今日の作文コースの体験レッスンには、
中学受験を終えて、ほっと一息…の
お嬢さんがお見えになりました。

国語未来塾の作文コースには、いろんなメニューがありますが
「中学受験」という、人生の大きな体験をなさったのですから
しっかりと、その宝物の経験文字」に残しておく ことを
おすすめしています。

「もう、塾で書いたし…」という場合でも、
国語未来塾では マッピング に、大いに時間をとります。

e0365999_12232767.jpg
まずは、自分の頭の中を、全部一枚の紙の上に 書き並べていくのです。
その時にも、ちょっとした コツがあり
体験レッスンでは、そのコツを じゃんじゃんお伝えしていきます。
*算数の方が得意。。。作文なんて、書いたことないというお子様も、
*合格お祝いをもらった人に、お礼の はがきを書くのも一苦労…というお子様も

魔法のマッピング+スラスラ作文のコツ
をおつたえすると、
60分で、原稿用紙1枚~2枚は 軽く書きあげます。

e0365999_12235246.jpg
これには、本人も お母様たちも、びっくり!

作文のポイントは、なんと言っても「書く前の準備」なんです。
料理と同じく、旬の材料と、下ごしらえがしっかりできていれば
あとは、手順(起承転結に従って、お一人お一人、
自分なりの優先順位で書いていけばいいのです。

e0365999_12243689.jpg
常連さんになると、これくらいのマッピングで
原稿用紙3枚くらいは、あっという間に膨らませて書いていきます。

e0365999_12242657.jpg
「書く」ことは、何よりも、「自分を客観的に見る」ことにつながります。

必ずしも、第一志望と今回は、ご縁がなかった場合でも、
書くことで自分の経験を丸ごと振り返り、
頑張った自分に 自分でオッケーサインが出せている…
そんな体験記を目にすると、「人生に無駄な経験は 何一つない!」と
思わず、目頭が熱くなります。

「こんなことを考えていたんだと、初めて知りました。
子供は、私たちより、ずっとずっといろいろ感じているんですね」

そんな暖かいメールも、お母様からいただきました。

体験レッスン1回で、受験体験記を書いていただけます。
「12歳の時、これだけ頑張ったんだなあ~」
未来の自分に誇れる体験記、おすすめです。

国語未来へのお問い合わせ・
体験レッスンへのお申し込み は こちら***
(体験レッスン後の入塾は 必須ではありません)

素敵な春に なりますように・・・178.png


[PR]
# by kokugomirai | 2018-02-21 21:25 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

「うちの息子、とにかく 国語が嫌いで、だから苦手なの」
どうにかして~と、お友達ママに頼まれたのが
去年の夏でした。

逃げに逃げてきた国語の勉強に
とうとう、向き合わざるを得ないのが
高校受験です。

50点満点かと 見まがうほどの
定期テストの国語…
まずは、絶対点を落とせない「文法」から
夏休みは 徹底的にやりなおしました。

11月にさち式線引き読解に出会ってからは
週に1回、どんなに難しくても、あきらめず
公立高校の過去問を いっしょに「線引き」していくうちに
「おっ、できるやんわかるやん!」に変わっていき
国語って、おもしろいなあ~」と!

「さち式線引き読解」をしだして、3回目くらいから
きちんとポイントに「線引き」できるようになり
過去問の正答率もぐんぐん上がって
80%を超えてきました。
こうなると、本人の表情も明るくなり
国語が得意科目」に大躍進。

12月に 公立第一志望校へ
特別推薦してもらえることがきまると
過去問の現代文は 全問正解に近づいていたので
古文・漢文の弱点補強に勤めました。

そして迎えた 受験日。
「算数、めっちゃ むずかった・・・
でも、国語で9割はいけた と思う。
おかげで 面接で持ち直せたよ~」とのこと。

合格発表の日は、家に帰る前に
「せんせ~受かったで!」とうれしい報告を
してくれました。

この半年のがんばりは、
一生の宝物。
おめでとう!

