23日の木曜日は、国語未来塾は お休みでした。
国語未来塾の塾長は、岡山へ出張。
この日は「万葉人」として、神主のみなさんの研修会にて
万葉集を歌ってきました。
万葉母さんこと、塾長の 古くからの友人が
今、岡山の神主さんたちの会の事務局をしていて
お声をかけてくれたのです。

毎日「祝詞」をあげていらっしゃる、神主さんたちに
何をお伝えすればいいのか、お話をいただいた夏ごろから
ずっと考えていました。

神代より 言い伝(つ)て 来(く)らく
そらみつ 大和の国は 皇神(すめかみ)の厳(いつく)しき国
言霊(ことだま)の 幸(さき)はふ 国と 語り継ぎ 言ひ継がいけり・・・

(万葉集894番歌 山上憶良)

ずう~と、ず~っつと前の 神様の時代から
この偉大な大和のくには、 神様が恐れ多くも鎮座していらっしゃり
また、言葉の持つパワ~がますます人々を幸せにしてくれる国と、
語り継がれてきているのだよ~。

アメリカの文学者のリービ英雄さんは、
「この歌こそ、私を日本へと導いてくれた。自分の国をほめるとき
○○が豊富だ、○○の景色が美しい…とは言うが
言葉の持つ力が、人々を幸せにしてくれるんだ。などと自慢する国はない!」
と、熱く語っています。

神主さんは、日々、祝詞をあげていらっしゃいます。
「祝詞」とは、まさしく「予祝(よしゅく)」。
望ましい状況を予め歌ってお祝いし、
望ましい理想の状態をぐいっと引き寄せるのです。

e0365999_18521657.jpg
1300年前から、変わらず「神言(かむごと)」を 人々に伝えるのを
仕事としている神主部(かむぬし)さん。万葉の「言の葉」たちとも
愛称は抜群で ストンと 腑に落ちる様子が、手に取るようにわかりこちらまで
お福分けをいただきました。

経営者のみなさんにも
幼稚園のPTAの総会でも
新学期を前に 期待に胸を膨らませる子供たちにも
ぜひとも この国が 大切に、大切に 紡いできた歌うたを
味わってもらいたいです。

全国、どこでも出張講演いたしますので、お気軽に問い合わせ下さいね。



[PR]
by kokugomirai | 2017-03-24 00:01 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)

1月14日(土)

◆倉敷国語未来塾は、
・第2土曜日 10:00-12:00
・中庄駅近くの辻公会堂にて
毎月、楽しく書いています。
ここの魅力は、なんといっても 周りの手付かずの自然。
春夏秋冬、四季折々の作文題材に溢れています。
e0365999_22524931.jpeg
e0365999_22595836.jpeg
五感作文でもおなじみの、実体験に裏打ちされた言葉は
受験対策で暗記した言葉とは別の重みがあります。
e0365999_22493923.jpeg

一番の違いは、自分の書いた文が、好きになること。
「桜の花びらは、桜さんからのお手紙〜」という
万葉集の歌を読んだ後、「春を見つけたよ」作文を書いたら
その花びらまで綺麗に綴じてくれていましたよ。
e0365999_22550918.jpeg
e0365999_22573557.jpeg

◆岡山国語未来塾は、幼稚園児さんと1年生中心。
13:30-14:30まで、
岡山市内の公民館で、ワクワク楽しんでいます。
e0365999_23044212.jpeg
e0365999_23025320.jpeg


今日は、まずは、身体を使って、「雪さん」になってみました。
工藤直子さんの、「のはらうた」より、
「こなゆき みゆき」さんの詩を紹介。
ワルツや、タンゴを一緒に踊り

「ゆきは のはらを つつむ ハンカチ
つつまれて
のはら はるのゆめみる」

と、私たちも一休み。。。
e0365999_22504281.jpeg

その後は、「きせつの図鑑」の冬のページから
15個の「冬に見かけるもの」を、自分たちでグループ分けします。

○「つると、はくちょうは、おなじグループです。
なぜなら、どちらも鳥だからです」
○「鏡餅と、おせち料理は、同じグループです。なぜなら、2つとも
お正月の神様にあげる食べ物だからです」
食べ物だけだと、蟹や、みかんも入ってしまいますから
「神様のご飯」という部分が大事になります。

ママも、真剣。。。。子供たちもママから、質問を出してもらうと大喜び!
e0365999_23064731.jpeg

少し学年の上がったクラスなら、いくつかのグループ分けではなく、
「15個全部をグループに分けてあげてね、仲間はずれにならないように。。。」と
難易度をあげていきます。

例えば、大人でも難しいのは。。。
○「除夜の鐘と、豆まきは 同じグループです。なぜでしょう。。。。」

なぜでしょう?
大人より、子供の方が断然発想豊かです。
「どちらも、音や声が大事だからです」とは、幼稚園児さん。
わあ〜。なるほど!

○「こまと 椿の葉っぱの草履と カマキリの卵は同じグループです」
と、こちらも園児さんからのお題。
その心は。。。。

「握り寿司に似ています」・・・お見事!!

一年生チームは、これを紙に文字で書き、
園児さんチームは、まず絵を描いて、グループ分け。
e0365999_23085374.jpeg
終了時間になっても、
「まだやりたーい」と嬉しいリクエストが バンバンでました。

万葉集では 晩年の大伴旅人が
「ほどろほどろ」にがふりしきる雪を見ながら
ふるさと、奈良を思い出します。
e0365999_22512080.jpeg
今夜は積もりそうですね。















[PR]
by kokugomirai | 2017-01-14 23:09 | 国語未来塾 | Comments(0)

歳神さまの 贈り物

1月5日(木)
張り切って、ブログを書き始めたものの
3日目にして、発熱。
4日目、まだ下がらず。
5日目の本日、
やっとやっと 起きあがって
身体を垂直にしてみました。
うん、うん。なんとか なっています。

年明け早々、大切なことを学びました。
「健康・第一!」
年末年始の 大掃除・おせち作り・正月接待、
どれもこれも、毎年こなしてきたのですが
そろそろ、無理の効かない お年頃・・・
健康でなければ、何にもできないのですよ。

でも、もう一つの学びも・・・
「病は 気から」
明日から、大学での授業が始まる!と思えば
身体の芯が 整うようで
あれほど下がらなかった熱も 
午後には 36度台に戻ってきました。

ちょっと いつもと違って
弱弱しい 万葉母さんに
万葉父さんは「それくらい、ソフトな感じがいいなあ」
ですと。
はいはい。家事全般、ありがとうございました。

古来から
お正月早々の出来事は、
その年の『歳神さま』からの贈り物だ と
言われています。

身体と、仕事と、家族と
3つのバランスを上手にトリながら
酉年を過ごしていきたいと思っています。


e0365999_00194637.jpg
今年も、無事に お節料理できました。
母・私・娘 ~ 時々、夫と父
三世代そろって、賑やかにお正月さんを お迎えしました。







[PR]
by kokugomirai | 2017-01-05 23:45 | 徒然なるままに | Comments(0)