宿題の中で、真っ先に作文を書くようになりました!信じられません

毎月第二土曜日は、ふるさと、岡山・倉敷へ
出張国語未来塾に行っています。

e0365999_23251216.jpg

午前中は、倉敷へ。
中庄駅近くの、トトロの出てきそうな
森の中の公民館です。
e0365999_23254654.jpg
今月初めて、参加してくれた 恥ずかしがり屋の小4さんも
4月の季節作文は、
「起承転結で書く、自己紹介」なので
とっつきやすく、楽しく書いてくれました。
小1の時から、参加してくれているベテラン小6さんは
余裕たっぷり。「前には、どんな風に書いたっけ?」と
過去の自分と対話しながら、書いていきます。

どんなに、作文が苦手なお子さんでも
スラスラ作文のための 魔法のシート
があるので、ご安心ください。
さて、
この日一番の嬉しかったことは
3回目参加の、小3君。
「親が言えばいうほど、作文嫌いになるみたいで…」
と困ってらっしゃったのが嘘みたい…
e0365999_23253059.jpg
この日は、授業が終わった後も、一人で残って
床に座り込み。。。何を書いているかとのぞき込むと…
桜さんから、僕への手紙、書いてみてもいいかな?」
なんと、なんと・・・・自分から 
窓の向こうのおっきな桜の木を見ながら、しこしこ…
こんな素敵なお手紙が 届いたそうです。
(口調は大好きな、「せごどん」風に 薩摩弁です、笑)

*さくらからの手紙
ゆうきどん 進きゅうおめでとうございもす。
おいは ゆうきどんの進級をさくらの花で
祝おうとおもっておりもした。
さきおわってしまって、すいもはん。
らいねんは 考えて花をさかせもす。


e0365999_23260699.jpg
ほんとに、もう、うれしくて 嬉しくて…
月1回のレッスン、3回目にして
こんな素敵な心が育つなんて、ほんとに 子供の力は無限大。

「漢字と、計算と、作文の宿題がでたら、
最初に作文を するようになりました。
信じられません!」とお母さん。

子供は、「書く」ことによって
新しい自分を発見します。
それは、ほんとに伸びやかな 心の芽生え…
一生モノの宝物です。

月1回からの作文習慣、始めませんか。
国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ…

午後は、岡山会場へ 直行しました・・・
e0365999_23301141.jpg


[PR]
by kokugomirai | 2018-04-20 22:33 | 出張作文教室(神戸・倉敷・岡山) | Comments(0)