サッカーだい好き!に反比例するように
作文、大の苦手!の小5君。

「けっこう、作文おもろかったで~」という
お友達の言葉にのって
体験レッスンとして
母の日作文を書きに いらっしゃいました。

中学受験も考えていらっしゃるとのことで
最近の受験傾向としては はずせない、
「季節感」も 漏れなく取り入れ
二十四節気「小満」のお話入りの
特別バージョン*「スラスラ 作文シート」
準備しました。

最初こそ、「どうしよう~」と、
とまどっていたものの
やはり、日頃のサッカーで鍛えた集中力
見事 作文に入り込んで、あっという間に
書き上げました。
後日、お母様よりご感想メールをいただきました。
【全文の掲載をご快諾いただいています】

「先日はありがとうございました。
恥ずかしながら 私は24節季のことを知りませんでした。
時節の表現をいれることで、
こんなにも文章が素敵になるんだなって感じました。


言葉かけ次第で 息子でもこんな作文が書けるんだという驚きと、
教室で先生に教えて頂いて書いたものだとわかっていても、
嬉しくて 何度も出しては 読んでいる私がいます。
手紙でもらうと こんなにも嬉しいものなんですね。


文章を書くのが嫌!という思いが
少しずつ 好きに向かっていってくれたらいいなぁと
思っています。

宜しくお願いします。


ほんとに・・・!
メール、LINEで 簡単に
メッセージが送れる時代だからこそ、
手書きの「手紙」には
ぬくもりがあります。

それを、毎年 紡いでいけば
素敵な成長記録になります。

ひらがな習いたてだった
1年前と比べると
小2君の進歩は、一目瞭然。
「こうしてみると、成長しているんですね~
あ~、よかった。安心しました(笑)」
と、お迎えママ。
e0365999_22425124.jpg
一年前は
片言をつなげ合わせただけだったのが、
e0365999_22471753.jpg
2年生では、
こんなに た~っくさん 書けるようになりました。
e0365999_22474651.jpg
「世界で一番だいスキな おかあさん。
これからも いっしょがいいです。」


この言葉だけで、「母」は元気になれますね。
5月中はずっと書いています。
「母の日作文」は、体験レッスンにぴったりです!

お問い合わせは、こちらへ****


[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-24 23:24 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

「あんなに たくさん読み聞かせをして
絵本だい好き!だったのに…
国語のテストがいつも悪いんです
このままだと 語が嫌い になりそうで・・・」

特に、低学年のお母様からのお問い合わせには
このようなお悩みが多いです。
特に、国語の大事さを 身に染みて感じていらっしゃる
素敵なご家庭ほど、深刻なご様子…

でも、多くの場合、ご心配には及びません。
それは、
「テスト問題に慣れていないだけ」
だからです。

まずは、教科書をじっくり、丁寧に
一緒に読んでいきます。
そして、物語文・説明文、それぞれの線を引くべき個所
明確にして、一緒に線を引いていきます
この「線引き」の基本は、中学受験から、高校・大学受験まで
繋がっていく優れもの。
ただ、音読するだけではなく
ポイントをしぼって、質問しながら
ご一緒に読み進めるだけで、読解が 全く違ってきます。

私立の女子小学校に通う、作文コースの小2さん。
学校での読み取りテストの前に、
1回だけ、「さち式 線引き読解」を ご一緒にしました。
(詳しくはこちらをさち国語塾 ご覧下さい)
要点をまとめ、ノートに書いていったところ、

「先生!先週のテストで、なんと、95点 でした!
娘も、私も大喜びです!ありがとうございます」


国語が嫌いになる前に、レッスンできて、本当によかったです。

そう、国語が嫌いになる好きになるかは、
ほんとに紙一重。特に低学年の間にポイントを押さえ
「国語って けっこうできる!」
と思えれば、しめたものです。

国語が嫌いになる前に
一度、体験レッスンにいらっしゃいませんか。

お問い合わせは こちらまで***

お気軽にいらっしゃってくださいね。
e0365999_05592122.jpg
「さち式 線引き読解コース」は、マンツーマンレッスンです。
「作文コース」は、お友達お二人まで、ご一緒にレッスンできます。


[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-23 21:13 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

1か月に1回の作文レッスンに
京都から来てくださっています。
お母様から嬉しいメールいただきました。
「作文教室、今週末やんな~」と
塾の帰りに嬉しそうに話していました~

