せんせい~。このふわふわ~!
あげる~。
木曜日は、一年生君が、元気に 登場です。
今日のお土産は、しろい、ふわふわ~。

e0365999_22312574.jpg


うわあ。何だろうね? どこにあったの?
すぐそこだよ~。
授業開始に3分くらいにあったので
ちょっと、外まで いってきました。

e0365999_22310440.jpg


ここだよ~。
ちょうどいた 小6女子が早速、本を片手に調べてくれます。
「先生。あった、あった。これちゃう?茅(ちがや)」
読んでみて~と、私。
風を受け、千のチガヤの穂は、白銀色にきらめく。
古名は”茅”(チ)。・・・サトウキビの近縁で
”茅花(ツバナ)”と呼ばれる花穂は、噛むと甘い。
魔よけの力があるとされ、
現在まで「茅の輪くぐり」の風習が残る。


「あっ、去年 神社でくぐった、あの茅の輪!」と
小6女子が、びっくりしています。
私も、何度も横を通っていたのに、全然知りませんでした。

花言葉は、なんと「子どもの守護神

e0365999_22315546.jpg

夢中で ひっぱって、集めています。


e0365999_22303312.jpg


今日の季節の言葉は「にゅうばい(入梅)」
「ゆ」が難しいのね。

e0365999_22293955.jpg


神戸は、昨日 梅雨入りでした。
今日の言葉集めは、「雨」に関係のあるモノ。

かえる
かたつむり
かさ
かみなり
・・・
なんだか、「か」のつくものが多いねえ~
あまぐつ
あまぐも
あまがさ
あまがえる

「あ」のつくものも多いよ~
しかも「あめ(雨)」が「あま●●」になってるね~と、私。

あっ。「あまやどり~」と、得意顔!の一年生君。

今日も季節感たっぷりの国語未来塾です。

e0365999_22292005.jpg

飛ばないように~。
小6女子と、小1君が あつめた つばな。
すてきな、教材がまた増えました!

168.png国語未来塾178.png
masakiqu★i.softbank.jp
(★を@にして、メールをくださいませ)
体験教室も行っています。
お気軽に おといあわせくださいね。




[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-08 23:06 | 国語未来塾 | Comments(0)

お待たせしました!
6月18日(日)
アートと、言葉で表現した
たくさんの『雨』で
世界にひとつだけの 物語絵本が 生まれます。

神戸も、今日から梅雨入り!

でも、雨の時期ならではの 楽しみ方もあります。
雨色の絵の具を 画用紙にドロッピング・・・
空から 降ってきた雨粒さんたちの
お話が始まります。

お楽しみに、お越しくださいね。

園児コース「心のたね」:『絵言葉歳時記』
【時間】9:30~10:30 
   【料金】3,000円 (材料費込)

小学校 低学年
【時間】11:00~12:00 
   【料金】3,000円 (材料費込)
【持ち物】   筆記用具


小学校 高学年

【時間】13:30~15:30 
   【料金】4.000円 (材料費込)
【持ち物】   筆記用具

講師 藤澤好恵(国語未来塾 主宰)/
石橋幸子
(NPO法人アトリエ・Petata理事長)


  ◆定員 各クラスいずれも 5人前後の少人数制 

場所 アトリエ・ペタタ 
★アクセスは http://www.petata.net/ をご覧ください



お申し込み・お問い合わせ ひらめきアート作文教室  ℡ (078) 351-1415
                 651-0015 神戸市中央区多聞通5丁目3-10

e0365999_06251621.jpg




[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-07 22:26 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)

