2月19日(日曜日)
春夏秋冬と、年4回、旬のテーマに沿って行ってきた
「ひらめきアート作文教室」も
今回の「バラ色メガネをかけてみると…」で、
2016年度をしめくくりました。
e0373641_00035099.jpeg



バラ色めがねを存知ですか。
イギリスではその眼鏡をかけると
「いいところしか見えなくなる」そうです。
look at ~ through rose-colored glasses
直訳すると「バラ色の眼鏡を通して~を見る」

日本語では「~を楽観的にみる」という意味になります。
こんなメガネがあったら素敵だと思いませんか。
このテーマに沿って、まず、二つの絵本をよみます。

★きっかけ絵本
メガネをかけたら
(くすのきしげのり著・たるいしまこ絵)
*メガネをかけるのが嫌だった女の子。いじめられるかと思ったら
メガネをかけたおかげで みんなの優しさに気づく 素敵なお話です。

ま、えっか』(サトシン著・ドーリー絵)
これはまたまた、「ま えっか」が口癖のええ加減なおっさん。
何が起こっても「ま えっか」ですませるところ子供たちは大喜び!
自然に、「楽観的」の意味が腑に落ちたはず。

絵本の力は偉大です。あっという間に子供たちの心に飛び込み
「ばら色めがね」をかけてみせるのですから。
e0373641_00054957.jpeg
★アート制作
そう、だれでも、持とうと思えば持てる「ばら色めがね」が
今回のアート制作です。

ネコの耳の飾りのついたメガネ、本を開いた形のメガネ、
鉛筆柄のメガネ、ハートとギザギザグラスのメガネ・・・
子供たちのアイディアはぐんぐん 広がり
アートしながらお話も考えます。




e0373641_00053082.jpeg

★そして、作文へ。
まず、自分の周りのいや~な人・心が暗くなる出来事などを 
一人3つ紙に書いてもらいます。
e0373641_00042448.jpeg

『エレベーターが来るのが遅い。』
『妹が 私の後に いつも ついてくる』
『お母さんが ピアノの練習は?といつも言う』

などなど…どんどん出てくる一方、
「悪口書くのはいやや!」という小5男子。
いえいえ、悪口じゃないのよ。まずは自分の素直な「いやだなあ~」の気持ちです。
たとえば
「あー、今日も雨だな~」とかね。
「ふむふむ。そっか、じゃあ、お母さんが僕に言いそうなこと考えてみる」
と一応納得。

じゃあ、今作った「ばら色めがね」をかけてみたら
この状況…どうなるかな。
⇒「おー、この雨のおかげで、野菜が育つね」
⇒「お母さん、私がいろんなことに挑戦して、
可能性を広げようとしてくれているんだ」
⇒「妹は、私が大好きだから、私にあこがれてるんだろうな。かわいいな」
⇒「そっか、これは電気代節約、
  その上、ぼくの 忍耐力強化作戦だな。」

e0373641_00044210.jpeg

e0373641_00050130.jpeg
心に『ばら色メガネ』をかけたら、
いつもの周りの笑顔がどんどん増えます。

そ・し・て・・・
締めくくりの絵本は
『ええところ』(ふるやしげのり著・ふるしょうようこ絵)
みんなの「ええところ」 たっくさん みつけてあげてね。

e0373641_00033705.jpeg

2016年度も わくわく じっくり たっぷり 味わいました。
絵本・アート制作・作文をひらめきで繋ぐ中で
子供たちの心に、ぐんぐんと
「生きる底力」が 湧いていることを感じます。

6年生のM君は、字を書くのも嫌、作文なんてとんでもない!
だったのが
今日は、「いやなこと、いっぱいあんで~」と大盛り上がり
一番に書きあがり、「もう一作書こうかな」…
2回目の参加にして、この 嬉しい大変化!
中学生になっても、OB参加アリだからね(笑)

2017年度は、初夏・秋・冬(6・10・2月)の3回開催予定。
詳しくは、開催の1か月前にこちらでご報告しますね。

乞うご期待!!

ご参加いただいた皆様・・・ありがとうございました。
そして、2017年度の『ひらめきアート作文教室』は、
神戸での開催は3回ですが
全国どこへでも出張教室できる体制が整いつつあります。

興味があるけど、中々神戸まで行けない…という方は
ぜひとも、お声掛けくださいね。

ひらめきアート作文教室事務局
078-351-1415

e0373641_23284485.jpeg

[PR]
by kokugomirai | 2017-02-22 08:16 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)

中高時代の友達、さっちゃんが 
ご近所さんで 造形教室をしているとわかり
(アトリエペタタ:http://npo-petata.net/

2013年4月に産声を上げました!

単発で行っていた教室を
「春夏秋冬」をテーマに、年4回講座にして2年目。
今度の2月19日(日)に 2年目の締めくくり「冬」開催。
今日は、さっちゃんと最終ミーティングをしました。

e0365999_23153740.jpeg


★ひらめきアート作文教室

「作文って難しい!苦手!…
なんて思っていませんか?
そんなのもったいない!!

聞いて触って感じて作って
五感をたっぷり刺激すれば
作文が面白いほどスラスラ書けちゃう!
そんな楽しい企画です」


と、立ち上げ、大好評のうちに2年目を終えるのですが
今日のミーティングで、さらなる進化をとげました。

アートと作文をひらめきで繋ぐ中で
★子供たちのもつ 無限の可能性
★「考えるって、こんなに楽しいんだ!」

この二つを実感するお手伝いとして、
「ひらめきアート作文教室」を新たに展開していきます。

2020年の大学入試改革を言うまでもなく
子供たちを取り巻く環境はどんどん変わっています。

大切なのは「生き抜く力」

ひらめきアート作文教室は 未来を創る子供たちを
心から応援しています。

2月19日(日)教室は、まだ、若干名お申込みいただけます。
詳しくは、ひらめきアート作文教室まで
(078)351-1415




[PR]
by kokugomirai | 2017-02-09 23:51 | ひらめきアート作文教室 | Comments(2)