毎週通うのはちょっと無理・・・という
遠方にお住いの生徒さんのために
金曜日・月1回のコースも あります。

思春期真っ只中の小6女子さん。
登場と同時に、一か月分の アレコレを 弾丸トーク!
うっぷん晴らしのスタートです。
この時の ポイントは 「うんうん」と 聞きいれること。
意見を求められているのではなく、
「頭の中 モヤモヤを 言葉にして 外にだす!」のが 大切だからです。
(我が子には、ナカナカ できないんですけどね…)

ひとしきり、排出作業が終わった後で

「母の日、なにか あげた?」
なんも。」
「じゃあさ、母の日作文 書いてプレゼントするのはどう?」
嫌がるかな~と思いきや、
うん!

e0365999_07043351.jpg



思春期お嬢さんにとっても、お母さんパワーは 偉大です。
いえいえ、思春期だからこそ?

日頃は、口が裂けても 言えないような「思い」が 
なぜか 「文字にする」 という一動作が加わることで
素直に出せるのが ふしぎです。

しかも、「お手紙にする」ことで 「手渡せる」。
確実に、相手に「思い」が届いていきます。

メールやLINEで、ぱっ、ぱっと、何でも 済ませる時代だからこそ
「お手紙を書いて 渡す」ことが あったかい。

古いからこそ、今 新しい 「手紙を書くこと」の可能性
何年たっても、その時の「今」が、確実に そこにあります。
「思い」を言葉にして「書くこと」
子供たちの未来のために どんどん 広げていきたいなあと思います。

e0365999_06465237.jpg

5月は、た~くさん、お母さん作文書きましたね。
また、大人になった時 親子で読み返してみるのも楽しみ・・・
手書きだから、思いがなおさら 色褪せずに残るのでしょうね。


168.png国語未来塾178.png
masakique☆i.softbank.jp

(★を@に変えてお送りください)

体験教室も、随時行っています。
お気軽に お問い合わせ下さいね。


[PR]
by kokugomirai | 2017-05-26 22:54 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)