先生冥利に尽きる1日でした。







[PR]
# by kokugomirai | 2018-02-20 22:16 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

国語力は伸ばすのが難しい~
とのあきらめの声を よく耳にします。が、
だからこそ、「伸びた!わかった!」は
お子様だけでなく、ご家族も、明るくしてくれるようです。

「さち式線引き読解」をお伝えし始めてからというもの
お母様からの嬉しいメールが、続々届いています。

大手の塾に通う小5のUちゃん。
前回の塾内の模試の成績が伸び悩み、お父様から特大の雷が落ち…
暗~い顔での登場でした。

そこで、その模試の読解問題を「さち式線引き」をしながら
読み進め、解きなおしていくと、段々顔色が明るくなってきました。
「めっちゃ、わかった!4択も簡単やん!」と!
…そして、その夜、Uちゃんのお母様からうれしいメールをいただきました。
(掲載を快諾していただいています)

先生に線引きのご指導をうけて『面白かった!わかるようになったら
おもしろい!』と、興奮しながら帰りの車の中で語っていました。
おまけに、今までサボっていた学校の宿題の音読まで自分から進んで
読みだしました。驚きの変化に、真面目に驚いています。
その日だけだろうと諦めていたのですが、なんと、昨晩も
音読を自らしていました。わかることで、
小さな自信
行動につながったのでしょうか。

ほとんどあきらめモードで静観していたのですが、
親の立場からも、その小さな自信をすこしでも応援したいという風に
考えが変わりました。
これからも、伴走、どうぞよろしくお願い致します』

お子さんの小さな自信が ご家族みんなの明るい未来に繋がる…

国語未来塾は、そのお手伝いをするために
お子様にしっかり、寄り添って伴走していきたいと思っています。

新学年スタートに向けての体験レッスンも 承っています。
さち国語塾のさち先生もおっしゃる通り、
「さち式線引き読解」には、確立された方法があります。
https://ameblo.jp/sachi-kokugo/page-2.html

体験レッスンに、お子さまの模試の答案、問題集などをお持ちください。
お子さまの現状を把握し、苦手意識をなくす方法や勉強法についてのアドバイスをし、
一度でも効果を感じていただけるレッスンを心がけています。

(入塾をおすすめするものではございません)

お問い合わせ、お申込みは、お気軽にどうぞ。
こちら***
e0365999_23373292.jpg
近くの岡本梅林公園にて
「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」
 が嬉しいころですね。







[PR]
# by kokugomirai | 2018-02-18 23:27 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)

e0365999_15344208.jpg



1月は、関西地区の中学入試対策のため
岡山・倉敷方面の出張教室は
お休みでした。
「よしえ先生に あいた~い!」(年中さん)
「国語未来塾で書く字が 一番丁寧です。」(小2君のママ)

待ち望んでもらってる幸せな出張教室を
先週末岡山で おこなってきました。

今月のテーマは
『立春大吉*作文』
「言葉には、素敵な神様がいてね、
みんなの『言葉』を本当にしてくれる
言霊(ことだま)っていう
魔法の力もっているんだよ」

e0365999_15513135.jpg



『リンゴの木の一年』という絵本から
春を待つワクワクを味わって

お次は子供たちの大好きな
『身体で♪に・ほ・ん・ご♪』
今月はもちろん
「立春大吉!」を一字ずつ
身体で表します。
「立」:でむくっと起き上がり
「しゅ~ん!」:で ジャンプ!

e0365999_15515435.jpg



「大」:はもちろん 両手両足を 思いっきり伸ばします。

e0365999_15593706.jpg



そして、
「き~ちっ!」で 「NO.1」と天を指します。

e0365999_15522452.jpg



子供たちの 嬉しそうな 誇らしそうな顔!

