カテゴリ:国語未来塾*作文コース( 198 )

立春を迎え、頬を渡る風にも 
春の気配を感じる頃
中学受験を終えて、ほっと一息のみんなへのプレゼント

~人生のイベントを 文字に残しておこう!~

小5の冬から、作文コースに来はじめた
野球大好きA君。6年の6月に、
「せんせ~やっぱ、受験したい。
中学でも マジで 野球がやりたいから。」

子供たちの夢を全力応援するのが、国語未来塾。

即座に、さち式線引き読解コースに代わり、
初めは50点満点か?というような結果にも
めげず、くじけず、あきらめず、
野球で鍛えぬいた「頑張る力!」を発揮して、
国語で点数を稼げる!レベルまで到達し
見事、合格!179.pngサクラサク~179.png

せっかくだから、その体験を書き残しておこう!と
「今年の約束の字」作文に取り組みました。

e0365999_09343187.jpg

選んだ文字は、もちろん「球」

「一番頑張ったことは・・・・」のくだりでは
「でも、僕としては、野球も勉強も中途半端だった気がしています。
なぜなら、土日以外は一つも野球をやらずに、勉強だけだったからです・・・
一方、そのおかげで、見事に受験に合格できました。」

いやいや、土日は「塾にも行かない!宣言」して、周りをヤキモキさせつつ
野球も受験勉強もやり続けたなんて、なかなかできないことですよね!

e0365999_09365907.jpg

「そこで、今年の約束の字は 「球」 にしました。
なぜなら、今年こそ、野球だらけの一年にしたいからです」


夢がしっかりあると、「生きる力」が漲って、ぶれません。
「夢は?」「自分のいいところは?」なかなか、真正面から考えないテーマについても
国語未来塾では、しっかり練り上げていきます。
だから、「自己肯定力」が、自然と身につくのです。
「自分をきちんと評価できる」お子さんは、「他人もきちんと評価」でき、
他人も、そして自分も、傷つけることがなくなります。
子供たちは、そんな「生きる力」を 書くことを通じて
しっかり養っているんだなあと、うれしく思います。
1年前に、かいた「約束の字」と比べると
進歩の幅は一目瞭然!


e0365999_09363527.jpg

「ありがとうございました。今日、満足そうに帰ってきました。書けた?と声をかけると、「けっこう書けたで!」と見せてくれました。丁寧な字で、頑張って書けていたので、ほめると、「そうやろ?」といい表情でした。
ほんとに、最後まで楽しく作文書かせてもらって、感謝します。私では、ケンカになって、よけいに嫌いにさせていたのは明白ですので。また、中学校からの宿題に作文を春休みに書くことになっているのですが、いいモチベーションに繋がったかなと思います。困った時には、また、ヘルプ出します。その時は、よろしくお願いします179.png

お母様からも、嬉しいメールをいただきました。
人生の節目節目に、こうして、そっと寄り添えるなんて、
教師冥利につきます。

国語で未来を拓く お手伝い
これからも 続けてまいります。

e0365999_00551239.jpg



170.png国語未来塾170.png
お問い合わせは
こちらへ***



by kokugomirai | 2019-02-07 09:42 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)


「倉敷でも、出張国語未来塾して下さ〜い!」
熱いメッセージをいただいて、早6年。
月1回の教室に小学1年生から、
ほぼ、皆勤賞で通ってくれていたCちゃん。

月1回の作文習慣で、作文だ~い好き!になってくれました。
そして179.png
この春の中学受験で、難関校を次々に突破!
嬉しい春のご報告をいただきました。

179.png岡山中学 東大医進S特待(授業料も寮費も全額免除!)
179.png四天王寺中学 英数Ⅱ
179.png岡山県立大安寺中学校

そして第一志望の179.png広大附属福山中学校も!

大学時代の友人でもあるお母様から、
こんなうれしいメールが、今朝届きました!

ありがとうございます!うれしい知らせは、よっちゃん先生のおかげよ〜。
理系は大手塾で、文系はよっちゃんの作文指導のおかげと思ってますよ!

