今日は、二十四節気の
白露
朝夕が急に冷えこんで
草花が
「露結ぶ」ころ。

神戸市内の私立小学校へ
二学期初めての
出張万葉教室に行ってきました。

運動会の練習 真っ盛りの子供たち。
夏休みをこえて
ひとまわり ぐん!と成長していました。

今月の万葉集は

秋風は 涼しくなりぬ
馬並(うまな)めて
いざ 野に行(ゆ)かな 萩の花見に

(2103番歌:詠み人知らず)
やっと、秋の風が涼しくなってきたね~。
さあみんな、馬を並べて いざ!野原に行こうよ!
萩のお花見しよう~!


子供たちには、まず五感を使って
秋をキャッチ!
低学年クラスでは、まず「秋」だなあと思うものを
 小さな紙に 二つ書いてもらいます。
それを五感に分類。
「もみじ」 目やん
「さんま」:口。でも、めっちゃにおうで『鼻』
くり」:栗ご飯大好きやから口。
でも、イガイガ触ったら痛いから、はだ。
「お月見」:目と、口。おだんごも食べるしな。

五感の中で一番出てきにくいのが:におい=嗅覚です。
『鼻』~ないかな?
あった、くっさい くっさい「ぎんなん」

ひとしきり わいわい言ったあと、
1300年前の旅にGO!

万葉人は
「秋風」がすずしくなったね~と
秋を感じてるよ。
さあ、秋になったら、みんなは何したい?

e0365999_23415655.jpg


落ち葉の上で
いもうとのももかと
おちばをふんで あそぶ

(1年男子)
可愛い一年生。
ぼくににているきのこが 秋だと思います」
ニコニコ絵がおが浮かびます。
彼が、描いてくれた絵がこちら

e0365999_23420853.jpg

トンボも飛んで
落ち葉をふんで 楽しそうですね~。


e0365999_23445489.jpg

あわじ(島)で
かぞくと
おせんこうつくり
(1年女子)
(お彼岸にお墓参りにいくための
お線香を作るそうです)

お母さんもいっしょに 
楽しく宿題をしてくれたようですね

e0365999_06035114.jpg
3年女子、どんどん秋の楽しみが
広がりますね。

e0365999_23473624.jpg
みんなで ねっころがって
お昼ねタイム~だそうです。

e0365999_06032316.jpg
こちらは4年女子
五感でしっかり 秋をキャッチ。
家族全員で バーベキュー!

万葉時代は、こんな楽しみはなかったので
野山を彩る「草花」こそ
 エンターティメント
とっても楽しみにしていたのでしょうね。
「お花見」は桜の季節だけでは
ありません。

平成の万葉人さんたち

「秋風は涼しくなりましたよ~」
さあ、どこに だれと お出かけしましょうか。



[PR]
by kokugomirai | 2017-09-08 22:38 | 国語未来塾 | Comments(0)

6月5日(月)は
6月の最初の 二十四節気
芒種(ぼうしゅ)」です。
立春や、夏至ほど メジャーではありませんが
梅雨入り前の、今の時期にぴったり。
「芒(のぎ)」とは
稲などの花についている 
針のような 突起のこと。
そのような、「のぎ」を持つ穀物の種を
まく季節だよ~ということです。

この週末には、加古川の近くの
稲美町に 行ってきました。

麦の刈り入れは すっかり終わり、
田んぼには なみなみと 水がはいり
田植えを いまか いまかと 
待っています。

実際に 稲の種(籾)をまくのは
1か月くらい前の
連休明け。
五月の第二土曜日に 岡山・倉敷へ
出張国語未来塾に 行ったとき 
撮った写真がこちらです。

e0365999_15070949.jpg


この 一つ 一つの まあるい部分に
丁寧に、手作業で 種をまくそうです。
この板が、田植えの機械用。

国語未来塾の子供たちに
「これ、な~んだ?」
と質問しても
まず、わかりません。

「米」という字の成り立ちは 八十八。
八十八回
人の手で お世話して
神様に たすけてもらって
やっと、実るんだよ~。

この板を、田んぼにおいて 苗床をつくります。
おいしい お米に なあれ!

