毎年恒例、国語未来塾を始めた年から
塾生のママのお一人が
『クリスマス*リース』の時間を
プレゼントしてくださいます。

この日ばかりは いつもの教室が
色鮮やかに大変身。
年中さんから来てくれている
一番のベテランさんたちとは
8回目のクリスマス*教室になります。

講師のママも、
「子どもたちの成長を感じますね!」と
感慨深げです。

e0365999_06161293.jpg


こんなかわいいツリーをつくっていたみんなが
6年生になると こんなにシックな感じに…

e0365999_06075262.jpg


こちらも

e0365999_06081204.jpg


こちらも6年生です。

e0365999_06071398.jpg


こんな、にぎやかなのも
やっぱり、すてき!


e0365999_06062420.jpg


ママたちは 今年はこんな感じ。

e0365999_06073971.jpg

大人も子供も 素敵なサンタ時間を
いただきました。

中学受験チームも、
たまには ほっこり&にっこりタイムも
必要ですね。
メリークリスマス!




[PR]
by kokugomirai | 2017-12-05 05:58 | 国語未来塾 | Comments(0)

愛ある受験国語のテクニック
さち先生の2回目のレッスンに
行ってきました。

今回も
新しい学びの連続!

ずっと、教えるばかりで
摩滅寸前のエンジンベルトのような
脳と心に
「学ぶ喜び」がトクトクと
流れ込みます。

今回も、「線引き」のコツを
たっぷり伺ったのですが、
加えて、いろんな大手の塾主催
入試直前模試のカラクリも
お聞きしました。
要するに、
入試直前模試の偏差値に
一喜一憂することなく
ここまで来たら
「第一志望」をしっかり掲げておくこと!


大手の塾で20年以上
国語の指導をなさっていた
さち先生の愛あるメッセージは
「自分の力を、まず自分が信じ、
そして、家族が信じること」


『そんな偏差値で、受かるはずないでしょ!』の
励ましは、この期に及んでは
全くの逆効果だそうです。
ここまで がんばってきたのですから。。。
直前一か月は
「できる自分をイメージすること」が
大切ですね。

e0365999_23230584.jpg

ろうそくの灯りは
心と、おうちの空気を
まあるくしてくれます。

受験生のみなさん。
身体とお心 おだいじに~。



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-27 23:07 | 受験国語 | Comments(0)


11月の季節作文は
「主人公の悩み」の煮えたぎる
「アイン・トプフ(一つ鍋)」に
「秋の おのまとぺスパイス」をふりかけよう~
というものでした。

小6君の作文を ご覧になったお母様より
『作文セラピーの効力はすごいですね。
そうか、こんな悩みがあったんだと 初めて知りました。
作文を読んで、自分で消化していったんだなあと
成長を 感じられる気がします。
ありがたいことです。
ご指導 いつもありがとうございます』


と、ご丁寧なメールをいただきました。
主人公の悩みは
・学級会で、自分の意見に反対する人が多かったこと。
・修学旅行で部屋の室長になれなかったこと。


もちろん、おうちでは 一言も言わなかったそうです。

同じく 小6女子さんの「アイン・トプフ」の中身は
・やることが いっぱいあるのにすぐ眠くなってしまうこと。

そうそう。
親が「も~!!」と思っていること
子供は、じつは、ちゃ~んと分かっているんです。

・ハロウィンの「ひゅるひゅるスパイス」を入れると
疲れていた目が ぱっとひらいた。
・栗の「ころころスパイス」を入れると
ころころ 心がはずんできた。

・最後に サツマイモの「ほくほくスパイス」
どっさり ふりかける。
すると、体中のコリがほぐれていった


そうして、子供たちは、作文を書くことで、
自分の心のおきどころ
整えているんですね。

書くってたのし~!」

e0365999_22595187.jpg



思春期のお子さんの「心の中」
国語未来塾の作文で
そっと
ご覧になりませんか。

お問い合わせ
168.png国語未来塾168.png
masakique★i.softbank.jp
(★を@に変えて ご連絡くださいね)
体験教室も行っています。



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-26 12:11 | 国語未来塾 | Comments(0)

先日の「読売こども新聞」に続き、
「朝日小学生新聞」に
国語未来塾の生徒さんの名前が
踊りました!