そっかあ!月1回の作文習慣でも、こんな大輪の花が咲く🌸
おっきな、励みをいただきました。
e0365999_23251216.jpg

1月は、関西での受験指導が手いっぱいで
お休みをいただいた出張教室。
2月は、立春大吉!
「約束の字」を書きましょうね~。

出張国語未来塾
ほぼ、毎月・第二土曜日
〔倉敷)10:00~11:30
(岡山)13:00~14:30


詳しくはお問い合わせ下さいね。
こちらへ***



by kokugomirai | 2019-02-05 15:53 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

月に1回の作文習慣
5回目で
「今年は千個くらい おはなしを書きたいです。
一年たったら こども作家になっているかもしれません
。」

こんな、素敵な夢が生まれています。
私立の小学校に通う2年生女子さんです

2019年のまくあけです。
さいしょの作文は ことばの力をもらって書きます。
ことしのやくそくの字は「本」です。
なぜなら、本をよむのがすきだからです。
本を読むと、そのせかいにとびこんで、
しゅじん公といっしょに いろんなことをしたくなります。
『くすのきだんち』のようなお話をつくってみたくなります。

e0365999_14551494.jpg


今年は 1000個くらい本を書きたいです。
そのために、1週間に10さつ 本を読みます。
そして 読書日記をつくります。
1年たったら、こども作家に なっているかもしれません。


e0365999_14561605.jpg

*国語未来塾、作文コースのおかげで、
本を読んだり 書いたりするのが 大好きになりました。
1か月に1度のレッスンがまちきれないようです。

と、お母様からもうれしいメールをいただきました。
低学年のときに「作文大好きスイッチ」が入れば
記述問題も、すらすらっと いけます。

そこで 2月から
「さち式線引き読解+
作文・記述プレミアムコース」を新設!

2020年の大学入試改革を見据え、中学・高校受験も様変わりしています。
国語未来塾では
受験対策はもちろん、
その先の「生きる力」として、真の読解力、作文力を磨くべく、
満を持して、プレミアムコースを用意しました。
60分の中で、さち式線引き読解と、
作文記述の両方が学べる*プレミアムコース
です。
コースの内容は、完全マンツーマンですので、
お一人ずつにぴったりの教材、分量を見極め、
きめ細かく対応していきます。

プレミアムコースの詳しいご案内、
体験レッスン(ご新規は限定5名)

こちらへ***
e0365999_14554769.jpg
国語で 未来を拓きましょう!




by kokugomirai | 2019-01-29 15:34 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

「あ~、せんせい、やっぱりいいわ~。
作文、ずっと書きたかった~」
第一志望に見事合格!
嬉しい報告と共に、早速作文コースに
帰ってきてくれました。

小4から来てくれていたAさんは
6年の4月に受験を決めて
そこから、「さち式線引き読解」を始め、
大好きな「七夕作文」「サンタ作文」も封印。

「今日は、約束の字、書くでしょ?」
毎年恒例の、今年の目標の1字を決め
言葉の力をもらって 作文に仕上げます。

選んだ1字は「挑」
2018年に一番がんばったことも、
きちんと文字に残し、その上で
2019年の抱負へと つなげます。

「4月からは、新しい生活が始まるので
先入観を持たず、
たくさんのことにしたいからです」

e0365999_06123279.jpg


「せんせ~、やっぱり、作文ていいなあ~。
これが、ずっと 書きたかった~」
しみじみ言いながら、綴っていきます。

受験が終わっても、終わったから?
また新しい気持ちで、作文を始める!
そんな頼もしい子供たちのために
「さち式線引き読解」のスキルも 忘れないように
「作文コース」と
「線引き読解コース」の二つを合わせた
『線引き読解&作文 プレミアムコース」
新設することにしました

詳細のご案内は、追っていたします。

「さち式線引き読解」認定教室ならではの
とっておきのコースです。

e0365999_06131990.jpg


子供たちの書いた「約束の字」
どんどん増えています。

受験が終わったら
その宝物の経験を文字に残し
新しい生活への 礎にしませんか。

国語未来塾
体験レッスンのお問い合わせは
こちらへ***


by kokugomirai | 2019-01-23 22:13 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

1年の計は、元旦にあり!
国語未来塾の作文コースは
毎年、1月の季節作文として
「今年の目標を1字で表そう!」
「約束の字」
というテーマで 幕開けです!

