2018年 08月 05日 ( 1 )

「いつから、どれくらいの頻度で
来ればいいですか」


炎天下の土曜日、北区からわざわざ
体験レッスンにお越しの
中1 A君。

同じような質問を、体験レッスンの後
よくいただきます。

体験レッスンで、お子さまの現状をよく把握し
以下の3つのポイントで
それぞれの お子さまにアドバイスしています。

*目標と、その時期は?
*現状の 国語力のバランスは?
*お子さまの 他の塾・部活とのスケジュールは?


先のA君の場合は、公立上位校を目指しているとのこと。
お持ちいただいた1学期の期末テストは、平均点+10点くらい。
ただし、今まで他の塾には通ったことがない。ということで
・問題の解き方に 慣れていらっしゃらないこと、
・記述問題で、大量失点なさっていること、
・文法が苦手だということ、
・部活が、忙しく、夏休みでも週1回しかやすみがないこと。
などをお聞きし、

「まずは、夏休みは、あと2回くらい。
そのあとは、おすすめした問題集を
自宅で「線引き読解」して
月1回~2回(来られる時)に来ていただく。
ひとりでは、なかなか「線引き」のポイントは
わからないので、その時「線引き」を
チェックし、解説しましょう。」


上記のような ご提案をいたしました。
お母様は 通わせたいお気持ち満々なのですが
思春期男子君は、なかなか手ごわいです。

でも、「数学は、正解を聞くとなるほど!と納得できるけど、
国語は、正解を聞いてもなんで?と思うから今まで嫌いだった。
でも、今日は、ぼくの間違いの理由がわかった!
すっきりした!」

それは、喜んでくださいました。

小学校の、低学年・中学年でいらっしゃった場合
上記の3つに合わせて
*中学受験なさるのか。
*国語がお好きかどうか。
*漢字・語彙の力はどうか。
*国語・作文が 好きかどうか。
など、いろいろお話しながら
最も必要なレッスン内容を 必要なだけ
ご提案しています。

いつから、どのくらい始めるのがベスト!
という答えは、それぞれのお子さまの状況によって違います ので
一度、体験レッスンにいらっしゃっていただければ
ご家庭での勉強方法も含めて
アドバイスできます。

どんどんできるようになれば
回数もぐ~んと減らし、
読書感想文コースのように、
ひとまず 卒業!
もう、自分でできるよね!
という状況を目指して、 
今週も、熱い戦い、始まっています。

e0365999_21412028.jpg

低学年さんに好評なのが
「辞書引きレッスン!」
ご自宅でこんなに、ひいて
付箋をはってきてくれたのは
小2ちゃん。
「せんせ~こんなに しらべたよ」
満面の笑顔でご登場です!

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ***

なお、お盆前までのレッスンは
体験レッスンも含めまして、満席です。
(11~16日までお休みをいただきます)

お盆明けの翌週からは、
若干お席が空いています。
9月から、新しいスケジュールで行いますので
大人レッスンも合わせて、
お気軽にお問い合わせ下さい。


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-05 22:11 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)