朝一番のメールが届きました。

6月 生まれの友だちに
編んであげたい ものがある
空から落ちる 白い糸
るんるん光る 雨の糸


尊敬している 元小学校 国語教師の
N先生より。
大好きな歌の「6月」の歌詞とのこと。
調べてみると、
芹洋子さんの歌でした。
http://bunbun.boo.jp/okera/saso/juuni_tanjou.htm
なんとも あったかいメロディ~♪

そうそう
今日は
ルンルン光る 雨の糸で
編まれたプレゼントが
もらえる日。

この世界に
すっとん
落ちてきた日です。


e0365999_23401456.jpg
小さい万葉人と、万葉とうさんからは
ケーキをもらいました。

みんな みんなに ありがとう~♪


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-16 23:29 | 徒然なるままに | Comments(0)


梅雨入りしたものの
傘マークは とんと ひらかないですね。

毎年、この時期には 必須導入項目の
「ムシムシ」「ジメジメ」のオノマトペも
ことしは、まだ 出番待ちです。

しかし、こちらは 今年もきました。
この質問。
「先生、『』に『』という読み方ありますか」
漢字マニアの 欧米系の学生から
よく出る質問です。
そう、「梅雨」という言葉を教えたら、必ずきます。

私「そうですよね~。梅のお花は?今じゃないしねえ。
じゃあ、今の時期、スーパーなどに行くと、
山積みしてあるもの なあんだ?」


こういうのは、スーパーのアルバイト生が、断然強い。
しってる!先生。青い梅
ピンポーン!

梅の実がなる頃に、降る長雨だから
『梅雨」と書きますよ。
もともとは、 お空から ぽろぽろ
雨の「露(つゆ)玉」が 振りおりる 様子から
「つゆ」という 呼び方とむすびついたのかな。

話は,尽きることなく、どんどん膨らみます。
それが、たのしい。

学生たちに実感してもらうためにも
教師は、「梅仕事」必要です。

e0365999_00290158.jpg

月曜日のヨガの時に、ゆっこ先生から
和歌山の梅を いただいていて、
やっと、やっと「梅」仕事。
梅ジュースをつくっています。

一番のリラックスタイムです。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-14 22:20 | 外国語としての日本語 | Comments(0)

やっぱり 同世代!

大学で 教えている日本語のコースに
今年は、中国人留学生 2名だけというクラスもあります。

4月に「あいうえお」から 教え始めた、ほぼゼロ初級のクラス。
二人だけでは 寂しいので、今日は 日本人の大学生に
SA(student assistant)として きてもらいました。

今までならった文型を使って 一生懸命質問します。
・しつれいですが、お名前は?
・ご家族は何人ですか。
・今、どこに 住んでいますか。
・中華料理で なにが 一番すきですか。
・スポーツで なにが いちばん したいですか。

e0365999_05504328.jpg
警察の尋問のようですが(笑)、SAさんの答えを 一生懸命 書きます。

e0365999_05502702.jpg
今度は、SAさんが 彼らに質問してくれます。
・中国の どこに住んでいますか。 教えてください。

なんと、今回のSAさん。懐かしの「地球の歩き方」の中国版を 
わざわざ 図書館から借りて、持ってきてくれていました。

これには、学生たちも、大喜び!一生懸命説明しています。

e0365999_05505576.jpg

話は、休みの日の過ごし方になり、共通の話題が みつかりました!
「遊戯王」という カードゲーム。
e0365999_05510922.jpg
SAさんは ちょうど午後の日本語のクラスで、
日本の遊びを紹介してほしいと頼まれたので 「持っています!」
と、自分のコレクションをご披露~。
(カードゲームが、日本のあそび 何ですね…)
留学生たちは、「知ってます!」「中国で たくさん 持ってます!」と大興奮!!
一気に距離が縮まって

見ても いいですか
見せて ください

14・15課で「て形」を勉強した時、
「見てください」と「見せてください」が 
いつも混乱していたふたりとは 別人です(笑)

話題は、アニメ、ネットゲームにも広がり、スマホを見せあいながら
どんどん 話が広がっています。

どちらかといえば、おとなしめの 留学生くんたち。
90分も、話がもつかな~という 教師の心配など どこ吹く風~。

時間が、足りないくらいでした。

聞けば、SAさんも、今年の4月から、大学の授業で中国語を勉強し始めたとか。
また、一緒に勉強しましょう~と、和やかに終わりました。

日本に来ても、寮と、学校の往復だけで 
心も ちょっとお疲れ気味の6月。
日本語を勉強していて、よかった~と 思ってもらえるひと時。
「センセイ、とっても 楽しかったです!」と
今まで みたこともないような 笑顔です。