「もう一回する?」
「うん!」
疲れ知らずの子供たち・・・(笑)

身体でたっぷり味わった日本語を
作文にしていきます。

e0365999_15533766.jpg



『まほうのスラスラ作文シート』があるので
「何を書けばいいかわからない・・・」と
困ることは ありません。

神戸教室での定番、今年の目標を
漢字一字で表します。

「走」…なぜなら、うんどう会で一番になりたいからです。
(小2・Aさん)
「文」…なぜなら、読書かんそう文で
金しょうをとりたいからです。(小2・Hさん)
「前」…なぜなら、前むきですべてをがんばりたいからです。
(小2・Aくん)

e0365999_00275561.jpg


e0365999_00231267.jpg


Aちゃんも、A君もノートがなかったので
家に帰ってから書いてくれたそうです。
『今まで、見たことがない綺麗な字で書きました。
時間かかりましたあ。途中、少し怒りながら、
でも「お母さんはもう、向こうに行っていいよ!」と
最後まで一人で書き上げたのは、
わが子ながらよく頑張ったと思います(^▽^)/』


お母さんも お子さんも、もちろん私も
み~んなうれしい出来栄え!

e0365999_18521748.jpg


頑張り屋のHちゃんは、
常に高い目標を掲げて一生懸命です。
そして・・・
小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんの横で
園児さんも見よう見まねで書いていきます。

e0365999_15530788.jpg


『作文が好きになるコツ』

一番めにくるのは、やはり
小さい時からの楽しい習慣化

国語未来塾のみんなは
ほんとに『書く』ことに慣れています。

それは
「書く」材料を きちんと準備してあげるから。

中高生では、もう手遅れでしょうか?
いえいえ、、、

国語未来塾には
一人一人にぴったりの メソッドがあります。

『作文習慣』始めませんか。

国語未来塾
お問い合わせ・体験教室のお申し込みは
こちら***




[PR]
# by kokugomirai | 2018-02-11 16:10 | 出張作教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)

中学受験が終わったんだから、
のんびりした~いはずの六年生受験組さん。
うれしいことに、「待ってました!」とばかりに
『作文、のびの~び 書きた~い!』と
続々集まってくれています。

大手の塾に出す「合格体験記」も、一緒にマッピングして
受験の日々を 思いだしてみました。

アドバイスは いたってシンプル!かつ、明快!
*一番、最初に頭に浮かんだことは何?
*「わたしならでは!」のやり方、みんなにおしえてあげよっか。
*受験期間中一番、心があったまったことは何?
・・・

などなど… マッピングしていくと、どんどん
白い紙が埋まってきます。

そして、なんとも個性豊かな体験記の出上がり!

e0365999_00231567.jpg

e0365999_00242346.jpg
e0365999_00244131.jpg


それらを読まれたお母様方からも、嬉しいメールをいただきました。

☆先日は合格体験記のご指導ありがとうございました。
とても上手に書いていて、読んでいて涙が出ました。

☆読んだ人みんなが嬉しくなる文章です。先生も6年生の親も、
今から受験する生徒さんとその親御さんも。
ありがとうって 連発して書かなくても
感謝の気持ちが伝わるんですね。。。

そうなんです。国語未来塾には
『スラスラ作文の玉手箱』がたくさんあります。

めざすは、
『唯一無二*作文』
他の誰にも書けない、の自分にしか書けない、
そんな、人生の一瞬を切り取るような作文です。

中学受験を乗り越えた 今
〇年生をもうすぐ終える 今
・・・・

いろんな「  」だからこそ
他の誰でもない「  」だからこそ
書ける作文があります。

「書くことは、自分を見つめること」

子供たちは、そんな
『自分の知らない 自分に逢う』ために
作文を書きに来てくれているのです。

3月からは、阪急御影駅前の新しい教室で
お待ちしています。

新教室では、午前中に お母さんのための作文教室
開催する予定です。

ワクワク~の嬉しい春。

国語未来塾へのお問い合わせは 
こちらまで お気軽にどうぞ***














[PR]
# by kokugomirai | 2018-02-10 22:35 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)