カテゴリ:国語未来塾*作文コース( 191 )

国語未来塾が産声をあげたのは10年前の3月。
その時から、ずっと通ってくれている
初代の生徒さんは、中1になりました。

こちら、その3人組。
e0365999_23240336.jpg
3人とも中学校は違うのですが
週1回の国語未来塾の時間を 
それはそれは、楽しみに通ってくれています。

今3人が取り組んでいるのが こちら。

e0365999_10464863.jpg
国語未来塾 作文コースの中学一年生の定番
『君たちはどう生きるか』
です。

実は、国語未来塾では、開室当時から
「中学生になったら、必ず要約する教材」として
扱っていました。

e0365999_22433128.jpg
教室で読んできたのは、最近流行りだす前の旧版です。
結構中身がちがうので読み比べるのも面白いです
「なんで、ココ、新版では こんな表現なんだろうね~
こんな、読み比べができるのも、国語未来塾ならでは!です。

国語未来塾ベテラン組の3人が、ガップリ 四つに組んで
議論を戦わせる姿は、本当に頼もしい。。。

毎週1章ずつ読み進めています。先週はちょうど、
友達との約束を裏切ってしまったコペル君になりきり、
自分だったら、どんな謝罪の手紙を書くか・・・

実際に書いてもらい、読みあいました。

いやはや…大人顔負けの文章力が、すっきり育っています。

少し前の文化祭、それぞれの学校での様子を 
行き帰りに情報交換したらしく
「せんせ~、今日は提案があります!
初めての文化祭のこと、
書いときたいな~と思って」


はいはい!了解ですよ。

体験したら、即、文字にしておきたい。

こんなうれしい習慣が、きちんと育っています。
国語で未来を拓きましょう!

*国語未来塾*
お問い合わせは
こちらへ・・・



[PR]
by kokugomirai | 2018-11-23 23:15 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)


山々が紅葉の錦を纏い、
秋色にお色直しをする頃になりました。

2020年の入試改革を視野に、私立の中学校も
「国語力重視!」を鮮明に打ち出してきました。
難関と言われるところほど、「作文力」が求められます。

記述?無理やわ~」の前に
散歩に出かけよう!」
と、国語未来塾の作文コースでは、この秋も
じゃんじゃん 散歩に行ってきました。

近くの弓弦羽神社に行く道にも
秋はたくさん転がっています。

*「まず、南天をみつけました。
南天は、日があたるところだけが
赤くなっていました」(小2)

*「よくみると、葉のふちから、赤くなっていました」(小5)
*「南天は『難転:難を転ずる』に通じるので
縁起が良いと、お正月によく飾られるそうです」(小6)

同じ道を歩いて、同じものを見つけても
学年・個性によって、声掛けを変えます。
すると、自然に、落としどころは違ってきます。
それが、お散歩作文の絶妙なところ…。

去年のものとは、全く違った自分に出会える
宝物のような時間です。

e0365999_06251197.jpg


*本殿の近くに、ハナズオウの木がありました。
茶色のエンドウ豆みたいな実が ぶらんぶらんゆれていました。(小1)

*びっくりしたのは、ハナズオウです。遠くから見たら
枯れているのかと思いました。近づいたら薄くて茶色い枝豆のような実が
びっしりついていました。春に見たときの赤紫の花からは想像できません。(小5)

e0365999_05593555.jpg

そう、こちらが「ハナズオウ(花蘇芳)」
国語未来塾の子供たちの定点観測に、持ってこいのお花さん。
何物にも代えがたい、学びの友です。

e0365999_22081504.jpg

7月には、まさに「枝豆の木」。
子供たちの成長を、しっかり見守ってくれています。

でも、実は5月に一度、赤くなってました。

e0365999_21575630.jpg
その後、緑になって、茶色へ・・・
e0365999_00044861.jpg


た~くさんの「秋をみつけたよ*作文」実る秋です。

★小5君の見つけた秋。

e0365999_06245851.jpg


★こちらは、小2さんの見つけた秋。

e0365999_01075086.jpg


★初参加、小4君の見つけた秋

e0365999_23430733.jpg


★受験真っ只中の 小5君の見つけた秋。

e0365999_23424838.jpg

*夏とは一味ちがうあじさいも 見られました。
前は、見事な花を咲かせていたのに、秋はすっかり花が散っていました。
でも、次の夏のために 準備をしているように、新芽がでていました。
ぼくも 来年受験なので
しっかり準備して いどんで いきたいです!



