小学校へ 月1回の万葉出張教室に
行ってきました。

雨が好きな人?
「は~い!」
一年生の教室では、ほとんど手が上がります。

*かさに ぽつぽつ 音がするのがたのしい
*水たまりに、長靴で入って びっちゃ~ん!
*どろだんごが 作りやすくなるよ。

大人の万葉教室では 好きと嫌いの数が
子供たちと逆転!
雨は、「うっとおしい」ですものね。

では、1300年前の万葉人は?
もちろん
雨包み(あまつつみ)
冷たい雨は命取り…
雨の日は、大ぴらに休める
「公休日」だったのです。

久方(ひさかた)の 雨もふらぬか
雨包み 君に副(たぐ)いて
この日 暮さむ

(万葉集520番歌)

あめあめ~ ふれふれ~♪
雨の日は、どこにも行かないで
こっぽり 雨に包まれて
 大好きな人と一緒に
の~んびりするのよ~

平成の 小さい万葉人さんたちの
あまつつみ~


e0365999_23395719.jpg



いつもは 忙しいママも一緒に
お布団の中で
一緒に「まちがいさがし」しよ~。

そんな 宝物のような時間は
きっと
今だけ。

e0365999_23384235.jpg
雨が上がったら、
公園に行ってみる?
何しているの?
e0365999_06193757.jpg
ママと あじさいがさいているところで
かたつむりさがし。
e0365999_23382707.jpg
雨の日は、湿度が高いからか
心の感度も
潤う気がします。

素敵な 雨の物語が
万葉からも生まれます。





[PR]
by kokugomirai | 2017-06-20 23:24 | 国語未来塾 | Comments(2)


「ひらめきアート作文教室」の
小学生低学年コースには
3粒の雨粒 ぴちょ~ん。
生まれました。

まずは、きっかけ「絵本」の読み聞かせ。
てるてる坊主の「ぼく あめふりお」君の
こころあったまる 旅のお話。

e0365999_05122712.jpg


ざあ、ざ~~~ざあ~
レインスティックで 雨ごいです。

e0365999_05124864.jpg
そうして、ぼつ~ん。ぴちゃ~ん
ぽと~ん、

e0365999_05032010.jpg


雨粒のドロッピング。
小学生は、4枚つなげて 挑戦です。

e0365999_05113898.jpg


先生もいっしょに ざあ~~~ざ~~~

e0365999_05033486.jpg



ドロッピングの画用紙を 乾かしている間は
物語を紡ぐ じかんです。


e0365999_05035016.jpg


絵本から生まれたイメージを 
言の葉に落とし込みます。


それを、絵本に書いていきます。

e0365999_05111152.jpg



ある日、雲の上で 一粒のあまつぶ
「べっちゃん」がうまれました。
べっちゃんのすきなものは 珈琲豆です。
(小3男子の1ページ目)

e0365999_05061044.jpg

(左上に、べっちゃんが生まれています) 



ある日、雲の上で一粒のあまつぶ「そら」がうまれました。
すきなのは あじさいです。
(小1女子の1ページ目)
とっても丁寧に、こまか~い紫陽花。

e0365999_05052049.jpg


さて、「そら」は くものうえから
ぽちょぽちょと おりてきました。

そして、葉っぱの上で、
むしと なかよくあそびました。


e0365999_05044384.jpg
表紙もきれいに ぬりぬりぬり~

e0365999_05070407.jpg
できた~!!

e0365999_05053435.jpg
1ページ目の紫陽花を見て
「こんなに、細かく描けるなんて
びっくりです!」とお母さん。


こちらは、
できあがった本を
うれしそうに 誇らし気に 読む 
小3男子くん。

e0365999_05081851.jpg
 
じつは、3ページ目、べっちゃんに危機が!
おっきな 太陽が出てきたのです。

e0365999_05093189.jpg
(右下のべっちゃんと、珈琲豆。表情にご注目!)

e0365999_05064279.jpg

危機を乗り越えて、人間の役に立った「べっちゃん」と
同じように誇らし気な 小学3年生!

