タグ:ほうりんじ ( 1 ) タグの人気記事

十三詣り


十三詣りって ご存じですか。
生まれ年の干支が初めて回ってくる、数え年の13歳になったら、
虚空蔵菩薩様に知恵と 福徳を 授けてもらうために お参りすること。
関西では、七五三よりも大切にしているところもあると聞きました。

京都の法輪寺、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺などが有名で
旧暦の3月13日にお参りするのが一番なのですが、
七五三と同じく、3・4・5・6月あたりに お参りするといいそうです。

数え年の13歳といえば、昔は、男の子の「元服」の年。
女の子は、大人の着物を肩上げしてもらって、晴れ着で出かけます。
e0365999_15402335.jpg
5月5日の子供の日、娘と一緒に 京都の法輪寺にお参りしてきました。

びっくりしたのは、「一字写経」と言って 願い事を漢字一字に込めて
奉納するのです。

e0365999_15032589.jpg
前の晩からず~っと考えて、娘は「結」と書いていました。
国語未来塾の「言霊パワー*今年の一字」と同じですね!!

なぜ、虚空蔵菩薩様に13歳でお参りするのか、
いろいろ言われが あるようです。

が、読経流れる 本堂の保護者席に座り、つらつら思うに
13歳は、数え年なら小学6年生~満年齢なら中学2年生、
つまり、心と身体のバランスが不安定になる思春期真っ盛り。
この時期に、身体の成長を感謝しつつ、心の成長を祈願する・・・
ということでしょうか。

虚空蔵菩薩さまとは、無限の宇宙のように広い心で 
見守ってくださる菩薩さま。

中学受験を迎える小学6年生は、塾の先生から「ぜひ!
十三詣りをするように!」と勧められるとも聞きました。

虚空蔵菩薩さまのように ひろ~い心で
子供たちを見守ってやりたいものですね。




[PR]
by kokugomirai | 2017-05-05 22:18 | 国語未来塾 | Comments(0)