e0365999_21210410.jpg
青紅葉の 美しい季節になりました。





[PR]
by kokugomirai | 2017-06-05 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)

ささやかな ベランダ菜園も
植え変えて 一週間
毎朝の水やりが たのしみになってきました。

e0365999_09022295.jpg


「ゴーヤさん ぐんぐん音たて せいくらべ」

月曜日は、万葉母さんにもどり
ベランダ手入れの後、月に一度の
淑女の 言の葉結び
してきました。


国語未来塾のお母さんたちから
「私も 季節の言葉や 万葉集を あじわいたいなあ~」
と ささやかに初めて 2回目です。

皐月(さ・つき」の語源は 「早(さ)苗を植える
」は、「沢・沼地・水際」を表します。

旧暦の皐月(さつき=五月)は、ちょうど今の暦の6月。
梅雨の時期なのです。
だ・か・ら、
五月雨(さみだれとは『梅雨』のこと。
「さ」(神聖な空)から、ぽろぽろ みだれ落ちる粒々の雨に
「さ・みだれ」となんとも素敵な 言の葉を 結びました。
「梅雨なんて、うっとおしいなあ」ではなく
今朝は 五月雨(さ・みだれ)ねえ」で
始めてみてはいかがでしょうか。

そ・し・て
五月晴れ(さつきばれ)」とは 新緑五月の晴れ渡る空ではなく
『梅雨の晴れ間』なのです。
万葉集ではその晴れ間のことを

雨晴れ(あまばれ)」「雨間(あまま)」と呼びます。

「雨晴(あまば)れの 雲に副(たぐ)ひて ほととぎす
春日をさして 来(こ)ゆ 鳴き 渡る」
(1959番歌 詠み人知らず)

やっと晴れあがった青空に ぽっかり浮かぶ白い雲。
そうかあ、雲さんは 今日は ほととぎすさんと ランデヴ~
春日山目指して、嬉しそうに鳴き渡っていくよ~


空に浮かぶ 真っ白な雲さんのお友達・・・
誰かなあと 想像するだけでも楽しいですね。

恒例の 五感で季節をとらえよう~。
子供たちと おんなじ テーマですよ。

・・・「でてこない~!」
「枯れてるわ~」と 淑女たち。

目に青葉 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)

有名なこの句ように、単語をポンポンと並べるだけで
立派な季節の 俳句になります。

e0365999_15204452.jpg
思い思いに 俳句を結び
季節のメール文を考えたり

話題は、こいのぼりの吹き流しから
陰陽五行説にも広がって
あっという間の 2時間でした。

「淑女の 言の葉 結び」
皆様も、よろしければ、ぜひ ♬

どこでも「言の葉」結びに 参りますよ~♬


[PR]
by kokugomirai | 2017-05-29 22:01 | 国語未来塾 | Comments(0)

今日は 二十四節気の 小満(しょうまん)
五月の初めの「夏がきたよ~」という 立夏ほど
インパクトは ないのですが
陽気がよくなって、草木が ぐんぐん伸びはじめ、
天地に「生の気」が満ち始めること。

そういえば、窓の外の 緑がこんもりと
ひとまわり 大きくなっています。

「小満」の伸びやかな「」をもうらうべく
GWに我が家にきていた ゴーヤ・トマト・バジル・を
やっと 植えました。
手前の 青いプラスチックの植木鉢は
小1の時からの定番。今年も、朝顔を植えましたよ。


e0365999_05521329.jpg
風薫る五月 という言葉が ぴったりの週末。

e0365999_05525399.jpg
ベランダ仕事に 精をだしました。

ご褒美は、日曜の朝の ベランダモーニング!
e0365999_05523446.jpg
冬の間、縮こまっていた 草花も 
ようやく の~びのびと 深呼吸。

e0365999_06165741.jpg
そんな 大地に満ちる「気」をもらいつつ
今週も始まりますね。





[PR]
by kokugomirai | 2017-05-21 22:49 | 徒然なるままに | Comments(0)

