神戸市内は 4月11日が入学式
元気な一年生が 通い始める春本番です
毎年 1学期の初めは 一年生のお試し期間ですので
午前中で授業終了。

今年は この一週間を
桜の花も 見守ってくれました。
第2週まで 桜がもつなんて、
今年は いいことありそうです!
近くの山田公園に、お昼ご飯を持っていきました。

午前中帰りの子供たちが 
満開の桜の下で
野球!!

e0365999_22543873.jpg



e0365999_22545444.jpg


やっぱり、さくらは 子供と仲良しですね。

国語未来塾にも、ピカピカの一年生さんが
入ってきてくれました。

「さくらさん、なんて言ってくれてた?」
「えっ、なんにも 言わへんよ!」
ちょっと、あまのじゃくな 一年生くん。

そういときは、万葉集の出番です。
一緒に、大きな声で歌いながら
くるくる~くるくる~

「さくらばな 時は過ぎねど 見る人の 
恋の盛りと 今し 散るらむ~」


「さくらさん、○くんのために いま、
はなびらの お手紙とどけてくれたよ
何て かいてあるかな」

万葉の歌を歌って、くるくる 踊った後には

「 入学 おめでとう!」
チャンと 届いたみたいですよ。


[PR]
by kokugomirai | 2017-04-14 07:12 | 国語未来塾 | Comments(0)

弥生最後の一日は、第5金曜日。通常の教室はお休みなので
雨ニモマケズ、「こころのたね」撒いてきました。
中高時代の同級生ペアが 岡山の子供たちと ママたちへ
春休みのプレゼント178.png
ひらめきアート作文教室「こころのたね」IN岡山
アトリエペタタのさっちゃん先生が、去年の夏以来の登場です。

e0365999_21552746.jpg
小学生11人、園児さん5人。ひしめき合いながらも 楽しく始まります。
e0365999_22095878.jpg
まずは、さっちゃん先生の絵本から。
ぽとん ぽとんは なんのおと
冬眠をしている間に生まれた 赤ちゃんクマは
お外の音が気になります。そう、小さな春が生まれたときは
どんな音がするのかな?

2冊目は、子供たちに「おのまとぺ」を感じてもらえるように
ほわほわ さくら
小さな「春のたまご」の中には、どんな音が入っているかな?
e0365999_21555255.jpg
こどもたちに、「おのまとぺ」が入った「はるのたまご」を
一つずつ渡します。
e0365999_21563304.jpg
パカっと、開けてみると…
ひらひら」…何の音?「ちょうちょ」「さくら~」
にょろにょろ」は? 「へびさ~ん」
…じゃあ、みんなへびになるよ~にょ~ろ、にょ~ろ…
ふわふわ」は?「雲」「タンポポの綿毛」「綿あめ・・・」なるほどね~
点々つけたら全然違うよね。
「ひらひら」と「びらびら」
「さらさら」と「ざらざら」
この微妙なニュアンスの違い、日本語を学んでいる外国人には
もはや、マジック!
日本語の特徴の一つがこの オノマトペなのです。
「すいすい」は アメンボ、カエル
「ぐんぐん」は たけのこ、つくし!!
e0365999_21565853.jpg
たっぷり、春のオノマトペをあつめたら、
園児さんと、小学生さんに分かれて、きっかけアートと作文の時間です。
e0365999_21584016.jpg
園児さんは、さっちゃん先生と 「見つけた春」を描いて
白い卵の中に そっと入れます。
e0365999_22000168.jpg
小学生さんは、字で「目・耳・鼻・口・肌」の5感で捉えた「」を
オノマトペと一緒に、短文にしていきます。
・たけのこが にょきにょき はえてきました。
・タンポポさんが ピカピカのランドセルの1年生を迎えています。
・かえるが ピョンピョン 飛んでいます。

何気ない文賞にも、ちょっと「おのまとぺ」をいれると
瑞々しい表現に早変わりします。

大事にみんなの 「はるのたまご」の中に入れておいてくださいね。
e0365999_22001829.jpg
さいごは、やっぱり 万葉集。
春を迎える 喜びにあふれる歌を ♪

