五感を磨く 夏

夏休み 最初の週末は
兵庫県立考古博物館で

楽しみにしていた
子持ち勾玉(まがたま)」
作りに参加してきました。

e0365999_22111797.jpg

消しゴム大の 滑石(かっせき)という
とても柔らかい石を砥石で根気よく
しゃっ しゃっ
研ぎながら作ります。

小さなバナナのような形をした
勾玉の本体(親勾玉)の
背中・おなか・胴に
それぞれ、小さなでっぱり(子勾玉)を
けずり出します。

e0365999_22115366.jpg


10時開始・・・・
お昼ご飯をはさんで
3時ごろ・・・

e0365999_22171923.jpg

じゃ~ん。
できました!

ほとんど、父娘の合作
二人の根気の強さには 
感心します。

e0365999_22102197.jpg

昼下がり・・・
ランチタイムのあと
父娘は早速 工房へもどり
母は、木陰の涼風と 
午後のまどろみを満喫中。
蝉時雨も、心地よい音量になりました。
広々とした 草地を渡る風のさわやかなこと。

やっと 夏休みにたどり着きました。

五感を働かせる夏。
家族でたっぷり 味わってくださいね。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-30 22:49 | 国語未来塾 | Comments(0)

土曜日は、平日なかなか通えない、
遠方からの生徒さんの スポット授業を行っています。
スポット生で、夏休みだけいらっしゃる方も多く、

「小学一年生なんですが
読書感想文を 書かせたいんですが…」
とのお問い合わせが 最近 増えています。

国語未来塾の1年生さんでは、
学校の課題でどうしても~という方以外は 
「読書感想文」をお受けしていません。

「読書感想文」は、そのお子さんと本との出会いを
私が、そっとサポートするものです。
教師による「口述筆記」になってしまうのは、もったいない!

だ・か・ら
1年生さんには「五感 絵日記」をおすすめしています。
「目・耳・鼻・口・肌」で、たっぷり夏を感じ
単語でいいので、マッピング。
それをつなげて 文にすれば
まぶしいばかりの「夏の思い出作文」完成します。

マッピングは、ほんとに魔法のシートです。
「書くこと」=「理解すること」に直結します。
頭の中の考えを「見える化」してあげると
自然に書くことが整理され、すっきりします。

「須磨水族館に行った絵日記なんですけどね、
らっこは…、らっこは…、が何回も出てくるんです」
と1年生さんのお母さん。
「だめじゃない!」と ごしごし消す前に
マッピングをおすすめしました。

さて、その夜 お母さんから 嬉しいメールがとどきました。

「『パンダ』について日記に書こうとして
う~んと言っていたので、そうだ!こういう時なのだなと思って
親子で取り組みました。けっこう楽しかったようで
明日、続きを書こうと申しております」

e0365999_05581380.jpg

そうそう!まさに、1年生さんにぴったりなのは
こんな感じの アプローチ。
パンダの目の部分の描写が面白いなと思いました
そうそう!お子さんの頭の中が 見えてきて
お母さんたちにも きっと新鮮な発見がたくさんありますよ。

読書感想文、1年生から急いで書かせなくても 大丈夫。
たっぷり、じっくり 頭と心を耕しておけば
後には、どんな種を植えても 大輪の花が咲くことでしょう~。

一方、「読書感想文」をぜひおすすめしたいのが
受験生さんたち。
「え~、そんな時間がない!」「無理無理~」
いえいえ、「だ・か・ら・こ・そ!」なのです。

このことについては、また、次回
お伝えしたいなと思います。

e0365999_22135895.jpg



園児さんの夏は こんな感じ?


168.png国語未来塾175.png
読書感想文コース
(90分×3回)
まだ、若干名受け付けています。
お問い合わせ
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて ご連絡くださいね)

[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-29 22:00 | 国語未来塾 | Comments(0)

1年、或は半年の 短期留学プログラム
最終日の課題は
30歳の自分へ 手紙を書こう!

