今まで 国語未来塾では
「テクニックで、国語は解けません」
「毎週、コツコツ作文を書き、読解要約をする中で
じっくり 力がついていきます」
と言ってきました。
確かに、
「作文を書くのが好きになりました!」
「国語の成績が上がりました!」など 嬉しいご報告もいただきます。
ただし、
受験国語、特に中学受験に求められるのは「即効力」
偏差値が足りなければ 志望校を変更させられるのですから。
なんとか、作文大好きっ子さんたちの 国語の偏差値も
上げてあげられないものかなあ~と。

そして、とうとう、たどり着きました。
愛ある 受験国語のテクニック
しかも、国語未来塾のお隣の駅に、そのお教室は ありました。
その名は「さち国語塾」
さち先生のブログを拝見したとき、「これだ!」と
直感的にひらめきました。
「神戸六甲の中学受験国語ベテラン教師のブログ」
https://ameblo.jp/sachi-kokugo/entry-12317760776.html
(詳しくは、ぜひこちらを、ごらんください)

中でも一番心を魅かれたのは、

「わたしのレッスンでは最短では一回のレッスンで
模試の偏差値が22も上がった生徒さんがいらっしゃいました
平均すると2ヶ月目くらいから偏差値がアップしていますよ
上がらないということは見直すべきことがあるということです


大切な時間を割いていらしてくださる生徒様が毎回伸びる
【手応えのあるレッスン】
をしています」

こんな風に、はっきりと言いきれるレッスンって、どんなんだろう!
しかも「お母様のための国語読解レッスン」もあるとのこと。
早速、体験レッスンに伺ってきました。

もう、それは、それは、目から鱗が ざっくざく~こぼれ落ちました。
こんなに分かりやすく、かつ 
愛情を感じる「読解テクニック」があるなんて…

「テクニック」というと、無機質で、機械的な左脳のイメージですが
さち先生の「線引き」というテクニックは、右脳もたっぷり刺激している、
そんな感じがしました(あくまで 個人的な感想です)。

e0365999_21191937.jpg


帰宅してすぐ、忘れないうちに 教えていただいたことを
ノートに書き移しました。
大学ノートに お気に入りの表紙までつけたのは 久しぶりです。

もう何回か、「受験国語読解法」を教えていただけることになりました。
次回が 今から楽しみです。
いくつになっても「学ぶ」のって、わくわくしますね♪

実りの秋を迎え、国語未来塾も、ますます進化していきます。


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-07 22:14 | 国語未来塾 | Comments(0)

私たち親世代が「赤本」といえば
もっぱら、大学受験のためでしたが、
昨今は
中学受験にも「赤本」は必須。

1月の本番を前に
過去問を ばんばん一緒に解いています。
希望者の多い学校の赤本が
国語未来塾でも、段々そろってきました。

e0365999_23354818.jpg


オープン模試の答案を 一緒に直したり
志望校の傾向と対策を 一緒に練ったり
国語未来塾は
子供たちの夢と未来を
全力で 応援しています。

お問い合わせ
168.png国語未来塾
178.png

(masakique★i.softbank.jp)
★印を@に変えて送信してください。



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-02 23:23 | 国語未来塾 | Comments(0)

あわわ~、受験まであと3か月…
先生、ど~しよ~。

大手の塾で毎日
ビシビシしごかれている
小6女子さん、
この夏は塾が忙しいとお休みで、
2ヵ月ぶりに来てくれました。

受験を決めてからは
一つずつ、どんなテーマが来ても
何とかかけそうな文を
溜めていっています。

・将来の夢(きっかけ)
・小学校で一番思い出に残ったこと
・今、一番頑張っていること
・尊敬する人/物/言葉など
・私の宝物
・大切な友達
などなど

これらをまず、マッピングして
400字前後にまとめます。
どんなテーマが出ても
何とか当てはめられるものです。

小6女子さんの
志望校には、400字の
作文があるそうです。

過去のテーマは
・心に残る大切な出会いは何ですか
・今後どのような経験をしたいですか
・あなたが大きく変わったと思う体験を
きっかけをふくめて書いてください
・大人になっても大切にしたい思い出はなんですか

ということで、
この学校は、「思い出・経験」について
毎年聞かれているなあ~となれば
その準備をしておきます。

思いもよらぬテーマを出すことで
有名なところでは

・「赤」と聞いて思いつくことを
その理由と共に答えなさい。
・「まるい」からイメージする「ことば」について
書きなさい。などなど。

今日は、「宝物」をテーマに
作文。
「ベットの上にいて、いつも見守ってくれている
ぬいぐるみの『くまちゃん』
一人っ子の私にとって
妹のような存在です。・・・・」