第20回「木の家・こんな家に住みたい」
作文コンクール
(日本木造住宅産業協会主催)
http://www.mokujukyo.or.jp/homeinfo/kids/concour_result.php
全国より集まった22000点を超える作品の中から
見事、「佳作」に選ばれました。

作文大好きの 小6女子さん。
今年の夏休みの終盤、
読書感想文も書き上げて
「先生、なんか 他にも書きたい!」との
嬉しい申し出。

いろいろ調べて、「これがいい!」と決めたのは
「木・木造住宅をテーマにした作文」

国語未来塾の教室の 窓いっぱいに広がっていた
おっきな楠
ある日 突然 バッサリ切られたこと。
あまりのショックに、自分の腕まで
痛くなったくらい・・・・
でも、3年も経つと
また、もこもこの ブロッコリーのように
再生してきたこと。

『切られても、切られても』
また、元気にすくすく 育っている楠さんに
勇気と元気をもらっていることを
感謝を込めて書きました。

e0365999_22182169.jpg


実体験に根差し
五感で捉えた文章には
人の心に響く 力があります。

国語未来塾の日々の積み重ねが
全国区で認められるのは
ほんとに嬉しく ありがたいことです。

入賞おめでとう!!


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-22 22:21 | 国語未来塾 | Comments(0)

霜月の作文テーマは
「ヘンテコ動物~ありがとう。
きみがいてくれたから~」

番外編で、日本で日本語を学んでいる
留学生たちの ゆるキャラも
ご紹介します。

自分たちの国を紹介する
 『ゆるキャラ』をつくろう!
というテーマが 日本語の教科書にあります。

今年の4月、初めて日本に来て
文字通り、「あいうえお」から学び始めた
フィリピンからの学生君。
いつもニコニコ笑っている
自分の分身のような ゆるキャラです。

ゆるキャラの名前は
「バピーくん」

フィリピンのゆるキャラは、バピーです。
バピーの名前は、フィリピンバナナからです。
バピーは いつもわらっています。手をふっています。
手は「いらっしゃい」といういみです。
バナナはフィリピンの いちばんのくだものです。
とてもおいしいです。

e0365999_08284749.jpg



こちらは
中国からの留学生。
中国の大学で2年間、日本語を勉強してから
来ています。

中国のゆるキャラは
「両儀(りょうぎ)ちゃん」
陰と陽、黒と白
世界は 二つのバランスで 成り立っているから
パンダの色(白と黒)は
世界で一番美しい 模様だそうです。

e0365999_08282755.jpg


このゆるキャラの特技はなんと
「人を助けること」

聞けば、日本に来てから
数えきれないくらいの人に
「助けてもらった」とのこと。
この ゆるキャラといっしょに
日本に恩返しがしたい!
と熱く語ってくれました。

相手を思うやさしい気持ちは
言葉の違いも 国境も
軽々越えていきます。

子供たちの 生きる「未来」は
きっと明るいはず!


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-19 21:31 | 日本語の教室から | Comments(0)


芸術の秋

神戸市内の 各小学校では
音楽会が行われます。
国語未来塾の周りの小学校は
先週末がピーク。

今週の作文テーマは、
音楽会をレポートしよう

「運動会・音楽会、二学期は〇●会が
多いよな~。」
「ほんま。授業ないのは嬉しいけど、
あとで絶対作文 書かされるやろ~。
あれ、いややねんな」
こんなつぶやき、あちこちで聞きます。

国語未来塾では
あの手、この手で
子供たちの「書かされる」を
「書きた~い」に変えていきます。
今回の中高学年さんには
「レポート」形式。
話者の視点を変えて、書いていくのです。

*僕は、○○小学校のピアノです。
*吾輩は、○○くんの 新しいベルトです。
(音楽会直前のお誕生日のプレゼントだそうです)
*うちは ○○ちゃんの けんばんハーモニカです。
*おれは、○×先生の 指揮棒だ。


野球少年の作文スイッチは

*俺様は、ご主人◯◎様のメガネだぞ!