毎週火曜日には 憧れの中学3年女子が来てくれます。
小学4年から通い初め、見事 私立女子中学合格!
国語未来塾の教材も 彼女の成長と共に 進化しています。

目下の教材は、こちら。

e0365999_21214964.jpg
もともと、日本語教育に携わってきた著者が、日本人の大学生にも使えるよう
明快に、かつ 実践的な構成になっています。

一番 新鮮なのは、「読み手」を想定する!ということ。
なるほど~と思ったのは、以下の部分です。

「みなさんは、reader responsibilitey  writer responsibilityという言葉が
どんなことか、想像できますか。Reder は「読み手」、writerは「書き手」で
responsibirityは、責任です。(中略)日本語は reader responsibilitey の言語、
英語は writer responsibility つまり、「わからない」場合は、書き手に責任があるのです。
一方、日本語を含む、アジアの言語文化圏では、突然ことわざや、格言のようなものが
登場し、分からないのは「読み手」の知識不足、つまり、読み手に責任があると考えるのです。
アジア圏の学生と、英語圏の学生の文章を比べて、いちばん違うなと思うのは、
「読み手」に対する「書き手」の意識です。(後略)」

な~るほど。これには、中三女子と、ふか~く 納得。

「誰に」向かって「何のために」書いているのか。
その大前提がはっきりしないと、ただ、漠然とマス目を埋めていっているにすぎません。

第一回目のお題は
「新入生へ」「小学校と中学校の違いを紹介してあげる」
という設定にしました。

「読み手」を意識するだけで、ぐんと 伸びやかになりますね。
今の中学3年生が ちょうど2020年の大学入試改革 1期性。
国語未来塾では、入試改革に向けた準備も、着々と進めています。

e0365999_21220555.jpg
こちらも、読解教材に使っています。

168.png国語未来塾178.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@にかえて ご連絡ください)
体験教室も 行っています。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-06 23:41 | 国語未来塾 | Comments(0)

6月5日(月)は
6月の最初の 二十四節気
芒種(ぼうしゅ)」です。
立春や、夏至ほど メジャーではありませんが
梅雨入り前の、今の時期にぴったり。
「芒(のぎ)」とは
稲などの花についている 
針のような 突起のこと。
そのような、「のぎ」を持つ穀物の種を
まく季節だよ~ということです。

この週末には、加古川の近くの
稲美町に 行ってきました。

麦の刈り入れは すっかり終わり、
田んぼには なみなみと 水がはいり
田植えを いまか いまかと 
待っています。

実際に 稲の種(籾)をまくのは
1か月くらい前の
連休明け。
五月の第二土曜日に 岡山・倉敷へ
出張国語未来塾に 行ったとき 
撮った写真がこちらです。

e0365999_15070949.jpg


この 一つ 一つの まあるい部分に
丁寧に、手作業で 種をまくそうです。
この板が、田植えの機械用。

国語未来塾の子供たちに
「これ、な~んだ?」
と質問しても
まず、わかりません。

「米」という字の成り立ちは 八十八。
八十八回
人の手で お世話して
神様に たすけてもらって
やっと、実るんだよ~。

この板を、田んぼにおいて 苗床をつくります。
おいしい お米に なあれ!

e0365999_21210410.jpg
青紅葉の 美しい季節になりました。





[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-05 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)

週末宅急便

ピンポーン。
「センセイ、コレ。好きそうだから。
今年から、家の裏の枇杷に 実がつき始めました。」

e0365999_07034711.jpg

届けてくれたのは 約一年ぶりに会う 中学2年生君。
小学2年生から 6年生まで4年間、
国語未来塾で どっぷり つきあってきた間柄です。
去年の夏休み
読書感想文の特別コースに 帰ってきて以来の 再会。

それが、まあ、なんと
私よりも、背が 高くなってる!!!!!!
「はい。去年11センチくらい 伸びました。」

小学六年生の 妹ちゃんから 時々話は聞いていたものの
実際、こうして 逢うと、
感無量。
言葉使いも しっかりしているし
それは それは 立派な成長ぶり。

あとで、お母さんに お礼のメールをお送りすると
「ええ。あえて、兄を 行かせました。
まだ、素直で、可愛いものです。」
とのこと。

ちょうど、先週「夏のものわかりますか」で
枇杷を マンゴーと言っていた 
一年生君のおうちに 早速 お福分け。

嬉しい 週末宅急便でした。


[PR]
# by kokugomirai | 2017-06-04 22:23 | 国語未来塾 | Comments(0)