岩ばしる 垂水(たるみ)のうえの 早蕨(さわらび)の
萌え出(いづ)る 春に なりに けるかも~

(万葉集1418番 志貴皇子(しきのみこ)

e0365999_22003394.jpg
お母さんも一緒に さわらび ダ~ンス♪
この後、お子供たちは図書室へ。
ママたちは、さっちゃん先生に「絵本講座」を
たっぷり1時間していただきました。
詳細は、さっちゃんのご報告おまちくださいね。

[PR]
by kokugomirai | 2017-03-31 21:46 | ひらめきアート作文教室 | Comments(0)

自分の声を意識する

が に見えるんです」
お友達の琵琶奏者、黒田月水さんのお言葉。

弓弦羽神社で、~琵琶と万葉の調べ~ステージで
ご一緒していただいたときのことです。
それでは、早速!と大人「声塾(こえじゅく)」をしていただいて以来、
4年ぶり、念願の「子どもの声塾」を
国語未来塾の春の特別講座にお願いしました。

「○くんは、何が好きなの?」
「○ちゃんが、今一番楽しいのは何をしている時?」
何気ない会話をしながら 子供たちの声を聞いてくださいます。

e0365999_06265131.jpg


声ってね、自分が一番そばで いつも聞いているものでしょ?
実は、いちばん影響を受けているのは、自分なのよ。
「あ~自分の声って、こういう感じなんだ。」と
意識してあげて、ちょっと 変えてみることで 
まわりも、自分もかわってくるよ~

e0365999_06301605.jpg


ひとり、ひとり、みんな、きらきらしている素敵な声をもっているね。
これから、どんな声に変化していくのかな。とっても楽しみだね。
基本は、お腹の底(丹田)=自分の中心と
しっかりつながって、声を出すこと。

e0365999_06280615.jpg


最後には、「平家物語」の
祇園精舎の鍾の音~
諸行無常の響きあり~

と、初めて聴く琵琶の音色に酔いしれる 春。

月水さんも、子供の声塾をしたのは初めてだそうです。
「どうなるかなあと思ったけれど、しっかり子供たちも
一人 ひとり 個性的な声を持っていて びっくり。
どんどん変わっていくんだろうな~という 伸びやかさがすてきね」
どの声も、みんな花丸!
比べる必要は 全くない唯一無二の存在が 自分の声なんですね。
それは、自分の発想力、創造力から生まれる 作文と同じです。

午後からは、噂を聞いた国語未来塾のママたちにも
「おとなの声塾」を 開催していただきました。
これまた、興味津々・・・
4年前と、声の形がすっかり変わっているママもいらっしゃいました。

自分の声に出会う
まだまだ、人生発展中です。

e0365999_06274177.jpg


ご興味のおありの方は、ぜひ、月水さんのHPへ。
http://gessui.com/


[PR]
by kokugomirai | 2017-03-27 22:04 | 国語未来塾 | Comments(0)

中高時代の友達、さっちゃんが 
ご近所さんで 造形教室をしているとわかり
(アトリエペタタ:http://npo-petata.net/

2013年4月に産声を上げました!

単発で行っていた教室を
「春夏秋冬」をテーマに、年4回講座にして2年目。
今度の2月19日(日)に 2年目の締めくくり「冬」開催。
今日は、さっちゃんと最終ミーティングをしました。

e0365999_23153740.jpeg


★ひらめきアート作文教室

「作文って難しい!苦手!…
なんて思っていませんか?
そんなのもったいない!!

聞いて触って感じて作って
五感をたっぷり刺激すれば
作文が面白いほどスラスラ書けちゃう!
そんな楽しい企画です」


と、立ち上げ、大好評のうちに2年目を終えるのですが
今日のミーティングで、さらなる進化をとげました。

アートと作文をひらめきで繋ぐ中で
★子供たちのもつ 無限の可能性
★「考えるって、こんなに楽しいんだ!」

この二つを実感するお手伝いとして、
「ひらめきアート作文教室」を新たに展開していきます。

2020年の大学入試改革を言うまでもなく
子供たちを取り巻く環境はどんどん変わっています。

大切なのは「生き抜く力」

ひらめきアート作文教室は 未来を創る子供たちを
心から応援しています。

2月19日(日)教室は、まだ、若干名お申込みいただけます。
詳しくは、ひらめきアート作文教室まで
(078)351-1415




[PR]
by kokugomirai | 2017-02-09 23:51 | ひらめきアート作文教室 | Comments(2)