人気ブログランキング |

真夏を思わせる日差しの中、嬉しいお知らせです。
「さち式線引き読解」は、公立中学校の定期テストにも
効果有リ!

1学期の国語の中間テストで、学年最高得点が 2校連続!!
国語未来塾の常連さん、2名の大躍進です⤴⤴


国語未来塾のある阪急沿線は、
公立中学校もレベルが高く、内申書の点数をとるのが
大変です。

国語未来塾には、そのための「技」がたっぷり。

①校内の実力テストはもちろん、中間・期末の読解問題でも
どんどん「線引き」して、ケアレスミスをなくします。

古典~満点~♪を合言葉にできる、古典の技があります。

③定期テストの記述で、満点とれます!
作文コースの強みを最大限生かします。

公立高校の入試に記述はありませんが、
定期テストには、50~80字の記述問題が頻出!
そこで、点をとれるかどうかがポイントです。
e0365999_00012182.jpg
芥川龍之介の「トロッコ」の最終問題は、

「主人公良平の「心情」が情景描写として、描かれている部分がいくつかある。それぞれの風景を表す言葉と、「良平」の心情がどのように重なっているかということについて次の条件1と、2に従って書きなさい。(50字以上、70字以内)」
国語未来塾の常連Aくんは、
「せんせ~この2問、最後の5分でかきあげたよ~」
そして、しっかり満点(7点×2=14点)をもらっています。

そして、何より・・・
書くことは、考えること。

国語脳を育てると、全ての科目が連動してきます。

そろそろ、夏休みのお問い合わせも増えてきました。
国語テスト診断付き、限定レッスンも大好評です。

国語脳を育てる夏!始まります。

国語未来塾
お問い合わせは
こちらへ***

国語で未来を拓きましょう!


by kokugomirai | 2019-06-14 00:35 | さち式線引き読解*受験国語コース | Comments(0)