この調子で じゃんじゃん書き進めます。


面白いところでは
*私たちは、○△小学校の隣のお墓の ゆうれいです。

それぞれが、主人公である「自分」をレポートする形にします。
「私・僕・吾輩・俺・・・・」
日本語の一人称の豊かさも 
見事に子供たちをサポート。

作文は、1行目で決まります。
あとは、いつも通りの
起承転結シートにおまかせ。

原稿用紙2枚なんて、あっという間ですよ。

実体験は、何よりもの作文の材料なのです。
それを、逃すなんてもったいない!
一年生君も 楽しく書いていますよ~

お問い合わせは

国語未来塾

(masakique★i.softnank.jp)

★を@にかえてご連絡くださいね


✳︎体験教室も行なっています。

e0365999_08221673.jpg
大学構内もすっかり秋の装いです


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-16 15:02 | 国語未来塾 | Comments(0)

「小さいころ、あんなに 読み聞かせをしたのに…」
「どうしたら、本を読むように なりますか」

読書好きのお母さんほど
悩みが深いですね。

子供たちの「読書スイッチ
きっかけはいろいろですが、
やはり、「興味のあるもの」
「好きなもの」から…
野球好き
お料理好き
虫が好き
あのアイドルが好き…

e0365999_23060663.jpg


小6の小さい万葉人の場合は
好きな芸能人の出る映画・ドラマの原作から
今年の「読書の秋」は始まりました。

親が読ませたい本と
子供が読みたい本は
往々にして
ちがうもの。

そこは、ぐっと こらえて
まずは、一緒に図書館に行く
あるいは
アマゾンを検索する

そして、まずは 大人が読書を楽しむ姿を
見せてあげるのはどうでしょう。
秋の夜長、暖かい飲み物準備して
一緒に読書タイムはいかがでしょう。

受験国語の底力は
やはり
読書量」です。

特に、最難関校ほど
国語の問題文が
びっくりするほど長いのです。

文字嫌い』治せます。
国語未来塾にぜひ
一度おこしくださいね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-13 07:29 | 受験国語 | Comments(0)

作文が 大嫌いなんです


お問い合わせで多いのは
「どうしたら 作文が好きになりますか」
「うちの子、作文が 大嫌いなんです」

そういう お問い合わせをいただくと
わくわく!します。
「は~い、おまかせください。
どんなお子さんにも
作文スイッチ、必ずあります!」

作文が書けない~というお子さんに多いのは
何をかけばいいのかわからない~
というもの。

そう、書く前の準備・素材の提示
大切です。

作文も、料理と同じで
下ごしらえが万全であれば
ふしぎなくらい
スラスラ書けます。

国語未来塾には
いろんな 材料がそろっています。
マッピング
起承転結シート
オノマトペ カード
接続詞 カード
・・・
低学年さんでも
それは それは 楽しそうに
書いています。

こちらは、1年生君の
「秋をみつけたよ!」
いろんな インプット材料を使って
たっぷり 作文のための下ごしらえを します。

e0365999_06004649.jpg



「作文 嫌いなんです!」
なんて、もったいない。

作文の秋 始めませんか。

168.pngお問い合わせ177.png
国語未来塾
masakique★i.softbank.jp

(★を@に変えてご連絡くださいね)

体験教室もあります
 国語で未来を拓きましょう!

e0365999_05504766.jpg



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-12 22:47 | 国語未来塾*ご案内 | Comments(0)

