言葉がけ次第で、こんな作文書けるんですね!

サッカーだい好き!に反比例するように
作文、大の苦手!の小5君。

「けっこう、作文おもろかったで~」という
お友達の言葉にのって
体験レッスンとして
母の日作文を書きに いらっしゃいました。

中学受験も考えていらっしゃるとのことで
最近の受験傾向としては はずせない、
「季節感」も 漏れなく取り入れ
二十四節気「小満」のお話入りの
特別バージョン*「スラスラ 作文シート」
準備しました。

最初こそ、「どうしよう~」と、
とまどっていたものの
やはり、日頃のサッカーで鍛えた集中力
見事 作文に入り込んで、あっという間に
書き上げました。
後日、お母様よりご感想メールをいただきました。
【全文の掲載をご快諾いただいています】

「先日はありがとうございました。
恥ずかしながら 私は24節季のことを知りませんでした。
時節の表現をいれることで、
こんなにも文章が素敵になるんだなって感じました。


言葉かけ次第で 息子でもこんな作文が書けるんだという驚きと、
教室で先生に教えて頂いて書いたものだとわかっていても、
嬉しくて 何度も出しては 読んでいる私がいます。
手紙でもらうと こんなにも嬉しいものなんですね。


文章を書くのが嫌!という思いが
少しずつ 好きに向かっていってくれたらいいなぁと
思っています。

宜しくお願いします。


ほんとに・・・!
メール、LINEで 簡単に
メッセージが送れる時代だからこそ、
手書きの「手紙」には
ぬくもりがあります。

それを、毎年 紡いでいけば
素敵な成長記録になります。

ひらがな習いたてだった
1年前と比べると
小2君の進歩は、一目瞭然。
「こうしてみると、成長しているんですね~
あ~、よかった。安心しました(笑)」
と、お迎えママ。
e0365999_22425124.jpg
一年前は
片言をつなげ合わせただけだったのが、
e0365999_22471753.jpg
2年生では、
こんなに た~っくさん 書けるようになりました。
e0365999_22474651.jpg
「世界で一番だいスキな おかあさん。
これからも いっしょがいいです。」


この言葉だけで、「母」は元気になれますね。
5月中はずっと書いています。
「母の日作文」は、体験レッスンにぴったりです!

お問い合わせは、こちらへ****


[PR]
by kokugomirai | 2018-05-24 23:24 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)