「2019年、最初の作文は 
言葉の力をもらって書きます」

e0365999_23181443.jpg


頑張り屋さんの小学2年女子さん。

えらんだ文字は「勉」です。

e0365999_23182946.jpg


選んだ理由と
そのために実践する3つのことを考えます。
「絵に描いた餅(文字?)』に終わらないように…

e0365999_23185797.jpg


小3男子君は「社」
社会が苦手だからだそうです。

e0365999_23405401.jpg



小2男子君は「時」

弟に気がちって 
時間のむだづかいをしたからです。

e0365999_23180192.jpg


小1から来てくれている6年生女子さん。
約束の字作文はお手のものです。
起承転結の「起」の部分には
去年の振り返りも 書きこみます。
「そして、2019年も去年に負けないような
キラキラした一年にします。
そこで、今年の約束の一字は
 にしました。」
3年は「難」
4年は「挑戦」の「挑」
5年は「準備」の「備」
自分の選んだ字は、けっこう覚えています。

e0365999_23282951.jpg


教室の壁に一人ずつ
貼っていっています。

姫路の書写山円教寺では、
年末ではなく、年始に
「新春夢の書」として
住職さんが、今年の一字を発表なさるそうです。
2019年新春に選ばれた字は「恩」です。

「作文コース」ではない
「さち式引き読解コース」の受験生も
書きたい!ということで
「勝」

を書いて 貼っていました。

1月の体験レッスンでは
この「約束の字*作文」を
書いていただけます。

2019年、どんな1字で幕を開けますか?

国語未来塾
体験レッスンお申し込みは
こちらへ***


by kokugomirai | 2019-01-13 23:15 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

e0365999_23581265.jpg

冬休み最後の日曜日も
中学受験生さんにとっては 
直前の大切な1日。
今日も朝9時から 過去問抱えて教室へ来る6年生。
この時期に、お熱が出てしまい
「どうしても行きたいと言っているんですが
無理をさせるのも・・・」とのメールには
電話レッスンで対応しています。

「先生の声を聞いて、安心した~」と
明るい声にこちらも ホッと一息。
今の時期は、とにかく
身体と心を整えることも大切です。

そして、国語重視の傾向は今後も続きます。
何より、難関校ほど、求めてくるのが
「記述力」

ただ「書く力」は、残念ながら
一朝一夕には身につきません。
記述の直前対策として
「部分点がもらえる書き方」なども
お伝えしています。
が、
「国語で 余裕点をとりたい!」なら
やはり、記述部分で高得点を
狙うのが一番です。

受験指導をしていく中で
見えてきたこと。
ズバリ
「書く力を 早めにつけておくこと」
これが大切です。

国語未来塾では、低学年からの
作文習慣が身につきます。
1月だったら「約束の字」作文。

作文コース*ベテラン組は、
「この作文を書かないと 1年が始まらない!」
そうです。

e0365999_23595214.jpg
12月に作文体験レッスンに来てくれた 小2の女の子が 
レッスン後、お母様とお話していると 
待ち時間に書いて持ってきてくれました。

体験レッスンで書いた
「お正月をみつけたよ」作文を
お正月集まった親戚や、おばあさまに
嬉しそうに披露なさったそうです。

1月下旬までは満席ですが
その後の体験レッスンの受付を
再開します。
ご希望の方はお早めに
こちらへ・・・

国語で未来を拓きましょう
国語未来塾




by kokugomirai | 2019-01-06 22:16 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

e0365999_15025433.jpg

平成最後のクリスマスイブ!まで
カウントダウンとなりました。
週末は、京都、岡山から
作文コースに来てくださいます。

朝から、晩までサンタ作文と
中学受験対策と
サンタさん並に忙しい師走が続いています。

e0365999_07085826.jpg


「サンタさんへのお願い、間に合うかなあ~」
毎年、定点観測のように書く、
サンタさんへの手紙作文。

国語未来塾では、季節を大切にしつつ
「三段論法」
高学年以上には
「三段論法+転=起承転結」
の練習をしていきます。


e0365999_07164853.jpg



まず、 ○○なサンタさんへ。
サンタさんが喜ぶような、修飾語を考えます
・おひげのりっぱなサンタさんへ(小3女子)
・ほしいものが作れるサンタさんへ(小2男子)
・プレゼントを持ってきてくれるサンタさんへ(小2女子)
・いつも私を見守ってくれているサンタさんへ(小5女子)
・かっこいいサンタさんへ(小1男子)
・・・
人を喜ばせる言葉が たくさん紡げることは
人間関係をよくする上でもとても大切。

