春が 足踏みしている今年は
倉敷出張国語未来塾のために 早めに準備したテーマ
を見つけよう~冬から春へ~」が
ちょっと 宙ぶらりんな感じ。
おまけに お外は雨だったので 残念ながら
「心の中」で散歩しました。
e0365999_21545339.jpg
久しぶりに参加の 新中2のお兄ちゃんが ぐいぐいひっぱってくれ
写真で分類した 冬と 春を 五感でわけて
それを 文章にしていきます。

・たんぽぽさんが 校門のよこで 1年生をむかえています。
・冬は こたつにみかん、でしたが、昨日は、「いちご」がデザートでした。

などなど、擬人法もばっちり書けるようになった 新6年生のNちゃん。
e0365999_21543930.jpg
月1回の お教室ですが、土筆のように みんな伸び盛りの

e0365999_21550818.jpg
どうして 去年と同じように、桜は咲くのでしょうね~?
答えは、お近くの国語未来塾生に おたずねくださいね。

倉敷出張国語未来塾は 
178.png毎月第2土曜日
10:30~12:00(ときどき、10:00開始も)
中庄駅の近くの「辻公会堂」にて

5月は 13日(土)の予定です。
*ちなみに、
この日、午後13:30~14:30は 岡山出張国語未来塾です。
詳しくは、お問い合わせ下さいね。

masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて 送信してください)






[PR]
by kokugomirai | 2017-04-02 00:12 | 国語未来塾 | Comments(0)

倉敷出張教室にて

3月11日、ふるさとに帰っています。と、
書けるありがたさ。。。岡山駅に降り立って
暖かい日差しを浴びながら、山陽本線に揺られています。

さあ、今日もこどもたちと 未来を描いて来ますね〜!

e0365999_07590174.jpg
先生〜、久しぶり〜と、ニッコニコ。
2ヶ月ぶりだね。毎回完結型なので、いつでも、いつからでも
通っていただけます。
e0365999_07523050.jpg

今日のテーマは
「◯年生の思い出」
毎年、3月の季節作文です。もう、このテーマ4回目の常連さんもいるので
今回は、「語り手の視点を変えて書く」上級編です。
「吾輩は、猫である。。」のように、自分以外のモノが
自分の一年を観察していて、語る。。。という設定です。

低学年さんもいるので、今まで通り、「3年生も終わります 。私は。。。」
で書いても良いよ〜と、提案しました。

最初は、えー!とか言っていた子供たちも
「おいらは、消しゴム。ご主人さまに いつも鉛筆でグリグリされたり
投げられたりしても、じっと我慢して筆箱の家に住んでいる。ある日。。。」
など、例を挙げると、ノリノリになって。。。
結局みんな、上級編に挑戦しました。

五年生の思い出のトップは1泊2日の「海の学習」です。
・一緒について行ったオオサンショウウオの、ポケットポーチが
語り始めます「吾輩の名前は、親方である…、ご主人さまの」
・お次は女の子。「私はなおさんのバックです。お兄ちゃんのお下がりだから、
実はあんまり気に入られていません。でも、頑張ってなおさんの物しっかり運びます。…
e0365999_10582054.jpg

四年女子は、書きたい思い出がいっぱい。
「先生、語り手が、交代してもいい?」と、
さらに上級を目指します。
・私は花さんの筆箱です。
・わたくしは、コート様ですわよ
・僕は、弟のたけし1歳だよ。お姉ちゃんはね。。。

なかなか決まらなかったサッカー男子(小5)は、
「ぼくんちの、電話にする!」とのこと。
e0365999_07595002.jpg
語り手が決まったら、早いはやい。。。しーんと静まりかえって書いています。
e0365999_07592575.jpg
しっかり過ごした、この一年の成長を、文字に書き留めておく。
しかも、自分を一番見守ってくれているモノの目を通して語る。。。
語り手の視点を変えて書くと、自分自身を客観的に把握できます。
これはなかなか、脳にとって刺激的!スラスラ書ける魔法の1つです。

「先生、これ、けっこう、おもしろいなあ😉」
思春期突入中の小4女子にも、なかなか好評でした。

午後からの、岡山教室「心のたね」については、また次回。。。。






[PR]
by kokugomirai | 2017-03-11 22:36 | 国語未来塾 | Comments(0)

~ひとひらの 風花~ 

月に一度の 倉敷と岡山 出張教室に行っています。

倉敷は2013年9月から3年半のお付き合い。
1年生だったみんなも、高学年になりました。
こちらのよさは、なんと言っても 自然に囲まれた教室。
中庄駅近くの 公会堂をお借りしています。
e0365999_23322467.jpeg
抜群のアプローチをぬけると、白梅が気品あふれる姿で迎えてくれます。
今日のお題は「ひとひらの 風花(かざはな)
「風花」とは、雪が降っている様子ではなく、
木々や、屋根に積もった雪が 風に乗って 花のように飛ばされる様子です。
だから、バックは曇りの雪空ではなく、真っ青な空。
そこに、真っ白の雪が、風に乗って 花のように舞っている~

今日は以下の万葉から始めました。

『 我が袖に 降り来る雪も 流れゆきて 
妹(いも)が手元(たもと)に
い行(ゆ)き 触れぬか
万葉集2350番 詠み人知らず)

私の袖に 雪が舞い降りてきたよ。誰からのお手紙だろう。
返事を書くから、どんどん流れていって、大好きなあの子の手元に到着。
そっと触れてくれたらいいのになあ。元気かなあ、会いたいなあ~。

心の万葉スイッチをいれたら
「風花」が、誰かからの素敵なお便りに読めるんですよ~。

女子は、今回 なりきりモード。

*マカロン修行に、パリに行っている小4の女の子の手元に
七色マカロンからのお便りが・・・

*お父さんの転勤で、ロンドンに来て3年目の小5のひろみ。
大好きなピアノを弾く暇もなく、毎日 塾と学校と家との往復。
小さなため息を一つ ついたら、ほこりをかぶったピアノさんからのお便りが。。。

e0365999_23311227.jpeg
不思議なもので、「風花(かざはな)のお便り」だと、人から人へ届くもの…
というのは少なくて「天国のおじいちゃん。」「いなくなったペット」
「無くしてしまったぬいぐるみ」など、実際に会えない人、物を 
「風花」を届けてくれる相手に選んでいるのです。

自分の頭の中にだけに 存在しているものが 文字をおびることで
きちんと目に見え、手で触れることのできる不思議と 充実感。

そんな子供たちを ゆっくり見守る 白梅と村の鐘
e0365999_23314987.jpeg
のどやかな 教室に、一度 ぜひいらっしゃいませんか。

(続きの岡山教室については、また、明日~)











[PR]
by kokugomirai | 2017-02-25 23:30 | 国語未来塾 | Comments(0)