2018年 08月 07日 ( 1 )


蝉時雨に励まされるように
子供たちも 読書感想文を
どんどん書き上げています。

今日は、線引き読解コースの
中2女子Aさんが
夏休みは
国語未来塾の読書感想文コースに
初挑戦!
作文大嫌い!気持ちを書くなんて無理!
読書感想文 ~気が重い!
と、ご家族の悩みの種だったそうです。
でも、国語未来塾でなら
何とか 楽しく書けそうな気がする!と
お申込みいただきました。

選んだ本は
『天国への49日間』
中学女子に人気のケータイ小説です。
可愛い表紙絵とは 裏腹に
いじめを苦に 自殺してしまった中学生が
死後49日の間に 仲間や家族のいる現世に戻って
いろんな経験をします。

いじめのシーンは、読むのが辛いほど悲惨だし
途中で、悪霊がでてきて 戦ったり
主人公を助けるのが霊感の強い少年 という設定も
なんだか、少し現実味が乏しくて、
読書感想文 初級コースとしては
少々難しい題材です。

2回目の途中、体調不良も重なって
「もーむり。何も思い浮かばない。」「わからない」
「そんなこと、考えたこともない」
と ナイイナイ づくし・・・・

さすがの『読書感想文*魔法のスラスラシート』でも、
無理かなあ…と
いうところもありましたが、休憩を挟みながら
もう一度、心に引っかかったところに
「 なぜ? 」
の疑問を綴っていく形で
文をつないでいきました。

なぜ、主人公は「いじめた人を許せるのか」
なぜ、「復讐がはたせたのに ちっともうれしくなかったのか」
自分の疑問に一つ、一つ
丁寧に答えるうちに、中2女子さんの考えも読み取りも
ぐんぐん深まっていきます。
ラストシーンの主人公の出した「答え」にまで
思いをはせ、意見を述べるところまで
ぐーんと、成長したのがわかります。

e0365999_06093460.jpg


書きあがったときの 晴れ晴れとした顔!
5枚の原稿用紙を 埋めつくすことができた達成感。

帰宅後、お読みになったお母様から
『読書感想文、読ませてもらいました。
文章力のあまりのなさに 毎年苦労していたのですが
今年の出来!にはびっくりしました。
じっくり、向き合って書くことが大事ですね」

と、メールをいただきました。

子供たち、一人一人とじっくり向き合って
何を 考えているのか
どこに ひっかかっているのか
何が 書きたいのか 

トコトン 引きだしていきますよ。

「うちの子は 何も考えてません」
なんて、そんな・そんな…

今年の夏休みは、
さち式線引き読解コースと
読書感想文コース
スポット作文コースと
3つのコースをご用意していますので
例年に増して、
大賑わい。

暑さをパワーに変えて
乗り切っています。

国語未来塾
お盆明けは、まだ少しお席があります。
体験レッスン・スポット作文の
お問い合わせは
こちらへ***


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-07 22:02 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)