オノマトペ・スパイスの魔法、まだまだ続いていま~す。

一年生の妹さんが
ひらめきアート作文教室で創った
「秋の実りのスープ」を見た
小6女子のお姉ちゃん。

『私も、書きた~い!』とのことで
高学年用の「言の葉」部分
『秋の実りの アイン・トプフ』
書きました。

「大人は 私の気持ちをわかってくれない!」
主人公は、もみじの 悩みです。
その悩みが
六甲山をトレッキングしているときに
みつけた「アイン・トプフ」の中で
ぐつぐつ・・・

「悩みに効く、秋の実りのオノマトペスパイス」の棚から
まず、コオロギの リンリンスパイス  
きれいな虫の音で悩みが忘れられ、
次に、柿の むしゃむしゃスパイス
ムカツク大人を、食べつくしてやり、
最後に 台風 びゅーびゅースパイスをたっぷりで
嫌いな相手を無人島までふきとばす!

こうして、このあったか~い ほわほわの
アイン*トプフをいただくと
あら。ふしぎ。

いつの間にか、悩みも消え去り
身体も、心もほっかほか~。

実は、お姉ちゃんは
中学受験の塾通い
真っ只中。
それでも、「国語未来塾、行きたい!」と
大手の塾の 合い間を縫って
通ってきてくれています。

「書く」ことは、
思いもよらぬ、セラピー効果があるようです。

教室に来たときは、「溜息モード」でも
文を書くことで
心の中が「見える」ようになると
帰りは別人のように
元気になって帰ります。

実りの秋、
岡山の実家の畑からは
小さい秋の実り
宅急便が届きました。

e0365999_00141313.jpg


さつまいもの「ほかほか」スパイス

e0365999_00384218.jpg


黒豆の「ころころ」スパイス。

実りの秋ですね~。










[PR]
by kokugomirai | 2017-10-25 00:01 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)