連休明けからの この一週間は
ずっと
「自分」を 整理・分類する
またとない時間と なりました。

きっかけは、毎月 行っている
「万葉ライブ&トーク」での ご縁。
来てくださっている方のご紹介で
東京の出版社の編集者さんと 
お会いする機会を いただいたのです。
「藤澤さんの活動、おもしろいわ~
本に したらいいのに!」

さあ、何から 手を付けようか・・・

e0365999_17082201.jpg


これは、ドイツで日本語教師をしていた時のニュースレター
YOSHIE センセイの ひとりごと
そして、台湾からの「好恵(ハオホエ)老師のひとりごと」へと
つぶやきは 続きます。
どちらも、手書きで、イラストたっぷり。
当時は、ブログも フェイスブックも なかったので
こうやって、手で書いて、コピーして
お便りと一緒に 友人知人に 郵送していたのです。

20代の「自分」の一生懸命さに 
恥ずかしさと まぶしさを 覚えます。

万葉集に関する 過去の原稿も たくさんありました。
まずは、「Rhein -Bruecke(ラインの架け橋)」という日独ミニコミ誌へ
 毎月一首ずつ、万葉集の歌を 日本語と、ドイツ語で紹介。
この記事がご縁で、領事館のパーティにも 呼ばれるようになったなあ~。

台湾での日本語教師(2年)から 帰ってきたときも 
岡山のミニコミ誌「ぷらんねっと」にて 
万葉集のコラムを担当。
このご縁で、「万葉、歌ってみない?」と
万葉ライブ&トークを始めることになったのです。

この辺りまでは、やや肩ひじ張って「一応、研究してたし~」と
万葉集の解説も、固めの文章が続きます。

続く、ミニコミ誌「とーく・うおーく」あたりから
ずいぶん、文章が 柔らかくなりました。ちょうど
結婚して、子育てを始めたころからかなあ。

そして、今。
国語で未来を 拓こう!」
と、テーマは 未来の子供たちへ

大学を卒業してからずっと、
留学生に「日本語を教える」ことを生業としつつ

紡いできた テーマは、
万葉集」と「未来の子供たち

編集者さんとのお話という
またとない ふり返りの時間をいただいて
私の進みたい道が
ぼんやり見えてきました。

e0365999_15065041.jpg


お父さん、お母さんも
いちばん後回しにしそうな「自分」を
分類・整理してみませんか。
新しい発見んがたくさんあることでしょう。
「自分」のプロデュース
 始めてみませんか。





[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-12 22:25 | 国語未来塾 | Comments(0)

たんぽぽの 綿毛に思う

連休のご褒美は
なんといっても のんびりする時間。
日頃は 半日くらい先の
「なければならない」に 追われる日々ですから。

連休最後は 
近くの住吉川を のんびり散歩してきました。

e0365999_16111123.jpg


鮎が のぼってくるほどの 清流です。
のんびり 頭を空っぽにして・・・

そうしないと、ほかのモノが 思いが
入る余裕が ありません。

からすのえんどうや 
もみじの 赤ちゃんも みつけました。

e0365999_16183472.jpg



いつもの「ハヤク!はやく!」の口癖も
今日は 出番 無し。



e0365999_15052681.jpg

ちょっと、まって~! とばした~い!
e0365999_15053963.jpg

ふう~
e0365999_15055413.jpg

上手に 全部 吹き飛ばせるようになった タンポポの綿毛。
最後の一つが 飛んでいくまで
待っているとき

俵 万智さんのエッセイ「たんぽぽの日々」を思いだしました。

「たんぽぽの綿毛は たんぽぽの子供たちだ。
地面に根を張っている母親は
子供たちのこれからをみとどけてやることはできない。
ただ、風に祈るばかり。」

たんぽぽの綿毛を吹いて見せてやる 
いつかおまえも 飛んでゆくから


俵万智さんの歌では、綿毛を吹き飛ばして 見せてやったけど、
娘は まず 自分で 吹き飛ばせるようになりました。

そんな 成長を思う一日。


*余談ですが、俵万智さんの このエッセイ、
2015年の灘中の国語の入試に出題されました。
灘中、さすがです!





[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-07 21:07 | 徒然なるままに | Comments(0)

十三詣り


十三詣りって ご存じですか。
生まれ年の干支が初めて回ってくる、数え年の13歳になったら、
虚空蔵菩薩様に知恵と 福徳を 授けてもらうために お参りすること。
関西では、七五三よりも大切にしているところもあると聞きました。

京都の法輪寺、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺などが有名で
旧暦の3月13日にお参りするのが一番なのですが、
七五三と同じく、3・4・5・6月あたりに お参りするといいそうです。

数え年の13歳といえば、昔は、男の子の「元服」の年。
女の子は、大人の着物を肩上げしてもらって、晴れ着で出かけます。
e0365999_15402335.jpg
5月5日の子供の日、娘と一緒に 京都の法輪寺にお参りしてきました。

びっくりしたのは、「一字写経」と言って 願い事を漢字一字に込めて
奉納するのです。

e0365999_15032589.jpg
前の晩からず~っと考えて、娘は「結」と書いていました。
国語未来塾の「言霊パワー*今年の一字」と同じですね!!