今日は穀雨

今日 4月20日は 24節気の一つ
「穀雨(こくう)」です。
春季の 最後の節気。

春雨が 百穀を潤すことから 生まれたもので、
雨で 潤った田畑は、種まきの好季節を 迎えます。
この時季に 特に雨が多い というわけではありませんが
「穀雨」以降、降雨量が多くなるそうです。

そろそろ ベランダ仕事が 嬉しくなる頃。
菜の花のあとは、何を植えようかな。

e0365999_07022153.jpg


今年の 菜の花。
そういえば、今年は ミツバチさんをみかけません。

どこに行っちゃったかなあ。



[PR]
by kokugomirai | 2017-04-20 18:29 | 徒然なるままに | Comments(0)


4月4日は 二十四節気の清明。
空気も清く、明るく澄み渡り
春の気の満ちる頃。
台湾では、この日は祝日で、お墓のまえで
お弁当をいただき ご先祖様に ご挨拶する日です。
お花も満開。神戸も、桜の開花宣言がありました。

e0365999_23030532.jpg


こんな珍しい椿

e0365999_23032501.jpg


鈴なりの 馬酔木

先週の日曜日、2日は 岡山万葉ライブ
特別編~お雛祭りと桜万葉の会でした。
岡山市の東、瀬戸町の旧家にて たくさんの花々が
万葉人を迎えてくれました。

e0365999_23035263.jpg


裏口だって、すてきです!

冬の間は、じ~と がまん・がまん。

e0365999_23045584.jpg


ひろなちゃんの 粘土作品さんのように 
今年も同じように、一斉に花開くのは なあぜ?

それは、ね。去年のお花見のとき
「あなた」に一目ぼれしたんだって!


去年(こぞ)の春 逢へりし 君に 恋にてし
桜の花は 迎えけらしも~

(万葉集1430番歌 若宮魚麻呂(わかみやのあゆまろ)

あなたに恋した桜の花に 気づいていますか?


万葉ライブ&トーク
「万葉花咲く*日々真福(ひびまさきく)」
毎月 第2土曜日 
15:00~17:00
岡山禁酒会館 2F
2000 縁
http://ww61.tiki.ne.jp/~kinsyukaikan/
5月は13日(土)です
お気軽にお越しくださいね。
 


[PR]
by kokugomirai | 2017-04-05 15:22 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)

そもそも、24節気とは、何?
せんせい~。旧暦となにが ちがうの~?」

オー待ってました!その質問。

旧暦は、お月様の動きをもとにしているので、時々、ほんとの季節と
ズレてしまうことがあります。だから、閏月として、丸々1か月増やし
1年が13か月になることもあります。

一方、二十四節気は、太陽の動きをもとにしているので、
季節感と大きく ずれることはなく、毎年安定して季節の指標となっています。
二十四あるうちの、最初の節気が「立春」(2月4日ごろ)
まだまだ寒さは残っていますが、気持ちの上では「春」が 産声を上げた感じ。

国語未来塾でも、早速今年の二十四節気関連の話題から。
今日は、2年生の教室をご紹介しましょう。。。


4年生までに身に付けたい 言葉力 季節とくらし編』

 立春(りっしゅん)」「雨水(うすい)二十四節気(せっき)風花(かざはな)」「冬木立(ふゆこだち)など、
暦に関する話から、旧暦について学びました。同時に、「睦月・如月・弥生…」なども。
ゲーム感覚でアッという間に覚えたら、上級編「雨の季節なのに、どうして6月が水無月(みなづき)なの?」
「10月は神無月(かんなづき)。でも(かみ)(あり)(つき)っていう地方もあるんだよ。どこかな?」などの疑問がどんどん膨らみます。
お茶つくりには欠かせない、♪夏も ち~かづく「八十八夜」♪
台風が来くることの多い「二百十日」なども、立春を基準にきめられます。
年間を通して、二十四節気を意識しながら過ごしていきましょう!

e0365999_22163863.jpeg
この「立春大吉」の文字は

左右対称で縁起がよく、厄除けとされているそうです。

は~るよ、こ~い!









[PR]
by kokugomirai | 2017-02-05 22:48 | Comments(0)