今まで 国語未来塾では
「テクニックで、国語は解けません」
「毎週、コツコツ作文を書き、読解要約をする中で
じっくり 力がついていきます」
と言ってきました。
確かに、
「作文を書くのが好きになりました!」
「国語の成績が上がりました!」など 嬉しいご報告もいただきます。
ただし、
受験国語、特に中学受験に求められるのは「即効力」
偏差値が足りなければ 志望校を変更させられるのですから。
なんとか、作文大好きっ子さんたちの 国語の偏差値も
上げてあげられないものかなあ~と。

そして、とうとう、たどり着きました。
愛ある 受験国語のテクニック
しかも、国語未来塾のお隣の駅に、そのお教室は ありました。
その名は「さち国語塾」
さち先生のブログを拝見したとき、「これだ!」と
直感的にひらめきました。
「神戸六甲の中学受験国語ベテラン教師のブログ」
https://ameblo.jp/sachi-kokugo/entry-12317760776.html
(詳しくは、ぜひこちらを、ごらんください)

中でも一番心を魅かれたのは、

「わたしのレッスンでは最短では一回のレッスンで
模試の偏差値が22も上がった生徒さんがいらっしゃいました
平均すると2ヶ月目くらいから偏差値がアップしていますよ
上がらないということは見直すべきことがあるということです


大切な時間を割いていらしてくださる生徒様が毎回伸びる
【手応えのあるレッスン】
をしています」

こんな風に、はっきりと言いきれるレッスンって、どんなんだろう!
しかも「お母様のための国語読解レッスン」もあるとのこと。
早速、体験レッスンに伺ってきました。

もう、それは、それは、目から鱗が ざっくざく~こぼれ落ちました。
こんなに分かりやすく、かつ 
愛情を感じる「読解テクニック」があるなんて…

「テクニック」というと、無機質で、機械的な左脳のイメージですが
さち先生の「線引き」というテクニックは、右脳もたっぷり刺激している、
そんな感じがしました(あくまで 個人的な感想です)。

e0365999_21191937.jpg


帰宅してすぐ、忘れないうちに 教えていただいたことを
ノートに書き移しました。
大学ノートに お気に入りの表紙までつけたのは 久しぶりです。

もう何回か、「受験国語読解法」を教えていただけることになりました。
次回が 今から楽しみです。
いくつになっても「学ぶ」のって、わくわくしますね♪

実りの秋を迎え、国語未来塾も、ますます進化していきます。


[PR]
by kokugomirai | 2017-11-07 22:14 | 国語未来塾 | Comments(0)

すっきりと 晴れあがった日曜日。
午前中は弓弦羽(ゆづるは)神社にて
万葉ライブ&トークを堪能。
心地よい疲労感にひたっていると
ピ~ンポ~ン。
「先生、昨日 東京まで
表彰式に 行ってきました!」

e0365999_22394350.jpg

読売新聞主催の 子供作文コンクール。
6000人を超える応募の中から
見事!!佳作入賞171.png

東京までの往復の運賃(保護者分も!)と
賞状と、副賞
至れり尽くせりの授賞式だったそうです。

授賞式会場では、審査員のお一人が
わざわざ、近づいてきて
「○○君の作文は、素直な表現で
熱い気持ちがきちんと伝わってきて
すごく、好きだったよ」

とおほめの言葉までいただいたそうです。

幼稚園年中さんから通ってくれてる
国語未来塾最長の 小6君。

受験勉強のおっきな壁に
ぶつかっていた時
気分転換に書いた このマッピング

e0365999_06172892.jpg

未来の 憧れの仕事に対する
溢れんばかりの思いを
どんどん 文字にすることで
夏の終わりのお疲れを
乗り越えたのでしたね。

e0365999_22393143.jpg

日頃はシャイな 小6君の
この、満面の笑み。

本当に、嬉しいお福分けをありがとう。
次は「合格のお祝い!」しようね。



[PR]
by kokugomirai | 2017-11-05 22:42 | 国語未来塾 | Comments(0)