★生徒会長の小6君、しっかり、じっくり取り組みました。
e0365999_00054244.jpg

★月1回の作文習慣で
「作文大好き!」になるコツ
そっとお伝えしています。

国語未来塾
お問い合わせは
こちらへ***


[PR]
by kokugomirai | 2018-11-20 06:38 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

日本の山々が紅葉の錦を纏い、
美しくお色直しを始めていますね。
先週の土曜は、京都からの常連生徒さんが
新入りのお仲間君を連れて来てくださいました。
「めっちゃ楽しいから!」という友達の言葉にのって
初めて参加してくれた小4君。

緊張を解きほぐす仕掛けがいっぱいの国語未来塾ですから
ご安心ください。
晴天の土曜日は、お散歩日和。
早速、近くの弓弦羽神社
秋を探しに出かけました。 

e0365999_00050798.jpg
まず、真っ先にみつけた、どんぐり!!

e0365999_00052372.jpg
初めて君は、こんな素敵な文を 紡ぎました。

*秋といえば、どんぐりです。
弓づるは神社にどんぐりの木がありました。
どんぐりは ぼう子で三つずつ、頭をよせて みのってました。
図かんや落ちている実しか見たことがなくて、
つながっているのを 初めて見ました。
どんぐりのおなかは まるまると太っていて、
まるで ひまん体の人の おなかまわりみたいでした。

e0365999_00044861.jpg
*となりには ハナズオウのきがありました。
茶色のエンドウ豆みたいな 実でした。

常連君は、対比表現もお手のものになりました。

*春に見たときとは打って変わって
緑色から茶色になっていました。まるで茶色いエンドウ豆が
ぶらぶら吊りさがっているようでした。

珍しい「招霊(おがたま)の木」も見つけました。
1円硬貨の模様です。なんと!実がなっています。

e0365999_00043672.jpg
*おがたまの実は 鳥に食べられているものもあれば
まだ残っているものもありました。
おがたまの実は、鳥のごちそうなのだと思いました。
なぜなら、鳥に食べられた後のからが、下にたくさんおちていたからです。


e0365999_00040378.jpg
たくさん下に落ちていた、殻を見つけて、理由をみんなで考えました。
自然に因果関係の文章が作れています。

*一番いんしょうに残っているのは 南てんです。
南てんは 日の当たりぐあいによって色が変化していて
赤いのもあれば 緑のもありました。色とりどりでおもしろかったです。
南てんの実は、鳥のごちそうでよく食べられるイメージがあるのですが
食べられていない実が多くておどろきました。

ほんとに、初めてとは思えない書きっぷりです。
お母さんからの伝言では「とにかく、作文が大嫌いなんですよ
とのこと。いえいえ~、まさか!の出来栄えです

e0365999_23430733.jpg

五感を大事に、マッピングをして
書き上げました。

常連君のしめくくりの文はこちら。

*夏とは一味ちがうあじさいも 見られました。
前は、見事な花を咲かせていたのに
秋はすっかり花が散っていました。
でも、次の夏のために 準備をしているように
新芽がでていました。
ぼくも 来年受験なので
しっかり準備して いどんで いきたいです!

e0365999_23424838.jpg
4月からの 月1回の作文習慣で
ここまで、しっかり書けるようになりました!

国語の実りの秋
ご一緒しませんか。
お問い合わせは
体験レッスンは
こちら***




[PR]
by kokugomirai | 2018-11-08 23:27 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)


神無月の作文コースは
倉敷・岡山の出張教室
御影の月1回コースともに
「宝物作文」です。

e0365999_17014484.jpg
低学年さんメインの岡山教室では
もちろんみんなの大好きな
「起承転結ダンス!」から。
e0365999_21574396.jpg
(これは、~でひっくり返るところ!)
園児さんにも、ちゃ~んと宝物はあります。
お姉ちゃんの横で 見よう見まねで仲間入り。

低学年さんの宝物は
「ぬいぐるみ」
「いろえんぴつ」など
具体的なものが多いのですが
e0365999_17013137.jpg
高学年さんになると
「友達」
「家族」
「負けない心」(受験生)
「未来」など
大人でもハッとするような宝物を
見つけてきます。

