~万葉の白 その2~


ミモザが揺れて 話しかけてくれる朝。

日曜日も、ごきげんに 弓弦神社(ゆづるはじんじゃ)で
万葉を歌ってきました。


e0365999_06192179.jpg

羽生結弦(ゆづる)くんがお参りに来たことで、一躍有名になりました!

e0365999_06194118.jpg


今回のテーマは 万葉の「
「白色」は 万葉集では決して地味な色ではなく
気高く、けがれなく、そして 生命力あふれる色。
募る思いを 伝えるのにぴったの色なのです。

細領布(たくひれ)の鷺坂山の 白つつじ 我に染(にほ)はね
妹に示さむ

万葉集1694番 柿本人麻呂歌集
楮で作った、白いひれのように、白い鷺の名を持つ「鷺坂山」の白つつじよ!
なんて、美しいんだ。私に薫染しておくれよ、それを旅のしるし(おみやげ)にして
可愛い、かわいい妻に見せてやりたいので。。。

旅先で見つけた真っ白な、つつじ!
その美しさに、身も心も染めてほしいと願うのです。
なぜなら、家で待つ、かわいい妻にみせてやりたいから、、、、
こんなに愛し、愛される 万葉夫婦素敵ですね。

でも、お別れは、必ずきます。

福(さきわい)の いかなる人か 黒髪の白くなるまで
妹(いも)が声きく

(万葉集 1411番 詠み人知らず)
どれほど幸せな人なのでしょう、、、黒髪が白くなるまで
ずっと一緒にいられて、大事な妻の声が聞けるなんて・・・

これは、実は挽歌(亡くなった人をしのぶ歌)なのです

「白」は、まさに人生そのもの・・・・
色とりどりの「
七ツ谷ゆみさんの素敵なピアノに合わせて
お届けします。

3月12日(日) 14:00開演
2500縁(お飲み物付)
倉敷・夢空間「はしまや」
http://www.hashimaya.com/salon_hashimaya/
お申込み:はしまや(086-422-2564)







[PR]
by kokugomirai | 2017-03-06 09:13 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)