なんとサイン入りです。

e0365999_05041654.jpg

子供たちは、どんどん大きくなります。

それは、それで とてもうれしいことなのですが
二度と 帰らない子供時代の「今」を
こうして、絵本の形に残してみるのはいかがでしょう!

今年度の神戸のひらめきアート作文教室」では
6月・10月・2月
季節をテーマにした 3冊の「今」が
残ります。

10月は22日(日)
どんぐりホテルへ ようこそ
支配人は、どんぐりさん。
さて、どんなお部屋に 
どんなお客さんが
やってくるかな~


お楽しみに・・・
(お申し込みは、お早めにどうぞ)


e0365999_05040479.jpg

絵本と、アートと、作文と 
 ひらめきで つないでみませんか。


全国どこへでも
出張ひらめきアート作文教室
伺います。

お気軽にお問い合わせ下さいね。
TEL(078)351-1415
ひらめきアート作文教室事務局



[PR]
by kokugomirai | 2017-06-19 23:15 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)


春が 足踏みしている今年は
倉敷出張国語未来塾のために 早めに準備したテーマ
を見つけよう~冬から春へ~」が
ちょっと 宙ぶらりんな感じ。
おまけに お外は雨だったので 残念ながら
「心の中」で散歩しました。
e0365999_21545339.jpg
久しぶりに参加の 新中2のお兄ちゃんが ぐいぐいひっぱってくれ
写真で分類した 冬と 春を 五感でわけて
それを 文章にしていきます。

・たんぽぽさんが 校門のよこで 1年生をむかえています。
・冬は こたつにみかん、でしたが、昨日は、「いちご」がデザートでした。

などなど、擬人法もばっちり書けるようになった 新6年生のNちゃん。
e0365999_21543930.jpg
月1回の お教室ですが、土筆のように みんな伸び盛りの

e0365999_21550818.jpg
どうして 去年と同じように、桜は咲くのでしょうね~?
答えは、お近くの国語未来塾生に おたずねくださいね。

倉敷出張国語未来塾は 
178.png毎月第2土曜日
10:30~12:00(ときどき、10:00開始も)
中庄駅の近くの「辻公会堂」にて

5月は 13日(土)の予定です。
*ちなみに、
この日、午後13:30~14:30は 岡山出張国語未来塾です。
詳しくは、お問い合わせ下さいね。

masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて 送信してください)






[PR]
by kokugomirai | 2017-04-02 00:12 | 国語未来塾 | Comments(0)

倉敷出張教室にて

3月11日、ふるさとに帰っています。と、
書けるありがたさ。。。岡山駅に降り立って
暖かい日差しを浴びながら、山陽本線に揺られています。

さあ、今日もこどもたちと 未来を描いて来ますね〜!

e0365999_07590174.jpg
先生〜、久しぶり〜と、ニッコニコ。
2ヶ月ぶりだね。毎回完結型なので、いつでも、いつからでも
通っていただけます。
e0365999_07523050.jpg

今日のテーマは
「◯年生の思い出」
毎年、3月の季節作文です。もう、このテーマ4回目の常連さんもいるので
今回は、「語り手の視点を変えて書く」上級編です。
「吾輩は、猫である。。」のように、自分以外のモノが
自分の一年を観察していて、語る。。。という設定です。

低学年さんもいるので、今まで通り、「3年生も終わります 。私は。。。」
で書いても良いよ〜と、提案しました。

最初は、えー!とか言っていた子供たちも
「おいらは、消しゴム。ご主人さまに いつも鉛筆でグリグリされたり
投げられたりしても、じっと我慢して筆箱の家に住んでいる。ある日。。。」
など、例を挙げると、ノリノリになって。。。
結局みんな、上級編に挑戦しました。

