秋が里まで下りてきました。
街路樹もほんのり色づき始めた
雨上がり…
今月も、倉敷出張教室に
行ってきました。

今月の作文スイッチは
「ありがとう。~きみがいてくれたから」
ヘンテコ動物○○
と 主人公の
心温まるお話です。

e0365999_23422375.jpg
5・6年生だけでしたので
ちょいと レベルを上げて
主人公の悩み・問題 を 先に考えて
*ヘンテコ動物の得意技で 解決!

*ヘンテコ動物の天敵・弱点
主人公が救う
というのを、出会いのきっかけ 
設定しました。

ヘンテコ動物の生態
(住んでいる場所・好きなもの・大きさ…)などを
承転結の「起」にします。

カープ大好き小6男子は
『赤ヘルマン』
(いいんです、動物でなくても)

なかなかシュートの決まらない小5君は
『とんボール!』
(顔はサッカーボールで、身体はトンボ)

ダンスが上手になりたい小6女子さんは
『はくちょうちょう」
(白鳥+ちょうちょ)

ふわふわのベットで一日本を読んでいたい
小5女子さんは
『ぶっくま』
(BOOK+くま)

最後の追い込み中の 小6受験生君は
『ひでよシロクマ』
(秀吉+シロクマ)
秀吉の兜もどきをかぶった
消しゴムサイズのお助けマン。
兜のハリの一つ一つに
難問の答えが書いてあるそうです!

来月は、試験本番直前だから来られないけど
「ひでよシロクマ」といっしょだったら
合格間違いなしだね~
e0365999_23420353.jpg
今日の5人は、常連さん。

月1回の教室ですが
作文の枠組みを伝えるだけで
1時間、びっちり、黙々書けるほどに
成長しています。

「先生、書けるまで 見んといてよ!」
と、やんちゃ坊主。はいはい~。

e0365999_23471511.jpg
1か月1回の ささやかな作文教室を
楽しみに集ってくれる子供たち。

倉敷教室5回目の 実りの秋を 迎えています。

168.png 国語未来塾 170.png
出張教室のお問い合わせも
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えてご連絡くださいね)



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-18 22:38 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)


毎月第二土曜日は
倉敷と岡山へ
出張教室。

なんと言っても
自然に囲まれている教室が 
素敵です。

教室までの道で
素敵な教材を集めて

e0365999_05504766.jpg


今日のお題は
秋の実りの アイン・トプフ
アイン・トプフとは
ドイツ料理で、
一つのお鍋に、何でも入れちゃおう~
というもの。
ロシアのポトフにも似ています。

「秋の実りはどんなものがある?」
・さつまいも
・梨
・栗
・新米
・かぼちゃ
・どんぐり
・・・・

などなど。

1年生さんから、6年生までの5人チーム。

e0365999_05521527.jpg

1年生さんは
まずお鍋に、自分の悩みをたくさん 入れます。
あさ さむいから がっこうに いきたくない
あら~たいへん。
そこで、6年生さんが 秋の実りをお鍋に投入
「さつまいもの ほかほか~」
「落ち葉の ふかふかあったか べっと」


ここまでヒントをもらった1年生さんは
自分でもどんどん書いていきます。
「くりごはんを ほくほく たべます」
「すすきが ゆらゆら ゆれる」

どんどん、アイン・トプフがいっぱいに~

6年生君の悩みは
「秋の 受験の アイントプフ」
塾の先生の悩みに置き換えて
「どれだけ、熱心に教えても、
生徒の集中力や習熟度が上がらない」こと。
ある日、
難関校のオープンスクールに行くと
自分の心そっくりの
「くりのいがいが」に出会いますが
自分の悩みを思いっきり叫び
「新米のように 光り輝く
あったか~い ホカホカの
アイントプフをいただくと
なんだか、がんばろ~という気が
してきました」
とのこと。

常連さんの6年生は
起承転結のヒントを与えるだけで
30分間
黙々と書き続けていました。
私が見に行くと
「あとで!」と
さっと、手で隠すほど。

月に1度の出張教室ですが
成長の手ごたえを 確かに感じる
実りの秋 です。

e0365999_05564717.jpg

[PR]
by kokugomirai | 2017-10-14 22:58 | 国語未来塾 | Comments(0)

e0365999_23551088.jpg


この週末は、濃ゆいスケジュールでした。
土曜日に出張国語未来塾&日曜日に コンサート。
倉敷のはしまやさんで
大好きな、ピアニスト「七ツ谷ゆも」さんと
ゆみさんの久しぶりのオリジナルCD「blanca(白)」と
白妙の万葉の歌々を おとどけしてきました。

e0365999_23541907.jpg


中高時代の先輩が ご家族3人できてくださったり
結婚前に、倉敷で歌っていたときの常連さんが、
お姑様の介護が一段落してやっと来られたと、喜んでくださったり
岡山の常連さんが、実家のお母様と、お姑さんの3人で
仲良くきてくださったり、
土曜日は 仕事でなかなか来られないという 男子チームも
海を越え 四国から、また 津山から・・・
ほんとに、万葉人冥利につきる ひとときでした。

繭・雲・白雲・滝壺に咲く「木白綿(もめん)」の真っ白の花。
万葉スイッチをいれてみると、
いろんな声が聞こえてきて、いろんなところに花が咲きます。

私の源点は、やはり万葉なんだなあとしみじみ。
お友達がYOUTUBEにアップしてくれているので
また、追い追い、こちらでも、ご紹介いたしますね。

e0365999_23552993.jpg


e0365999_23544789.jpg


西から、東へ向かっての帰り道は
弥生の満月とず~っと一緒。
なんとも素敵な週末でした。

e0365999_23554994.jpg






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-14 00:17 | 万葉ライブ&トーク | Comments(0)