塾の送迎の車の中で、楽しみにしていたそうです。
今月はなんと、お友達もご一緒に
久々のトリオ・作文となりました。

e0365999_22461276.jpg


通常は、作文レッスンも、
マンツーマンか、お二人まで!なのですが
先月いらっしゃった小5君が
「作文教室、めっちゃ楽しかったで~
Aくんも いっしょに行こう!」

誘ったことが、A君のお母様の耳に入り
今日の体験レッスンになりました。

国語未来塾の作文コースは
書くための準備に、重きをおいています。

e0365999_22460297.jpg


今日も、雨上がりの弓弦羽神社まで
フィールドワーク!
先月との様子の違いを細かくメモ。
実体験こそが、瑞々しい作文への
最高の近道です!
今日のメモは、来月「比較作文」として
使う予定です。
今月の「旬の作文テーマ」は「母の日」
ちょっぴり過ぎてしまったのですが、
二十四節気の「小満」が近いことを
起承転結 
「起」に当てはめて、母の日作文を綴ります。

「母の日のレター、うれしくて、何度も読み返しました。
主人も楽しそうに読んでいました」

作文コースは、年令を問わず
同じテーマでできるので
姉妹で来てくださるレッスンもありました。

e0365999_22431523.jpg


園児さんの、妹ちゃん。
お母さんのだいすきなところは
「おみみ・ほっぺた」
ならいたてのひらがなで一生懸命綴ります。
お姉ちゃんのできあがりを待つ間
特大のハートの絵を描いていましたよ。

e0365999_22400508.jpg


こちらは、6年女子。
思春期真っ只中の女子のママからは
「母の日作文、ありがとうございました。
きれいな文字と、意外な思いに
嬉し・びっくりでした」

日頃なかなか言えない感謝の言葉も、
手紙にすると、素直に出てきます。

小2さんのママからは
「素敵なお手紙のプレゼントに感激でした~
たんぽぽのようにやさしい・・・
うれしいけれど、そんな母になりたいものです」


「書くこと」でどんどん深まる絆 があります。
新しい自分にも出会える作文。

スラスラ作文のための魔法のシート』
ご用意しています。

月に1回からの 作文習慣
是非始めてみませんか。


体験レッスンのお問い合わせは
お気軽にどうぞ こちらまで・・・


[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-19 22:49 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

教室移転して2ヵ月。
おかげさまで、たくさんの体験レッスン・ご入会いただき
さらに、嬉しいご報告が 次々舞い込んでいます。

*体験レッスンで「物語文」の線引き、
とってもわかりやすかったということで、
即ご入会いただいて「説明文」の線引きをお伝えし
なんと、2回のレッスンで
国語の順位が56名中の44位から
一気に11位へ

「親子でびっくりです。本当にありがとうございます。
物語が今までさっぱりでしたが、線引きのポイントを
少しわかりかけてきたみたいです」(お母様のメールより)

*3月から通い始めた、中学2年生が
二人いらっしゃいますが
大手塾の4月末のクラス分けテストで、
お二人とも、
一つ上のクラスに上がりました!

とのこと。

先週体験レッスンにお越しいただいた
小4のA君。大手の塾を渡りあるくも
国語がどうしても苦手で…

最初は緊張気味のA君でしたが、
塾のテキストの問題を一緒に解きなおし、
A君のつまづいている場所、記述のクセなどを指摘。
体験レッスンの途中から、笑顔がみえ、最後の選択肢の難問も
見事にクリアー!

「本日は、初めての体験授業をありがとうございました。
なかなか親子では 国語読解の勉強がうまくいかず
困っていたのですが、今日の体験で息子が素直に
先生の指導に聞き入って学習できている姿を見て
ぜひとも、先生のお力をお借りしたいと思いました。」


レッスン後、早速嬉しいメールをいただき
(メールご紹介のご快諾をいただいています)
来週から、ご一緒に勉強します。

体験レッスンは、入会を必須とするものではありませんが
1回の体験レッスンで、
確実に「線引き読解」の成果を感じていただけるよう
1分1秒を無駄にせず 授業いたしますので
ご好評いただき、体験レッスンだけで
塾の復習テストが満点になった

びっくりされています。
もちろん、効果の出方は、お子様にもよりますが
集団指導では、見抜けない
お子さまの解き方のクセ、伸ばすべきポイントを
優先順位をつけてお伝えできるのが
マンツーマンレッスンの醍醐味です。

国語でお悩みのかたは
ぜひ、一度、体験レッスンにいらっしゃいませんか。

国語未来塾へのお問い合わせは

こちら***お気軽にどうぞ。

e0365999_10462157.jpg
阪急御影駅前 徒歩1分の 静かな明るい教室です。



[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-13 13:30 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)

連休の谷間に 作文を書きに来てくれた
小2のAちゃん。
絵本をたっぷり読んでもらって
心も、言葉もすくすく
のびやかにお育ちです。

ただ、試験での問題文にはまだ慣れなくて、
お母様はお悩みでしたが
作文コースを1回だけ
読解練習コースにすると
読み取りテストは、あっという間に90点台!