五年生の思い出のトップは1泊2日の「海の学習」です。
・一緒について行ったオオサンショウウオの、ポケットポーチが
語り始めます「吾輩の名前は、親方である…、ご主人さまの」
・お次は女の子。「私はなおさんのバックです。お兄ちゃんのお下がりだから、
実はあんまり気に入られていません。でも、頑張ってなおさんの物しっかり運びます。…
e0365999_10582054.jpg

四年女子は、書きたい思い出がいっぱい。
「先生、語り手が、交代してもいい?」と、
さらに上級を目指します。
・私は花さんの筆箱です。
・わたくしは、コート様ですわよ
・僕は、弟のたけし1歳だよ。お姉ちゃんはね。。。

なかなか決まらなかったサッカー男子(小5)は、
「ぼくんちの、電話にする!」とのこと。
e0365999_07595002.jpg
語り手が決まったら、早いはやい。。。しーんと静まりかえって書いています。
e0365999_07592575.jpg
しっかり過ごした、この一年の成長を、文字に書き留めておく。
しかも、自分を一番見守ってくれているモノの目を通して語る。。。
語り手の視点を変えて書くと、自分自身を客観的に把握できます。
これはなかなか、脳にとって刺激的!スラスラ書ける魔法の1つです。

「先生、これ、けっこう、おもしろいなあ😉」
思春期突入中の小4女子にも、なかなか好評でした。

午後からの、岡山教室「心のたね」については、また次回。。。。






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-11 22:36 | 国語未来塾 | Comments(0)

~ひとひらの 風花~ 

月に一度の 倉敷と岡山 出張教室に行っています。

倉敷は2013年9月から3年半のお付き合い。
1年生だったみんなも、高学年になりました。
こちらのよさは、なんと言っても 自然に囲まれた教室。
中庄駅近くの 公会堂をお借りしています。
e0365999_23322467.jpeg
抜群のアプローチをぬけると、白梅が気品あふれる姿で迎えてくれます。
今日のお題は「ひとひらの 風花(かざはな)
「風花」とは、雪が降っている様子ではなく、
木々や、屋根に積もった雪が 風に乗って 花のように飛ばされる様子です。
だから、バックは曇りの雪空ではなく、真っ青な空。
そこに、真っ白の雪が、風に乗って 花のように舞っている~

今日は以下の万葉から始めました。

『 我が袖に 降り来る雪も 流れゆきて 
妹(いも)が手元(たもと)に
い行(ゆ)き 触れぬか
万葉集2350番 詠み人知らず)

私の袖に 雪が舞い降りてきたよ。誰からのお手紙だろう。
返事を書くから、どんどん流れていって、大好きなあの子の手元に到着。
そっと触れてくれたらいいのになあ。元気かなあ、会いたいなあ~。

心の万葉スイッチをいれたら
「風花」が、誰かからの素敵なお便りに読めるんですよ~。

女子は、今回 なりきりモード。

*マカロン修行に、パリに行っている小4の女の子の手元に
七色マカロンからのお便りが・・・

*お父さんの転勤で、ロンドンに来て3年目の小5のひろみ。
大好きなピアノを弾く暇もなく、毎日 塾と学校と家との往復。
小さなため息を一つ ついたら、ほこりをかぶったピアノさんからのお便りが。。。

e0365999_23311227.jpeg
不思議なもので、「風花(かざはな)のお便り」だと、人から人へ届くもの…
というのは少なくて「天国のおじいちゃん。」「いなくなったペット」
「無くしてしまったぬいぐるみ」など、実際に会えない人、物を 
「風花」を届けてくれる相手に選んでいるのです。

自分の頭の中にだけに 存在しているものが 文字をおびることで
きちんと目に見え、手で触れることのできる不思議と 充実感。

そんな子供たちを ゆっくり見守る 白梅と村の鐘
e0365999_23314987.jpeg
のどやかな 教室に、一度 ぜひいらっしゃいませんか。

(続きの岡山教室については、また、明日~)











[PR]
by kokugomirai | 2017-02-25 23:30 | 国語未来塾 | Comments(0)