今年の一字を書初めに!

1月25日(水)
先週の土曜日に来てくれた
月1回の 出張神戸教室の兄弟。
その時に決めた 今年の一字を
通っている書道教室(兄)で
書初めしました~と
うれしいメールが届きました。

e0365999_21131696.jpeg


お兄ちゃん(新小6)が「
所属のソフトボールチームで
今年こそは、「勝ちたい!」
そのためのプランは
1・守備の練習をがんばること  !   
2・ジムでは、足の筋肉をつけるぞ。
3・一番頑張るのは、毎日の素振り!

弟君(新小4)は「
好奇心旺盛で、ついつい 
おしゃべりに向かってしまう弟君に
お母さんと、お兄ちゃんが同時に思いついた言葉が
中!」
「え~。俺いっつも集中してるやん。」と、
最初は不満そうな弟君でしたが、
堂々とした作文に仕上げたところ
きれいに 書き直して、
机の前に貼ってくれたそうです。

三つのプランは
1.公園でなくした レアなカードをまためます。
2.宿題をするときは、中してしずかにします。
3.一番がんばるのは、人の話を中して聞きます。

e0365999_21133202.jpeg


自分で書いた「霊(コトダマ)パワー」に
見守られて(見張られて?)
今年も素敵な一年になること間違いなし!

万葉集では「ことだま=」とも書きます。
そう、言葉には不思議な力があり
ったことが になること」
万葉人は、ちゃ~んと 
知っていたのでしょうね。

皆さんの一字も
「書初め」にしてみませんか。
言霊パワーアップ
間違いなしですよ。



[PR]
by kokugomirai | 2017-01-25 21:13 | 国語未来塾 | Comments(0)

1月10日(火)
今日から、国語未来塾も、レギュラーコース始動。
元気に、ワクワク、来てくれました。

小5女子二人チームは、久々に会ったので、
おしゃべりが止まりません。それはそれは、楽しそうにひとしきり。。
想定内の時間ですから、初授業は、のんびりプログラムにしています。

古来から、この国の人々は、「言葉に魂が宿る」ことを知っていました。
結婚式は、受験シーズンには、今でも言葉を選びますね。万葉時代の人々は
忌み言葉を避けるだけでなく、言葉に宿る「言霊(ことだま)」こそ、
夢を叶えるために不可欠であると信じていました。
つまり、「理想の状態」を「言葉」にすると、「言霊」の力で実現が早まる!
というわけです。毎年の元旦、姫路にある書写山、円教寺では「新春夢の書」として
今年の一字が選ばれ、願いとともに揮毫されます。
2017年は「誠」、、邪心のない、穏やかな心で一年を。。ということだそうです。

国語未来塾の子供達も、毎年「一字」を決めて、作文にします。

「努」…去年は、あまり長く続けることができなかったから、今挑戦していることを
今年は成就させるぞ(小5女子)
「運」…「人事を尽くして、天命を待つ」というように、運に味方してもらえるくらい
毎日、コツコツがんばるぞ(小5女子)
「夢」…今年こそ、自分の「夢・目標」が見つかるよう、まずは自分の内面と
向き合って、ワクワクすること、ときめくことをみつけるぞ (中2女子)
などなど。。。。

まず、目標を見つけたら、次はそのために必要なのはプランを立てます。
少なくとも、3つ。。。

子供達のプラン、次回ご紹介しますね。


e0365999_06124111.jpeg

e0365999_06120345.jpeg




[PR]
by kokugomirai | 2017-01-10 23:42 | 国語未来塾 | Comments(0)