導入絵本の
『ペチューニアの宝物』のおかげです。

e0365999_17010116.jpg
「先生、親の方が引き込まれました!」と
ママから感想をいただくほどの
名作。
ペチューニアが見つけた本当の宝物は
「お金持ちじゃないってこと。
いい仲間がいるってこと。」

大人にも(こそ?)響く絵本ですから
中学生にも もちろん、読み聞かせします。
(保育園の時からそーゆーもんだと
慣れている 初代国語未来塾っ子たちです)

e0365999_21580916.jpg
中学1年生ペアの宝物は
「平和」
「地球」

それぞれの かけがえのなさを
主観・客観・反実仮想などを
起承転結に入れ込み、
30分で1000字をきっちり書き上げました。

みごと!です。
頭の中に浮かんだことを
過不足なく、主観的・客観的理由を含めながら
文字にしていく力こそ
21世紀の世界を生き抜く子供たちに
求められる力だと思うからです。

園児さんの「宝物作文」
10年後にはどんな未来を 
拓いていることでしょう。

「魔法のスラスラ作文シート」
体験レッスンでも
どしどし書いていただけます。

国語未来塾
お問い合わせは
こちらへ***



[PR]
by kokugomirai | 2018-10-23 01:10 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

大学の講義も始まり、あわただしさの中
なかなかご報告できていない嬉しいお知らせが
た~くさんあります。

「せんせ~!賞状もらったよ~
倉敷出張教室の6年生さんに続き
岡山出張教室の3年生さんたちも
ダブルで、受賞!

e0365999_17075766.jpg


e0365999_17080997.jpg



特に、岡山教室では
直接、読書感想文のレッスンは
時間の都合で できませんでした。
このお二人は、
なんと、自力で書き上げて
見事、 「銅賞!」
これこそ、教師冥利につきます。
しっかりと、作文力がついてきた証拠です。

月1回からの作文レッスンですが
「楽しく書ける*魔法のスラスラシート」が
そろっているので
子供たちも「笑顔いっぱい」の作文が生まれます・

作文、だいすき!っていえる
娘がうらやましいです」

と、お母様。

うふふ・・・
LINEにも、ちょっとひとこと
季節の挨拶を加えるだけで
ぐ~んとイメージが変わりますよ*

そろそろ、大人レッスン
「国語未来塾~言の葉つづり~」も
はじめてみましょうか。

何をするにも気持ちのいい秋

お問い合わせ
体験レッスンはお気軽に
こちらへ***

国語で未来を拓きましょう~!


[PR]
by kokugomirai | 2018-10-12 17:15 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

西日本は、せっかくの週末なのに
お店も、交通機関も 台風警戒中。

大いなるものが 過ぎゆく 野分(のわき)かな
と、高浜虚子がうたったように
おおいなるものに ひれ伏し
レッスンもキャンセル・・・

いえ!
ピンチはチャンス!
毎月1回、京都から楽しみに通ってくれている小5君。
大好きなじいちゃん・ばあちゃんへ
敬老の日*お手紙作文を書くのを楽しみになさってました。

来月も、運動会と重なって来られない。

じゃあ、ネット授業やってみようか!ということになり
ママと、朝から色々ネットの映像と
通話環境を試してみました。

Lineよりも、メッセンジャーのほうが
繋がりやすいことも判明!
先に、魔法の作文シートをPCメールのほうに送り
プリントアウトしていただき
早速始めてみました。

e0365999_21344053.jpg


お互いの顔も見えるし
手元も見えるし
いや、はや、とってもスムーズです。

スラスラシートを埋めていくときにも
適宜、アイディアのアドバイス
漢字・語彙の確認もきちんとできます。

40分ほどでスラスラシートを埋めたところで
一旦終了。
清書は、一人で書いてもらいます。

e0365999_21484868.jpg


できあがったものを写メでおくってもらって
まず、確認した上で
再びレッスン開始。
手元をうつしてもらいつつ 形式を整え
内容をさらに吟味していきました。

ここまで、ざっと、50分。

感想をきいてみると
「めっちゃ、よかった~。
体調悪くてちょっとしんどい時や
受験で忙しい時とか
台風で、電車止まってる時とかでも
作文教えてもらえるし。
めっちゃ便利。楽しかった~」