今回も、作文コースで
ごきげんさんに「自己紹介作文」を
書きました。

帰り道、お迎えにいらっしゃったお母様に
「しだれちゃんに ご挨拶していく」
と、弓弦羽神社へ…

「春を見つけよう作文」で
「すべりだいみたいに きれいに咲いていました。」
と、書いた境内のしだれさくらが
どうなっているか、気になったそうです。

「久しぶりに二人で歩けたことも 相まって
私にとってもうれしい時間になりました」

と、お母様からメールいただきました。


自然とお友達になること…

スラスラ作文の玉手箱の
ひ・と・つ
です。

e0365999_10571426.jpg
実は、これが、ほんとの「ショウブ」です。
さあ、どんな物語に つなげましょうか。。。

作文を書きたくなったら
国語未来塾へ いらっしゃいませんか。
お問い合わせは こちら***





[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-02 10:38 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

風薫る五月。
うれしいお知らせをいただきました。

遠方のため、月1回の「さち式線引き読解」
90分授業を続けて、半年。
(「さち式線引き読解」については
さち先生のブログをご覧下さい:https://ameblo.jp/sachi-kokugo/entry-12365930553.html )

国語がどうしても足をひっぱっていたA君(中3)が
3年になって初めての実力テストで大躍進!
初の1ケタ台(6位/200人中)になりました~とのことです。

一番苦手意識が強かった国語での この伸びに、
大いに自信がつきました!と お喜びです。

小さいころから読書が趣味のA君。
社会や歴史は大得意、でも、記述部分が書けなくて
いつも大量失点の繰り返しでした。
そこで、線引きを記述問題に生かすポイントにしぼり込んで
特訓を重ねたところ、記述問題で点がとれるようになり
全体的なミスも減ってきました。

お子さま、お一人お一人で、答え方のクセ、
伸ばすべきポイントが異なります。

答案を拝見すれば、そのポイントが的確にわかりますので
優先順位をつけて、訓練できるのが
マンツーマンレッスンの強みです。

「国語を、どう勉強したらいいか 分からない・・・」
そういう方こそ、1度、体験レッスンにいらっしゃいませんか。
1回の体験レッスン枠は、60分。
45分で、まず、公開模試、定期テストなどの答案を拝見し
一緒に解きなおしていく中で、お子さまの解き方のクセ、
伸ばすべきポイントを見抜き、的確にご指導します。
あとの15分で、教師の所感、今後の練習法、問題集なども
お伝えできます。
1回の体験レッスンだけでも、 
「やる気がでた!」
「何をすればいいか、やっと、わかった!」 

喜んでいただいています。
体験レッスンは、その後の入会を必須とするものでは
ありませんので、お気軽にご連絡くださいませ。
国語は、全ての科目の基礎学力です。
「国語を得意科目に!」しませんか。

体験レッスンのお問い合わせは こちらまで***

e0365999_10462157.jpg
国語未来塾は、
阪急御影駅、徒歩1分
光あふれる教室です。









[PR]
# by kokugomirai | 2018-05-01 09:56 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

ゴールデンウィーク初日は、土曜日。
週末しか来られない!と、今日も遠方からの生徒さんが
たくさんお越しくださいました。

国語未来の作文コースは、五感をたっぷりつかうことから
始めます。
土曜日レッスンでは、お天気が良ければ外にお出かけ。
五感で、自然をつかんでマッピング。
白い、花ニラの匂い、ご存知ですか?
ツツジの蕾を守る皮は、アリが捕まってしまうくらい、
ねちゃねちゃです。

こうして、五感を刺激して作文していくのは
読解力をつけるための、何よりの準備となります。

いつもと違う経験たっぷりのゴールデンウイーク!
五感をたっぷり刺激して、作文の素集めて来てくださいね。
e0365999_10463226.jpg
教室では今、矢車草が、見ごろです。
e0365999_10462157.jpg
e0365999_10464863.jpg

[PR]
# by kokugomirai | 2018-04-28 22:05 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)