国語未来塾の三段論法には
★自己評価を高めるコツ!
がさりげなく 組みこまれています。
自分の1年に点数をつけて、サンタさんに報告します。
ベテラン組ほど、
自己評価の点数が高くなります(笑)

e0365999_07304574.jpg


e0365999_07132254.jpg


こんなところを、先生や、両親にほめてもらったよ~
これも、自己ピーアールとして書きます。
「そんなとこな~い」と言ってる子供たちも
書いているうちに、どんどん思いだして
「おっ、自分もなかなか 捨てたもんじゃない」
と思えるようになります。

ありとあらゆる場面を利用して
書くことで、生きる力 漲る子供たち


「こんな手紙、初めて書いた!
プレゼント、絶対増える気がする!」
土曜日に体験レッスンに来てくれた小3の女の子も
目を輝かせて帰っていきました。

さあ、クリスマスまであと2日。
今日も ご要望が多くて
日曜日の特別レッスンしています。

全ては、子供たちの未来のために・・・

国語未来塾

e0365999_07081095.jpg

妹ちゃんの分まで、しっかり書けましたね!




by kokugomirai | 2018-12-23 07:14 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

国語未来塾が産声をあげたのは10年前の3月。
その時から、ずっと通ってくれている
初代の生徒さんは、中1になりました。

こちら、その3人組。
e0365999_23240336.jpg
3人とも中学校は違うのですが
週1回の国語未来塾の時間を 
それはそれは、楽しみに通ってくれています。

今3人が取り組んでいるのが こちら。

e0365999_10464863.jpg
国語未来塾 作文コースの中学一年生の定番
『君たちはどう生きるか』
です。

実は、国語未来塾では、開室当時から
「中学生になったら、必ず要約する教材」として
扱っていました。

e0365999_22433128.jpg
教室で読んできたのは、最近流行りだす前の旧版です。
結構中身がちがうので読み比べるのも面白いです
「なんで、ココ、新版では こんな表現なんだろうね~
こんな、読み比べができるのも、国語未来塾ならでは!です。

国語未来塾ベテラン組の3人が、ガップリ 四つに組んで
議論を戦わせる姿は、本当に頼もしい。。。

毎週1章ずつ読み進めています。先週はちょうど、
友達との約束を裏切ってしまったコペル君になりきり、
自分だったら、どんな謝罪の手紙を書くか・・・

実際に書いてもらい、読みあいました。

いやはや…大人顔負けの文章力が、すっきり育っています。

少し前の文化祭、それぞれの学校での様子を 
行き帰りに情報交換したらしく
「せんせ~、今日は提案があります!
初めての文化祭のこと、
書いときたいな~と思って」


はいはい!了解ですよ。

体験したら、即、文字にしておきたい。

こんなうれしい習慣が、きちんと育っています。
国語で未来を拓きましょう!

*国語未来塾*
お問い合わせは
こちらへ・・・



by kokugomirai | 2018-11-23 23:15 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)


山々が紅葉の錦を纏い、
秋色にお色直しをする頃になりました。

2020年の入試改革を視野に、私立の中学校も
「国語力重視!」を鮮明に打ち出してきました。
難関と言われるところほど、「作文力」が求められます。

記述?無理やわ~」の前に
散歩に出かけよう!」
と、国語未来塾の作文コースでは、この秋も
じゃんじゃん 散歩に行ってきました。

近くの弓弦羽神社に行く道にも
秋はたくさん転がっています。

*「まず、南天をみつけました。
南天は、日があたるところだけが
赤くなっていました」(小2)

*「よくみると、葉のふちから、赤くなっていました」(小5)
*「南天は『難転:難を転ずる』に通じるので
縁起が良いと、お正月によく飾られるそうです」(小6)

同じ道を歩いて、同じものを見つけても
学年・個性によって、声掛けを変えます。
すると、自然に、落としどころは違ってきます。
それが、お散歩作文の絶妙なところ…。

去年のものとは、全く違った自分に出会える
宝物のような時間です。

e0365999_06251197.jpg


*本殿の近くに、ハナズオウの木がありました。
茶色のエンドウ豆みたいな実が ぶらんぶらんゆれていました。(小1)