アンジェラ アキさんの「手紙」に
ヒントをもらい、
最終日の「お餞別」代わりの
課題です。

アンジェラさん 30歳の誕生日、
突然、母がずっと預かっていたという
15歳のアンジェラさんが、30歳のじぶんにあてて書いた手紙を
送ってきたそうです。

「未来~の自分に あてて書く手紙なら~♪
きっと 素直に打ち明けられるだろう~♪」


e0365999_06061616.jpg


台湾・中国からの留学生が中心の女子クラス。
いつも、わいわい 賑やかに 華やかに
勉強してきました。

「30歳?あと8年後」
「結婚してるかな?どんな仕事してるかな?」
「どこに住んでるんだろう?だれと?」
「きゃあ~」
・・・・
今、22・23歳の彼女たち。
30歳までのこの7・8年が
一つの 大きな変化の時期に
なるのでしょうね。

e0365999_06055970.jpg


30歳の時、この手紙をまた読むと
きっと、今日のこの風景
この留学時代のすべてを
懐かしく思いだすでしょう。

「日本語を学ぶ」ということは
単に「語彙・文法を覚える」だけではなく、
その学生の「人生の一コマ」としての
かけがえのない時間であってほしいと
いつも思っています。


e0365999_06054488.jpg

G1/G2のみんな~ありがとう!

「未来の自分に手紙を書こう!」


国語未来塾でも、
やってみようかな。

[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-28 22:18 | 日本語の教室から | Comments(0)

夏休み!はじまった~!
神戸市内は 今日から
待ちに待った
夏休みのはじまりです。


24・25・26日の3日間は
お預けのように
午前中だけの授業でした。
市内の全小学校にクーラーがついたから
「お勉強!できるでしょ」とのこと。

ん?

「クーラーにな、夏休みとられてんで 俺ら。」
小5くんの意見に 大きくうなづく私。

夏休みは「子どもの時間」
働くご両親も、
この1か月だけは、
子供の時間に 時計を緩めて
ちょっぴり
のんびりなさるのは どうでしょう。

e0365999_22115016.jpg


毎年、お中元にいただくサクランボの箱
今年は、とうとう 
階段付きの二階建てに変身。
しかも、二階部分は
取り外して収納できるそうです。
「どこにしまうの~、っていつも言うやろ。」
母親のお小言もクリアしています。

思春期突入中の娘と、距離をとりかねている父も
「ここおねが~い」と細かい作業を頼まれて
大喜び。

大好きなシルバニアファミリーの
新しいおうちができました。

素敵な 夏物語 
紡いでいきましょう~(^^♪


[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-27 06:51 | 徒然なるままに | Comments(0)


子供たちの夏休みは
蝉の大合唱と共に
賑やかに始まっていますが
大学では、前期の締めくくり授業週。
テスト&プレゼンテーション三昧で
教師も、学生も寝不足気味です。

水曜日のクラスは、
中国・韓国・ベトナム・マレーシア・スペイン
ドイツ・台湾・イギリス・・・
元気な若者が集いました。

このクラスは、上級クラスですので
最後は日本語で、ポスター発表します。

自分の興味のある「日本」に関するトピックを選び、
アンケートしたり、ネットで調べたり、
実際にその場所に行ったり!・・・
学生たちの頭の柔らかさに
毎回、素敵な刺激をもらいます。

e0365999_06074098.jpg


こちらは、よくいくコンビニ比較。
阪大生20人にアンケートをしたそうです。
弁当のセブン・スイーツはローソン・ファミマは揚げ物!
へ~。そんな使い分けがあるんですね。

e0365999_06073027.jpg


「日本のお茶」「日本のラーメン?」「日本の古墳」・・・など
毎回、「日本の●●」は
日本人さえ知らないことを
たくさん教えてもらえます。
抹茶が大好きという、Rさん。
抹茶と普通のお茶は、実は同じ木で
摘む前に布をかぶせるか、どうか。。。が違うだけ!
だそうです。

e0365999_06071840.jpg


インパクトのあるポスター!
日本人の行きたい観光地(緑のシール)と
外国人の行きたい観光地(赤のシール)の
違いの考察でした。

e0365999_06070615.jpg


クラス一のお調子者、K君。
ポスターcheckが間に合わなかったから
タイトルも間違ってます。
「百貨店の盛衰」と書きたいところ
「百貨店の成敗」となってます(笑)

韓国では、K君の子供の頃は
「デパート=夢の国」だったそうです。
昭和の日本と全く同じ。
でも、いまでは、どんどんさびれていて
とっても寂しいとのこと。

「日本のデパート」が頑張って
復活しているという記事をみて、
「ギンザ・シックス」まで
紹介してくれました。

e0365999_06065426.jpg


はじけるときには、こ~んな感じ!

でも、いつもは にこやか

e0365999_06064497.jpg


とっても刺激的なクラスでした。
日本語教師は、
学生から学ぶことも
ほ~んとに たくさんあります。

JA500 T1のみんな~
ありがとう!



[PR]
# by kokugomirai | 2017-07-26 22:09 | 日本語の教室から | Comments(0)