大好きなくまちゃんとの思い出、
「将来、お嫁に行く時も
絶対いっしょについてきてね」

大切なモノを
「文字」にすると
もっともっと、
「大切さ」が深まります。

「言葉」って、ほんとに
魔法使い。

『くまちゃんが、もっと好きになりました!』
と、とってもいい笑顔で
お帰りです。

受験勉強に効く「作文セラピー」
脳と心に効果抜群ですよ。

e0365999_23002613.jpg

ふるさと 岡山から
シャインマスカット。
皮ごと食べられるなんて、
進化していますね~。

実りの秋。
子供たちも ドンドン
進化しています。

国語未来塾へのお問い合わせ
下記のアドレスの★を@に変えて
お気軽にどうぞ~。
masakique★i.softbank.jp




[PR]
by kokugomirai | 2017-09-28 22:42 | 国語未来塾 | Comments(2)

中学受験の子供たち
大手の塾では
最後の追い込みに向けて
アクセル全開です。

この時期
国語未来塾では
回数・時間・内容ともに
柔軟にサポートしています。

毎週来ていたけど、
月2回にしたい。
公開模試の間違い直しを
一緒にしてもらいたい。
過去問を
一緒に解いてもらいたい。

はいはい!大丈夫ですよ。

特に、最近の傾向として
・要約/意見文が
毎年、100~150字出るんです。
・作文400字以内が あるんです。

など
2020年の入試改革に向け
私立の中学校の中には
暗記力だけではなく、
それなりの筆記力・思考力を
求めているところも 増えてきました。

今日も、6月から月1回の
スポットに変更した
小6女子さんが
来てくれました。

国立大学の附属中学入試は
一般の入試とは一味違います。
どんなお題がでても
何とかなるように、
いくつか作文ネタを
準備しておきます。

そこから先は…
企業秘密なのですが
次回、すこおし
お伝えしましょう。

e0365999_22244260.jpg
近くのお屋敷の萩、見事に咲き始めています。

国語未来塾へのお問い合わせ
下記のアドレスの★を@に変えて
お気軽にどうぞ~。
masakique★i.softbank.jp




[PR]
by kokugomirai | 2017-09-27 22:29 | 国語未来塾 | Comments(0)

倉敷出張国語未来塾へ
行ってきました。

e0365999_06554189.jpg


「夏と秋の 行きあいの頃になりました。」
から始めて
名残の夏  新涼の秋
たっぷり書き表しました。

国語未来塾では
常に、起承転結を意識して書きます。

:夏と秋とどちらがいいと思いますか。
(問題提起)
たしかに・・・(自分とは反対意見の長所)
しかし・・・(自分の意見・反対意見の短所)
こう考えるとやはり・・・(ダメ押しの自分の意見)

夏がいい派
秋がいい派
それぞれ、まずは、自分の意見の長所を考えますが
その時大切なのは
自分の意見の短所反対意見の長所短所
すべてを平等に考え出すことです。
小さな紙4枚に
それぞれ書きだします。

子供たちが「書けな~い」
「作文きら~い」というのも当然。
なぜなら、「書く」内容がないからです。

そこで
「書く材料」を予め準備しておく。
料理と同じ、材料の下ごしらえをしておくのです。

そうすると、
すらすら~と誰でも鉛筆が動きます。
面白いくらいに!
今月が2回目の3年女子さんも
楽しそうに書いていましたよ。

e0365999_07003167.jpg


さて、中学受験真っ只中の
小六男子君。
「夏も、秋も、今年は嫌。」とのこと。
そうだよな~じゃあ、それを「転」にしよう。
「承」には、何が来ると思う?
「毎年、夏も秋も、こんなにいいところがある!!」
そうそう、「しか~し、今年は受験生なので…」で続けようか。

e0365999_06565404.jpg


「作文セラピー」のはじまりです。

:塾の先生がぴりぴりしてくると 秋が来たなあと思います。
:たしかに、夏は普段行けないような場所に行けるし
水泳の特別練習・祭りも盛りだくさんで
自由な気持ちになれます。

:しかし、今年の夏と秋は違います。夏は夏期講習が
夏休みの初めからおわりまであって、
常に塾では先生たちがイライラしています。
なのに、秋になると先生たちは
まるで 松岡修造の群れのようです。

おやおや~大変ですね(笑)
でも、素直な気持ちが
最高の文章を生み出します。


思ってることを文にすると、すっきりしますね!

中学受験の「行きあいの頃」にしか書けない
記念碑的作文のできあがり。

すくすく稲穂も
見守っています。

e0365999_06540040.jpg


こんなに 立派に育っていました。
稲の花も素敵です。

e0365999_06530501.jpg


日本の主食の花 満開。
み~んな 稔の秋を迎えられますように・・・





[PR]
by kokugomirai | 2017-09-09 22:30 | 国語未来塾 | Comments(0)

春一番の 嵐が届けてくれたのは
一枚の 嬉しいはがき

小学4年から通ってくれていたW君。
この春見事、第一志望の難関中学に合格!
「すごくしんどかったけれど、
どんなことがあっても、とにかくねばると
決心していました。
すると、なんと 見ごとに合格しました。
みんな、びっくりしていました。
先生からも パワーたくさんもらったよ。
また、先生に会いに行くね。…」

いえいえ、パワーをもらったのは
私の方です。

e0365999_23083568.jpeg

今年の一字は「」なんだね。
1月は忙しくて来られなかったW君。
「言霊パワー作文」一緒にかいて、
サクラサク 
迎えましょう!