同世代って、いいなあ~と、まぶしく見つめる 私でした。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-13 22:54 | 日本語の教室から | Comments(0)

6月5日(月)は
6月の最初の 二十四節気
芒種(ぼうしゅ)」です。
立春や、夏至ほど メジャーではありませんが
梅雨入り前の、今の時期にぴったり。
「芒(のぎ)」とは
稲などの花についている 
針のような 突起のこと。
そのような、「のぎ」を持つ穀物の種を
まく季節だよ~ということです。

この週末には、加古川の近くの
稲美町に 行ってきました。

麦の刈り入れは すっかり終わり、
田んぼには なみなみと 水がはいり
田植えを いまか いまかと 
待っています。

実際に 稲の種(籾)をまくのは
1か月くらい前の
連休明け。
五月の第二土曜日に 岡山・倉敷へ
出張国語未来塾に 行ったとき 
撮った写真がこちらです。

e0365999_15070949.jpg


この 一つ 一つの まあるい部分に
丁寧に、手作業で 種をまくそうです。
この板が、田植えの機械用。

国語未来塾の子供たちに
「これ、な~んだ?」
と質問しても
まず、わかりません。

「米」という字の成り立ちは 八十八。
八十八回
人の手で お世話して
神様に たすけてもらって
やっと、実るんだよ~。

この板を、田んぼにおいて 苗床をつくります。
おいしい お米に なあれ!

e0365999_21210410.jpg
青紅葉の 美しい季節になりました。





[PR]
by kokugomirai | 2017-06-05 22:22 | 国語未来塾 | Comments(0)

週末宅急便

ピンポーン。
「センセイ、コレ。好きそうだから。
今年から、家の裏の枇杷に 実がつき始めました。」

e0365999_07034711.jpg

届けてくれたのは 約一年ぶりに会う 中学2年生君。
小学2年生から 6年生まで4年間、
国語未来塾で どっぷり つきあってきた間柄です。
去年の夏休み
読書感想文の特別コースに 帰ってきて以来の 再会。

それが、まあ、なんと
私よりも、背が 高くなってる!!!!!!
「はい。去年11センチくらい 伸びました。」

小学六年生の 妹ちゃんから 時々話は聞いていたものの
実際、こうして 逢うと、
感無量。
言葉使いも しっかりしているし
それは それは 立派な成長ぶり。

あとで、お母さんに お礼のメールをお送りすると
「ええ。あえて、兄を 行かせました。
まだ、素直で、可愛いものです。」
とのこと。

ちょうど、先週「夏のものわかりますか」で
枇杷を マンゴーと言っていた 
一年生君のおうちに 早速 お福分け。

嬉しい 週末宅急便でした。


[PR]
by kokugomirai | 2017-06-04 22:23 | 国語未来塾 | Comments(0)

はじめの おと さがし


ぴっか ピカの一年生も
ちょっと 緊張が とけてきて
そして ちょっと お疲れがでる6月。

大好きな「クイズ」形式で 学びましょう!
はじめの音 さがし

3つの絵を見て、初めの音が 全部同じものは 「○」
一つでもちがっていれば「×」を書くもの。
ひらがなは、まだまだ 習いたてですが
上二人のお姉ちゃんに鍛えられている
1年生君。
あっという間に 解いてしまいます。

そ・こ・で
じゃあ、自分で問題作ってみようか。

e0365999_23192326.jpg

まずは、ひらがな50音のチップから一枚ひきます
よりによって「

大丈夫かなあ~。言葉、でてくるかな~という
私の心配をよそに、あっという間に 描きました。
第一問、わかりますか?

左から、「ゆうれい・UFO・ゆき」だから「○」

という風に、自分で 言葉を見つけて紡ぎます。

第2問は、「×」にしたい!ということで
チップを二つひきます。
最初にひいたのは 「
それと「

ということで、第2問、わかりますか。

e0365999_23200513.jpg

次の時間の授業のために、早く来ていた

小6のお兄ちゃん、お姉ちゃんにも 「クイズ・タイム!」
左から、「カヌー・かに・おんぶ」と、
すぐわかってくれました!