とのこと。

もちろん、お散歩作文や 観察作文など
ネットのレッスンでは出来ない作文もあります。

でも、今の時代だからこそ
バーチャルと、リアルの両方を
上手に使いこなしつつ
新たな可能性を どんどん広げていきたいと思っています。

大いなるものがすぎゆく 
長月最終日。
新たな未来を拓いた一日となりました。


ネット&電話を使ってのレッスンも
どんどん取り入れていきたいと思っています。

国語未来塾への
お問い合わせは
こちらへ***

ただし、
「作文コース」
「線引き読解コース」
ともに、ネット&電話レッスンは
1度でも対面授業を受けてくださった方
限定で行いますね。


[PR]
by kokugomirai | 2018-09-30 21:39 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

9月の「旬の作文テーマ」は、ズバリ!
「敬老の日*お手紙作文」でした。
お手紙作文の嬉しさは、周りにどんどん広がるのが 素敵です。

がんばっている自分」を認めて
じいじ、ばあば」への質問
だ~いすき」の思いを届ける・・・

書いているときも もちろん 楽しいし、
何よりお手紙なので「読んでくれる相手がいる!」

LINEで、声も顔も届けることのできる時代ですが、
お孫ちゃんの「手書きの文字・言葉」が
ポストに届く感動は、じいちゃん・ばあちゃんへの
何よりの
「長寿の薬!」

*何度も、なんども繰り返し読んでいるそうです。
*「こんなに、色々かけるじゃなあ~」といわれました。
*北海道の祖父母に送りました。何よりものお見舞いです。
*敬老の日の食事会で、今年は何と「おこづかい」をもらってました。


「嬉しいご報告」が続々寄せられます。

お手紙の中に「質問」をそっと、仕込んでいるので
うふふ。

「お返事がくる!」

e0365999_17140633.jpg

全国のじいじ・ばあばが待っている「お手紙作文」
敬老の日は過ぎちゃったけど
書いてみたい方、いつでもいらっしゃってくださいね。


月1回の作文習慣でも
大きな、大きな 笑顔の花が咲きます。

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ***

*中学・高校の受験国語指導でも
定評のある さち国語塾
「さち式線引き読解」認定教室でもあります。

国語で未来を拓きましょう~!


[PR]
by kokugomirai | 2018-09-30 07:38 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

努力の実る秋!
1年生から、月1回、倉敷出張教室で
うれしく・楽しく・わいわい・作文を書いてきたAさん。
小6の今年、とうとう 「特選」

e0365999_17141983.jpg


成長を共に見守ってきたので
私も本当に嬉しいです。
読書感想文の指導は、月1回の出張教室ですから
7・8月の 2回しかできません。
7月には、A4 の紙に書ききれないほど
思いをマッピングしてきてくれました。
選んだ本は 日野原重明先生の
『十歳の君へ 95歳の私から』


e0365999_06442160.png


私も、大好きな本。何度も熟読しているので
Aちゃんの気持ちも、すっごくよくわかります。
知的好奇心に満ち満ちたAちゃんは、
思いがどんどん、どんどん膨らみます。
マッピングで、すっかり出し切ったあと
今度は二人で、じっくりしぼり込み
書きたいテーマを 洗練していきます。

Aちゃんの体験を引きだしながら
思いを伝えるのに一番ぴったりのエピソード、
書く順番を考えていきました。

私が手伝うのは、アイディアだけ。
それを 次々に 自分の言葉に紡いでいくAちゃん。

成長をしみじみ感じた 真夏のひと時でした。

月1回の作文習慣を
6年重ねていくうちに
こんな成果を見せてくれるなんて・・・

子供たちの未来を応援できる喜びに
浸る秋です。

月1回の作文習慣
始めませんか。

国語未来塾へのお問い合わせは
こちらへ***
体験レッスンも お気軽にどうぞ

国語未来塾のコースは二つあります
*作文コース(出張教室:倉敷・岡山)
*さち式線引き読解コース(受験国語指導)
e0365999_17144047.jpg




[PR]
by kokugomirai | 2018-09-27 06:31 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

