1月31日
早いもので、一月も終わります。
この時期は、次々と試験の合否が分かり
悲喜こもごもの受験…と
巷では言われる頃です。
でも、
長らくこの仕事をしてきて
受験後の子供達の歩む道をみていると
しっかり全力で受験に取り組んだなら
「悲喜」ではなく、
「喜喜こもごも」だと思っています。

なぜなら
勉強したことは 決して頭の中から無くなるわけではないし、
宿題、模試、受験当日の緊張を乗り越えた自信は、消えません。

岡山の生徒さんですが、
国立中学の受験を6年の終わりから始め、
国立中学はうまくいかなかったけど、
今年県立トップ高校受験。
合格確実と言われているそうです。
「4年かけて高校受験勉強した感じです。」と
お母さんがおっしゃっていました。

受験生の皆さん。
自分の夢への道は、一本ではありません。
人事を尽くしたのですから、一番いい「天命」が、
きちんと用意されています。

大切なのは、受験、試験の向こう
社会に出てから、生き抜く力を
どこで、どうつけるか。。ということですものね。
国語未来塾は、
その試験の向こうまで見据えて、
「生きる力」をサポートします😉
そして、
何より、家族、友人、先生たちの支えがあったからこそ
安心して続けてこられたこと
「受験できたこと」って、それだけでとっても幸せなこと。
周りのみんなに「ありがとう」を
伝えてくださいね。

夢の花咲く 春はすぐそこ。

元気いっぱい、
国語で未来を拓きましょうね。

e0365999_19550082.jpeg

[PR]
by kokugomirai | 2017-01-31 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)