「わあ、めっちゃうまいやん!」
「つちのこ・最高!」
小6女子には ゆるキャラもどきの
「つちのこ」が ツボ だったようです。

小6男子は「え~、先生、僕も描きたい!クイズ作りたい!」
ですって!

e0365999_23194804.jpg


」をひいて、「つつつ・・・ちのこ!」

」をひいたときは「抜けそうな は(歯)」

どちらも、私の頭には、
まったくなかった 言葉たち。。。

一年生くん。
瑞々しい心の 言の葉
ありがとう!

楽しみながら、ぐんぐん、どんどん
言の葉も 伸びゆく
6月
始まりました。



[PR]
by kokugomirai | 2017-06-01 23:09 | 国語未来塾 | Comments(0)

ささやかな ベランダ菜園も
植え変えて 一週間
毎朝の水やりが たのしみになってきました。

e0365999_09022295.jpg


「ゴーヤさん ぐんぐん音たて せいくらべ」

月曜日は、万葉母さんにもどり
ベランダ手入れの後、月に一度の
淑女の 言の葉結び
してきました。


国語未来塾のお母さんたちから
「私も 季節の言葉や 万葉集を あじわいたいなあ~」
と ささやかに初めて 2回目です。

皐月(さ・つき」の語源は 「早(さ)苗を植える
」は、「沢・沼地・水際」を表します。

旧暦の皐月(さつき=五月)は、ちょうど今の暦の6月。
梅雨の時期なのです。
だ・か・ら、
五月雨(さみだれとは『梅雨』のこと。
「さ」(神聖な空)から、ぽろぽろ みだれ落ちる粒々の雨に
「さ・みだれ」となんとも素敵な 言の葉を 結びました。
「梅雨なんて、うっとおしいなあ」ではなく
今朝は 五月雨(さ・みだれ)ねえ」で
始めてみてはいかがでしょうか。

そ・し・て
五月晴れ(さつきばれ)」とは 新緑五月の晴れ渡る空ではなく
『梅雨の晴れ間』なのです。
万葉集ではその晴れ間のことを

雨晴れ(あまばれ)」「雨間(あまま)」と呼びます。

「雨晴(あまば)れの 雲に副(たぐ)ひて ほととぎす
春日をさして 来(こ)ゆ 鳴き 渡る」
(1959番歌 詠み人知らず)

やっと晴れあがった青空に ぽっかり浮かぶ白い雲。
そうかあ、雲さんは 今日は ほととぎすさんと ランデヴ~
春日山目指して、嬉しそうに鳴き渡っていくよ~


空に浮かぶ 真っ白な雲さんのお友達・・・
誰かなあと 想像するだけでも楽しいですね。

恒例の 五感で季節をとらえよう~。
子供たちと おんなじ テーマですよ。

・・・「でてこない~!」
「枯れてるわ~」と 淑女たち。

目に青葉 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)

有名なこの句ように、単語をポンポンと並べるだけで
立派な季節の 俳句になります。

e0365999_15204452.jpg
思い思いに 俳句を結び
季節のメール文を考えたり

話題は、こいのぼりの吹き流しから
陰陽五行説にも広がって
あっという間の 2時間でした。

「淑女の 言の葉 結び」
皆様も、よろしければ、ぜひ ♬

どこでも「言の葉」結びに 参りますよ~♬


[PR]
by kokugomirai | 2017-05-29 22:01 | 国語未来塾 | Comments(0)

日曜日の おひるすぎ

メールの着信です。
4枚のお写真が ツギツギと・・・

e0365999_09005480.jpg


おっ、気持ちよさそうね~。



e0365999_09012010.jpg


何か書いてる?
お顔は、小学2年生ちゃん!

e0365999_09010958.jpg


何やら投書している?


e0365999_09013134.jpg



「ことりがね 山はたのしい ホーホケキョ ・とり」


わあ~。トリさんの代わりに 投句して あげたのね♪


お母さんと二人で 近くの丘にある
神社にお参り&お散歩にいらっしゃったとのこと。
神戸でも、緑豊かな西区にお住まいなので
きっと うぐいすの 大合唱だったのでしょうね

思ったこと 感じたことを
そのまま 言葉にできるって
なんて、すてき!

