような 瑞々しいこの時期ならではの 一文。
「こんなこと 考えているんですね~」お母さんはもちろん、
子供たちも、自分の 頭の中の気持ちを 文字にすること!は
新鮮な 発見と喜びです。
だ・か・ら・・・さいごの この笑顔!
e0365999_15131644.jpg
GW明けの一週間は、お休みの話題で持ち切りで、母の日作文書きそびれていた
御影教室・・・
一週遅れでも、やっぱり、「母の日作文」書こう! と 思いました。
e0365999_17013678.jpg

園児さん(年中)の はじめての おてがみです!
(「と」が逆になってるのも 味わいですね~)








 


[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-15 16:43 | 国語未来塾 | Comments(0)