[PR]
by kokugomirai | 2017-02-08 23:41 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月31日
早いもので、一月も終わります。
この時期は、次々と試験の合否が分かり
悲喜こもごもの受験…と
巷では言われる頃です。
でも、
長らくこの仕事をしてきて
受験後の子供達の歩む道をみていると
しっかり全力で受験に取り組んだなら
「悲喜」ではなく、
「喜喜こもごも」だと思っています。

なぜなら
勉強したことは 決して頭の中から無くなるわけではないし、
宿題、模試、受験当日の緊張を乗り越えた自信は、消えません。

岡山の生徒さんですが、
国立中学の受験を6年の終わりから始め、
国立中学はうまくいかなかったけど、
今年県立トップ高校受験。
合格確実と言われているそうです。
「4年かけて高校受験勉強した感じです。」と
お母さんがおっしゃっていました。

受験生の皆さん。
自分の夢への道は、一本ではありません。
人事を尽くしたのですから、一番いい「天命」が、
きちんと用意されています。

大切なのは、受験、試験の向こう
社会に出てから、生き抜く力を
どこで、どうつけるか。。ということですものね。
国語未来塾は、
その試験の向こうまで見据えて、
「生きる力」をサポートします😉
そして、
何より、家族、友人、先生たちの支えがあったからこそ
安心して続けてこられたこと
「受験できたこと」って、それだけでとっても幸せなこと。
周りのみんなに「ありがとう」を
伝えてくださいね。

夢の花咲く 春はすぐそこ。

元気いっぱい、
国語で未来を拓きましょうね。

e0365999_19550082.jpeg

[PR]
by kokugomirai | 2017-01-31 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月18日(水)
今日の午後、嬉しい知らせが二つ
飛び込んできました。

第一 希望の中学校に合格しました!」
わお!
2次試験で131人中、10人に入りました!」
おめでと~~~~!!!

二人とも、この夏休み、ず~っと夏期講習に頑張って
朝から、晩まで
お弁当二つもって 通っていました。
「今年は、読書感想文、無理かもしれません…」という
お母さんの心配をよそに、
たっぷりと、しっかりと
書ききった二人。
一人は、課題図書の『大村智ものがたり』。あの
副題~苦しい道こそ、楽しい人生~を見て、これだ!と決めました。

六年生の熱い、暑い夏休みが始まった。中学受験のために、毎日1150分から夜9時まで、塾にせっせと通っているのだ。正直、読書感想文は、できればさけたかった。しかし、本屋でふとこの本の表紙の写真が目に入った。黒人の子に囲まれて笑顔でVサイン。よく見るとノーベル賞の大村先生についての本だった。・・・・(中略)僕の母も、身体の調子が悪いが、毎日塾のお弁当を作ってくれ、父が届けてくれる。応援は何よりものパワーとなる。…僕の将来の夢は今は、まだよくわからない。今はまず中学受験に合格することに全力を注いでいる。がんばって合格して、でっかいVサインの写真をとろう。(W君)

もう一人は、『シャトルバスに乗って』という女の子3人のピクニック話。
その中でも食いついたのは、兄の稔の中学受験話の部分です。

…稔は猛勉強して有名中学に合格したが、その反動で登校拒否になったらしい。僕も夏休みは朝から 晩まで受験勉強しているから、稔の気持ちがよくわかる。でも、僕は合格したら、ワクワク学校に通う。稔がゲームばかりして学校に行かないのは、お母さんへの反抗心からだと思う。…僕は稔に助言がある。単身赴任のお父さんのいる台湾に行けばいい。男同士の方が気持ちがきっと通じると思うからだ。


…僕はとても恵まれていると思う。受験は自分から言いだしたことだから最後までやり通して見せる。だから今日も「白地にみどりの市バスに乗って」夏期講習へ向かっていく。(R君)


二人とも、この夏は、本当に受験一色でした。
だからこそ、その一生懸命を文字にして客観視することは、
何よりもの心のセラピーになります。
合わせて、家族への想いを、きちんと記憶しておく。
小6の「今」しか書けないこの読書感想文は
一生の宝物になることでしょう。

そして、つかんだ 笑顔の咲く

3年前に R君のお母さんからいただいた ポインセチアが
今年、初めて再びピンクに色づきました。

まるで、今日の日を予言していたかのようです。
本当に
おめでとう!

e0365999_17022425.jpeg





[PR]
by kokugomirai | 2017-01-18 21:53 | 国語未来塾 | Comments(0)