投句箱の掲示板の 管理人さんより
「…この自然豊かな場所で、色々な方たちの言葉や思いを
こんな形ではありますが、共有できたことを
とても素敵な宝物のように思います。・・・」

こんな管理人さんのいる 丘が近くにあるなんて
恵まれてますね~。

子供たちは 未来の宝物。
みんなで、ゆっくり見守って 育てていきたいな~。

「あまりに 可愛い句だったので
つい 先生にも 見ていただきたくて…」と お母さん。

ほんと ほんと162.png
小鳥日和の 日曜日でしたね~。




[PR]
by kokugomirai | 2017-05-28 22:11 | 国語未来塾 | Comments(2)

毎週通うのはちょっと無理・・・という
遠方にお住いの生徒さんのために
金曜日・月1回のコースも あります。

思春期真っ只中の小6女子さん。
登場と同時に、一か月分の アレコレを 弾丸トーク!
うっぷん晴らしのスタートです。
この時の ポイントは 「うんうん」と 聞きいれること。
意見を求められているのではなく、
「頭の中 モヤモヤを 言葉にして 外にだす!」のが 大切だからです。
(我が子には、ナカナカ できないんですけどね…)

ひとしきり、排出作業が終わった後で

「母の日、なにか あげた?」
なんも。」
「じゃあさ、母の日作文 書いてプレゼントするのはどう?」
嫌がるかな~と思いきや、
うん!

e0365999_07043351.jpg



思春期お嬢さんにとっても、お母さんパワーは 偉大です。
いえいえ、思春期だからこそ?

日頃は、口が裂けても 言えないような「思い」が 
なぜか 「文字にする」 という一動作が加わることで
素直に出せるのが ふしぎです。

しかも、「お手紙にする」ことで 「手渡せる」。
確実に、相手に「思い」が届いていきます。

メールやLINEで、ぱっ、ぱっと、何でも 済ませる時代だからこそ
「お手紙を書いて 渡す」ことが あったかい。

古いからこそ、今 新しい 「手紙を書くこと」の可能性
何年たっても、その時の「今」が、確実に そこにあります。
「思い」を言葉にして「書くこと」
子供たちの未来のために どんどん 広げていきたいなあと思います。

e0365999_06465237.jpg

5月は、た~くさん、お母さん作文書きましたね。
また、大人になった時 親子で読み返してみるのも楽しみ・・・
手書きだから、思いがなおさら 色褪せずに残るのでしょうね。


168.png国語未来塾178.png
masakique☆i.softbank.jp

(★を@に変えてお送りください)

体験教室も、随時行っています。
お気軽に お問い合わせ下さいね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-05-26 22:54 | 国語未来塾 | Comments(0)

接続詞の 出番!

『うちの子は ど~にも 作文が苦手で・・・』
そんな つぶやきをよく聞きます。 おまかせください!
そういうときこそ、魔法の 接続詞 の登場です。

さて、
なぜなら、
しかし、
だから、
この4つの接続詞を使って、4文に仕上げます。

さて、学校から帰ってくると、机の上にチョコレートが ありました。
なぜなら、きのう、おにいちゃんと たくさん買ったからです。
しかし、ぼくは、一つ食べたらとまらなくなって、全部たべてしまいました。
だから、お兄ちゃんに おこられました。

上記の例文は、1文目だけ私が考えて、
後は、子供たちとあ~だ、こ~だといいながら、仕上げました。
ルールがわかれば簡単です。

言葉で綴る4コマ漫画のようなもの。
今日の野球大好き少年には 下記のお題をだしました。

さて、机の上に ひとつ 野球のボールがあります。

なぜなら昨日の野球の試合で、さよならホームランをうった記念のボールだからです。
しかしそれは、ぼくが「ほしい、ほしい」とおねだりして もらったものです。
だかられをみると ちょっと はずかしいです。


この接続詞ゲームの素晴らしいところは、子供の興味に寄り添えるところです。
時間がちょっと、余った時
どーにも、長い文を書いたりする気がおこらないとき

「は~い!接続詞タイムトライアルするよ~♪」
制限時間を決めると、さらに やる気が起こります。
短文だからこそ、因果関係を きちんと とらないと、
ひとりよがりの わかりにくい文になります。
自己モニター力がつくのも、この接続詞ゲームのよいところ。

おとなの 脳トレーニングにも最適です!
お子さんと、どっちが おもしろい4文ができるか。
対決なさってみては いかがでしょう?
案外、お子さんの頭の柔らかさに おどろかれるはず!

e0365999_07313342.jpg
野球大好き少年、真剣モードに入った時は、窓際の定位置に移動です。


[PR]
by kokugomirai | 2017-05-22 22:44 | 国語未来塾 | Comments(0)