9月は3連休が2回もあります。
その理由が、ちゃ~んと説明できるか
まわりの子供たちに 聞いてみてください。
最年長、中2君も、答えられませんでした(笑)。

一方、小3女子さんは、
「23日は秋分の日。昼と夜の長さが同じ日」
正解!
「でも、どうして、お休みになりますか」
「・・・?」
秋分の日と、春分の日は
太陽がちょうど、真東からのぼって、真西に沈む日。
だから、西にある「あの世=彼岸」との扉が開く日と
仏教では考えられています。
そこで、春のお彼岸、秋のお彼岸には
お墓参りして、ご先祖様にご報告するんです。
お彼岸は、お墓参りに行くためにお休みなんですよ~。

へ~知らなかったあ。
秋分の日に比べると、説明が簡単なのは
17日、敬老の日!
大好きな、じいちゃん、ばあちゃんに
御影教室のみんなも 早速お手紙を書きました。

起承転結 ダンスは
もちろん、必須です。
起:まずは、近況報告。
*今一番がんばっていることは・・・
・かけっこです。
・かけざんの 九九です。
・組みたいそうです。どうしてかというと
もう、最後の運動会なので せいいっぱい頑張って
きれいに成功させるためです。

承:そして、質問タイム
・じいじ、ばあばは、今なんの野菜をそだてていますか
・おばあちゃんも かけっこしたことがありますか
・小学生のころの たからものはなんですか
・おばあちゃんが 世界いち 好きな子はだれですか
・小学生の時 人気だった歌はなんですか

などなど。。。
転:は、じいちゃんばあちゃんとの、一番の思い出は・・・
・おばあちゃんの作ったおせちをたべたことです。
中でも一番おいしかったのはエビです。中が
とてもジュ―シーでした。

結:さいごは、お願いと、ご挨拶。
・早く元気になって いっしょにあそぼうね。
・1000才まで ぜったい いきててね。

e0365999_22370651.jpg

土曜日は、なんと、10人レッスンしました。
5人が さち式線引き読解コース。
5人が 敬老の日*お手紙作文を書きました。

ブログを見て
「敬老の日*お手紙作文かきた~い」
いらっしゃった、体験レッスンの小1君

とっても素敵な「お手紙作文」書きましたよ。

初めて体験レッスンの方も、魔法のスラスラシートがあるので
サクッ と書けます。
こんなことをかんがえてたなんて、知りませんでした。」
ママもびっくり。
「いつもより数段字がきれいです!」
そう、それが 手紙作文効果ですよ~、と私。


e0365999_22373479.jpg

「書く」を楽しく 
はじめませんか

9月中は、「敬老の日*お手紙作文」書いていただけますよ。

国語未来塾への
お問い合わせは
こちらへ***




[PR]
by kokugomirai | 2018-09-16 23:11 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)

国語未来塾は、阪急御影駅徒歩1分。
しっとり落ち着いた阪神間の住宅地で、
谷崎潤一郎の愛した界隈の趣きのままに
六甲山に抱かれた素敵な場所にあります。

最近では、羽生結弦君の活躍で、一躍有名になった
弓弦羽神社のお膝元。
季節作文には絶好のロケーションという、
なんとも贅沢な場所にご縁をいただきました。

この夏は、この立地にどれほど癒され、力をもらったか。。。
通ってくださるお母様に、
国語の聖地 みたいですねー」
と、言っていただきました。

先日の、遠方からの生徒さんお母様からも
こんな嬉しいご感想メールをいただきました。


よっちゃん先生、昨日はありがとうございました。
たくさんの想いが溢れた夏休みについて、息子らしい作文に、
大きな成長を感じました。

これからも自分の考えを
言葉や文章で伝える力を養っていってくれたら、そう願います。

昨日はあの後美味しい神戸牛を2人で堪能し、
笑顔溢れる1日となりました。
こうやって2人で出かけることもない
忙しない日々の中で、最高の夏の想い出になりました!

またよっちゃん先生とご縁があること
親子でとても嬉しく思っております。
これからもどうぞよろしくお願いします^_^

e0365999_18385850.jpg
こちらこそ。。。
お待ちいただくお母様、お子様に、楽しんでもらえるよう
良書を選んで、国語未来塾文庫も作りました。
ご自由に、読んでいただけます。
貸し出しも致します。

ぜひ、一度、ゆっくりいらっしゃってくださいね。
お待ちしています。

国語未来塾へのお問い合わせ
体験レッスンのお申し込みは

こちら***へ


[PR]
by kokugomirai | 2018-08-27 06:25 | 国語未来塾*作文コース | Comments(0)