*びっくりしたのは、ハナズオウです。遠くから見たら
枯れているのかと思いました。近づいたら薄くて茶色い枝豆のような実が
びっしりついていました。春に見たときの赤紫の花からは想像できません。(小5)

e0365999_05593555.jpg

そう、こちらが「ハナズオウ(花蘇芳)」
国語未来塾の子供たちの定点観測に、持ってこいのお花さん。
何物にも代えがたい、学びの友です。

e0365999_22081504.jpg

7月には、まさに「枝豆の木」。
子供たちの成長を、しっかり見守ってくれています。

でも、実は5月に一度、赤くなってました。

e0365999_21575630.jpg
その後、緑になって、茶色へ・・・
e0365999_00044861.jpg


た~くさんの「秋をみつけたよ*作文」実る秋です。

★小5君の見つけた秋。

e0365999_06245851.jpg


★こちらは、小2さんの見つけた秋。

e0365999_01075086.jpg


★初参加、小4君の見つけた秋

e0365999_23430733.jpg


★受験真っ只中の 小5君の見つけた秋。

e0365999_23424838.jpg

*夏とは一味ちがうあじさいも 見られました。
前は、見事な花を咲かせていたのに、秋はすっかり花が散っていました。
でも、次の夏のために 準備をしているように、新芽がでていました。
ぼくも 来年受験なので
しっかり準備して いどんで いきたいです!



★生徒会長の小6君、しっかり、じっくり取り組みました。
e0365999_00054244.jpg

★月1回の作文習慣で
「作文大好き!」になるコツ
そっとお伝えしています。

国語未来塾
お問い合わせは
こちらへ***


by kokugomirai | 2018-11-20 06:38 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

日本の山々が紅葉の錦を纏い、
美しくお色直しを始めていますね。
先週の土曜は、京都からの常連生徒さんが
新入りのお仲間君を連れて来てくださいました。
「めっちゃ楽しいから!」という友達の言葉にのって
初めて参加してくれた小4君。

緊張を解きほぐす仕掛けがいっぱいの国語未来塾ですから
ご安心ください。
晴天の土曜日は、お散歩日和。
早速、近くの弓弦羽神社
秋を探しに出かけました。 

e0365999_00050798.jpg
まず、真っ先にみつけた、どんぐり!!

e0365999_00052372.jpg
初めて君は、こんな素敵な文を 紡ぎました。

*秋といえば、どんぐりです。
弓づるは神社にどんぐりの木がありました。
どんぐりは ぼう子で三つずつ、頭をよせて みのってました。
図かんや落ちている実しか見たことがなくて、
つながっているのを 初めて見ました。
どんぐりのおなかは まるまると太っていて、
まるで ひまん体の人の おなかまわりみたいでした。

e0365999_00044861.jpg
*となりには ハナズオウのきがありました。
茶色のエンドウ豆みたいな 実でした。

常連君は、対比表現もお手のものになりました。

*春に見たときとは打って変わって
緑色から茶色になっていました。まるで茶色いエンドウ豆が
ぶらぶら吊りさがっているようでした。

珍しい「招霊(おがたま)の木」も見つけました。
1円硬貨の模様です。なんと!実がなっています。

e0365999_00043672.jpg
*おがたまの実は 鳥に食べられているものもあれば
まだ残っているものもありました。
おがたまの実は、鳥のごちそうなのだと思いました。
なぜなら、鳥に食べられた後のからが、下にたくさんおちていたからです。


e0365999_00040378.jpg
たくさん下に落ちていた、殻を見つけて、理由をみんなで考えました。
自然に因果関係の文章が作れています。

*一番いんしょうに残っているのは 南てんです。
南てんは 日の当たりぐあいによって色が変化していて
赤いのもあれば 緑のもありました。色とりどりでおもしろかったです。
南てんの実は、鳥のごちそうでよく食べられるイメージがあるのですが
食べられていない実が多くておどろきました。

ほんとに、初めてとは思えない書きっぷりです。
お母さんからの伝言では「とにかく、作文が大嫌いなんですよ
とのこと。いえいえ~、まさか!の出来栄えです

e0365999_23430733.jpg

五感を大事に、マッピングをして
書き上げました。

常連君のしめくくりの文はこちら。

*夏とは一味ちがうあじさいも 見られました。
前は、見事な花を咲かせていたのに
秋はすっかり花が散っていました。
でも、次の夏のために 準備をしているように
新芽がでていました。
ぼくも 来年受験なので
しっかり準備して いどんで いきたいです!

e0365999_23424838.jpg
4月からの 月1回の作文習慣で
ここまで、しっかり書けるようになりました!

国語の実りの秋
ご一緒しませんか。
お問い合わせは
体験レッスンは
こちら***




by kokugomirai | 2018-11-08 23:27 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)