なぜ、虚空蔵菩薩様に13歳でお参りするのか、
いろいろ言われが あるようです。

が、読経流れる 本堂の保護者席に座り、つらつら思うに
13歳は、数え年なら小学6年生~満年齢なら中学2年生、
つまり、心と身体のバランスが不安定になる思春期真っ盛り。
この時期に、身体の成長を感謝しつつ、心の成長を祈願する・・・
ということでしょうか。

虚空蔵菩薩さまとは、無限の宇宙のように広い心で 
見守ってくださる菩薩さま。

中学受験を迎える小学6年生は、塾の先生から「ぜひ!
十三詣りをするように!」と勧められるとも聞きました。

虚空蔵菩薩さまのように ひろ~い心で
子供たちを見守ってやりたいものですね。




[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-05 22:18 | 国語未来塾 | Comments(0)

熊野古道(その2)

熊野古道 二日目。
早起きして、いよいよ 本宮を目指します。

4本ある熊野古道の一つ 中辺路(なかへじ)を通ります。
スタートは 発心門王子(ほっしんもんおうじ)
e0365999_13184072.jpg


「王子」とは、熊野権現の分霊を祀った場所で 
ちょうど、歩き疲れると「王子」があり 
昔の人も、きっとここで一息ついたのだろうなあ~と思います。
ここは「水呑み王子」

e0365999_14174005.jpg
 

お花が咲き乱れる 野中も 通ります

e0365999_13193775.jpg

最近 めったにお目にかかれない れんげ畑。
国語未来塾の子供たちにも 見せてあげなくちゃ。


e0365999_13200463.jpg

中世のころ 一番 多くの人が
この道を通って、熊野に向かったそうです。


e0365999_14315317.jpg
擦り切れた 石畳が続く古道
一体 何人の人が 
この石を踏みしめて いったことでしょう。 

e0365999_13190485.jpg
道が記憶している
その想いにふれながら 私も一歩一歩

 
e0365999_14373612.jpg

最後の「祓殿(はらいど)王子」
1201年には 藤原定家もこの王子近くの地蔵堂で
後鳥羽上皇の一行を待って 熊野本宮へ向かったとのこと。



e0365999_14375333.jpg

当時の本宮は 川原の中州にありました。
大斎原(おおゆのはら)
歩き始めて、2時間半。
とうとう、着きました。

快晴の五月の空の下 
自然と 古代と ゆたけく つながる
熊野古道 

e0365999_13181825.jpg
熊野川の河原に座って
緑色の風に吹かれて

e0365999_13180645.jpg

古へに ありけむ人も
吾のごと 熊野の若葉に 染まりてゆきぬ



e0365999_13175177.jpg
古えの 人と並んで 古道歩き
この日の思い出 絵筆にとりつ



e0365999_15255879.jpg

また 来ます。

 




[PR]
# by kokugomirai | 2017-05-01 14:01 | 徒然なるままに | Comments(0)

熊野古道(その1)

連休前半の 29日・30日と 
憧れの「熊野古道」にきています。

伊勢~熊野へいたる「伊勢路」の松本峠から
海のほうへ少しおりると
坂上田村麻呂が鬼退治したという
「鬼が城」があります。
ここも世界遺産です。
e0365999_13211414.jpg
けっこうな スリル。
e0365999_13261245.jpg
USJ顔負けの 天然のアドベンチャーロードです。
熊野は、世界遺産が多すぎて、あまり知られていないけれど
ここ「鬼が城」も とっても、興味深いところです。
e0365999_13263185.jpg
日本じゃないみたいでしょう?
e0365999_13572616.jpg
そのまま 浜街道をいくと
『花乃窟(はなのいわや)神社』
e0365999_13213428.jpg
なんと、「日本最古」とあります。
イザナミさまの お墓だそうです。
e0365999_13202520.jpg
ご神体は この、地上45メートルもある窟(いわや)。
神代の昔より 花を供えて祭るので花乃窟(はなのいわや)という。
窟の頂上より かけ渡すお綱は 神と人とをつなぎ
神の恵みを 授けてくださるお綱なり

イザナミさまの霊を慰めるため お花をたくさんお供えしたのが
名前の由来だそうです。

もう少し行ったところの この岩は、何にみえますか。
e0365999_13204631.jpg
この「獅子岩」は、古来より井戸川上流のある大馬神社の狛犬として
敬愛されているそうです。
だから、この神社の境内には狛犬がいないとか。

ずっと昔から この国が大事にしてきた自然。
自然は 畏れ、敬うべき「畏怖」の存在であったことが
ここ「熊野」では 
とくに すっと 腑に落ちるのです。

明日はいよいよ 熊野大社本宮を 目指します。









[PR]
# by kokugomirai | 2017-04-29 21:22 | 徒然なるままに | Comments(0)